嘉陽 宗一郎(亜大)

ここでは、「嘉陽 宗一郎(亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



嘉陽 宗一郎(亜大)

186cm85kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・フォーク・カット・ツーシーム 松山聖陵高
長い腕から投げ下ろす147㌔直球と縦スラ、ツーシーム。大学選手権で無四球完投勝利を記録した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春: 4 1勝2敗  7.1  7  4  4  5  6.14
   14秋: 5 1勝0敗  15  15  11  6  7  4.20
   15春: 5 1勝0敗 17.2  19  15  7  11  5.60
   15秋: 3 0勝1敗  9.2  5  8  5  4  3.72
   16春: 5 1勝0敗  15  14  15  9  3  1.80
   16秋: 5 3勝0敗  29  19  26  3  6  1.86(1位)
   通算: 27 7勝3敗 93.2  79  79  34  36  3.46
         被安打率7.59 奪三振率7.59 四死球率3.27

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   15神: 1    2.1  0  1  0  0 145㌔(神宮) 早稲田
   16選: 1 先   9  4  2  0  1 143㌔(神宮) 富士大 ○
   通算: 2   11.1  4  3  0  1 防0.79
       被安打率3.18 奪三振率2.38 四死球率0.00

投手成績詳細

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   中 大     2  4  2  1  2 ● 147㌔ 
   青学大     1  0  1  0  0
   駒 大    1.1  0  1  0  0 ○
   拓殖大 先   3  3  0  3  3 ● 
          7.1  7  4  4  5 防6.14
      被安打率8.59 奪三振率4.91 四死球率4.91

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   中央大 先   9  7  7  1  0 ○封144㌔
   拓殖大 先   2  3  2  1  2
           1  0  0  0  0
   駒澤大 先  1.2  4  0  3  4
   国学大    1.1  1  2  1  1
          15  15  11  6  7 防4.20
      被安打率9.00 奪三振率6.60 四死球率3.60

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責  
   拓殖大 先  4.1  6  5  1  4
       先   6  8  2  3  3 ○
   国学大    0.2  2  0  1  1
   駒沢大     2  0  4  0  0
   中央大    4.2  3  4  2  3
         17.2  19  15  7  11 防5.60
      被安打率9.68 奪三振率7.64 四死球率3.57

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大    0.2  0  0  2  0
   駒澤大 先   7  4  7  1  4 ●
   日本大     2  1  1  2  0
          9.2  5  8  5  4 防3.72
      被安打率4.66 奪三振率7.45 四死球率4.66

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大     2  1  4  1  0
          1.2  2  1  0  0
   中央大 先   5  8  3  4  3
   専修大     1  1  1  0  0  144㌔
   日本大    5.1  2  6  4  0 ○143㌔
          15  14  15  9  3 防1.80
      被安打率8.40 奪三振率9.00 四死球率5.40

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大 先  3.2  3  4  1  1 
   中央大 先   9  4  6  1  0 ○封
          0.1  1  1  0  0
   東洋大 先   9  6  7  0  3 ○ 144㌔
   国学大 先   7  5  8  1  2 ○
          29  19  26  3  6 防1.86
      被安打率5.90 奪三振率8.07 四死球率0.93

  最新記事

 ■ 亜大Vに望み!日大に連勝 嘉陽「抑えること大事」(日刊スポーツ) 17/5/10

 亜大が日大に連勝し勝ち点2とし、優勝へ望みをつないだ。嘉陽宗一郎投手が2回から3番手で登板しロングリリーフ。2点を失ったが、切れのあるボールを放って要所を締めた。「今はスピードより抑えることの方が大事。どれだけチームのために犠牲になれるか。優勝を考えず次のカードへ、まず1勝を目指します」と話した。生田勉監督は「今日の勝因は比嘉(健)が1回を0点に抑えたこと、嘉陽も淡々とよく投げてくれました。まさか優勝の可能性があるとは知りませんでしたが、これまでと変わらずやっていきます」と言った。

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大 先   5  5  2  3  1 139㌔
   東洋大 先  5.1  5  6  7  6 
   中央大     5  5  2  0  1 ○
           3  2  4  3  1
   日本大    2.2  2  3  0  0
           8  8  5  1  0 ○
          29  27  22  14  9 防2.79
      被安打率8.38 奪三振率6.83 四死球率4.34

 ■ 亜大が逃げ切り先勝、ドラフト候補右腕・嘉陽が好救援(デイリースポーツ) 17/5/9

 亜大が接戦を制して先勝。今秋ドラフト候補右腕・嘉陽宗一郎投手が2回2/3無失点、3奪三振の好救援で勝利に貢献した。1点リードの七回1死二、三塁でマウンドへ。代打・太田和を内角スライダーで見逃し三振に仕留めると、第2打席で3ランを放っていた8番・西田賢も遊ゴロに打ち取り、ピンチを脱出。九回にも連打で1死二、三塁とされながら切り抜け、1点差を守り抜いた。今季は先発で結果が残せず、途中からリリーフに配置転換。4年生の意地を示す力投にも「自分のボールを投げることだけ考えて、思い切り投げた。ここまで迷惑をかけていたので、結果を出すだけ」と、気を引き締め直した。

 ■ 亜大4冠!“投の両輪”高橋&嘉陽、始動日の誓い(スポーツ報知) 17/1/7

 亜大のドラフト候補コンビ・高橋遥人投手と嘉陽宗一郎投手(ともに3年)が6日、「4冠達成」を誓った。昨秋3勝をマークし成長を見せた嘉陽も「競い合いながら、結果を出していきたい」と決意。奪三振量産のためフォークを習得し、投球の幅を広げる。東京・西多摩郡の同大グラウンドで始動したこの日は、ソフトバンクなど4球団があいさつに訪れた。生田勉監督(50)は「左右の投手がいる時に結果を出したい。今年は勝つつもりで」と4冠を厳命した。
 この日は阪神など3球団のスカウトが視察。(デイリースポーツ)
 進路は、ともにプロ1本で勝負する構えだ。(日刊スポーツ)

過去記事

 ■ 亜大・嘉陽 4季ぶり完封「2試合サヨナラ負けで…」(スポニチ) 16/9/30

 亜大・嘉陽が4季ぶりの完封勝利を挙げた。4安打に抑え「2試合サヨナラ負けでチーム状況がよくなかったので、投手が一番のポイントと思って投げた」と今季初勝利、通算5勝目を振り返った。主将の水本を外し、捕手の宗接を一塁に起用するなど打線を大幅にてこ入れした生田勉監督は「どうせ負けるならと捕手に頓宮を使ったらいいリードをしてくれた」と満足そうに話した。

 ■ 亜大、8連勝で2季連続25度目V(スポーツ報知) 16/5/25

 亜大が日大に連勝し、開幕2連敗から8連勝で2季連続25度目の優勝を決めた。8勝2敗で勝ち点4とし、9勝4敗で同4の首位だった国学院大を勝率で上回った。3回から2番手で登板した186センチ右腕・嘉陽宗一郎(3年)は、5回1/3を投げて2安打無失点15年春以来のリーグ戦白星。全日本大学野球選手権に2年ぶり13度目の出場を決めた。

 ■ 亜大・嘉陽、“絶叫志願”6回3失点力投(スポーツ報知) 15/5/7

 亜大の右腕・嘉陽宗一郎(2年)が“絶叫志願”の先発登板で6回3失点の好投チームを今季初の勝ち点奪取に導いた。140キロ台の直球と変化球を制球良く投げ分けた。「左打者の内角に投げ切ることをテーマにしていた。その通り投げ切ることができていた」。6回に2ランを浴びたが、試合をきっちりと作った。5日の拓大1回戦では試合には勝ったが、自身は5回途中で4失点とふがいない内容に終わった。6日の試合後のグラウンドでの練習中、センター付近から「投げさせてください!」「もう1回チャンスをください!」などと叫び続け最後は生田勉監督(48)に直接志願し、この日の先発マウンドを勝ち取っていた。「気持ちが下を向いていたので、やり直すつもりだった」と絶叫の意図を説明。嘉陽の気迫のこもった力投でチームも最下位を脱出した。指揮官は「変化球も良く、1戦目とは違うところを見せてくれた」とねぎらった。

 ■ 大学野球 日本代表候補ら松山で強化合宿(愛媛新聞) 14/11/29

 大学野球の日本代表候補などによる強化合宿が28日、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムなどで始まった。12月1日まで。全日本野球協会主催。来年開催予定のアジア選手権や来年7月に韓国で行われるユニバーシアードの選考を兼ねて実施している。約40選手に加え、社会人5選手も参加。愛媛関係では立大2年の沢田圭佑(松山市出身、大阪桐蔭高出)と亜大1年の嘉陽宗一郎(松山聖陵高出)の両右腕投手がメンバーに入っている。初日は午後から約3時間の練習。参加選手はウオームアップのあと、野手は打撃、投手陣は屋内ブルペンで投球練習などを行った。

 ■ 亜大のダル初完封、ルーキー嘉陽144キロ(日刊スポーツ) 14/9/5

 史上初の7季連続優勝を狙う“亜大のダルビッシュ”が、リーグ戦初完投初完封でチームのピンチを救った。先発のルーキー右腕、嘉陽宗一郎投手(1年=松山聖陵)が、7安打7奪三振で投げ切り、中大を破り、1勝1敗の五分に戻した。高2の秋季愛媛大会準決勝で済美・安楽と延長14回まで投げ合った嘉陽が、リーグ戦初完投を初完封で飾った。186センチの堂々の体格で、6度得点圏に走者を背負ったが崩れない。安楽に投げ負けて以降、体力強化への思いは増すばかり。「変化球でしっかりとカウントが取れた」と納得の表情だった。7季連続優勝を目指すチームが開幕戦で黒星を喫し、この日敗れれば勝ち点を落とす試合だった。最速144キロの直球に、新球のカットボール、ツーシームで的を絞らせない。生田勉監督(48)は「将来はエースになる投手。経験を積ませて入れ替え戦までに成長できればと思っていましたが、予想以上。100点満点です」とたたえた。嘉陽はピンチでも動じないために、同校OBのソフトバンク東浜、広島久里らの大学時代のビデオを見て研究。故郷沖縄から両親と姉、妹が観戦に訪れる中、大きな1勝をつかんだ。
 1メートル86の長身から繰り出す最速147キロと今夏習得したカットボールが持ち味。松山聖陵(愛媛)時代に甲子園出場経験はないが、ドラフト上位候補にも挙がった逸材だ。(スポニチ)

 ■ 「亜大のダル」嘉陽がリーグ戦初勝利(日刊スポーツ) 14/4/30

 6季連続優勝を狙う亜大の“ダルビッシュ”、ルーキー嘉陽宗一郎投手(1年=松山聖陵)がリーグ戦初勝利を挙げた。勝ち点2で並ぶ駒大との首位決戦の4番手で登板し、逆転勝利で先勝した。3試合連続完封中だった駒大・今永昇太投手(3年=北筑)は8回3失点で降板した。186センチ、83キロの堂々の体格を誇る嘉陽が、直球で押した。8回2死三塁のピンチから4番手で登板。駒大のドラフト候補、4番江越を1球で右飛に切ると、逆転した直後の9回は3者凡退に打ち取った。「ストレートで押していく気持ちでした」と喜んだ。憧れの投手はレンジャーズのダルビッシュ。映像で、投球フォームや体重移動を分析する。高校2年秋の愛媛大会準決勝では1学年下の済美・安楽智大投手(3年)と投げ合い、互いに完投して延長14回サヨナラで敗れた。「体力面が課題でした」。亜大入学後は1日どんぶり11杯食べて、体重は5キロ増えた最速は147キロだが、生田勉監督(47)は「球速以上に伸びる」と期待する。駒大・今永の4試合連続完封は、2回に桝沢怜外野手(3年=八王子学園八王子)のリーグ戦初本塁打で封じ、嘉陽が初勝利。ドラフト候補山崎が6回4失点で降板しても、日替わりヒーローが生まれる強さがある。

 ■ 松山聖陵・嘉陽、打倒安楽に燃える(デイリースポーツ) 13/6/20

 センバツ準優勝の済美のエース・安楽智大投手(2年)のほかにも、愛媛には将来が楽しみな速球派がいる。松山聖陵のエース・嘉陽(かよう)宗一郎投手(3年)だ。沖縄県出身で、186センチの長身から投げ込むストレートはMAX142キロ。1つ年下の“怪物”に対し「倒さないといけない相手」と対抗心を燃やす右腕が、チーム初の甲子園出場を目指して最後の夏を迎える。静かな口調にも強い思いがにじみ出ていた。「安楽君は倒さないといけない相手。今度こそ勝ちたい」。松山聖陵のエース・嘉陽は、最後の夏の目標を明確に語った。186センチのスラリとした長身。長い腕をしならせて、伸びのある速球を投げ込む。99年春に沖縄勢として初めて甲子園を制した沖縄尚学の1番打者だった荷川取(にかどり)秀明監督を頼り、沖縄から松山聖陵に入学。1年時から体重が14キロ増え、130キロ前後だった球速もMAX142キロに伸びた。昨秋の愛媛大会準決勝で、済美と3時間45分の激闘を演じた。相手のエース・安楽は218球、嘉陽は229球。20安打を浴びながらも粘り強く投げ続けたが、延長十四回に力尽き、サヨナラで敗れた。「最後は体力不足だったと思う」。そのあと済美は四国大会でセンバツ切符を獲得。甲子園でも決勝まで勝ち進んだ“ライバル”の快進撃を「うらやましかった。自分もあそこで投げたかった」と振り返る。決勝戦で今治西に敗れた春の県大会後は、下半身強化と変化球の精度アップを課題に練習に取り組んだ特にフォークに磨きをかけ、「段階を踏んで成長してきた」と荷川取監督。夏の大会に向けた調整は、充実した状態で最終段階に入った。夢の甲子園出場へ最後のチャンス。“ナンバー2”のままでは終われない。「バックを信じて自分の投球をすれば負けない。甲子園に行きたい」。何度も味わってきた悔しさを力に変えて、主役の座を奪い取る。

   13夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:東  予 先   9  9  13  2  2 143㌔
   3回戦:新居浜西 先   7  4  5  1  0
   準々決:新居浜東 先   9  13  8  4  7
   準決勝:今 治 西 先   8  7  5  0  1 146㌔
               33  33  31  7  10 防2.73(失点から計算)
           被安打率9.00 奪三振率8.45 四死球率1.91

 ■ 松山聖陵、高知商下し四国大会初勝利(デイリースポーツ) 12/10/27

 19年ぶり2度目の出場の松山聖陵(愛媛3位)が高知商(高知2位)との打撃戦を制し、大会初勝利を挙げた。3‐3の七回、5番・中野準也内野手(2年)の中前2点打など、打者11人の猛攻で一挙6得点。嘉陽宗一郎投手(2年)‐木村智彦投手(1年)‐嘉陽の継投で高知商の反撃を断った。28日の準決勝で鳴門(徳島1位)と対戦する。

   12秋愛媛       回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:大  洲 先   9          1
   準々決:宇和島東 先   9  4       1
   準決勝:済  美 先 13.2  20       6
   3位決:丹  原 先   5          1
              36.2       17  9 防2.21

   12秋四国      回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:高知商 先   7  6  2  4  3
              1  3  1  0  0 
   準々決:鳴 門    8.2  9  5  11  7
             16.2  18  8  15  10 防5.40
          被安打率9.72 奪三振率4.32 四死球率8.10

  プロフィール

 沖縄県沖縄市出身。
 嘉陽 宗一郎(かよう・しゅういちろう)投手。
 宮里中時代は軟式野球チームで控え投手としてプレー。
 荷川取監督(沖尚出身)に資質を買われ、愛媛県・松山聖陵への野球留学を決めた。

 松山聖陵では2年夏にエースの座を獲得。
 同年秋の県大会で36.2回9失点の粘投を演じ、県3位での19年ぶり四国大会出場を達成する。
 安楽智大と投げ合った準決(5対6サヨナラ)で13.2回229球完投の力投を披露。
 高知商業との打撃戦を計8回6失点(自責3)、9対6で制して四国大会初勝利をマークした。
 連投で準々・鳴門戦に救援登板するも、8.2回11四死球8失点と乱れて敗戦。
 翌3年春(県準優勝)の地区代表決定戦・東温戦で2四球ノーヒットノーランを達成している。
 3年夏は注目投手の1人と評されながら、今治西に0対1で敗れ県ベスト4敗退。
 最速を146㌔に更新するなど好投を見せたが、打線の援護が無く無四球1失点完投で敗れた。
 県準V、四国8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 亜大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 初登板の中央大戦で自己最速147㌔を計測し、逆転勝ちした駒大1回戦で初勝利を収める。
 以降6季27試合(先発12)に登板し、通算7勝(3完投3完封)、防3.46をマーク。
 2度目の先発を任された1年秋の中大2回戦で、7安打7K、初完投初完封勝利を記録した。
 3年秋に先発2番手の座をつかみ、3勝無敗、防1.86(1位)で十傑入りを達成。
 制球重視の投球で中央(1死球完封)、東洋(無四球5対3)相手に完投勝利を収めている。
 全国大会には2年秋の神宮(日本一)、3年春の全日本選手権(8強)に出場。
 4回裏2死満塁から起用された2年秋決勝で、空振り三振で切り抜ける好リリーフを披露した。
 続く5、6回をノーヒット無失点で凌ぎ、中継ぎとして14回2対1逆転勝ちに貢献。
 先発登板した3年春の初戦2回戦・富士大戦で4安打無四球1失点完投勝ちを挙げている。
 3年時までにタイトルの獲得、リーグ選抜入り、国際大会出場などの実績はなし。
 1年生で大学日本代表候補41名入りを果たし、松山市で行われた冬の強化合宿を経験した。
 通算27試合、7勝(3完投2完封)3敗、93.2回、防御率3.56。

 186cm85kg、手足の長い長身の本格派右腕。
 セットポジションからクロス気味に早めに着地し、右肘を使った球持ちに良さのある腕の振りから
 投げ下ろす最速147㌔、130㌔台後半から140㌔台前半の角度ある真っすぐと、
 120㌔前後の縦のスライダー、130㌔台の2シーム、100㌔台のカーブ、120㌔台のフォーク。
 直球にスライダー、ツーシームを織り交ぜる。下半身強化で課題の制球が向上。
 大学で新たにツーシーム、カットを習得した。生田勉監督から真っすぐの伸びを評価されている。
 3年秋の与四死球率0.93。遠投110m、50m6秒3。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-10(水)|2017年大学生投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
3.16の練習試合・対ロッテ2軍戦に先発して5回3安打2四球5三振1失点と好投。勝ち投手に。
相手は平沢、細谷など1軍経験者も多数出場していたとのこと。
| ズーの友達 | 2017年03月19日(Sun) 19:31 | URL #SFo5/nok [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑