吉村 旬平(徳島インディゴソックス)

ここでは、「吉村 旬平(徳島インディゴソックス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm82kg 右左 外野手 50m5秒7 光明相模原高 23歳
スピードを武器とするリードオフマン。打撃の確実性を磨きプロを目指す。ソフトバンク戦で左越え2ラン。

  動 画

  打撃成績

      試合 打率  打  安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12年: 80 .245 310  76 11 5 3 26 70 31 18  .314  .342
   13年: 79 .266 320  85 11 3 5 27 67 49 13  .363  .366(10位)
   14年: 78 .311 305  95  8 5 9 45 64 57 19  .420  .459( 4位)
   通算: 237 .274 935 256 30 13 17 98 201 137 50  .367  .388 

  最新記事

 ■ 徳島・吉村 三度目の正直でドラフト待つ(デイリースポーツ) 14/8/29

 吉村旬平が持つ身体能力について、徳島・殖栗正登トレーナーはこう語る。「パワーがあって本塁打が打てるし、なおかつ足も速い。トップでやれる技術的なものもある。フィジカル・データもNPBの平均値を全部超えている。ここにいるのはもったいない選手って感じですよね。上に行ければある程度やれちゃう」。昨年、一昨年とドラフト候補に名前が挙がったが、指名には至らなかった。23歳。フルシーズンで戦う3年目は本当の勝負の年だ。長打率・476(1位)出塁率・417(3位、17日現在)など、存在感は際立っている。「打点が増えたのは自分としてもいいと思う。序盤は自分がチャンスを作るじゃないですか。中盤にチャンスで回してくれて、そこで打ててる。勝負強さがでてきたのかな、と思ってます」。「もうこれ以上はないんじゃないか」と思うようなすごい打球が飛び始めた。強く記憶に残るのは香川との前期9回戦、九回表(5月30日、レクザムスタジアム)。篠原が投げた148キロのストレートを左翼へ弾き返した3号逆転2ランである。「勝負強さも出せたし、逆方向にホームランっていう形ができた。インパクトの強さで言ったら、この間のレクザム(8月13日、後期4回戦。右翼場外へ8号2ラン)もそうだし」。自信が落ち着きにつながっている。「普通に打てばヒットになる。普通にやればいい。普通に……」そう自分に言い聞かせて打席に入る。「甲子園が終わって、これからスカウトもいっぱい来てくれると思うので。そこでアピールしないと。いま連戦中なので、連戦をキツいと思うか。アピールするためのチャンスと思うか」。「候補」のまま終わるのではなく、3度目のドラフトを「三度目の正直」にするために。

  プロフィール

 神奈川県・光明相模原高出身。
 吉村 旬平(よしむら・しゅんぺい)外野手。

 高校時代は旧チームから右翼手レギュラーとして活躍。
 本村幸雄監督(現日ハム選手教育ディレクター)が最重要視する2番打者として起用された。
 3年夏は打率.400本2点4を記録したが、川崎北に3対4で敗れ県4回戦敗退。
 監督の勧めもあってプロを志望するも指名無く、練習生として独立リーグ・徳島ISに入団する。
 当時のチームメイトに三橋良紀ら。甲子園経験は無し。

 徳島IS入団後1年目(2010年)は出場機会なし。
 2011年5月に初出場を果たすも、支配下選手に定着できず、シーズン9試合の出場にとどまる。
 3年目になって開幕メンバーに選ばれ、中堅手レギュラーとしてフル出場を達成。
 1番から3番の上位打線で出場し、18盗塁を決めた一方、打率.245の打撃に課題を残した。
 3球団が興味を示す中で10月を迎えたが、高卒時に続きドラフトでの指名無し。
 その後コーチ陣の下で打撃力強化に着手し、4年目5月のSB戦で左越え2ランを放っている。
 5年目の今季は現時点で打率.306(5位)、8本塁打34打点の好成績をマーク。
 5月の香川戦で篠原慎平の148㌔直球を捉え、レフトスタンドへ叩き込む逆転2ランを記録した。

 178cm82kg、俊足好打の外野手。
 オープンスタンスから思い切りの良い打撃を見せる左の好打者。 
 5年目8月の香川戦でライト場外(両翼96mのレクザムスタジアム)への2ランを記録。
 レフトに叩き込む長打力を秘める一方、3年目は80試合70三振、打率.245と確実性に課題を残した。
 各種データでNPB平均値を超える高い身体能力の持ち主。垂直跳び90センチ。
 スピードを武器に長打を放つ。 50m5秒7の脚力を備えるリードオフマン。

  スカウトコメント

NPBスカウト|13/5/8
 「セールスポイントはスピード。ただ『そのスピードを100パーセント生かしているか?』と言えば、そこまで生かせてないんじゃないか。走塁技術をもっと磨いて、打撃ももっと力強くなれば。左打者でスピードがあるなら、四国リーグで打率3割は残さないと。左(打者)だから内野安打もセーフティーバントもある。そういうところでアピールをしてほしい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2014-08-30(土)|退団・引退・進路不明など | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | コメント(0) Page Top↑