藤岡 大士(龍谷大)

ここでは、「藤岡 大士(龍谷大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



藤岡 大士(龍谷大)

184cm80kg 右右 MAX149km スライダー・カーブ 桜宮高
最速149㌔直球と縦のスライダー、落差あるカーブ。長身細身の本格派右腕。都島工戦で19奪三振。

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:        登板無し
   14秋:        登板無し
   15春: 4 0勝1敗   6  0  4  3  0  0.00
   15秋: 2 1勝0敗  6.2  3  4  9  3  4.05
   16春: 3 2勝0敗   7  6  8  1  1  1.29
   16秋:        登板無し            
   通算: 9 3勝1敗  19.2  9  16  13  4  1.83
         被安打率4.12 奪三振率7.32 四死球率5.95

投手成績詳細

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   大院大     2  0  1  1  0
   京産大     1  0  1  0  0
           1  0  0  1  0
   大経大     2  0  2  1  0 ●
           6  0  4  3  0 防0.00
      被安打率0.00 奪三振率6.00 四死球率4.50

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   大経大    3.2  1  1  4  0 ○
   大院大     3  2  3  5  3
          6.2  3  4  9  3 防4.05
      被安打率4.05 奪三振率5.40 四死球率12.15

  最新記事

 ■ 桜宮2年連続8強で敗退/大阪大会(日刊スポーツ) 13/7/25

 桜宮が惜敗し、2年連続8強に終わった。息詰まる投手戦が終盤まで続いたが、9回1死満塁からエース藤岡大士(3年)が犠飛を打たれ、それが決勝点になった。前日24日の完封から連投で137球を投げた藤岡は「9回も気持ちを込めて向かっていきました」と涙ながらに振り返った。

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京産大    4.1  6  5  1  1
   神院大     1  0  0  0  0 ○
   大経大    1.2  0  3  0  0 ○
           7  6  8  1  1 防1.29
      被安打率7.71 奪三振率10.29 四死球率1.29

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:高  槻 先   4  1  6     0 142㌔
   3回戦:刀 根 山    7.1  5
   4回戦:金光八尾     2  3       0
   5回戦:大阪学芸 先   9  3  9  3  0
   準々決:阪 柏 原 先   9  5  4  6  1
              31.1  17

 ■ 【大阪】桜宮、23点“感動の再開”プロ注目・藤岡が4回6K(スポーツ報知) 13/7/8

 バスケットボール部の体罰問題で活動自粛を経験した桜宮が、快勝発進を決めた。プロ注目の右腕・藤岡大士(3年)が4回を1安打6奪三振の完璧な投球。打っても11安打で23得点を奪い、高槻に23―0で5回コールド勝ちした。チームに勢いをもたらしたのは、プロ注目右腕の藤岡だ。7球団のスカウトが見守る前で、142キロの直球にスライダー、チェンジアップを織り交ぜ4回を1安打無失点、6奪三振の好投。この日が18歳の誕生日だった最速147キロ右腕は「やっと、しっかり野球ができた」と最高の笑みを見せた。同校では、昨年12月に、バスケットボール部の顧問から体罰を受けた男子生徒(当時17歳)が自殺。その影響で、野球部も今年1月14日から活動を自粛した。その間、藤岡は自宅近くの大阪城の外周を1日おきにランニングするなど、ナインは独自でトレーニングを行った。本格的に活動を再開したのは3月1日から。周囲のバッシングは止まらず、府春季大会も初戦で敗れた。それでも「うちを選んで入ってくれた。荒波に耐え、一人も辞めずパワーになっている」(福原監督)。例年より10人ほど多い51人の新入部員に加え、自粛期間中には寄せ書きで激励し、この日もスタンドに大勢で詰め掛けたOBの応援の力で夏初戦を突破した。

 ■ 履正社と大阪桐蔭が軸に(asahi.com) 13/6/22

 今春の選抜大会に出場した履正社と大阪桐蔭が軸となり、春の府予選準優勝の金光大阪、昨秋の府予選3位の大商大堺も底力を秘める。145キロ超の直球と鋭いスライダーを武器とする桜宮の藤岡大士投手(3年)は、大会屈指の右腕。堺東の左腕朝倉優翔投手(3年)、履正社と同じブロックに入った高槻北の右腕青木亮太投手(3年)も直球に威力がある。

過去記事

 ■ 活動自粛の桜宮、善戦むなしく初戦敗退(デイリースポーツ) 13/4/8

 昨春大阪大会4位の実力校が延長十四回の末、初戦敗退した。桜宮は八回表に2‐9まで突き放されたが、その裏に7点を奪い延長戦へ。しかし最後は失策も絡み3失点した。昨秋の大阪大会を不祥事で辞退。さらに昨年12月にバスケットボール部の男子生徒が自殺した問題を受け、冬場は2カ月以上、部活動を自粛した。福原監督は「何とかしようという気持ちでよく追い付いた。しかし大会の難しさか、普段は出ないエラーが出た。夏に向けて頑張りたい」と話した。

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 藤岡 大士(ふじおか・だいし)投手。
 大阪市立瓜破西中学校時代から野球を始めた。

 桜宮高では1年時からベンチ入り。
 プロ注・山野雅之を擁して勝ち進み、2年春予選で4強入り、同年夏予選で8強入りを経験する。
 夏の大阪大会5回戦・大塚戦で7安打9三振無四球2失点完投勝利をマーク。
 部内暴力発覚で秋予選を出場できずに終え、他部不祥事で1月から自粛期間を過ごした。
 ブランク明けで臨んだ3年春の大会は、豊島高に14回9対12で敗れ1回戦敗退。
 3年夏に5試合(先発3)31.1回をこなす活躍で、2年連続の府大会8強進出を達成している。
 7球団視察の1回戦で4回6三振無失点、5回戦で3安打9奪三振完封を記録。
 翌日の阪柏原戦でも137球の力投を見せたが、援護に恵まれず5安打1失点完投負けとなった。
 大阪4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 龍谷大では2年春からリリーフでリーグ戦に出場。
 2年秋の大経大2回戦に2回途中から起用され、3.2回無失点救援でリーグ戦初勝利を収めた。
 リーグ通算9試合、3勝1敗、19.2回、防御率1.83。

 184cm80kg、長身細身の本格派右腕。
 セットポジションから足を高く上げて重心を下げ、肘を柔らかく使った鋭い腕の振りから投げ下ろす
 最速149㌔の伸びのあるストレートと、鋭い縦のスライダー、落差のあるカーブ。
 真っ直ぐとスライダーを武器に三振奪取。高2秋の市立大会・都島工戦で19Kを記録した。
 プロスカウトから注目される資質の持ち主。投手体型に柔軟な肩肘を備える。
 体重アップで不安定さを改善。高校時代は下半身の弱さもあってコントロールを課題としていた。
 被安打率4.12、奪三振率7.32、四死球率5.95。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-14(月)|2017年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑