石川 駿(JX-ENEOS)

ここでは、「石川 駿(JX-ENEOS)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



石川 駿(JX-ENEOS)

178cm81kg 右右 二塁手 遠投95m 50m6秒1 北大津→明大 2年目
広角に鋭い打球を飛ばす右の強打者。都市対抗で3発7打点、左翼3階席へ飛距離150mの3ラン。
2014年中日4位(契約金5000万円、年俸1000万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率 
   13都: 4 .400 15  6 1 0 3 7 4 0  .400 1.067
   13日: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 0  .000  .000 
   14都: 4 .091 11  1 1 0 0 0 3 4  .333  .182 
   通算: 9 .259 27  7 2 0 3 7 8 4  .355  .667
    ※ 13都:若獅子賞

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率 
   14アジア: 5 .375 16  6 0 1 1 5 3 3  .474  .688

 ■ 大学時代成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09春:          出場無し
   09秋:          出場無し
   10春:          出場無し
   10秋:          出場無し
   11春:          出場無し
   11秋:          出場無し
   12春: 15 .321 56 18 1 2 2 13 8 9 1  .415  .518(8位)
   12秋: 5 .200 10  2 0 0 0 0 1 0 0  .200  .200 
   通算: 20 .308 66 20 1 2 2 13 9 9 1  .387  .470

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   07春: 1 .750  4  3 1 1 0 1 0 0 0  .750 1.500 
   08春: 3 .333 12  4 1 0 1 2 4 0 0  .333  .667
   通算: 4 .438 16  7 2 1 1 3 4 0 0  .438  .875

  最新記事

 ■ JX-ENEOSコンビ仮契約(中日スポーツ) 14/11/20

 おとこ気満点のルーキーだ。中日は19日、ドラフト指名したJX-ENEOSの2選手、4位の石川駿内野手(24)=178センチ、82キロ、右投げ右打ち=と契約金5000万円、年俸1000万円で、6位の井領雅貴外野手(25)=174センチ、82キロ、右投げ左打ち=と契約金4000万円、年俸1000万円でそれぞれ仮契約した。石川は開幕レギュラーへ静かな闘志を燃やした。(金額は推定)

 ■ 【JR東日本・堀井監督 この選手が凄い】JX石川 堅守に一発も(スポニチ) 14/10/23

 高校、大学以上にレベルの高い社会人野球。今年のドラフトも好素材がそろう。9月に行われたアジア大会で銅メダルを獲得した日本代表でコーチを務めたJR東日本・堀井哲也監督(52)が、選手の特徴を紹介する。 今年の社会人野手は、二遊間に有望な選手がそろった。日本代表組でまず名前が挙がるのは石川駿(JX―ENEOS)。リストが強いのが特長で、広角に長打を打てる潜在能力が高く、一発を打てる力もある。タイプで言えばNTT東日本時代の清田(ロッテ)のようなパンチ力を持っている。二塁の守備も堅く、肩も強いカットプレーや併殺の動きもいい。アジア大会では最初は外国の投手の対応に苦しんだが、最後はいい場面でタイムリーを打つなど修正能力も見せた

 ■ JX、9大会ぶり本戦逃す 社会人野球・日本選手権大会(神奈川新聞) 14/9/3

 社会人野球の第40回日本選手権大会の関東代表決定戦が2日、大田スタジアムで行われ、JX-ENEOSは延長十回の末、明治安田生命に5-7で敗れ、2004年の第31回以来、9大会ぶりに本大会の出場を逃した。JX-ENEOSは1-3の七回に適時打と犠飛で追い付いたが、十回1死三塁から失策で勝ち越され、押し出しと適時打で計4失点。石川駿のソロ本塁打などでの追い上げも及ばなかった。2007年以降は都市対抗大会や対象となる地区連盟主催大会を制して早々に出場権をつかんできたが、一発勝負の関東予選は勝手が違った。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率 
   14公: 18 .302 63 19 5 0 1 9 8 9  .389  .429(都市対抗まで)

   横浜金港戦:満塁弾 明安生命戦:右越えソロ エネオス戦:左中間2ラン(尾田佳寛)
   JFE東戦:2ラン  モンゴル戦:左越え2ラン

過去記事

 ■ ワールドベースボールチャレンジ 日本、コールド負け準V(毎日新聞) 13/8/24

 野球の国際大会、ワールドベースボールチャレンジ最終日は22日、当地で決勝を行い、日本のJX−ENEOSはキューバにコールド負けし準優勝だった。日本は3点を追う三回、石川、渡辺の連続長打と日高の遊ゴロで2点。四回は山崎の2試合連続ソロで追いついた。その裏、キューバは打者一巡の攻撃で6点。日本は七回、石川のソロで1点を返したが、七、八回もキューバの長打攻勢に遭いコールド負けした。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率 
   13公: 18 .322 59 19 3 1 4 15 12 4  .365  .610

   明安生命戦:右越え弾 JR北海道戦:左越えに推定飛距離150m3ラン、左翼中段ソロ
   東  芝戦:左中間に先頭打者弾 キューバ戦:ソロ本塁打

 ■ 都市対抗野球:石川、初球を本塁打 JX−ENEOS(毎日jp) 13/7/23

 同じ神奈川のチームで、横浜市・JX−ENEOSが大会最多の10回優勝なら、川崎市・東芝はそれに次ぐ7回。ライバル同士の一戦はJX−ENEOSの一方的な展開になった。その主役は、新人・石川、今大会初先発の前田の1、2番コンビだ。7得点すべてに絡む大暴れだ。準々決勝までは起用した1、2番の調子が今一つ。石川を6番から打順を上げた大久保監督の「早めに主導権を握りたい」という願いは、試合開始直後に成就した。今大会初先発だった2回戦で2本塁打を放った石川。スイングに迷いはなかった。一回の初球。東芝・川角の真ん中に入った直球をすくい上げ、左中間席へ先頭打者本塁打。続く前田に「初球打ちで失敗したら後はお願いします」と耳打ちした上で、思い切って振り抜いた。そんな思い切りの良さこそ、過去に1番の経験がほとんどない石川を、指揮官が抜てきした理由だった。八回も4番手・小島の代わりばなの初球で、だめ押しの3点二塁打をマークした。

 ■ JX―ENEOS 石川 150メートル弾 初出場で2発(スポニチ) 13/7/19

 2回戦3試合が行われ、51年ぶりの連覇を狙うJX―ENEOSは今大会初出場の新人、石川駿内野手(23)が2回に3ラン、8回にもソロ本塁打を放ち、JR北海道(札幌市)を8―5で下し、8強一番乗りを決めた。規格外の一発だった。2点を追う2回無死一、二塁。石川の打球は左翼3階席で弾んだ飛距離150メートル。プロでもめったに見られない超特大弾にスタンドはどよめいた。石川にとっては東京ドーム初打席。大久保秀昭監督から「普通ならバント(の場面)だけど、おまえを使った意味を分かってるな。バックスクリーンにぶち込んでこい!」と耳打ちされ、期待以上の答えを出した。「打った場所は監督に言われたのと違ったけど、結果が出て良かった」。これだけで終わらない。2点差に迫られた8回には今大会12回1/3連続無失点中だった好投手・戸田のフォークを捉え、左翼席中段にダメ押しソロアーチをぶち込んだ。北大津時代は高校通算49本塁打。プロ注目のスラッガーだった。3年春の08年センバツ、横浜との2回戦で大会通算600号を放ち、感想を求められると「僕、まだ(高校通算)30何本ですけど」と真顔で答える天然キャラでもある。ただ同年夏の滋賀大会は初戦で死球を受け左手首を骨折。進学した明大でも故障が続き、リーグ戦の出場は4年生になってからと遅咲きだった。今大会直前のオープン戦では3ボールから「待て」のサインを見落として右直。大久保監督に「こんな選手初めてだ。野球をなめるな!!」と激怒され、1回戦は出番なし。汚名返上の2発に、同監督も「きょうは石川に尽きる」と目を細めた。「自分が入って“弱くなった”とか“勝てなくなった”とか言われたくない」と石川。連覇を狙うチームには何とも頼もしい新人だ。

 長打力を期待されているようですね。カメラが映し出したスタンドの更に上に打ち込む大きな打球でした。

 ■ 明大が阪神下す!トリプルプレーも演出(日刊スポーツ) 13/7/19

 プロアマ交流戦が14日、東京・府中市で行われ、東京6大学の昨秋王者明大が5-1で阪神を下した。明大は石川駿内野手(3年=北大津)が攻守に活躍。打っては3ランを含む2安打三塁守備では横っ跳びの美技に、5回には無死一、二塁からトリプルプレーを演出した。「2軍でもプロですし、地元(関西)の阪神とまさか大学生のうちに試合ができるとは。きっかけになればいいです」と喜んだ。投手陣は4人でわずか2安打リレー。山崎福也投手(1年=日大三)は「プロは雰囲気がある。変化球を軽く見送られました」と感心していた。

  プロフィール

 滋賀県草津市生まれ。
 石川 駿(いしかわ・しゅん)二塁手。
 小学2年時から軟式野球を始め、草津中では軟式野球部で投手。

 北大津高では1年夏から三塁手でレギュラー。
 1年秋から4番・セカンド、2年秋から主将を務め、2、3年春に2年連続センバツ出場を達成した。
 2年春初戦で森田貴之から2・3塁打を含む3安打1打点2得点(4対7で敗退)。
 3年春2回戦で大会600号の左越えソロを放ち、V候補・横浜高校を破る金星を挙げている。
 3年夏は初戦の死球で左手首を骨折し、水口に2対7で敗れ県大会8強敗退。
 49発の強打者としてスカウトからも注目されたが、プロ志望届は提出せず明大進学を選択した。
 同期に河合勇志(ツネイシ)、金田忠大(ミキハウスREDS)ら。

 明大進学後は4年春からリーグ戦に出場。
 三塁手レギュラー(5試合で4番)として起用され、打率.321(8位)本2点13(2位)の実績を残す。
 慶大・竹内大助から左越え先制ソロ、立大・小室正人から左越え2ランを記録。
 法大1回戦で左中間を破る2点適時3塁打、同3回戦で右中間を破る適時3塁打を放った。
 4年秋は期待されながら左膝痛を発症し、5試合(スタメン2)10打席のみ出場。
 3年春に左膝じん帯を損傷、秋に打球直撃で一時的視力低下と、度重なる怪我に悩まされた。
 リーグ通算20試合、打率.308、20安打、2本塁打、13打点、1盗塁。

 JX-ENEOS入社後は1年目から公式戦に出場。
 4月の関東選抜リーグで右越え1号アーチを放ち、京都大会で4戦14打数6安打の結果を残す。
 一塁手として都市対抗4試合に出場し、3発7打点の活躍で若獅子賞を受賞。
 2戦目のJR北海道戦から6番として起用され、レフト(東ド)特大弾2発で一躍注目を集めた。
 2回無死1・2塁から中に入った直球を捉え、3階席に打ち込む推定150mの3ラン、
 2点差に迫られた8回に甘いフォークを振り抜き、中段まで飛ばす駄目押しのソロを放っている。
 準決から積極性を買われて1番を務め、東芝戦で初球先頭打者アーチを記録。
 6番・セカンドで出場した2年目・都市対抗は、4試合で1安打にとどまり、4強敗退に終わった。
 9月の日本選手権代決・明安生命戦で、逆方向へのソロアーチ(4対7で敗戦)。
 代表強化試合・エネオス戦、JFE東日本戦で2ランをマークしている(尾田佳寛から左中間)。
 続く仁川アジア競技大会は準決・台湾戦を4対10で落とし悔しい銅メダル獲得。
 大勝したモンゴル戦で左越え弾など3安打4打点、3位決・中国戦で先制の左前打をマークした。
 二大大会通算9試合、打率.259、7安打、3本塁打、7打点。

 178cm81kg、積極性ある打撃を売りとする強打の二塁手。
 高校通算49発、六大学通算2発、ヘッドの効いたスイングで広角に長打を放つ右の強打者。
 東京ドームで左越え推定150m弾を放ったパンチ力の持ち主。リストが強い。
 積極的な打撃が持ち味。2年目の日本選手権予選では右翼スタンドにソロを放り込んだ。
 50m6秒1、右打者で一塁到達タイム4.4秒前後のまずまずの俊足を備える。
 守っては動きに良さのある二塁手。その他にサード、ファーストとしても起用された。遠投95m。
 マイペースさも魅力の一つ。学生時代は怪我に泣かされた。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-01-27(火)|2014年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑