大園 祐也(東北福祉大)

ここでは、「大園 祐也(東北福祉大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm67kg 左左 MAX143km スライダー・カーブ・チェンジ 神戸国際大附
切れの良い直球とスライダー、チェンジアップ。大学選手権2大会で4戦6回1安打0封の結果を残した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:         登板無し
   14秋:         登板無し
   15春: 1 0勝0敗  3.2  1  3  0  0  0.00
   15秋: 3 0勝0敗   2  1  1  1  1  4.50
   16春: 4 1勝0敗   5  3  6  1  0  0.00
   16秋: 8 2勝0敗   27  17  28  7  5  1.67(6位)
   17春: 7 0勝0敗  11.1  10  15  5  2  1.59
   通算: 23 3勝0敗   49  32  53  14  8  1.47
         被安打率5.88 奪三振率9.73 四死球率2.57

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   16選: 3  5.2  0  3  3  0
          1  0  0  1  0 139㌔(東ド) 東農北
         0.1  0  0  2  0 137㌔(東ド) 九産大
         4.1  0  3  0  0 140㌔(神宮) 上武大
   17選: 1  0.1  1  0  0  0 139㌔(神宮) 四学大
   通算: 4   6  1  3  3  0 防0.00
     被安打率1.50 奪三振率4.50 四死球率4.50

投手成績詳細

   15秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   宮教大     1  0  1  0  0
   仙台大    0.2  0  0  1  0
          0.1  1  0  0  1
           2  1  1  1  1 防4.50
      被安打率4.50 奪三振率4.50 四死球率4.50

   16春    回数 被安 奪三 四死 失点
   東北大     1  2  1  0  0 ○
   学院大     1  0  2  0  0
           1  0  0  0  0
   仙台大     2  1  3  1  0
           5  3  6  1  0 防0.00
      被安打率5.40 奪三振率10.80 四死球率1.80

   16秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   宮教大     1  0  2  0  0
          1.2  0  3  1  0
   東北大     1  0  2  0  0 
   東工大 先   5  2  6  1  1 ○
   仙台大     3  3  3  2  3
          3.1  2  2  2  0 ○
   学院大 先  5.2  6  5  1  3
       先  6.1  4  5  0  1
          27  17  28  7  8 防1.67
      被安打率5.67 奪三振率9.33 四死球率2.33

  最新記事

 ■ 東北大競り負ける 楠本の一打で接戦決着(河北新報) 16/5/4

 福祉大は3番楠本の一振りで、東北大との息詰まる接戦に終止符を打った。2-2の八回、低めの直球を捉え、決勝の中越え適時三塁打。会心の一打でリーグ戦初登板の大園が初勝利。同じ3年生だけに「白星をプレゼントできて良かった」と笑顔を見せた。

   17春    回数 被安 奪三 四死 失点
   東北大     1  0  1  0  0
   宮教大     1  1  1  1  0
           3  1  5  1  0
   東工大    2.1  1  2  1  0
           2  3  5  2  1
   学院大     1  0  0  0  0 
   仙台大     1  4  1  0  2
         11.1  10  15  5  3 防1.59
      被安打率7.94 奪三振率11.91 四死球率3.97

 ■ 東北福祉大・大園0封 新人戦3季連続V(日刊スポーツ) 15/6/1

 東北福祉大の左腕大園祐也(2年=神戸国際大付)が、優勝を呼び込んだ。仙台大との決勝戦で5回から2番手で登板4回1/3を2安打無失点に抑えて“大学初勝利”を手にした。チームは接戦を制し、3季連続Vとなった。身長175センチの左腕から投げ込むスライダーがさえた。大園が、“大学1勝”だ。「正直、うれしいです」。ボールに切れがあり、7つの三振を奪った1月に高校時代から痛めていた左足首の手術を受けた。「痛みが消えて不安がなくなった」と言う。今春は5月24日の対東北学院大2回戦でリーグ戦デビューも果たした。昨秋には富士大(北東北)との明治神宮大会東北地区代表決定戦に登板。東北福祉大の中で、着実に経験を積み重ねている。

 ■ 神戸国際大付が報徳下し12年ぶりV(デイリースポーツ) 13/5/7

 神戸国際大付が報徳学園を下し、12年ぶり2度目の春季兵庫大会優勝を果たした。25日開幕の春季近畿区大会(奈良・佐藤薬品スタジアム)に出場する。背番号「10」の左腕・大園祐也投手が8安打2失点で完投し、3年生の貫禄を見せた。「優勝しか考えていなかった。早めに2ストライクを取ることを意識した」と振り返る。普段は2年生右腕・横谷の救援で登板することが多く、先発は8回2安打15奪三振完封でコールド勝ちした2回戦・対市川以来。青木尚龍監督(48)は「大園は今大会で調子がよく、今日は頑張ってみろと送り出した」と勝負を託した。

過去記事

 ■ 神戸国際大付シード権獲得!大園15K(デイリースポーツ) 13/4/22

 神戸国際大付が八回コールドで初戦を突破し、ベスト16で夏の兵庫大会シード権を獲得した。背番号「10」の左腕・大園が15奪三振で2安打完封最速は134キロながら、ストレートとチェンジアップでコーナーを突いた。1年夏以来の公式戦先発で「緊張したが、先頭打者を三振に取って落ち着いた」と振り返った。阪神と広島が視察。阪神・熊野スカウトは「制球がよくキレがある」と評価していた。

   13春近畿       回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:近  江     4  3  1  0  0
   準決勝:智弁学園 先   8  8  4  0  2
               12  11  5  0  2 防1.50
           被安打率8.25 奪三振率3.75 四死球率0.00

   13春兵庫       回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:市  川 先   8  2  15     0
   3回戦:西脇工業     4          0
   準々決:三田松聖      救援登板
   準決勝:明 石 商     7          2
   決 勝:報徳学園 先   9  8  6  1  2
               28          4 防1.29(不明分除く)

  プロフィール

 岐阜県安八郡神戸町出身。
 大園 祐也(おおぞの・ゆうや)投手。
 神戸町立神戸中時代は岐阜クラブボーイズでプレー。

 神戸国際大附では1年時からベンチ入り。
 1年夏の予選6試合中3試合に先発で登板し、合計15イニングで9安打1失点の好成績を残す。
 2年秋に控え投手として県大会準優勝、近畿大会進出(1回戦敗退)を経験。
 近畿初戦・京都翔英戦に5回途中から登板し、5回2安打5三振無失点の好救援を見せた。
 翌3年春の大会8試合中7試合をこなし、12年ぶり県大会V、近畿準Vを達成。
 1年夏以来の先発を務めた県2回戦・市川戦で、8回2安打15K初完封の快投を演じている。
 最速134㌔止まりながらも制球力と切れの良さで阪神スカウトから評価を獲得。
 決勝・報徳戦で8安打2失点完投勝利を収め、近畿・近江戦で4回無失点リリーフを見せた。
 続く準決・智弁学園戦で8回裏まで5安打1失点(8.0回5失点)の好投を披露。
 3年春の近畿大会から背番号1を任されたが、夏予選は伊川谷に2対3で2回戦にとどまった。
 3回途中から5.2回1安打無四球無失点救援を見せるも援護に恵まれず敗戦。
 阪神・広島などプロスカウトからも注目されたが、志望届を提出せず東北福祉大進学を選んだ。
 県大会V、近畿準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 東北福祉大進学後1年1月に左足首手術を経験。
 2年春の学院1回戦でリーグ戦デビューを果たし、翌3年春の東北大学2回戦で初勝利を収める。
 同年秋に8試合(救援5試合)2勝無敗、防1.67(6位)で投手十傑入りを達成。
 ケガを抱えるエースに代わって3試合に先発し、東北工業大1回戦で先発初勝利を記録した。
 全国大会には3年春(ベスト8)、4年春(1回戦)の全日本大学選手権に出場。
 いずれも救援で全4試合、計6イニングに登板し、上武大戦で4.1回ノーヒット3K0封をマークした。
 リーグ通算23試合、3勝(0完投)0敗、49回、防御率1.47。

 175cm67kg、細身のリリーフ左腕。
 セットポジションから膝を高く上げて重心を下げ、インステップしてスリークォーターから繰り出す
 最速143㌔、常時130㌔台後半(リリーフ登板時)の切れの良いストレートと、
 120㌔前後のスライダー、右打者外角への110㌔台のチェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 1年時1月に左足首の手術を経験。3年春のリーグ戦で初勝利をマークした。
 躍動感のある投球フォームから繰り出される真っ直ぐと変化球とのコンビネーションが持ち味。
 制球力と切れを武器に三振を奪う。

  スカウトコメント

阪神・熊野スカウト|13/4/22
 「制球がよくキレがある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-30(金)|2017年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑