恩田 和季(近大工学部)

ここでは、「恩田 和季(近大工学部)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm90kg 右右 MAX143km ツーシーム・スライダー・カーブ 開星高
最速143㌔の直球とツーシーム、スライダー。体重増し球威が向上。高3夏に甲子園出場を果たした。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14夏: 1 先   3  1  0  5  4 140㌔ 大阪桐蔭

  最新記事

 ■ 開星143キロ右腕・恩田、初戦で散る(デイリースポーツ) 14/8/16

 無念さが表情ににじむ。最速143キロで今大会注目の本格派右腕、開星(島根)の恩田和季投手(3年)が四回途中KO。力を出し切れず初戦敗退に肩を落とした。初回を三者凡退発進。だが、4点をもらった直後の二回に崩れた。3四死球と制球が乱れ2失点。さらに三回も四球絡みで1点を奪われた。四回、先頭への四球後に降板。「4点で守りに入った。攻めの気持ちがなくなった」。3回0/3を1安打5四死球4失点。心の隙を大阪桐蔭打線は見逃してくれなかった。身長184センチ、体重90キロと恵まれた体格を誇る。卒業後は大学に進学し、プロを目指す。「悔しさを忘れず頑張りたい」。夢舞台での敗戦を力に変え、再び走りだす。

   14夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:出雲農林 先   3  1  3  0  0
   3回戦:立正淞南 先  6.2  7  4  4  2
   準々決:石見智翠 先   2  5  3  5  5
   準決勝:大  東 先  4.2  9  2  3  5
   決 勝:大  社 先  7.1  7  6  2  4
              23.2  29  18  14  16 防6.08(失点から計算)
          被安打率11.03 奪三振率6.85 四死球率5.32

 ■ 県春季大会 決勝は大東VS開星(毎日jp) 14/5/4

 県高校春季野球大会兼春季中国地区高校野球大会県予選は3日、出雲市の県立浜山球場で準決勝2試合があった。第1試合は大東が浜田を7-3で破り、第2試合は開星が大社に6-4でサヨナラ勝ちした。開星は2点を追う七回、恩田の左越え2点本塁打で同点。九回には代打の広江がレフトスタンドにサヨナラ本塁打を放った。大社は五、六回、いずれも適時打でリードし試合の主導権を握ったが、最後は1球に泣いた。

   14春中国      回数 被安 奪三 四死 自責 
   1回戦:広島工 先   3  3  1  4  1 
             2.1  3  4  0  0…3者連続奪三振
   準決勝:岩国商 先   6  5  3  5  1
             11.1  11  8  9  2 防1.59
          被安打率8.74 奪三振率6.35 四死球率7.15

 ■ 開星、出雲西など4校が軸/島根展望(日刊スポーツ) 13/6/23

 春王者の開星、2年連続出場を目指す立正大淞南、21世紀枠で今春センバツに出場した益田翔陽、昨秋の県8強で春同4強の出雲西の4校が軸になる。開星のエース恩田和季(2年)は140キロを超える直球と精度の高い変化球で、早くもプロから注目されている。

   13春中国      回数 被安 奪三 四死 自責 
   1回戦:岡山理 先   7  5  6  6  4
   準決勝:高川学 先   5  4  6  6  5
              12  9  12  12  9 防6.75
          被安打率6.75 奪三振率9.00 四死球率9.00

  プロフィール

 島根県雲南市出身。
 恩田 和季(おんだ・かずき)投手。
 大東スポーツ少年団で野球を始め、大東中時代は軟式野球部に所属。
 3年夏の全国大会にエースとして出場した。

 開星高では1年春から控え投手としてベンチ入り。
 2年春にエースとして5年ぶり県大会Vを達成し、141㌔大型右腕としてスカウトの注目を集める。
 代決で増本凌也との投げ合いを制し、松江商相手に1失点完投勝利を記録。
 県大会決勝・立正大淞南高戦で散発2安打、7奪三振8四死球1失点完投勝利を挙げた。
 中国大会では7.0回で4点を失いながらも、10回サヨナラで岡山理大付に勝利。
 準決勝・高川学園戦は、3回に5失点を喫し、5回7失点KO、7回コールドの大敗に終わった。
 2年夏の県ベスト4(4戦15.2回4失点)、秋の2回戦敗退(11回サヨナラ)を経て、
 3年春に8試合(先発7完投3)49回14失点、防1.65で島根V、中国大会準Vを果たしている。
 県準決・大社戦で自ら同点2ランを放ち、8K6四死球4失点完投勝ちをマーク。
 3年夏に5試合で50得点の強力援護を受けて、16失点しながらも甲子園出場を成し遂げた。
 甲子園1回戦・大阪桐蔭戦は、3.0回5四死球5失点、6対7で悔しい逆転負け。
 143㌔大型右腕としてスカウトから注目されたが、志望届は提出せず近大工への進学を選んだ。
 当時のチームメイトに持田隆宏(現亜細亜大)ら。

 184cm90kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 セットポジションから重心を下げてインステップし、開き早めに球持ちに良さのある腕の振りから
 投げ下ろす最速143㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後の重い直球と、
 120㌔前後から120㌔台後半のツーシーム、110㌔台の縦のスライダー、その他にカーブ。
 武器である真っすぐで押す大型右腕。ツーシーム、スライダーを織り交ぜる。
 走者を出してからの投球に成長の跡を見せ、高3春49回で防御率1.65の実績を残した。
 中国大会・広島工戦で3連続K(縦の変化球2、高め直球1)を奪っている。
 体重を73キロから90キロまで増やし、3年春時点で最速143㌔に到達。直球の球威を増した。
 制球にはバラツキが残る。3年夏26.2回で19四死球。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-01-02(金)|2018年大学生投手 | 広島六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
恩ちゃん頑張れ!
| バックネット | 2013年07月12日(Fri) 12:15 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 広島六大学 コメント(1) Page Top↑