飯野 周太(国学院大)

ここでは、「飯野 周太(国学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm76kg 左左 外野手 遠投100m 50m6秒3 修徳高
バットコントロールの良い左の好打者。パンチ力を秘める。3年秋の東洋大戦で右越え2ランを放った。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春:          出場無し
   14秋:          出場無し
   15春: 3 .200  5  1 0 0 0 0 1 0 0  .200  .200
   15秋: 1   -  0  0 0 0 0 0 0 0 0   -   -
   16春: 10 .367  30 11 1 1 0 3 3 2 2  .406  .467
   16秋: 14 .268  56 15 2 1 1 7 4 3 6  .305  .393
   通算: 28 .297  91 27 3 2 1 10 8 5 8  .333  .407

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13夏: 2 .375  8  3 0 0 0 2 1 1 1  .444  .375

  最新記事

 ■ 国学院大、専大下し勝ち点1!飯野が満塁走者一掃三塁打(スポーツ報知) 16/9/16

 国学院大が専大の反撃を振り切り、2勝1敗として勝ち点1を挙げた。初回2死一、二塁から5番・高橋謙太左翼手(2年=生光学園)の遊ゴロを、相手が後逸する失策の間に先制。さらに2回1死満塁で飯野周太右翼手(3年=修徳)が、右中間を破る3点三塁打で流れを呼び込んだ。ど真ん中の甘い直球を見逃さず、「この夏のオープン戦から、ずっと打撃が好調でした。ボールがしっかり見えています」と自信をのぞかせた。

    1号:飯田 晴海(東洋大)  16/ 9/21  右越え2ラン

 ■ “修徳のイチロー”飯野が2戦3発!/東東京(SANSPO) 13/7/11

 第95回全国高校野球選手権大会の地方大会が10日、岩手と埼玉などで新たに開幕。13大会で試合が行われ、東東京の2回戦ではノーシードながら9年ぶり5度目の夏の甲子園出場を目指す修徳が飯野周太主将(3年)の2打席連続本塁打など10安打を放ち、11-1(五回コールド)で東洋を下した。飯野が甘く入ったカーブを見逃さずに強振すると、打球は右翼席に吸い込まれた。三回一死。一回の右越えソロに続く2打席連発で、1回戦(8日、対日本ウェルネス)から2試合で3号だ。「3番に定着し、“当てるだけでなく振っていけ”と(阿保)監督からいわれて、思い切って振るようになった。本塁打も増えました」2年秋まで2本塁打だったが、春以降だけで10本と急増した理由を説明した。左投げ左打ち。イメージはイチロー(ヤンキース)だ。1番では出塁第一でいたが、強振する3番のイメージに変えて長打が増えた。冬場は長さ1メートルのバットや1・5キロのマスコットバットを多い日は1500スイングと振り込むことでパワーが備わり、視察した楽天・後関スカウトは「うまく打球を乗せている。この後、帝京など(強豪)をどう打つかだね」と評価した。
 このオフは飯野も徹底的にバットを振った。朝5時から素振り、昼休みにもスイング、練習では1人1時間のフリー打撃、空き時間にはロングティー。強化のために1・5キロのバットを使う日もあり、毎日1000~1500スイング。当てるようなバッティングだったのが、振り切れるようになった中日・佐藤スカウトが「パンチ力がある。2本目は内角をうまく打った」とほめる巧打も見せた。(中日スポーツ)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   13夏予: 8 .379 29 11 3 3 3 8 3 4 3  .455 1.000

  プロフィール

 東京都大田区生まれ。
 飯野 周太(いいの・しゅうた)外野手。
 都南小2年時から軟式野球を始め、出雲中時代はグランフレールに所属。

 修徳高では1年秋から外野手でレギュラー。
 東京大会全3試合に3番・センターとして出場し、11打数で4安打、打率.364点5の実績を残す。
 翌年夏予選で1番を務め、渡辺から2安打するなど、計14打数で5安打を記録。
 2年秋予選から主将を任され、初戦で三塁打2本を放ったが、八王子に2対4で敗戦となった。
 その後1日1000スイング以上をこなし、以降3番でパンチ力を増した打撃を披露。
 3年夏に8試合11安打9長打、打率.379本3の大活躍で、9年ぶり東大会Vを達成している。
 1回戦・日本ウェルネス戦で右越え2ラン、2回戦・東洋戦で2打連続右越え弾。
 続く甲子園2回戦で板東の高めチェンジを捉え、ライト前にはじき返すタイムリーをマークした。
 6回に中前打(外高めチェンジアップ)、8回に右前打(外カーブ)と3安打を記録。
 10回の第5打席で内高め直球を右ポール際まで飛ばす大飛球(逆風で右飛)を放っている。
 秋国体で大阪桐蔭と両校Vを達成し、決勝戦で中越えの3点三塁打をマーク。
 楽天・中日など複数球団からも注目されたが、志望届を出さず国学院大への進学を選択した。
 同学年のチームメイトとして山下竜治捕手ら。

 国学院大では2年春からリーグ戦に出場。
 3年春のリーグ戦後半に正左翼手の座を掴み、主に6番で打率.367(規定不足)の結果を残す。
 同年秋(主に3番・右翼手)に打率.268、本1点7盗6で規定打席到達を達成。
 専大3回戦で満塁走者一掃の右中間三塁打、東洋大1回戦で右越えの1号2ラン弾を放った。
 通算28試合、打率.297、27安打、1本塁打、10打点。

 177cm76kg、下半身のしっかりした外野手。
 バットコントロール良く強い打球を弾き返す左の好打者。高校通算12発のパンチ力を秘める。
 一塁到達タイム4.2秒前後、三塁到達12秒を切るまずまずの脚力の持ち主。
 高3夏の予選8試合で3盗塁。甲子園で相手捕手の強肩をかいくぐって二盗を記録した。
 打球への反応が良い好守の中堅手。まずまずの強肩を備える。遠投100m。
 グランフレール時代は左腕エースとして活躍。高3夏・東東京大会でも2試合3回に登板した。
 3年秋から右翼手レギュラー(主に3番)を務める。

  スカウトコメント

楽天・後関スカウト|13/7/11
 「うまく打球を乗せている。この後、帝京など(強豪)をどう打つかだね」
中日・佐藤スカウト|13/7/11
 「パンチ力がある。2本目は内角をうまく打った」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-15(木)|2017年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑