井手 亮太郎(九州産業大)

ここでは、「井手 亮太郎(九州産業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm82kg 右左 MAX147km スライダー・フォーク 九産大九州
長身の速球派サイドハンド。大学選手権で147㌔マーク。浮かび上がりシュートするクセ球が持ち味。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春: 3 0勝0敗   4  1  4  0  0  0.00 
   14秋: 2 0勝0敗  2.2  2  2  3  0  0.00
   15春:         登板無し
   15秋: 3 0勝0敗  2.1  1  4  0  0  0.00
   16春: 4 0勝0敗  4.2  2       3  5.79
   16秋: 1 0勝0敗  0.1  1       0  0.00
   通算: 13 0勝0敗   14  7       3  1.93

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14選: 1     2  0  3  0  0 147㌔(神宮) 創価大
   14神: 1    0.1  1  0  1  0 145㌔(神宮) 中部学 ●
   15選: 1 先   3  1  3  3  0 147㌔(東ド) 東海大
   通算: 3    5.1  2  6  4  0 防0.00
       被安打率3.38 奪三振率10.13 四死球率6.75

投手成績詳細

   14春   回数 被安 奪三 四死 自責 
   九工大    1  1  2  0  0 144㌔
   日経大    1  0  1  0  0
          2  0  1  0  0
          4  1  4  0  0 防0.00
     被安打率2.25 奪三振率9.00 四死球率0.00

   14秋   回数 被安 奪三 四死 自責 
   日経大    1  1  0  1  0
   福工大   1.2  1  2  2  0
         2.2  2  2  3  0 防0.00
     被安打率6.75 奪三振率6.75 四死球率10.13

   15秋   回数 被安 奪三 四死 自責 
   九工大    1  0  3  0  0
   福教大   0.1  1  0  0  0
          1  0  1  0  0
         2.1  1  4  0  0 防0.00
     被安打率3.86 奪三振率15.43 四死球率0.00

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   福教大    0.1  0       0
   九工大 先   3  1       0
           1  1       0
   九共大    0.1  0       3
          4.2  2       3 防5.79

  最新記事

 ■ 九産大0封リレーで東海大下す(デイリースポーツ) 15/6/10

 1回戦4試合と2回戦2試合が行われた。九産大は4投手による継投で、前年王者・東海大を完封。2年連続の8強進出を決めた。出てくる投手がすべて数年後のドラフト上位候補に挙がりそうな逸材ばかり。4投手の継投で前年王者の東海大を完封した九産大・大久保哲也監督は「あさって以降の戦いに少し見通しが立った」と表情を緩める。先発した2年生の右サイドハンド・井手は最速147キロを計測し、3回を内野安打1本に封じた左すねに打球を受けるアクシデントで降板したが、2番手右腕・伊藤は制球よく八回2死まで2安打投球。140キロ台後半の直球を誇る森川が打者1人を三振に仕留め、最後は「強力打線ですから慎重に」と大久保監督が明かしたように、高良を投入して試合を締めた。

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   福教大    0.1  1       0

 ■ 九産大新戦力 指揮官「想定通り」(西日本スポーツ) 14/4/22

 3季ぶりのリーグ優勝を狙う九産大に頼もしい新戦力が加わった。1年生右腕の井手は7回の1イニングに登板し、堂々の無失点投球。「走者を出しても力まずに投げることができた」と安堵の笑みを浮かべた。先頭打者に右前打を打たれても慌てない。後続を投ゴロと連続三振に切って取った。この日は自己最速を4キロ更新する144キロを計測。13球すべて真っすぐで押した。九産大九州高では主戦として活躍。福岡大会4強だった3年夏は好サブマリンとして注目された。大学入学後、大久保哲也監督からフォームについて助言を受けてサイドに挑戦。「コントロールが安定し、球威も増した」。自信を持って初めてのリーグ戦を迎えた。

 ■ 九産大九州・井手1失点にも9四死球に不満(西日本スポーツ) 13/7/23

 九産大九州の井手が、6回で9四死球を与えたものの、被安打1の1失点にまとめた。14日の武蔵台との4回戦で右手人さし指のまめをつぶして4回途中で降板。「まめは問題ない。(四死球の多さは)フォームの崩れが原因。リズムを悪くして野手に申し訳ないです」。勝利にも浮かない表情だった。19日にキャッチボールを再開。前日の21日に30球のピッチングができた。森崎哲哉監督も「不安はあったでしょう」と指摘するが、要所は抑えた。「しっかり調整して次に臨みたい」。プロ注目の184センチ長身右腕は、10年ぶりの進出となった準々決勝で快投を狙う。

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:糸  島 先   9  3  7  9  1
   3回戦:福岡西陵 先   6  3  7  3  0
   4回戦:武 蔵 台 先  3.1  0  3  4  1
   5回戦:戸  畑 先   6  1  5  9  1
   準々決:祐  誠 先   5  4  4  7  2
   準決勝:自由ケ丘 先   6  7       3
              35.1  18       8 防2.04(失点から計算)

過去記事

 ■ 九産大九州 マリコ様母校撃破/福岡大会(日刊スポーツ) 13/7/11

 長身アンダースロー右腕がシード校を破った。福岡大会では九産大九州の井手亮太郎投手(3年)が、シード糸島を相手に3安打1失点で完投勝利を挙げた。身長は184センチ。従来はサイドだったが、この春からさらに腕を下げフォームが安定した。すでにプロ8球団が視察に訪れるなど注目のサブマリンが好発進だ。184センチの長身なのに、ボールは足元から出てくる。九産大九州のサブマリン井手は丁寧に低めに集め、シードの糸島に3安打しか許さなかった。AKB48篠田麻里子の母校を“下から”倒した。ピンチの連続でも落ち着いていた。「走者を背負っても本塁にかえさなければいいと思いました」。2点リードの7回、無死満塁では注文通りの二塁ゴロを打たせた。二塁手がはじいたが、打球は西島藍人遊撃手(3年)の前に転がり、西島が冷静につかんで二塁を踏み一塁へ。併殺の間に1点を失ったが、続く打者も投ゴロに切り抜けた。まだ163センチと身長が伸びる前の中学時代、制球力をつけるためにサイドスローに転向した。さらにフォームを固め安定感を出すために、今春からは、より腕の位置を下げ、アンダースローになった。「今が(人生で)一番低い位置から投げていますね」。サイドで投げた最速140キロより5キロほど遅くなったが、手元で変化球が曲がるようになった。浮き上がってから沈み、さらに右打者の外角へ逃げていく。クセ球に磨きがかかった。個性派右腕に巨人ソフトバンク楽天など8球団が興味を示している。アンダースローの西武牧田やロッテ渡辺の身長は177センチ。大柄なのはプロ通算169勝の高橋直樹が183センチだったくらいで珍しい。帽子にはベンチ外の3年生からの寄せ書きが書かれている。「この『自分らしく』という言葉が一番好きですね」。自分の力を最大に発揮できる下手投げにたどり着いた井手が、01年以来12年ぶりの聖地へ導く。

 下手から浮かび上がる130㌔台のクセ球というのは、球速表示以上に打ちづらそうですね。
 昨年は岩津・山田将司投手(現三菱自動車岡崎)が190cmの長身サブマリンとしてプロ注でした。

  プロフィール

 福岡県古賀市生まれ。
 井手 亮太郎(いで・りょうたろう)投手。
 小野小2年時から軟式野球を始め、古賀東中では福岡ライナーズに所属。
 制球向上を目指して中学から横手投げを始めた。

 九産大九州では1年秋から控え投手としてベンチ入り。
 3年春からアンダースローに投球フォームを変え、主戦格をつとめた福岡市長杯で優勝を果たす。
 準々決で8回1安打完封勝利を収め、準決で逆転を呼ぶロングリリーフを披露。
 同年夏の福岡大会になってエースの座を掴み、全6試合先発で10年ぶり4強入りを達成した。
 四死球を多く出しながらも(準々決までの29.1回で32個)35.1回8失点を記録。
 マメをつぶした4回戦、準決勝を除く4試合で、5イニング以上、失点2点以内をマークしている。
 シード校・糸島が相手の初戦2回戦で3安打7三振9四死球1失点完投勝利。
 巨人・SB・楽天などプロ8球団から注目されたが、志望届を提出せず九産大への進学を選んだ。
 3年夏の県大会4強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 九州産業大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 監督からの助言でフォームをサイドハンドに戻し、デビュー登板で最速更新の144㌔をマークする。
 主戦・浜田智博を擁してリーグを制し、続く選手権・創価大戦に2番手で登板。
 最速147㌔、常時140㌔台の直球を投げこみ、敗戦の中で光る2回3K完全救援を披露した。
 同年秋神宮は10回TB2対4(押し出し含む3失点で負け投手)で1回戦敗退。
 翌2年春の選手権・東海大戦の先発を務め、3回無失点(打球直撃で降板)の力投を見せた。
 リーグ通算13試合、0勝0敗、14回、防御率1.93。

 185cm82kg、長身の速球派サイドハンド。
 セットから上体を傾けて重心を下げ、テイクバック大きくインステップし、肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速147㌔の切れの良い直球と、120㌔台の2種類のスライダー、フォーク。
 救援時にはコンスタントに140㌔前後から140㌔台中盤をマーク。長い腕をしならせて投げ込む。
 浮かび上がりシュートする癖のある真っすぐが武器。スライダー、フォークを織り交ぜる。
 高校時代に安定感アップを目指して一時アンダースロー転向。九産大で再びサイドハンドに戻した。
 1年冬に大学日本代表候補合宿を経験している。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-02(金)|2017年大学生投手 | 福岡六大学 コメント(8) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
以前レスした者です
九産大に進学してからイマイチな感が否めないんですが、どこかケガでもしてるんでしょうか?
今年のドラフト候補のはずですが、大学での実績では恐らくプロは厳しいでしょう…
先輩である西濃運輸、佐伯投手の分までプロで活躍して欲しかった
| 匿名 | 2017年04月18日(Tue) 20:41 | URL #9K64Lzaw [ 編集]
九産大は今後も楽しみな投手が多いですね。
迫力ある投球を見せた森川、高良も先発1勝。井手の147キロには驚かされました。
その他にも田中、熊原、濱口、吉田、尾仲ら、下級生の投球が目立った印象があります。
| 管理人 | 2014年07月21日(Mon) 21:35 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
去年コメントした者ですが、今日、大学選手権で147を出した動画を見て驚いてます。
インステップはケガしやすいので心配ですが、やっぱりサイドの方がスムーズですし、まだ線が細いですが、体幹トレーニングなどで筋肉が付けば球威も増してコントロールも安定すると思います

将来が楽しみです
| 匿名 | 2014年07月21日(Mon) 17:51 | URL #9K64Lzaw [ 編集]
管理人様>
レスありがとうございますm(__)m

私も当初は斜め読みでした(笑)

面白い存在だとは思いますが、四死球の多さが気になります
偉大な先輩で、似たような投げ方の佐伯投手(西濃運輸)より球威はありそうですね
| 匿名 | 2013年08月29日(Thu) 22:10 | URL #9K64Lzaw [ 編集]
実は最初にその記事を斜め読みした時は、同じく井手投手が最速を更新したものと思いました。
| 管理人 | 2013年08月28日(Wed) 21:42 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
管理人様>
141のソースはその西スポなんですが、記事を読み直すと、確かに油布投手の事ですね

大変失礼しましたm(__)m
| 匿名 | 2013年08月28日(Wed) 12:24 | URL #9K64Lzaw [ 編集]
西日本スポーツに掲載されたこちらの記事のことであれば、
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/local_baseball/article/29104
紛らわしいですが141㌔を記録したのは、控えの由布投手の方だと思いますよ。
| 管理人 | 2013年08月21日(Wed) 20:08 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
福岡大会の祐誠戦で自己最速の141を記録
| 匿名 | 2013年08月21日(Wed) 12:20 | URL #9K64Lzaw [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 福岡六大学 コメント(8) Page Top↑