水野 匡貴(明大)

ここでは、「水野 匡貴(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



水野 匡貴(明大)

182cm82kg 右右 MAX147km スライダー・フォーク・カーブ 静岡高
威力ある直球とスライダー。1年秋の法大戦で147㌔計測。3年春の慶大戦で初完封勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:        登板無し
   14秋: 3 0勝0敗  4.1  2  6  3  0  0.00
   15春: 6 0勝0敗  9.1  6  8  4  2  1.93
   15秋: 3 1勝0敗  4.1  3  3  2  1  2.08
   16春: 6 2勝1敗   23  19  22  6  7  2.74
   16秋: 4 0勝0敗   4  3  2  3  0  0.00
   通算: 22 3勝1敗   45  33  41  18  10  2.00
         被安打率6.60 奪三振率8.20 四死球率3.60

投手成績詳細

   14秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   法大     2  0  4  2  0 147㌔
   慶大     2  2  1  1  0
         0.1  0  1  0  0 143㌔
         4.1  2  6  3  0 防0.00
     被安打率4.15 奪三振率12.46 四死球率6.23

   15春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     2  1  1  0  0 142㌔
   慶大    2.2  1  3  2  0
          3  0  2  1  0 145㌔
   法大     0  1  0  1  1
   早大    0.2  1  1  0  0 145㌔
   立大     1  2  1  0  1
         9.1  6  8  4  2 防1.93
     被安打率5.79 奪三振率7.71 四死球率3.86

   15秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   慶大     2  1  1  2  0
          2  2  2  0  1 ○
   法大    0.1  0  0  0  0
         4.1  3  3  2  1 防2.08
     被安打率6.23 奪三振率6.23 四死球率4.15

   16春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     2  1  3  1  0
          1  1  1  0  0
   慶大 先   9  4  7  1  0 ○封…初先発初完封
      先   6  3  9  1  0 ○
   法大 先  2.1  6  0  1  3
   早大 先  2.2  4  2  2  4 ●
         23  19  22  6  7 防2.74
     被安打率7.43 奪三振率8.61 四死球率2.35

   16秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     1  1  0  0  0 
   慶大    0.1  0  1  2  0
   法大    1.2  0  1  0  0
          1  2  0  1  0
          4  3  2  3  0 防0.00
     被安打率6.75 奪三振率4.50 四死球率6.75

  最新記事

 ■ プロ注目の明大・水野、4回0封も反省「球が浮き気味」(SANSPO) 17/2/27

 明治大学は26日、練習試合初戦となった東京国際大戦に4-0で勝利した。ドラフト候補の最速147キロ右腕、水野は先発で4回を6安打無失点に抑えたが「変化球の切れが悪く、球が浮き気味。空振りをとりたいときにとれない」と反省しきり。直球の最速は140キロで、視察した巨人・福王スカウト部主任は「悪いなりに抑えた。これからも見ていく」と評価した。

 ■ 明大ドラフト候補コンビ・斉藤&水野が始動 誓った3季連続V(デイリースポーツ) 17/1/11

 昨年東京六大学リーグ戦を春秋連覇した明大のドラフト候補コンビ、斉藤大将投手と水野匡貴投手が10日、東京都府中市の同大グラウンドで始動した。この日は巨人ロッテなど4球団のスカウトが訪問。2人には中日ドラフト1位・柳、ヤクルト同2位・星が抜けた穴を埋める働きが期待される。最速146キロ左腕の斉藤が「先発でも中継ぎでも、登板したら勝つこと」と意気込めば、右腕の水野は「3連覇、4連覇を目指したい」と宣言。プロ入りした先輩からバトンを受け継ぎ、07年秋の早大以来となる3季連続Vを狙う。
 ソフトバンク巨人ロッテDeNAの4球団スカウトが視察。(日刊スポーツ)

 ■ 明大新エース争い!右腕水野、左腕斉藤をライバル視(SANSPO) 16/12/24

 春秋のリーグ戦連覇、明治神宮大会優勝に導いた明大・柳(中日D1位)と星(ヤクルトD2位)が抜け、最上級生となる右腕・水野が23日、練習納めでエース番号「11」へのこだわりを口にしたエース候補の左腕、斉藤をライバル視し「責任感と自覚を持っていく」。善波監督は「2人が先輩たちのようになることを期待したい」と目を細めた。

過去記事

 ■ 明大・水野 リーグ戦初先発初完封で今季初勝利(スポニチ) 16/4/24

 147キロ右腕・水野匡貴投手(3年、静岡)がリーグ戦初先発初完封で今季初勝利を挙げた。1年秋からリーグ戦に登板し昨秋に中継ぎで初勝利。初先発にも「1つ1つのアウトを取ることだけ考えた」と速球にフォークを効かせて慶大打線を4安打に抑えた。前週の2回戦先発は星だったが、善波達也監督が「昨日の試合中に(水野の先発を)決めた」という抜てきにも応えた。それでも「(捕手の)牛島さんがうまくリードしてくれたおかげ」と謙遜した。

 ■ 富士市立 逆転で初ベスト4/静岡大会(日刊スポーツ) 13/7/27

 新興勢力が県内屈指の投手を破り、初のベスト4に進出した。富士市立は2点差を追いつき迎えた延長10回、静岡・水野匡貴投手(3年)相手に2死から3連打で勝ち越し点を挙げ、今春の県大会でコールド負けした雪辱を果たした。富士市立の粘りが名門静岡をのみこんだ。延長10回、2死から一、三塁とし、打席には2番田原仁太内野手(2年)。「初球が一番打てると監督に言われたので狙っていた」。真ん中やや外の直球を流し打ちし、勝ち越し点をもたらした。「終わった時の方がうれしかった」。その裏、最後の打者の二ゴロをさばき歓喜に浸った。

 ■ 〔春季東海大会準決勝〕静岡、津商を零封(静岡新聞) 13/5/26

 静岡は主戦水野が津商打線を完封。打線も小刻みに加点しコールド勝ちした。静岡の水野は自己最速145キロの直球を軸に散発4安打。六回まで三塁を踏ませなかった。八回は無死一、二塁とされたが、3者連続三振で締めた。連投でも水野の球威は衰えなかった。五回に自己最速を更新する145キロをマーク。県岐阜商戦に続く好投に、「自分のボールは県外の強豪にも通用する」と自信を深めた。指揮官は「常時130キロ後半が出るし、経験を積むことができた」と水野の一本立ちを評価し、滝浪の打撃に「何かをつかんだはず」と目を細めた。

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:田 方 農    0.1  0  1  0  0
   3回戦:沼 津 商 先  4.1  0       0
   準々決:富士市立 先  10  8  9  1  3
              14.2  8       3 防1.84(失点から計算)

 ■ 静高・水野完封4季連続東海へ/高校野球(日刊スポーツ) 13/5/5

 静岡を2年続けて春の東海大会に導いたのは、またも水野匡貴投手(3年)だった。昨年5月5日の県大会準決勝東海大翔洋戦で、8安打4奪三振3四死球と好投し公式戦初完封。この日は4安打8奪三振無四死球で飛龍打線を抑え、2度目の完封を果たした。「1年前はアップアップしていたけど、今日は落ち着いていた」。数字が示す成長ぶりは、充実した精神面がもたらした。質の高いボールが自信の源だ。直球は、この日視察した楽天山田スカウトのスピードガンで最速143キロを計測。変化球もキレた。6回1死二、三塁の場面では「とにかく0点に抑えよう」とギアチェンジ。3番近藤凌外野手(3年)は直球で、4番竹村哲郎外野手(3年)はフォークで、狙い通りの連続三振を奪った。竹村は「真っすぐにキレがあって、横の変化球はベース1個分くらい曲がった」と脱帽するしかなかった。昨年5月末の左足骨折から復活を期す最終学年。県大会から託された背番号1には「プライドを持ってやっている」と語った。

   13春東海       回数 被安 奪三 四死 自責  
   1回戦:県岐阜商     4  2  5  0  0 144㌔
   準決勝:津  商 先   8  4  7  3  0 145㌔
               12  6  12  3  0 防0.00
           被安打率4.50 奪三振率9.00 四死球率2.25

 ■ プロ注目右腕4回無安打9K(スポニチ) 13/4/6

 プロ10球団のスカウトが熱視線を送る中、静岡の背番号“10”が圧巻の投球を見せつけた。1メートル82センチ、80キロの大型右腕・水野が自慢の直球で押し続け、立ち上がりから5連続の奪三振ショー。3回には自己最速を2キロ更新するMAX144キロを阪神のスピードガンではじき出した。背負った走者は4回1死から与えた四球のみ。外野に打球を飛ばされることはなく、4回無安打9三振の快投に「やるべきことができて良かった。最初の5連続三振はたまたまです」と心地良い汗を拭った。「久々の公式戦だったし楽しかった」。この言葉が全てを物語っていた。水野の公式戦登板は昨秋県準々決勝以来だが、先発となると初完封を遂げた東海大翔洋との昨春県大会準決勝までさかのぼる。実は昨年5月に左足首を骨折した影響で、秋は左腕・鈴木亮投手(3年)にエースの座を奪われた。巻き返しへ、冬場は増井達哉投手コーチ(26)と「左足にしっかり体重が乗るように」とキャッチボールの段階からマンツーマンでフォーム改造に着手。多い時は1日200球以上投げ込み、上手から角度のあるボールが伸びるようになった。広島の松本スカウトは「タメができるようになって、しっかり腕が振れるようになった。150キロ近くまでいくね」と絶賛。プロ注目の立場を“発奮材料”と表現した水野の“完全復活”が県高校球界を盛り上げる。
阪神北村スカウト
  腕がよく振れるようになった。球速も上がり、良くなる要素がいっぱいある。
ヤクルト小田スカウト
  もう少し肘が上がってくるといいんだけどね。でも、夏までどこまで伸びるか楽しみ。
ロッテ井辺スカウト
  制球がもうひとつ不安定だったが、昨秋からだいぶ変わった。腕も振れるし、力強くなった。
オリックス牧田スカウト
  腕が高い位置から振れて、叩ける。2、3カ月の間に凄い伸びしろがある。
 阪神北村スカウトは「体重移動がすごくいい。前より重心が高くなったけど、横から見ると今の方がいい」と成長を喜んだ。日本ハム熊崎スカウトは「水野はパワーがある。フォームがいいのは鈴木で、センスがあるのが高橋」と3投手を評する。(日刊スポーツ)

  プロフィール

 静岡県牧之原市生まれ。
 水野 匡貴(みずの・まさき)投手。
 牧之原小3年時から軟式野球を始め、藤枝明誠中では藤枝明誠シニアに所属。
 南関東選抜で服部創太らと共に台湾遠征を経験した。

 静岡高では1年秋からベンチ入り。
 2年春の地区予選で1失点初完投勝ちを収め、県準決・東海大翔洋戦で初完封を記録する。
 5月末の怪我で夏予選に登板出来ず、同年秋予選に救援2イニングのみ登板。
 3年春の地区・榛原戦で1年ぶりの先発を務め、4回ノーヒット1四球0封の復活投球を見せた。
 冬場に行った投球フォーム改造の成果で自己最速2キロ更新の144㌔を計測。
 1回表から5連続Kを奪うなど視察に訪れたプロ10球団スカウトの前で9Kの快投を演じている。
 8番打者として2回に先制の2点中前打、3回裏に左中間1号ソロアーチを記録。
 この活躍で県大会から背番号1に昇格となり、準決勝・飛龍戦で無四球完封勝ちを挙げた。
 続く東海大会1回戦・県岐阜商戦で4回2安打5三振無失点の好救援を披露。
 準決勝・津商戦で自己最速を145㌔まで伸ばし、8回コールド4安打完封勝利を収めている。
 3年夏はV候補の一角と評価されながら、富士市立に10回2対3でベスト8敗退。
 志望届を提出すれば指名確実との声がある中、六大学でのプレーを希望して進学を選択した。
 県大会V、東海準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 明大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 法政大2回戦に3番手として8回表から起用され、2回ノーヒット無失点の力投でデビューを飾る。
 佐藤竜一郎から空振り三振を奪った外角高めストレートで最速147㌔を計測。
 以降3年秋までに22試合(救援18)を経験し、通算3勝1敗、計45回11失点の実績を残した。
 中継ぎ登板した2年秋の慶大2回戦(2回2K1失点)でリーグ戦初勝利を記録。
 10得点の援護を受けた3年春の慶大2回戦で、4安打1四球初完投初完封勝利を収めている。
 通算22試合、3勝(1完投1完封)1敗、45回、防御率2.00。

 182cm82kg、ガッチリした体格の本格派右腕。
 ワインドアップからゆっくり足を上げて重心を下げ、右肘を使った球持ちに良さのある腕の振りから
 繰り出す最速147㌔の威力ある真っすぐと、スライダー、フォークボール、カーブ。
 リーグ戦45回で41奪三振(率8.20)。真っすぐにスライダー、フォークを織り交ぜて三振を奪う。
 高校時代から馬力、体重移動、腕の振りで、スカウトの評価を獲得していた。
 高2春の左足首骨折を克服して3年春からエースとして活躍。明大では救援で起用されている。
 遠投110m、50m6秒4。現時点で実績は少ない。

  スカウトコメント

巨人・福王スカウト部主任|17/2/27
 「悪いなりに抑えた。これからも見ていく」
オリックス・古屋英夫編成部国内グループ長|13/7/15
 「変化球もいいがスピードもあるし、昨年までウチにいた寺原(隼人・現ソフトバンク)みたい。腕の振りもいい」
広島・松本スカウト|13/4/5
 「タメができるようになって、しっかり腕が振れるようになった。150キロ近くまでいくね」
阪神・北村スカウト|13/4/5
 「腕がよく振れるようになった。球速も上がり、良くなる要素がいっぱいある」
 「体重移動がすごくいい。前より重心が高くなったけど、横から見ると今の方がいい」
ヤクルト・小田スカウト|13/4/5
 「もう少し肘が上がってくるといいんだけどね。でも、夏までどこまで伸びるか楽しみ」
ロッテ・井辺スカウト|13/4/5
 「制球がもうひとつ不安定だったが、昨秋からだいぶ変わった。腕も振れるし、力強くなった」
オリックス・牧田スカウト|13/4/5
 「腕が高い位置から振れて、叩ける。2、3カ月の間に凄い伸びしろがある」
日本ハム・熊崎スカウト|13/4/5
 「水野はパワーがある。フォームがいいのは鈴木で、センスがあるのが高橋」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-27(月)|2017年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑