熊谷 拓也(法大)

ここでは、「熊谷 拓也(法大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



熊谷 拓也(法大)

180cm79kg 右右 MAX152km スライダー・カット・フォーク・カーブ・チェンジ 平塚学園
140㌔台中盤の伸びのある直球とカット、スライダー。4年春途中から抑え転向。152㌔を叩き出した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春: 1 0勝0敗   0.1  2  0  0  1 27.00
   14秋: 1 0勝0敗    1  0  1  0  0  0.00
   15春: 7 3勝1敗  34.2  37  19  15  14  3.63( 6位)
   15秋: 10 2勝4敗  39.2  38  20  14  16  3.63( 9位)
   16春: 8 0勝2敗  21.1  27  15  5  10  4.22
   16秋: 8 1勝3敗   30  36  22  9  19  5.70( 9位)
   17春: 9 0勝2敗  26.2  29  24  11  11  3.71(10位)
   通算: 44 6勝12敗 153.2 169 101  54  71  4.16
          被安打率9.90 奪三振率5.92 四死球率3.16

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 防御率 被安率 奪三率 四死率
   先発: 19 3勝11敗 94.2 134  56  39  5.80 12.74  5.32  3.71
   救援: 25 3勝1敗   59  35  45  15  1.53  5.34  6.86  2.29

投手成績詳細

   15春   回数 被安 奪三 四死 自責
   慶大 先   4  3  4  3  2   138㌔
   立大 先   7  5  4  1  0 ○ 140㌔
          5  4  4  1  1 ○
   明大 先   6  7  1  3  3
          1  3  1  0  2
   早大 先  6.1  11  1  3  6 ●
   東大 先  5.1  4  4  4  0 ○
        34.2  37  19  15  14 防3.63
     被安打率9.61 奪三振率4.93 四死球率3.89

   15秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先   5  9  3  1  5 ●
      先   8  4  5  3  1 ○
   慶大 先   4  9  2  2  5 ●
          4  2  3  1  0
   立大 先  5.1  7  2  1  1 ●
          1  0  0  0  0
   早大 先  2.1  3  0  4  4 ●
          1  0  1  0  0
   明大     2  1  2  1  0
          7  3  2  1  0 ○
        39.2  38  20  14  16 防3.63
     被安打率8.62 奪三振率4.54 四死球率3.18

   16春   回数 被安 奪三 四死 自責
   慶大 先  3.1  8  3  1  4 ●
   立大     4  3  2  0  1
      先  4.1  10  2  1  3
   早大     2  0  3  0  0 149㌔
          2  1  1  0  0
   明大    1.1  2  2  2  2 ●
         2.2  2  2  0  0
   東大    1.2  1  0  1  0
        21.1  27  15  5  10 防4.22
     被安打率11.39 奪三振率6.33 四死球率2.11

   16秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   早大 先  4.2  11  3  0  5
          2  3  0  0  1
   立大 先  7.1  6  6  3  6 ●
   明大 先   4  6  2  3  5 ●
   慶大     1  0  1  0  0 ○
      先   6  8  4  1  2 ●
          2  1  3  1  0
   東大     3  1  3  1  0
         30  36  22  9  19 防5.70
     被安打率10.80 奪三振率6.60 四死球率2.70

  最新記事

 ■ プロ注目・熊谷3連投もピシャリ(西日本スポーツ) 17/5/9

 エースが守護神になってから負けなしの4連勝だ。法大の熊谷が9回無死一塁で救援、併殺と内野ゴロであっさり締めて小さくガッツポーズ。明大戦から救援で5連続登板、13イニングを投げて1失点の安定感だ。開幕の早大戦から2カードは先発。3試合で11イニング2/3を9失点で2敗したが、明大戦から救援に回って生き返った。「悔しい思いもあった。先発だと早くアウトを取ろうと思ってコントロールを乱していたが、それがなくなった」。スカウト陣の評価も上昇中のエースは「優勝は他力ですが、東大戦も勝って締めくくりたい」と誓った。
 広島は24日、広島市内の球団事務所でスカウト会議を行った。上位候補には早実・清宮幸太郎内野手や履正社・安田尚憲内野手、九州学院・村上宗隆捕手、法大・熊谷拓也投手、JR東日本・田嶋大樹投手、ヤマハ・鈴木博志投手ら14人が挙がった。(日刊スポーツ17/5/24)

   17春   回数 被安 奪三 四死 自責
   早大 先  6.1  8  5  2  3 ●
   立大 先   3  8  3  2  4   146㌔
      先  2.1  7  2  1  2 ● 145㌔
   明大     2  0  3  0  0   148㌔
          2  0  3  0  0   152㌔…152km/h2球、151km/h1球
   慶大     6  2  3  2  0
          2  3  3  1  1   146㌔
          1  0  0  0  0
   東大     2  1  2  3  1   150㌔
        26.2  29  24  11  11 防3.71
     被安打率9.79 奪三振率8.10 四死球率3.71

 ■ 法大・熊谷が好救援 明大4連勝でストップ(スポニチ) 17/4/29

 法大が長谷川裕也投手の力投で今季初勝利をあげた。法大は2回、2死から下位打線が3連打して先制。7回に追いつかれたが、8回に代打・福田光輝の二塁打から1死三塁とし、明大・斉藤大将の暴投で決勝点を挙げた。法大は8回から熊谷拓也投手が2イニングを完ぺきに抑えた。敗れた明大はわずか4安打。連勝は4でストップした。

 ■ 仙台大・馬場、プロ4球団のスカウトの前で快投(SANSPO) 17/3/9

 仙台大と法大の練習試合が9日、川崎市の法大グラウンドで行われ、法大が12-6で勝利した。法大の最速151キロ右腕・熊谷拓也投手は、先発で5回6安打6三振2失点だった。ヤクルト、阪神DeNA日本ハムの4球団のスカウトが視察し、馬場についてはDeNA・吉田スカウト部長が「投げ込む姿がいい」、熊谷についてはヤクルト・橿渕スカウトが「昨秋より、よくなっている」と評価した。

過去記事

 ■ 法大・熊谷、9季ぶり優勝へノルマ4勝「飛躍の年に」(SANSPO) 17/1/8

 法大が7日、9季ぶりの優勝を目指し、今年の練習を開始。DeNAロッテのスカウトがあいさつに訪れる中、最速151キロ右腕、熊谷拓也(3年)が「飛躍の年にしたい」と先発で4勝以上をノルマに掲げた。平塚学園高時代に投げ合った松井裕は楽天の守護神として活躍中。「いつか同じ土俵で戦いたい」と意気込んだ。

 ■ 法大、151キロ右腕・熊谷「4勝以上」ノルマ(スポーツ報知) 16/12/25

 東京六大学野球リーグ・法大が25日、神奈川・川崎市内のグラウンドで年内の練習を納めた。来秋ドラフト候補の最速151キロ右腕・熊谷拓也(3年=平塚学園)は、今秋のリーグ戦で1勝3敗、防御率5・70と苦しんだが、元巨人の真木将樹コーチ(40)に教わり、下半身主導の投球フォームに修正。「これまでは感覚、リズムで投げる割合が多かったけど、しっかり左足をついてから回る。長いトンネルを抜けるヒントをもらって、確実に身になっている」。カットボール、カーブに加え、新球のスライダー、フォークも習得中。9季ぶりの優勝とプロ入りの目標に向けて、「来春次第。4勝以上」とノルマを掲げた。

 ■ 法大・熊谷、東大相手にリベンジ「背水の陣で」/東京六大学(SANSPO) 15/9/22

 東京六大学野球秋季リーグ第2週第3日3回戦2試合を行い、明大が立大を5-3、法大は東大を10-1で下し、ともに2勝1敗で勝ち点1を挙げた。法大は3本塁打を含む14安打の猛攻。東大は2002年秋以来の勝ち点を逃した。法大は2年生右腕の熊谷が先発し、8回4安打1失点。東大を相手に雪辱を果たした。5失点した19日の1回戦では敗戦投手となっただけに、「コーナーを突く自分のスタイルで投げました背水の陣で臨んだ」と安堵の表情を浮かべた。青木監督も「勝ち点を取られたら、まずかった。熊谷はあれが本来の投球」とうなずいた。

 ■ 法大 東大に完封勝ちで勝ち点4(デイリースポーツ) 15/5/25

 法大が完封勝ちし、勝ち点4とした。2年生右腕・熊谷拓也投手(平塚学園)が、六回途中4安打無失点と好投。今季3勝目を挙げた練習姿勢の物足りなさを指摘され、1回戦はベンチ外。青木久典監督からは「この試合で全てを出し切れ。ダメなら秋も戦力として考えない」と、ハッパをかけられていた。背水の覚悟で臨んだ一戦は、走者を再三背負いながら要所で内角を厳しく突くなどして、得点は許さず。気迫の投球で名誉挽回し「気持ちを強く持ってやった。死に物狂いで練習して、秋は優勝に貢献します」と、さらなる精進を誓った。

 ■ 法大 熊谷が7回無失点好投でリーグ戦初勝利(日刊スポーツ) 15/4/19

 法大は、先発の熊谷拓也投手(2年=平塚学園)が、7回5安打4奪三振で無失点に抑え、リーグ戦初勝利を挙げた。最速140キロの直球に新球のカットボールや縦のスライダーを織り交ぜた。高校時代はドラフト候補としても注目されていたが、昨年は未勝利。「素直にうれしいです。去年1年間何もできなかったので、今日はいいピッチングができて良かった。昨日落としていたので、何としても勝ちたかった」と喜んだ。青木久典監督(42)は「あそこまで投げてくれるとは思ってなかった。今日は継投だと思っていたので、よく投げてくれた」とたたえた。

 ■ 平学、持ち味出せず 力投熊谷、援護なく(神奈川新聞) 13/7/31

 平塚学園の右腕熊谷は、横浜の歓喜の輪を直視できなかった。「みんなの思いを背負って投げられたけど負けてしまったのは事実」。帽子を深くかぶって隠れた目元から、涙がこぼれ落ちた。五回1死から突然つかまった。4連打。バスターを決められ、高めの直球も痛打される。「気付いたら、3点を取られていた」。ここまで39回を投げて連打を3度しか許してこなかった背番号1が、横浜打線に一気にのみ込まれた。昨夏4強入りの立役者はしかし、心身ともにタフになっていた。六回以降は二塁も踏ませず、八回には自身最速の144キロを計測。「一回から最後まで気持ちは切らせていない」。8回を7安打2四球3失点。8四死球で崩れた昨夏の準決勝からの成長を示した。「あの投球で、優勝投手にさせてあげられなかったのは申し訳ない。もっと一緒に戦いたかった。もっとレベルアップさせてあげたかった」。八木崇文監督(34)は右腕を思いやる。エースもまた応じる。「八木監督がいなかったら、ここまで成長できていなかった。感謝を込め、胴上げしたかった」

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 自責 
   2回戦:荏  田 先   5  3  4  1  0
   3回戦:平塚工科     3  1  6  0  0
   4回戦:川  和 先   9  4  6  1  1
   準々決:向  上 先   9  7  6  2  2 141㌔
   準決勝:桐蔭学園 先   9  8  1  4  0 142㌔
   決 勝:横  浜 先   8  7  2  2  3 144㌔
               43  30  25  10  6 防1.26
           被安打率6.28 奪三振率5.23 四死球率2.09

 持ち味の打たせて取る投球を見せていましたが、高めに入ったところを捉えられて3失点でした。
 144㌔は高濱が鋭い中前打を放った際に計測。その他5回に143㌔。進路は進学有力なんだそうです。

 ■ 平塚学園15年ぶりの決勝進出/神奈川大会(日刊スポーツ) 13/7/28

 平塚学園が優勝候補の桐蔭学園にサヨナラ勝ちし、98年以来15年ぶりの決勝進出を決めた。初回にエラーから2失点するも、先発の熊谷拓也投手(3年)が粘投。9回8安打4四死球と打ち込まれたが、要所を締め、自責点0でチームに流れを呼び寄せた。熊谷の力投に応えるように2-2で迎えた9回裏。打線が2死一、三塁の好機をつくると大谷楓内野手(3年)が左中間を破るサヨナラの適時二塁打を放ち試合を決めた。熊谷は「要所を押さえて流れを持って来られた。横浜はいいチームなので自分の力を出せれば」と喜びに浸る間もなく、決勝へ気持ちを切り替えた。

 ■ 熊谷V犠飛で平塚学園2年連続4強(デイリースポーツ) 13/7/27

 平塚学園の4番エース熊谷拓也投手(3年)が、投打に奮闘してチームを2年連続のベスト4に導いた。二回、スローカーブを左翼にへ先制ソロ本塁打。同点に追いつかれた直後の九回には、1死満塁から中堅への犠飛で決勝点を挙げた。投げては4失点ながら要所を締めて完投。ノーシードで勝ち上がってきた向上の勢いに苦しんだが「延長に入っても自分が投げるつもりだった。体力、気力では負ける気がしない」と胸を張ってみせた。対戦を熱望した桐光学園・松井は敗退してしまったが、その存在が熊谷を大きく成長させた。「ピンチでも強気に攻めることができるようになった」と精神面でレベルアップ。八木監督も「去年は力を出し切った4強。今年はまだおなかいっぱいじゃない」と伸びしろを強調する。心身ともにピークの状態で15年ぶりの甲子園出場を目指す。

 ■ 春の選抜、21世紀枠候補に平塚学園/神奈川(神奈川新聞) 12/11/26

 県高野連は26日、来春開催される第85回記念選抜大会(甲子園)の「21世紀枠」県候補校に、平塚学園を推薦すると発表した。同校野球部は1984年創部。甲子園は1998年夏の初出場から遠ざかっているが、今夏、秋と2季連続で県大会ベスト4入りを果たした。今秋は県内屈指の右腕・熊谷拓也(2年)を擁して4回戦で横浜を4-3、準々決勝で桐光学園を2-1で下し、準決勝で延長十一回4-6で横浜隼人に敗れた。

 ■ 平塚学園10年ぶり4強へ/神奈川大会(日刊スポーツ) 12/7/25

 平塚学園が10年ぶり4強進出を決めた。2年生エース熊谷拓也が、チェンジアップとカーブでタイミングを外し、慶応の強力打線を5安打1失点完投に仕留めた。八木崇文監督は「真っすぐのコントロールと要所での変化球が良かった」と力投をたたえた。14年ぶり甲子園まであと2つ。「無欲で戦う。一戦必勝の思いは変わらない」と力を込めた。

   12夏予        回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:清陵総合 先   9  6  3  4  1
   3回戦:湘南工付 先   9  4  4  3  1
   5回戦:立花学園 先   9  4  2  2  1
   準々決:慶  応 先   9  5  1  2  1 140㌔
   準決勝:桐光学園 先   8  7  1  8  5 138㌔
               44  26  11  19  9 防1.84(失点から計算)
           被安打率5.32 奪三振率2.25 四死球率3.89

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 熊谷 拓也(くまがい・たくや)投手。
 相沢小3年時から外野手として野球を始め、東野中学校時代は瀬谷シニアでピッチャー。
 中学3年時にエースとして関東大会出場を果たした。

 平塚学園では1年夏から控え投手としてベンチ入り。
 1年秋の大会からエースとしてチームを引っ張り、2年夏に10年ぶりとなる県4強進出を達成する。
 準々決勝・慶應義塾戦(140㌔計測)で、5安打1K1失点完投の好投を披露。
 準決勝・桐光戦で2回4失点、8回5失点の粘投を見せたが、松井を捉えきれず3-5で敗れた。
 続く秋の予選4回戦で横浜相手に4対3完投勝ち(創部以来初勝利)をマーク。
 松井裕樹との再戦となった準々決勝・桐光戦で6安打無四球2対1完投勝利を収めている。
 翌3年夏予選で防1.26の粘投を演じ、15年ぶりとなる決勝進出(準V)を達成。
 齋藤大将と投げ合った準決勝で劇的な3対2逆転サヨナラ勝ち(8安打1K完投)を記録した。
 決勝・横浜戦は7安打3失点に抑えながら、伊藤将司を攻略出来ず完封負け。
 5回を除く7イニングを3安打無失点に抑え込み、8回に自己最速を更新する144㌔をマークした。
 3年夏の県大会準Vが最高成績。甲子園出場実績は無し。

 法大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 1年時からリリーフで2試合1.1イニングに登板し、2年春に主に先発で3勝(0完投)の実績を残す。
 7回裏までを5安打1四死球無失点にまとめた立教大2回戦で初勝利を記録。
 7試合(先発5、1回戦2)、計34.2回を投げ、37安打14失点、防3.63で十傑入りを果たした。
 その後は思うように勝ち星を伸ばせず、3年秋終了時点で6勝10敗と負け越し。
 救援起用された3年春の早大1回戦(2回0封)で最速149㌔をたたき出す力投を演じている。
 翌4年春第4週目から守護神を務め、以降15回を2失点に抑える好投を披露。
 明大2回戦で自己最速更新の152㌔を計測し、スカウトからドラフト上位候補の評価を受けた。
 通算44試合、6勝(0完投)12敗、153.2回、防御率4.16。

 180cm79kg、最速152㌔直球を持つ好右腕。
 ワインドアップから溜めて重心を下げ、テイクバック小さめに、球持ちの良い腕の振りから繰り出す
 最速152㌔、常時140㌔前後から145㌔前後(先発)の伸びのあるストレートと、
 130㌔前後のカット、120㌔前後のスライダー。その他110㌔台のカーブ、130㌔台のフォーク。
 甘く入り打たれる場面もあるものの、まずまずの制球で低めに丁寧に投げ込む。
 真っ直ぐとカット、スライダーとのコンビネーションが持ち味。救援時には140㌔台後半を計時する。
 癖の少ないフォームの持ち主。気持ちの強さも魅力。

  スカウトコメント

ヤクルト・橿渕スカウト|17/3/9
 「昨秋より、よくなっている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-01(木)|2017年大学生投手 | 東京六大学 コメント(9) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
二段モーションを修正する必要があり、適応できるか...
| フラワー | 2017年09月18日(Mon) 08:06 | URL #- [ 編集]
一年目から様々な役割を持てそう
| 。・。 | 2017年08月29日(Tue) 02:51 | URL #- [ 編集]
本日の試合で152キロを計測。
完全にリリーフ向きですね。
| 匿名 | 2017年04月30日(Sun) 22:52 | URL #- [ 編集]
個人的には、ロッテ唐川みたいな印象を受ける
防御率は三点台後半から四点台後半で六勝ぐらいするピッチャーって現時点では思います
流石に現時点で上位指名は厳しいですが、来年の法政野手が豊作なので、そのパイプ作りに中位から下位で指名するチームもあるかもしれない
もちろんここから伸びまくって、DeNA三嶋みたいな投手になる可能性もないわけではないですが
| 我流 | 2017年01月14日(Sat) 23:29 | URL #SpwnCme2 [ 編集]
今日のリーグ戦で常時140キロ、Max149キロを計測。素晴らしかった。
しかし先発だと球を置きに行き別人のように打たれる。
誰か彼の取説を。
| 匿名 | 2016年04月30日(Sat) 17:51 | URL #- [ 編集]
今日の勝利で一皮むけるといいですね。
| 匿名 | 2015年10月26日(Mon) 22:07 | URL #- [ 編集]
素晴らしい球を放りますが、試合を作れません。本人が語っているように気持ちの問題でしょうか?
| 匿名 | 2015年09月29日(Tue) 23:11 | URL #- [ 編集]
立教3回戦でもリリーフで勝ち投手、2安打を放つなど投打に活躍を見せてくれました。

今リーグのMAXは139ですが、キレがありますね。楽しみな投手が出てきました。
| 匿名 | 2015年04月24日(Fri) 07:37 | URL #- [ 編集]
頭数は揃っているものの、石田以外はこれという投手がいない法政ですから早い時期から出番がありそうですね。
広陵→明治の野村タイプでしょうか。期待します。
| 匿名 | 2013年10月06日(Sun) 19:52 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 東京六大学 コメント(9) Page Top↑