小又 圭甫(国学院大)

ここでは、「小又 圭甫(国学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



182cm84kg 右右 MAX152km スライダー・カーブ・スプリット 千葉英和
最速152㌔直球とスライダー、スプリット。右肘手術から復帰。4年春のリーグ戦で152㌔を叩き出した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   14春:        登板無し
   14秋:        登板無し
   15春:        登板無し
   15秋:        登板無し
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し
   17春: 4 0勝1敗  9.1  11  7  14  4  3.86
   17秋:        登板無し            
   通算: 4 0勝1敗  9.1  11  7  14  4  3.86
        被安打率10.61 奪三振率6.75 四死球率13.50

  最新記事

 ■ 国学院大・小又がトミー・ジョン手術乗り越え151キロ(デイリースポーツ) 17/4/14

 国学院大が快勝し、勝ち点1とした。先発した小又圭甫投手(4年・千葉英和)が、リーグ戦初登板で自己最速を更新する151キロを計測。自身に白星こそつかなかったものの、3回4安打無失点、5奪三振の力投で勝利に貢献した。高校時代に最速147キロをマークし、プロ注目の存在だった右腕。大学入学後は故障続きで、2年時の5月には右肘じん帯を移植するトミー・ジョン手術を受けた。「野球をやる楽しさを感じた」と振り返るキャッチボール再開は3年時の4月。地道なリハビリを乗り越え、最終学年でついにたどり着いた神宮のマウンドだった。登板予定を告げられたのは前日。「ビックリしました。でも、マウンドで投げるためにやってきたので」と闘志は十分。試合開始直後の初球にいきなり150キロを計測した。3回で79球を要しながら、何とか無失点でしのぎいだ小又は「バックに助けられた。ホッとしています」と頬を緩ませた。鳥山泰孝監督は「よくここまでこぎ着けた。今日はうれしい気持ち」と感慨をにじませ「もともと力のある選手。スタートラインに立ったのだから、ここからです」と、さらなる飛躍を期待した。

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大 先  3  4  5  4  0 151㌔
   日本大 先  3  3  1  4  1 152㌔
   中央大 先  2  1  1  4  0 152㌔
   東洋大 先 1.1  3  0  2  3 152㌔ ●
         9.1  11  7  14  4 防3.86
     被安打率10.61 奪三振率6.75 四死球率13.50

 ■ 成田 “努力家”早坂 チーム全得点叩き出した(スポニチ) 13/7/24

 千葉英和の好投手・小又から8安打を放ち、3―1で下した初回1死一塁から先制の右越え2ランを放った早坂は「(感触は)完璧。コンパクトに振れた」と振り返った。3回にも中前適時打。チームの全得点を叩き出し、尾島治信監督は「練習後も一生懸命バットを振っていた。神様にいいものをもらったかな」と努力家の活躍を喜んだ。
 「150キロを投げたい。小さいころから夢だったプロにも、いずれはいきたい」(千葉日報)

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:流 山 南 先   6  3       1 147㌔
   4回戦:横芝敬愛 先   8  6  10     2 145㌔
   5回戦:成  田 先   8  8  4  0  3
               22  17       6 防2.45(失点から計算)

 ■ 千葉英和・小又8回10K 宮国似イケメン(デイリースポーツ) 13/7/22

 巨人・宮国に似た端正なマスクが、強い日差しに映えた。プロ注目、千葉英和のエース・小又圭甫投手(3年)が最速145キロの直球を武器に8回10奪三振。イケメン右腕の快投で16強入りだ。自己最速の147キロには及ばなかったものの、「勝ちに行くことに徹した」と小又。スライダー、カーブで緩急をつけ、堂々の2桁奪三振だ。今年1月、体育の授業中に左手首を骨折。3月には背筋痛を発症し、春季県大会は背番号18で不完全燃焼だった。その後は球場の両翼ポール間ダッシュを1日に計90本こなし、下半身強化を徹底。今夏、伊藤監督が「150キロが出ないかと期待している」と言うほどの球威を身に付けた。ネット裏の広島・尾形スカウトは「真っすぐが非常に力強く、肩、ひじの使い方も柔らかい。顔もいい」と二重丸。同校悲願の甲子園初出場へ、小又がけん引する。

過去記事

 ■ 千葉英和・小又、骨折明けも圧巻147キロ(スポーツ報知) 13/7/18

 千葉英和のエース右腕・小又圭甫投手(3年)が自己最速を4キロ更新する147キロを計測し、6回3安打1失点。1月に左手首を骨折した影響を感じさせない圧巻のマウンドで、チームを4回戦へ導いた。故障を力に変えた。バスケットボールの授業中に左手首を骨折し、春の県大会は背番号18。4試合すべてに投げたが「夏はお前だぞ」という伊藤修次監督(45)の言葉を励みに毎日、ポール間走と5種類の短距離ダッシュを15本ずつ繰り返してきた。「147キロはびっくり。走り込みが生きたかな」。下半身強化が球速アップにつながった。「困ったら何も考えず直球を投げ込みます」と、球威に絶対の自信を持つ右腕。骨折を力に変えた男が、チームを春夏通じて初めての甲子園へ導く。

 ■ 最後の夏 骨折乗り越え背負う「1」(スポーツ報知) 13/6/21

 最速143キロ右腕が、骨折からの復活を期してラストサマーに臨む。「背番号1番は大黒柱。それがしっかりすれば、負けない」。小又はエースナンバーにこだわりを見せた。「球の質はOBの小川龍也(現中日)より上」と伊藤修次監督も目を細める快速球が魅力だ。しかし今年1月、ソフトバンクDeNAなどプロのスカウトも興味を持つ逸材をアクシデントが襲った。授業でバスケットボールの最中に左手首を骨折。夏まで半年という時期での故障に落ち込んだが、指揮官の「けががプラスになるように練習をしよう」という言葉で切り替えた。このリハビリ期間が、まさにけがの功名となる。走れない代わりにストレッチの量を増やすと、股関節や肩甲骨まわりの柔軟性がアップ。3月中旬に実戦登板を再開してからは直球のキレが増し、空振りが奪えるようになった。紅白戦で球審を務めたことで、打者を観察する重要さを思い知った。故障が癒えたばかりの春の県大会では背番号18だった。この夏、満を持して「1」を背負う小又は「先を見過ぎず、一戦ずつ全力で戦う」ことを誓った。苦難を乗り越えた分だけ、喜びがあることを信じて。

  プロフィール

 千葉県千葉市生まれ。
 小又 圭甫(こまた・けいすけ)投手。
 犢橋小1年時から軟式野球を始め、犢橋中では千葉北シニアに所属。

 千葉英和高では1年春から背番号16でベンチ入り。
 同年秋の大会で県V、関東ベスト8入りを経験し、翌2年秋の新チームでエースの座を獲得する。
 143㌔右腕としてプロから注目されるも、1月に左手首骨折を負い戦線を離脱。
 同3月には背筋痛と相次いだケガを乗り越え、3年春に背番号18で県ベスト4入りを達成した。
 ストレッチ等のリハビリで柔軟性を高め、キレを増した直球で21.2回24Kをマーク。
 エースの座を取り戻した同年夏の県大会(16強)で3試合22回6失点の力投を披露している。
 3回戦・流山南高戦で147㌔を計測し、続く横芝敬愛戦で8回10三振を記録。
 肩肘柔らかく球威のある145㌔直球を投げ込み、広島・尾形佳紀スカウトから高評価を受けた。
 1学年下のチームメイトとして重田倫明(国士舘大)ら。

 国学院大では2年5月にトミージョン手術を経験。
 リハビリを経て3年春からキャッチボールを再開し、最終学年春になってリーグ戦デビューを果たす。
 初登板の専修大3回戦で最速151㌔、続く日本大2回戦で最速152㌔を計測。
 先発として4試合に起用されたが、計9.1回で14四死球を出し、すべて序盤でノックアウトとなった。
 通算4試合、0勝0敗、9.1回、7奪三振、防御率3.86。

 182cm84kg、152㌔直球を持つスリークォーター右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、開き早めに右肘を使った力強い腕の振りから
 投げ込む最速152㌔の威力ある真っ直ぐと、縦横スライダー、カーブ、スプリット。
 常時145㌔前後から150㌔弱のストレートが持ち味。120㌔台のスライダーなどを織り交ぜる。
 2年5月のトミージョン手術を乗り越えて4年春のリーグ戦で最速152㌔をマーク。
 千葉英和高・伊藤修次監督からOB・小川龍也以上の球質の持ち主として高く評価されていた。
 上半身の強さを生かした腕の振りが魅力。50m6秒0。

  スカウトコメント

広島・尾形スカウト|13/7/22
 「真っすぐが非常に力強く、肩、ひじの使い方も柔らかい。顔もいい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-07-02(日)|2017年大学生投手 | 東都大学 コメント(6) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
広島の薮田のような期待か?
| 宇宙人たけし | 2017年07月10日(Mon) 01:07 | URL #foglHflk [ 編集]
大卒でのプロ入りは実績的に厳しいとは思いますが、今回の登板で強豪社会人チームから声がかかるかもしれませんね。最終学年でどんな結果を残すか楽しみ。
| 北風 | 2017年04月14日(Fri) 21:11 | URL #- [ 編集]
修次燃えて燃えて燃え尽きろ
大暴れして来い!
| 匿名 | 2013年10月26日(Sat) 23:03 | URL #- [ 編集]
情報ありがとうございます。「いずれは」となると進学っぽいですね。
| 管理人 | 2013年07月24日(Wed) 20:51 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
昨日の成田戦で1ー3で敗れてしまいました
成田の注目内野手・早坂に初回2ランを打たれると3回にも早坂にセンター前にタイムリーを打たれ全3打点をあげられました

一応千葉日報の記事の一部分を載せます
「150キロを投げたい。小さいころから夢だったプロにも、いずれはいきたい」
| 鴎 | 2013年07月24日(Wed) 09:57 | URL #- [ 編集]
修次がんばれよー!
| 名無し | 2013年06月21日(Fri) 23:50 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 東都大学 コメント(6) Page Top↑