遠藤 康平(青山学院大)

ここでは、「遠藤 康平(青山学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



172cm70kg 右右 遊撃手 遠投100m 50m6秒2 常葉菊川
思い切り良い打撃が持ち味。球際に強い遊撃手。1年春に新人賞。島袋洋奨から先頭弾を放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 11 .324  37 12 2 0 1 2 8 4 0  .390  .459(7位)
   14秋: 14 .146  41  6 0 0 0 1 9 2 1  .186  .146
   15春: 11 .216  37  8 0 0 0 2 4 2 0  .256  .216二部
   15秋: 14 .250  52 13 4 0 0 3 6 1 0  .264  .327二部
   16春: 14 .294  51 15 4 0 1 8 11 2 1  .321  .431二部
   16秋: 12 .191  47  9 1 0 3 3 5 1 1  .208  .404二部
   17春: 12 .200  50 10 1 1 1 6 10 5 3  .273  .320二部
   一部: 25 .231  78 18 2 0 1 3 17 6 1  .286  .295
   二部: 63 .232 237 55 10 1 5 22 36 11 5  .266  .346
    ※ 14春:新人賞

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   13春: 3 .417 12  5 1 0 1 7 0 1 2  .462  .750
   13夏: 2 .143  7  1 0 0 0 0 2 1 0  .250  .143
   通算: 5 .316 19  6 1 0 1 7 2 2 2  .381  .526

  最新記事

 ■ 青学大1年・遠藤、島袋から先頭1号「自分もビックリ」(スポーツ報知) 14/5/7

 青学大のルーキー・遠藤康平遊撃手が中大戦の初回に大学1号となる先頭打者弾を放ち、チームは5戦目で初勝利を挙げた。中大のエース・島袋洋奨(4年)は4失点も、今季最長7回を投げ、自己最速タイの150キロを記録。復調気配を見せた。初回先頭。初めて1番に座った遠藤が、3球目の内角直球を真芯で捉える。舞い上がった打球はグングン伸び、左翼席に落ちた。エース・島袋の出はなをくじき、開幕4連敗中のチームを勢いづける先頭打者アーチ。三塁側ベンチが沸いた。「レフトフライかと思った。自分もビックリです」。常葉学園菊川(静岡)では3年の春夏連続で甲子園に出場。聖地で一発も放った。高校通算16本塁打の右打者は「甲子園と同じくらいうれしいです」。オープン戦を通じても初の大学1号に、初々しい笑みが弾けた。開幕から全戦スタメンも遊撃の守備が安定せず、駒大戦では1試合2失策を犯した。この日は4度の守備機会を無難にこなし、自信を取り戻した。「神宮にも慣れてきました」。攻守で存在感を示すルーキーが、青学大の連敗を4でストップさせた。

    1号:島袋 洋奨(中央大)  14/ 5/ 6  左越え先頭弾
    2号:秋月 健太(立正大)  16/ 5/ 5  左越え2ラン
    3号:黒木 優太(立正大)  16/10/24  左中間ソロ弾
    4号:堀   誠(立正大)  16/10/26  左越えソロ弾
    5号:鈴木 友也(立正大)  16/10/26  左越えソロ弾
    6号:鈴木 友也(立正大)  17/ 4/18  左越え先制弾

 ■ 常葉菊川・遠藤 フリーでサク越え4本(日刊スポーツ) 13/8/2

 全国高校野球選手権に出場する常葉学園菊川(静岡)は1日、午前に約2時間、練習した。遠藤康平内野手(3年)は、フリー打撃で柵越えを4本打率1割5分8厘だった県大会に比べ「本調子からは遠いけど、捉える打球が多くなってきた」と、手応えを増してきた。全体練習後にも居残りで打ち続ける。もっとも、チーム内に心配する声は少ない。センバツ前は現在よりも不振だったが、始まってみれば1、2回戦ともに決勝点をもたらしお立ち台を独占した。森下知幸監督(52)もこの日、スイングを見守り助言を与えたものの「大丈夫でしょう」と表情は明るかった。帰ってきた聖地では、すでに第1次候補26人に選出されている18U世界野球選手権(30日開幕、台湾)の高校日本代表入りもかかる。この日はNHKのチーム紹介VTRの収録も行われるなど、徐々に高まる本番ムード。持ってる男、遠藤の舞台は整いつつある。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   13夏予: 6 .158 19  3 1 0 0 2 4 3 2  .273  .211

 ■ センバツ16強の常葉菊川初V/高校野球(日刊スポーツ) 13/5/26

 センバツ16強の常葉学園菊川(静岡1位)が5度目の出場で初優勝した。1回1死二塁から3番遠藤康平内野手、主将の4番松木大輔捕手、5番大西優輝内野手(すべて3年)の3長打で3点を先取。直後に追いつかれたが、5回に無死一塁から遠藤が今大会3本目となる高校通算12号本塁打を左翼芝生席にたたきこみ勝ち越した。なおも1死一、三塁から7番花堂力斗外野手(3年)も右翼へ適時打。守っては堀田竜也投手(3年)が、12安打を浴びながら5失点完投と粘った。

過去記事

 ■ 常葉学園菊川・遠藤が連発/高校野球(日刊スポーツ) 13/5/25

 常葉学園菊川(静岡1位)は3番遠藤康平内野手(3年)の2打席連続本塁打などで栄徳(愛知2位)に勝利した。遠藤のバットが、5度目出場の常葉菊川に春の東海初勝利をもたらした。まずは1回。2死から4球目の変化球を左翼ポール際へ運ぶ先制ソロ。「フェンス直撃かと思った」と両翼92・8メートルの狭さに謙遜も、県大会決勝に続く公式戦2試合連続本塁打は、節目の高校通算10号となった。さらに4回無死では、3球目の直球を左中間最深部にたたき込む11号だ。今月19日の練習試合までの不振から、スイングの際に体が開く点を修正。「練習が打席で生きた」と笑った。走塁と守備でも非凡なセンスを見せた。8回2死二塁から敬遠で出塁すると、主将の4番松木大輔捕手(3年)の左前打を相手が失策した間に三塁へ。さらに「レフトがショートに返すと思って」と、自分を見ていない隙を突き一気に生還。ダメ押しの7点目を挙げた。直後の守備では、1死一、三塁からの遊ゴロを素早く二塁へ送球し併殺。反撃の芽を摘み取った。万能ぶりを発揮した中でも、一番良かったのは「バッティング」。中軸の誇りをのぞかせた。今日25日は三重王者のいなべ総合学園と戦う。相手のエース岡謙斗(3年)は左腕。この日の常葉菊川は、投手が左に代わった6回以降1安打に封じられた。1人目で対戦した遠藤は空振り三振。「いなべも左だと思うので、イメージを作りたい」と反省は忘れない。

 ■ 遠藤、4打点の大暴れ(時事ドットコム) 13/4/26

 常葉菊川の3番に座る遠藤が、4打点でチームの全得点を生み出した。四回に左前へ同点打を放つと、八回2死満塁では強い打球で遊撃手の足元を抜き、走者一掃の左中間二塁打。ともに乾の直球をたたき、「真っすぐに自信がある投手だから、絶対にくると思っていた。(八回は)フルスイングした結果の打球」と誇らしそうだった。1回戦の春江工戦でも2点本塁打を含む2安打3打点。大会前の練習試合では不調だったというが、本番では一転した姿を見せ「自分の打撃ができるようになってきた。2試合の結果は自信になる」と手応えを口にした。

 ■ 常葉菊川、猛打炸裂 3打点の遠藤「野球やめなくてよかった」(MSN産経) 13/3/22

 長打5本を含む14安打で9得点。中でも活躍が光ったのは3番の遠藤。同点の五回2死二塁でスライダーをうまくすくい上げる“技あり”の勝ち越し中前適時打。九回には見送ればボールと思われた高めの直球を強振し、左翼ポール際へダメ押しの2ランをたたき込んだ。一時は退部を考えたこともあった。昨夏の新チーム結成直後、内野の守備練習がうまくいかず、ふてくされた態度でいると、主将の松木に「(グラウンドの)外へ出ろ!」と怒鳴られた。「他の部員に悪影響が出ると思った。頭を冷やしてほしかった」と松木。練習試合にも出れず、「(野球を)辞めようかと思った」という遠藤だったが、思い直し「同じことは繰り返さない」と松木に約束してチームへ戻った。「野球を辞めなくてよかった。ここにいられるのは自分の力じゃない。みんなのおかげです」と遠藤はしみじみ。「(優勝した)6年前のチームに一歩ずつ近づければ」と伝統の打ち勝つ野球での快進撃を目指す。

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   12秋公: 14 .400  60 24 7 1 1 11 4 6 6  .455  .600 
   12秋全: 41 .343 166 57 18 3 2 25 22 16 13  .401  .524

  プロフィール

 静岡県伊豆の国市出身。
 遠藤 康平(えんどう・こうへい)遊撃手。
 大仁小時代に大仁パワーズで野球を始め、大仁中では伊豆市シニアで4番・ショート。
 中3夏の全国大会で初V(優秀選手賞受賞)を達成した。

 常葉菊川では1年時からベンチ入り。
 旧チームから正二塁手としてチームを引っ張り、遊撃手に回った2年秋に東海4強進出を果たす。
 3番打者として計24安打を放ち、チーム1位の打率.400、試14点11盗6を記録。
 翌3年春の選抜で3試合5安打、本1点7盗2の活躍を演じ、中日などプロから評価を受けた。
 1回戦5回表の第3打席で2球続いた低め外スラを中前に弾き返す勝ち越し打。
 失投を見逃し、4球目ボール球を振りながらも、5球目の同じ球を捉える意外性を見せている。
 同9回表に外角高めボール球直球をレフトポール際に打ち込む2ラン弾をマーク。
 三遊間ヒット性の打球に追いついてみせるなど、強肩好守の遊撃守備でもチームに貢献した。
 2回戦でから左適安(内寄高め直球)、左中間3点2塁打(外直球)を記録。
 同年夏に出場した甲子園は、1安打1失策と振るわず、3回戦で鳴門に1対17の大敗となった。
 10月の国体・大阪桐蔭戦で三遊間深めの打球をアウトにする好守を2度披露。
 打者としては計8打数で1安打1打点と振わず、4年後のプロ入りを目指して大学進学を選んだ。
 当時のチームメイトに登地慶輔(現大阪ガス)ら。

 青学大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 主に1番・遊撃として全11試合にスタメン出場し、打率.324(7位)本1の好成績で新人賞に輝く。
 中大1回戦で島袋洋奨の内直球を左翼席に放りこむ先頭打者アーチをマーク。
 続く秋のリーグ戦では思う様な結果を残せず、チームも2010年春以来となる2部落ちとなった。
 翌2年春から主に6番、4年春から主に3番を務め、7季で計73安打6発を記録。
 3年秋の立正大1回戦で黒木から左中間ソロ、同3回戦で左越えのソロアーチ2発を放っている。
 通算88試合、打率.238、73安打、6本塁打、25打点。

 172cm70kg、好打好守の遊撃手。
 高校通算16本塁打、粗削りながらも思い切りの良いスイングで鋭い打球を放つ右の好打者。
 積極的、かつ、打席内で修正を見せるなど、意外性のあるバッティングが持ち味。
 50m6秒2の脚力を備え、隙があれば盗塁を決める。高2秋の14試合で6盗塁を記録した。
 守っては球際に強い好守の遊撃手。捕ってから投げるまでが速い。遠投100m。
 グラブ捌き、軽快なフットワークで森下知幸監督から歴代ナンバーワンの高評価を受けていた。
 一方で安定感(高2秋14試合で5失策)に課題が残る。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-21(日)|2017年大学生野手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
大学進学希望らしいです。
| d"fans | 2013年08月23日(Fri) 12:59 | URL #- [ 編集]
いい選手ですよね
高卒二遊間の候補が少ない割に注目されていないように見えるのは少々ストレートの対応に課題がありそうに見えるからでしょうか?
| taiho55 | 2013年04月27日(Sat) 15:09 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生野手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑