水本 弦(東邦ガス)

ここでは、「水本 弦(東邦ガス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



水本 弦(東邦ガス)

177cm83kg 両左 外野手・一塁手 遠投100m 50m6秒2 大阪桐蔭→亜大 1年目
無駄の少ないスイングで打ち分ける好打者。1年春に打率.349本1で新人賞、ベストナインを獲得した。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13春: 12 .349  43 15 6 1 1 8 12 3 1  .391  .605(9位)
   13秋: 11 .250  24  6 0 0 0 5 7 7 0  .419  .250
   14春: 13 .234  47 11 0 0 0 5 5 4 0  .294  .234
   14秋: 13 .225  40  9 2 0 0 7 6 9 0  .367  .275
   15春: 9 .182  22  4 0 0 0 1 3 3 0  .280  .182
   15秋: 11 .182  22  4 1 1 0 1 2 7 0  .379  .318
   16春: 10 .265  34  9 1 0 0 3 3 10 0  .432  .294
   16秋: 9 .233  30  7 0 0 0 4 1 5 1  .343  .233
   通算: 88 .248 262 65 10 2 1 34 39 48 2  .365  .313
    ※ 13春:ベストナイン 13春:新人賞  

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13選: 4 .438 16  7 3 0 0 4 1 1 0  .471  .625 ※ 敢闘賞
   13神: 3 .000  9  0 0 0 0 0 1 1 0  .100  .000
   14選: 1 .250  4  1 1 0 0 1 2 0 0  .250  .500
   15神: 3 .500  4  2 0 0 1 2 1 0 0  .500 1.250
   16選: 2 .429  7  3 0 0 0 0 1 1 0  .500  .429
   通算: 13 .325 40 13 4 0 1 7 6 3 0  .372  .500 

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13日米: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12春: 5 .214 18  5 1 0 0 1 1 2 0  .350  .333
   12夏: 5 .421 19  8 1 1 0 4 2 5 0  .542  .579
   通算: 10 .351 37 13 2 1 0 5 3 7 0  .455  .459

  最新記事

 ■ 【明治神宮大会】代打・水本逆転V弾!亜大が2年ぶり王手(スポーツ報知) 15/11/18

 亜大・水本弦は、1点を追う8回2死一塁から代打で登場。一塁走者の二盗を待って、チェンジアップを拾い上げた。「こんな大事な場面で打てて、実感が湧かない」。優勝した13年以来2年ぶりの決勝進出を決める代打逆転2ランに、信じられない表情を浮かべた。大阪桐蔭の底力が宿った。試合前に球場で恩師の西谷浩一監督にあいさつ。今秋のリーグ戦では控えが続き、「調子が悪いです」と漏らすと「お前は3年間、調子が悪かったから大丈夫や」と肩を叩かれた。主将として阪神・藤浪、1学年下の西武・森らと12年甲子園で春夏連覇を成し遂げた意地があった。プレミア12では、日本ハム・中田ら高校の先輩が奮闘中。「自分も勝負強いんじゃないかと思って。ここ一番でチャンスが来ると思った」とサムライの魂を受け継いだ。

 ■ 【全日本大学野球】亜大・水本、4の4!衝撃の全国デビュー(スポーツ報知) 13/6/13

 亜大の水本弦外野手(1年)が衝撃の“全国デビュー”を飾った。2回戦の近大工学部戦に「6番・左翼」で先発出場し、7回に先制の口火を切る右中間二塁打を放つなど、4打数4安打1打点大会タイ記録の1試合3二塁打のおまけも付く猛打で、チームを6―0の快勝に導いた。両軍無得点の7回。先頭でカウント1ボール2ストライクと追い込まれてから、縦のスライダーをすくい上げ、右中間へ二塁打。送りバントで三塁まで進み、次打者のスクイズで決勝のホームを踏んだ。続く8回は、2死一塁の場面で再び2ストライクから今度は左投手のスライダーを左中間に運ぶ貴重な適時二塁打。「全国大会といっても、気持ちが高ぶることはなかった。リーグ戦と同じ気持ちでやれました」。華々しい“全国デビュー”を事もなげに振り返った。自身初のドーム球場での試合に違和感はあった。「マウンドも高くて、最初は自分の肩のラインも上を向いている感じでした」。それでも、2回は右前安打、4回はカーブを引っかけたゴロが不規則な回転を生み、一塁手の横をすり抜ける二塁打となったのは、“甲子園春夏連覇キャプテン”が持つ運の強さか。リーグ戦では、不動の5番として打率3割4分9厘を残し、満票で外野手のベストナインに選ばれた。だが、終盤に疲れが出たため、意図的に練習量を落とす「調整」に切り替え、今大会に合わせてきた。効果はてきめん。この日は6番に降格していたが、「気にしてません。打点を挙げたいとだけ思ってました」と強気だった。水本にとって全国大会は、昨年の甲子園、国体を合わせ13連勝。大阪桐蔭時代のエースだった阪神・藤浪の活躍に「僕も負けたくない」と刺激され、「負けることは嫌。チームで一番打点を稼いで、日本一になりたい」と宣言。石川発のビクトリーロードは、果てしなく続く。

 ■ 打で活躍の亜大・水本「藤浪だけじゃない」/東都(SANSPO) 13/5/29

 亜大の打の立役者は1年の水本だった。島袋から四回に先制打を放ち、六回には適時二塁打。「あまり調子はよくなかったが、うまく島袋さんを打てた」とうれしそうに話した。昨年の甲子園大会で春夏連覇した大阪桐蔭高で主将を務めた。「藤浪だけじゃないぞ、とひそかに頑張っています」と、阪神で活躍する同級生の名前を出してにやりとした。

過去記事

 ■ 藤浪に負けん!亜大・水本4安打/東都大学(日刊スポーツ) 13/4/25

 亜大が連勝で勝ち点2とした。ドラフト候補の久里亜蓮投手(4年=岡山理大付)が7回8奪三振で1失点に抑えると、1年生の5番水本弦外野手(1年=大阪桐蔭)がリーグ戦初本塁打を含む4打数4安打で打線をけん引した。阪神藤浪の同期生の水本は、直球を右翼席に運んだ。「自分は足がないので、長打がほしいと思っていた。何にでも対応できるようにしていました」と喜んだ。
 開幕から「5番・左翼」で先発出場し、ここまで5試合で打率・421。生田勉監督は「どっしり落ち着いてやっている。ずぶとい性格なので楽しみ。期待以上です」と目を細めた。(スポニチ)

 ■ 水本主将が2二塁打「感覚つかんだ」(SANSPO) 12/9/3

 18U世界選手権第4日(日本7-1イタリア、3日、ソウル)日本は主将の水本が2本の二塁打を放つ活躍。二回は一塁線を破り、五回は1死二、三塁から右中間に運んで2打点を挙げた。ここまで3試合で1安打とバットが湿っていたが「第3戦の最後から(打撃の)感覚をつかんだ。2安打は不満。全打席打てた」と頼もしかった。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   18U: 9 .214 28  6 3 1 0 4 8 6 0  .353  .393

 ■ 大阪桐蔭・水本が4打数4安打(asahi.com) 12/8/18

 大阪桐蔭の主将の水本が4打数4安打の固め打ちでチームを引っ張った。1回、内角の直球をとらえて右前へ先取点となる適時打。「大歓声もあったので、先制できたのは大きかった」。6回は2死から中越え三塁打を放ち、次の田端の本塁打を呼び込んだ。「一本出れば点が入る状況を作れたのが良かった」と振り返った。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12夏予: 8 .636 22 14 6 0 1 9 2 11 3  .758 1.045

  プロフィール

 石川県野々市町出身。
 水本 弦(みずもと・げん)外野手。
 父・兄の影響で小学2年から野球を始め、主将・エースとして全国初出場を達成する。
 野々市中時代は白山能美ボーイズで3年春夏に全国初出場(夏8強)。
 父・太監督のもとで投手兼遊撃手を務め、8月にNOMOジャパンで米遠征を経験した。
 春2回戦で大会初・完全試合を記録。同期に京田陽太ら。

 大阪桐蔭では1年時からベンチ入り。
 旧チームから2番・中堅レギュラーとして起用され、2年秋の大会から主将・3番・右翼手を務める。
 3年時に153㌔腕・藤浪晋太郎を擁し、史上7校目となる甲子園連覇を経験。
 予選打率.636本1点9、本戦打率.421点4と、夏の大会で41打数22安打の大暴れを見せた。
 先制右安(内角低め直球)を放つなど、大竹耕太郎から4安打1死球をマーク。
 3・4回に中安・右安(いずれも外高めスラ)、6回に中越え3塁打(真ん中スラ)を記録している。
 山本竜也の外高め140㌔を左安、中谷佳太の真ん中直球を左中間二塁打。
 相手投手の左右に関係なく広角に打ち分け、打撃センスでプロスカウトから高評価を受けた。
 大会後は高校日本代表の正中堅手として18U世界選手権全9試合に出場。
 アメリカ戦での中越え二塁打など、打率.214に沈みながらも、チーム最多タイ4長打を放っている。
 同期に藤浪晋太郎(阪神12年1位)、澤田圭佑(立大)ら。

 亜大進学後は1年春の開幕戦からレフトでレギュラー。
 5番打者としてチーム最多タイ15安打をマークし、打率.349(9位)で新人賞、ベストナインに輝く。
 開幕戦・青学大戦の第1打席で右安、第2打席で右中間への三塁打を記録。
 右前適安、中前適安、右越え弾、中前打と、国学大2回戦で4安打(杉浦から3本)を放った。
 全国大会には1・2・4年春の選手権、および1年・3年秋(優勝)の神宮に出場。
 デビュー戦の1年春初戦・近大工学部戦(6番・レフト)で4打数4安打の大活躍を演じている。
 右翼線、右中間、左中間タイムリーと打ち分け、大会タイの二塁打3本をマーク。
 準決・日体大戦で勝ち越し中安、決勝・上武大戦で勝ち越し左安、中前タイムリーを放った。
 2年春初戦(2対3で敗戦)で小松貴志から先制の右翼フェンス直撃ツーベース。
 8回裏2死から代打起用された3年秋の準決・東海大戦で右越え逆転2ランをマークしている。
 4年春(4番・一塁手)初戦2回戦・富士大戦で4大会ぶりのマルチ安打を記録。
 小野泰己(真ん中内寄り146㌔)、和田悠佑から、ライト前へのシングルを放つ活躍を見せた。
 1年6月に大学日本代表入りを果たし、控えとして日米大学野球優勝を経験。
 選考合宿紅白戦(3試合9打数2安打)で、関谷亮太から中安、山崎康晃から左安を記録した。
 通算88試合、打率.248、65安打、1本塁打、34打点。

 177cm83kg、好打堅守の外野手、一塁手。
 小さく足を上げる重心の低いフォームから無駄の少ないスイングで広角に打ち分ける左の好打者。
 両投げのバランス感覚を生かしたバットさばきが持ち味。甘く入れば長打を放つ。
 本来の左投げに加えてショート経験もあり、右投げでも遠投80mをマークする両投げ選手。
 高校代表で中堅手を務めるなど、外野の守備をそつなくこなす。 現在はレフト。
 肩の強さもまずまず。小中学校時代は左腕エースとして全国進出を果たした。遠投100m。
 50m6秒2、一塁到達4.4秒前後を計測する脚力で積極性のある走塁を見せる。
 打撃センスに加え、一定水準にある守備力、メンタル面の強さでプロスカウトから評価されていた。
 高校日本代表の主将を務めたキャプテンシーも魅力。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-02(金)|2018年社会人野手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
両投げ左打ちなんですか?凄いですね・・
| 匿名 | 2015年10月18日(Sun) 14:08 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人野手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑