齋藤 俊介(JX-ENEOS)

ここでは、「齋藤 俊介(JX-ENEOS)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



齋藤 俊介(JX-ENEOS)

176cm81kg 右右 MAX149km スライダー・スプリット・カーブ・チェンジ 成田高→立大 2年目
伸びのある直球と縦スラが武器。都市対抗初戦で149㌔計測、140㌔台後半連発の力投を見せた。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16都: 2     4  5  5  1  2
            1  0  2  0  0 149㌔ 日本生命 …149球2球、148㌔5球
        先   3  5  3  1  2 146㌔ NTT東 ●
   16日: 1 先  7.2  5  5  3  1 147㌔ NTT西 ●
   17都: 2    5.1  4  5  2  1
           4.1  2  4  2  0 147㌔ 日本生命
            1  2  1  0  1 149㌔ 日本通運 ●
   通算: 5    17  14  15  6  4 防2.12
       被安打率7.41 奪三振率7.94 四死球率3.18

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春: 4  0勝0敗    6  7  1  2  1  1.50
   12秋: 7  1勝3敗  25.1  24  22  15  10  3.55
   13春: 6  3勝2敗   32  20  18  10  4  1.13(1位)
   13秋: 8  3勝1敗  42.1  31  33  5  6  1.28(4位)
   14春: 7  2勝4敗  39.2  38  29  13  11  2.50(6位)
   14秋:         登板無し
   15春: 5  0勝1敗  20.2  26  24  3  10  4.35
   15秋: 7  2勝3敗   32  35  21  15  12  3.38(8位)
   通算: 44 11勝14敗  198 181 148  63  54  2.45 
          被安打率8.23 奪三振率6.73 四死球率2.86
    ※ 13春:最優秀防御率

投手成績詳細

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   法 大    0.1  1  0  0  0 139㌔
   早 大     3  3  1  2  1 142㌔
   明 大    2.1  3  0  0  0
          0.1  0  0  0  0
           6  7  1  2  1 防1.50
      被安打率10.50 奪三振率1.50 四死球率3.00

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   慶 大 先   7  5  8  4  1
   明 大 先   3  6  2  3  4 ●
           3  3  4  1  1 ●
   早 大 先   5  6  3  3  2 ●
   法 大     1  0  1  1  0 146㌔
          0.1  2  0  0  2 144㌔
   東 大 先   6  2  4  3  0 ○
         25.1  24  22  15  10 防3.55
      被安打率8.53 奪三振率7.82 四死球率5.33

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   慶 大 先   5  3  4  3  0 ○143㌔
       先  3.1  3  4  2  1  144㌔
   明 大 先   6  3  3  2  1 ●143㌔
   法 大 先   6  4  2  0  2 ●
   早 大 先  6.2  5  4  1  0 ○
   東 大 先   5  2  1  2  0 ○142㌔
          32  20  18  10  4 防1.13
      被安打率5.63 奪三振率5.06 四死球率2.81

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   慶 大    4.1  2  2  0  0
           1  2  2  0  0 ●
   法 大 先   9  2  9  0  0 ○封145㌔
   明 大     2  1  2  0  0
       先   7  7  5  2  2
           4  1  3  0  0
   早 大 先   6  8  2  1  2 ○
   東 大 先   9  8  8  2  2 ○ 145㌔
         42.1  31  33  5  6 防1.28
      被安打率6.59 奪三振率7.02 四死球率1.06

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   法 大 先   6  8  5  1  2 ●143㌔
   早 大 先   5  7  4  5  1  143㌔
           2  5  0  1  1 ●
   東 大 先   8  6  9  0  2 ○
   慶 大 先  4.2  5  4  2  2 ●
   明 大 先   6  2  3  2  0 ○144㌔
       先   8  5  4  2  3 ●
         39.2  38  29  13  11 防2.50
      被安打率8.62 奪三振率6.58 四死球率2.95

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   法 大 先   7  6  7  1  3 ●143㌔
          0.2  2  1  0  0
   早 大 先  3.2  9  2  1  6…満塁弾などで4回裏5失点
   慶 大    3.1  3  5  0  1  144㌔
   明 大 先   6  6  9  1  0
         20.2  26  24  3  10 防4.35
     被安打率11.32 奪三振率10.45 四死球率1.31

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   慶 大     6  4  6  1  0 ○
          1.1  4  0  0  2 ●
   明 大 先  5.2  5  5  2  4 ●
           2  1  1  0  0
   早 大 先   5  7  3  3  3 ●
   法 大 先   8  10  4  4  0 ○146㌔
   東 大 先   4  4  2  5  3
          32  35  21  15  12 防3.38
      被安打率9.84 奪三振率5.91 四死球率4.22

  最新記事

 ■ ドラフト候補右腕のJX-ENEOS・斎藤、10球団視察の中4回無失点(SANSPO) 17/9/16

 社会人日本選手権の関東代表決定戦で14日、JX-ENEOSはセガサミーに7-1で快勝。今夏の都市対抗出場を逃しただけに、山岡監督は「久しぶりに勝ったという感じがあった」と胸をなでおろした。10球団が視察する中、ドラフト候補の右腕・斎藤俊介投手が六回から救援最速147キロ4回を1安打無失点に「一つずつアウトを取ることだけを考えた」と笑顔だった。

   17年          回数 被安 奪三 四死 自責
   日立市長:宮崎梅田 先   6  3  3  1  0
       :日  立 先   2  3  0  2  2
   京都大会:大阪ガス 先   6  10  5  4  5
   都対予選:東  芝 先   5  9  6  2  4
   都対本戦:日本生命    4.1  2  4  2  0 147㌔
       :日本通運     1  2  1  0  1 149㌔ ●
   秋季企業:東  芝    1.2  1  2  0  0
       :MHPS     2  0  2  0  0
   選手権予:セガサミ     4  1  1  0  0 147㌔
                32  31  24  11  12 防3.86
            被安打率8.72 奪三振率6.75 四死球率3.09

 ■ JABA県大会 ENEOS4連覇 最高殊勲に斎藤投手(毎日新聞) 16/3/23

 JABA県大会は22日、横浜市保土ケ谷区のサーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝2試合と決勝があった。決勝はJX−ENEOSが東芝に競り勝ち、4年連続17回目の優勝を果たした。最高殊勲選手賞は、斎藤俊介投手(JX−ENEOS)、敢闘賞は谷岡竜平投手(東芝)、首位打者賞は佐藤旭外野手(同、9打数4安打、打率4割4分4厘)が獲得した。
 決勝戦の五回、2死満塁のピンチを迎えた。日高一晃捕手(29)からの指示は「逃げずに思い切り投げろ」。その言葉通り、低めのスプリットを思い切り投げて切り抜けた七回まで無失点で抑え、優勝に大きく貢献した上、最高殊勲選手賞を受賞。試合後「ほっとした」と笑顔を見せた。

     試合 回数 被安 奪三 四死 防御率 被安率 奪三率 四死率
   16年: 15 66.1  49  49  15  1.09  6.65  6.65  2.04

 ■ 立大・斎藤俊が8回0封、連敗止める(デイリースポーツ) 15/10/12

 立大が連敗を5で止めた。斎藤俊介投手が8回無失点の力投。10安打を浴びながらも要所を締めた。序盤は変化球の制球がいまひとつだったが、直球頼みになることなく、根気よく修正。「苦しかったですけど、一つ一つと思って、自分の投球を信じて粘り強くやった」と、充実感を漂わせた。2年春に最優秀防御率に輝いた右腕は、右肩痛で3年秋のシーズンを棒に振った。今秋は球速も自己最速にあと1キロに迫る146キロを計測。故障前の姿を取り戻しつつある。今季初の勝ち点奪取がかかる3回戦へ向け「明日も登板があると思って準備したい」と、頼もしかった。

   16年7月      回数 被安 奪三 四死 失点
   OP戦:大学代表 先   5  2  3  0  1 147㌔(平塚)

過去記事

 ■ 立大・斎藤俊が復活登板 2回無失点、右肩回復で最速143キロ(スポニチ) 15/4/7

 昨春のリーグ戦後に右肩を痛めていた立大の4年生右腕・斎藤俊が、復活登板を果たした。4回から2番手でマウンドに上がり、2イニングを無安打無失点。「ケガをする前よりも直球の威力は強くなっていると思う」と、最速143キロの直球を軸に4回は3者連続三振を奪った。

 ■ 立大・斎藤がリーグ戦初完封/東京6大学(日刊スポーツ) 13/9/22

 立大先発の斎藤俊介投手(2年=成田)が、2安打9奪三振でリーグ戦初完封を飾った。直球とスライダーを軸に、わずか94球で強打の法大打線を抑え、「最低5回までと思って投げました。そこからは1イニング、1イニングです」と振り返った。
 「まさか完封できるとは。凄くうれしい」と笑顔で振り返った。8月に右脇腹を痛め、約2週間はノースロー。丸刈り頭で気合を入れ、開幕に間に合わせた。(スポニチ)

 ■ 立大・斎藤好投も完封負け/東京6大学(日刊スポーツ) 13/4/22

 立大は斎藤俊介投手(2年=成田)の好投もむなしく、勝ち点を逃した。初回に2本の長打を浴び1点を失ったが、その後は好投。6回を3安打1失点に抑える投球で反撃を待った。しかし打線が沈黙し、チームは完封負け。斎藤は「直球は走っていた。スライダーも良かったし、次カードも自信を持って投げたい」と前を向いた。

 ■ 中川先輩の言葉胸にほえる 成田3年・斎藤俊介投手(東京新聞) 11/7/17

 「打てるものなら打ってみろ」。1点リードで迎えた九回、外角に直球がズバッと決まる。見逃しの三振でゲームセット。斎藤投手はこの試合で最も力強くほえた。もともとほえるようなタイプではない。「狙ったコースに直球が決まるとうれしくて」とはにかむ。冬場の徹底した走り込みや、十四日の流山おおたかの森戦の好投による自信が、“ほえる斎藤”をつくり上げた。大会開幕日の九日、昨年のエースで社会人野球「JX-ENEOS」に所属する中川諒さん(19)に激励された。「チームのために戦え。大事なのは気持ちだ。気持ちを出せ」。スタンドで観戦していた中川さんは、無四球10奪三振で完投した後輩に「去年とはマウンド度胸が全然違う。見てて安心できる」と目を細めた。斎藤投手は「中川さんが見てたから、絶対に負けられなかった」とニコリ。自信にあふれた顔つきが、昨年の県大会を勝ち抜いたエースとダブった。

   11夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:市原八幡 先   6  3  6  0  0
   2回戦:おおたか     3  0       0
   3回戦:銚 子 商 先   9  6  10  0  1
   4回戦:館山総合 先  14.2  10  19  2  3
              
32.2  19       4 防1.10(失点から計算)

  プロフィール

 千葉県佐倉市出身。
 齋藤 俊介(さいとう・しゅんすけ)投手。
 佐倉市立臼井南中時代は佐倉ボーイズでプレー。

 成田高では2年時に20年ぶり夏の県大会Vを達成。
 中川諒の控え投手として甲子園ベンチ入りし、58年ぶりのベスト4進出(登板無し)を経験した。
 3年夏は館山総合に惜しくも延長15回2対3サヨナラ負けで県大会4回戦敗退。
 先発3試合29.2回で35K(率10.62)を奪うなど、計32.2イニングを4失点に抑える好投を見せた。
 1学年上のチームメイトとして中川諒(元JX-ENEOS)ら。

 立大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 同年秋に小室正人に次ぐ先発投手の座を掴み、最終登板の東大戦でリーグ戦初勝利を飾る。
 常時130㌔台だった球速を引き上げ、法大1回戦(救援)で最速146㌔を計測。
 翌2年春のリーグ戦6戦32回を4失点にまとめ、防1.13で最優秀防御率のタイトルを受賞した。
 主に先発2番手(開幕カードのみ1回戦)としてチーム最多勝となる3勝をマーク。
 2年秋の法政大2回戦で散発2安打無四球、94球9三振初完投初完封勝利を挙げている。
 2年夏に大学日本代表候補の選考合宿・紅白戦(2回3安打1失点)を経験。
 右肩痛により3年秋以降の2季を未勝利で終え、4年秋に146㌔を出すなど復調気配を見せた。
 通算44試合、11勝(1完投1完封)14敗、198回、防御率2.45。

 JX-ENEOSでは1年目から公式戦に出場。
 春先のスポニチ大会から先発陣の一角を担い、四国大会で7回コールド初完封勝利を収める。
 7月に行われた大学日本代表とのOP戦にMHPS横浜の補強選手として出場。
 147㌔を計測した真っ直ぐにスライダーを交え、5回2安打1失点(失策絡み)の結果を残した。
 続く本戦2試合(先発1)4回に登板し、抑えを務めた初戦で最速149㌔を計測。
 同年秋の日本選手権初戦・NTT西日本戦で、8回途中1失点(0対1)の粘投を披露している。
 二大大会通算3試合、0勝2敗、11.2回、防御率2.31。

 176cm81kg、149㌔直球を持つ本格派右腕。
 ワインドアップからタメて重心を下げ、小さめのテイクバックを取り、球持ちに良さのある腕の振りから
 繰り出す最速149㌔、常時140㌔前後から140㌔台前半の伸びのあるストレートと、
 120㌔台から130㌔前後の縦のスライダー、120㌔台の小さいスライダー、130㌔台のスプリット。
 直球とスライダーとのコンビネーションが持ち味。都対初戦で平均148㌔を計測した。
 高めに浮く球も見られるが、コントロールはまずまず。低めに投げこむ粘り強い投球で試合を作る。
 社会人1年目の与四死球率2.04。遠投120m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-09-16(土)|2017年社会人投手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
2位あたりか
| 名無し | 2017年09月16日(Sat) 21:05 | URL #- [ 編集]
今日の試合で149㎞出しましたね
動画サイトで見たのですが、なかなか良いストレートを投げる
先発で7回以上投げられたり、リリーフでも150超えてくると来年のドラフト上位候補とかになりそうです
成田なのでロッテも欲しい逸材ですね
| 我流 | 2016年07月19日(Tue) 01:01 | URL #SpwnCme2 [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑