青島 凌也(東海大)

ここでは、「青島 凌也(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



青島 凌也(東海大)

178cm78kg 右右 MAX146km カット・カーブ・シンカー・スライダー 東海大相模
最速146㌔直球とカット、落差あるカーブ。2年春に4勝をマーク。桜美林戦で13K完封勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春: 7 4勝0敗  49.1  30  57  11  6  1.09(3位)
   16秋: 7 0勝0敗  17.1  12       5  2.60
   17春: 9 2勝3敗  51.2  39       8  1.39(5位)
   通算: 23 6勝3敗 118.1  81       19  1.45

 【 国際大会 】 
      試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   17日米: 2     4  5  3  3  3
         先   3  4  3  3  3 第3戦
             1  1  0  0  0 第5戦
   17ユニバ: 2     8  8  12  2  1
         先   3  2  7  1  0 RUS
         先   5  6  5  1  1 KOR
   通 算: 4    12  13  15  5  4 防3.00
        被安打率9.75 奪三振率11.25 四死球率3.75

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14夏: 1 先  5.2  6  9  2  4 143㌔ 盛岡大付 ●

投手成績詳細

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   城西大    0.2  2       1
       先   9  7  8     1 ○
   筑波大    4.2  3  6  3  0
   桜美林 先   9  3  13     0 ○封140㌔
   帝京大 先  8.1  7       2 
   日体大 先   9  4  12     1 ○
       先  8.2  4       1 ○
         49.1  30  57  11  6 防1.09
      被安打率5.47 奪三振率10.40 四死球率2.01

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   城西大     2  1       0
   帝京大 先  3.2  2       2
           1  1       0
   筑波大    1.1  1  1  1  0
          0.2  0  0  0  0
       先   7  6  3  2  3
   桜美林    1.2  1       0
         17.1  12       5 防2.60

   16秋代決  回数 被安 奪三 四死 失点
   国武大 先   9  0  18  0  0 ○封146㌔…完全試合達成、大会新10連続K

  最新記事

 ■ 東海大・青島凌也が完全試合…10連続18K!(スポーツ報知) 16/11/1

 東海大(首都大学2位)の2年生・青島凌也が31日、関東地区大学野球選手権1回戦の国際武道大(千葉県大学2位)戦で、大会史上2度目となる完全試合を達成した。05年の創価大・八木智哉以来2人目の快挙で、3回2死から大会新記録となる圧巻の10者連続奪三振を含む18Kをマーク。今春リーグ戦で4勝を挙げた期待の星が、大会史上2度目の完全試合を達成。会見中は笑みが止まらなかった。3回2死から、これまでの大会記録だった8連続を塗り替える怒とうの10連続Kをマーク。自己最速タイの146キロの直球を軸に、内外角ギリギリを突く投球術と、スライダーやカットボールなどの変化球も光り、テンポ良くカウントを取った。姉妹校対決とあって「(東海大相模高の)先輩も後輩もいて、絶対に抑えてやろうと思った。楽しんでやれた」と力に変えた。球場を訪れていた高校時代の恩師・門馬敬治監督は「高校の時は(調子に)浮き沈みがあったが、今日は最後の最後までぶれなかった。(投げ合った)相手が横浜高(出身)の伊藤君で、相模の選手もいた。気合が入ったでしょう。環境がつくり出した」と喜んだ。巨人の長谷川スカウトは「プロでもあれだけのコントロールはなかなかない今日くらいのピッチングができれば、ドラフト候補でしょう」と目を丸くした。
 ▽楽天後関スカウト「高校の時よりコントロールが格段に良くなった。やはり制球力が大事ですね」
 ▽ソフトバンク荒金スカウト「直球、変化球ともキレと制球が良くなった2年後のドラフト上位候補になってくる。楽しみな選手」(日刊スポーツ)

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   帝京大 先   5  6       4 ●
   明星大 先   8  7       1 ○
          0.1  0       0
   筑波大 先   8  7  5  1  2 ●
   日体大 先  12  5       0
          0.1  1       0
       先   8  6       1 ●
   桜美大     2  0       0
       先   8  7       0 ○封
         51.2  39       8 防1.39

 ■ 東海大・青島が今季4勝目(デイリースポーツ) 16/5/21

 東海大が快勝で日体大の胴上げを阻止した。青島凌也投手(2年)が九回途中まで4安打1失点の好投。今季4勝目を挙げた。上級生の不振や故障離脱を受け、今季途中から主戦格に。この日もキレのよい直球とカットボールやチェンジアップで、凡打の山を築いた。「自分の中で4勝は大きい。こんな結果になるとは、思ってもみなかった」と振り返った右腕。「長い回を投げられるようになったのが一番成長した所」と、笑顔で手応えを明かした。高3夏にはエースとして、1学年下の中日・小笠原やオリックス・吉田凌らと甲子園に出場。1軍に合流したばかりの小笠原からは連絡があった。「刺激になります。負けないようにという気持ちはあったけど、焦らず行こうと思っていた」と、後輩の存在も成長の糧に変えている。東海大は97年秋以来19年ぶりの3位が確定。横井監督は「こんなに負けたリーグ戦は初めて。ピッチャーがすべてだった」と嘆いた。そんな中で青島の存在は、秋へ向けての明るい材料。「まさかこんな風に投げるとは思わなかった。すごい自信になると思う」と、台頭を喜んだ。

 ■ 東海大・青島4安打1失点完投、目前での胴上げ阻止(日刊スポーツ) 16/5/15

 敗れたら目の前で日体大の優勝が決定する試合で、東海大・青島凌也投手(2年)が4安打1失点で完投した。2-1の8回1死三塁のピンチで、東海大バッテリーはスクイズを見抜いた。初球に内角高めへ直球を投じると打球は高く上がって二飛に。次打者を中飛に抑え1点差を守り抜いた。直球には切れがあり、スライダー、チェンジアップを織り交ぜ12三振を奪った。青島は「監督さんからも『目の前で胴上げだけはさせないようにしよう』と言われていました。相手も2年生投手だったので負けたくなかった」と汗をぬぐった。

過去記事

 ■ 東海大・青島がリーグ戦初完封「できすぎなくらい」(日刊スポーツ) 16/4/23

 試合前に熊本地震に対する黙とうを行った中、東海大・青島凌也投手(2年=東海大相模)が、3安打13奪三振でリーグ戦初完封を達成した。14年夏の甲子園にエースとして出場した右腕。111球を投げ抜き、ドラフト候補の桜美林大・佐々木千隼投手に投げ勝った。「できすぎなくらい。チェンジアップが決まったのが良かった」と喜んだ。

 ■ 東海大相模が初戦敗退、盛岡大付・松本打ち崩せず(神奈川新聞) 14/8/16

 第96回全国高校野球選手権大会第6日目の16日、神奈川代表の東海大相模は第3試合で盛岡大付(岩手)との初戦に臨み、3-4で敗れた。降雨で試合開始が遅れたが、東海大相模の先発・背番号1の青島が三者連続三振に打ち取る最高の立ち上がり。攻撃陣も初回に平山の遊安などで2点を先制した。青島は二回にソロ本塁打を浴びたが、伸びのある直球とカーブなどの変化球を組み立てて三回まで8奪三振の好投。しかし制球が甘くなった六回、盛岡大付打線につかまる。二死から集中打を浴びて3点を奪われ、逆転を許した。神奈川県大会で11本塁打を放った自慢の打線も盛岡大付の150キロ右腕・松本の変化球主体の配球に苦しみ、9回二死から1点差に迫ったが、力尽きた。

   14夏予        回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:逗  葉 先   4  1  3  1  0
   3回戦:YSFH     1  0  2  0  0
   4回戦:湘南学院 先   7  6  5  2  0
   準々決:橘 学 苑    2.2  0  4  1  0 142㌔
   準決勝:横  浜 先   6  5  5  2  0 142㌔
   決 勝:向  上    0.1  0  1  0  0 137㌔
               21  12  20  6  0 防0.00
           被安打率5.14 奪三振率8.57 四死球率2.57

 ■ 東海大相模・青島 ドラ候補コンビ斬り(デイリースポーツ) 14/7/30

 エースの気迫が、宿敵をのみ込んだ。東海大相模・青島凌也投手が6回2失点、110球の熱投で、10年秋からの横浜戦の連敗を5で止めた。外角への140キロ超の直球、カットボールを武器に、相手のドラフト候補コンビから4奪三振。流れを絶った。昨夏準決勝は0‐7でコールド負け。昨秋準決勝も0‐4で敗れた。ミーティングノートには、毎日『打倒横浜』と記してきた。外角攻めは「1年間、あの2人が打席に立っているのをイメージしてやってきた」という組み立て。「ベストピッチだったと思う。うれしかった」と笑った。九回には一打同点のピンチがあったものの、2年生左腕・小笠原が締めた。
 1年間イメージし続けてきた配球で相手の主砲を打ち取った。東海大相模のエース青島凌也(3年)の意地だった。同点の5回1死一塁。打席には横浜4番・高浜。直球で追い込むと、外のカットボールで3球三振。(スポーツ報知)

 浅間大基を1安打(内安)1三振(外直球)、高濱祐仁から3連続奪三振(全て外角カット)でした。

 ■ 東海大相模140キロカルテットでVへ(デイリースポーツ) 14/6/8

 第96回全国高校野球選手権神奈川大会の抽選会が7日、横浜市内で行われた。各校は王者・横浜の打倒に虎視眈々。今春県4強の東海大相模は、青島凌也投手(3年)ら投手陣に“140キロカルテット”を擁する。全国でも、まずお目にかかれない陣容だ。140キロ台の投手4人をそろえ、東海大相模が4年ぶりVに挑む。背番号1は145キロ右腕・青島キレのある直球に、最近では少ない大きなカーブが武器。「制球の良さは負けない」との言葉通り、安定感は一番だ。4人は普段から仲がいい。変化球なども教え合う。青島は「みんな一つ、自分の持ち味がある」と、2年生2人も含めて高め合う存在だ。

   14春         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:座間総合 先   5  4  3  0  0封
   準々決:創 学 館 先   7  6  10  3  0
   準決勝:向  上 先   9  13  8  2  5
               21  23  21  5  5 防2.14
           被安打率9.86 奪三振率9.00 四死球率2.14

 ■ 東海大相模8強 青島7回10K/高校野球(日刊スポーツ) 13/9/19

 東海大相模が8回コールド勝ちでベスト8進出を決めた。先発の青島凌也投手(2年)が7回を投げ3安打10奪三振無失点の好投。この日は最速136キロの直球をコーナーに投げ分け、決め球のカットボールで三振を量産した。青島は「今日は変化球がよく決まった。打撃陣がなかなか打てなかったので、どれだけ踏ん張れるかが大事だと思いました」と勝利に笑顔を見せた。

   13秋         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:多  摩 先   5  2  5  0  0封
   4回戦:相模総合 先   7  3  10  0  0 136㌔
   準決勝:横  浜     1  2  2  2  1
               13  7  17  2  1 防0.69
          被安打率4.85 奪三振率11.77 四死球率1.38

 ■ 東海大相模2年生コンビで16K完封リレー!(スポーツ報知) 13/7/14

 圧巻の奪三振ショーだった。7回11奪三振の佐藤雄偉知から、2回5奪三振の青島凌也へ。名門・東海大相模が誇る2年生右腕の16K完封リレーで、初戦を突破した。今チームには佐藤雄と青島に加え、エースナンバーを背負う仲宗根大都(3年)や中学時代に全国優勝の経験のある小笠原慎之介(1年)ら好投手がそろう。最激戦区・神奈川を「投の相模」で勝ち抜き、3年ぶりの聖地へ突き進んでいく。

   13夏         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:慶応藤沢     2  0  5  0  0
   5回戦:藤沢翔陵 先   6  4  4  0  0
   準決勝:横  浜    0.2  2  0  1  1 145㌔
              8.2  6  9  1  1 防1.04(失点から計算)
           被安打率6.23 奪三振率9.35 四死球率1.04

 横浜戦では最速145㌔、常時140㌔台を記録した一方で、コントロールにバラツキを見せていましたが、
 本来は安定した投手と紹介されていました。先発では実戦的な投球を持ち味としているようですね。

 ■ 東海大相模スーパー1年生・青島、8回0封11K(スポーツ報知) 12/7/14

 神奈川では、東海大相模の大物1年生右腕・青島凌也が先発し、8回7安打11奪三振で無失点同校の1年生が夏の大会初戦に先発するのは44年ぶりだった。黄金ルーキーが大役を務め上げた。夏の大会初登板の青島が、1年生離れした快投を披露した。「これまでにない重圧があった」と言いつつも外角中心にテンポ良く投げ込んだ。最速139キロの直球とカットボール、カーブで無四死球で、7回まで毎回の11K。「たまたまです。制球とキレを意識して打たせて取ろうと思った」とあどけなさの残る笑顔がはじけた。この日朝、球場入り後に先発を告げられ、背番号18は「後ろにエースの庄司さんがいるので思い切っていけた」。逸材だ。愛知・扇台中では、3年時に全日本少年軟式野球大会で準優勝。愛工大名電、中京大中京、横浜、天理など全国50以上の甲子園常連校から誘いが届いた。だが、11年センバツ優勝をテレビで見て「甲子園で優勝できる学校」と東海大相模に進学することを決めた。9回にはもう1人の1年生、190センチ右腕・佐藤雄偉知が登板。最速144キロを誇る球威と角度のある直球で2三振を奪い、3者凡退に切った。「刺激を受けるライバルです」と口をそろえる1年生2人で計13Kの完封リレー。「青島はキレ、佐藤はスピードがある」と門馬敬治監督(42)も目尻を下げた。新戦力を起爆剤に、2年ぶりの神奈川制覇へ好発進した。

   12夏          回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:横須賀総合 先   8  7  11  0  0 139㌔

  プロフィール

 愛知県名古屋市生まれ。
 青島 凌也(あおしま・りょうや)投手。
 小2から六田ファイターズで野球を始め、6年時にドラゴンズジュニアチーム入り。
 扇台中時代3年秋に東山クラブで全国準Vを経験した。
 4試合27回1失点、3完封(3回戦でノーヒットノーラン)の好成績を残している。
 進学時には全国の強豪校から誘いを受けた。

 東海大相模高では1年春から控え投手としてベンチ入り。
 1年夏初戦・横須賀総合戦の先発に抜擢され、8回11奪三振無失点の好投で注目を集める。
 1年秋の関東大会に県1位で出場し、1回戦の先発(6.1回5失点KO)を経験。
 2年夏の準決・横浜戦で145㌔を計時したが、制球がばらつき、0.2回2安打1失点に終わった。
 2年秋の大会からエースナンバーを任され、3年春に県4強で関東大会に進出。
 県準々決・創学館戦で6安打を浴びながらも、7回10奪三振無失点の好投を披露している。
 準決勝を9.0回13安打5失点で落とし、関東大会(初戦敗退)での登板はなし。
 3年夏に6試合21回20K、防0.00の好成績を残し、4年ぶりの夏の甲子園出場を成し遂げた。
 準決・横浜戦で6回2失点の好投を演じ、5連敗中の天敵を見事5対3で撃破。
 外角カットで4番打者・高濱祐仁から3打席連続三振(浅間大基からも1三振)を奪っている。
 8.2回20奪三振の吉田凌の後を受けて決勝・向上高戦で胴上げ投手を経験。
 甲子園初戦2回戦・盛岡大附戦は、6回途中6安打4失点KO、3対4で逆転負けに終わった。
 3回表までに4者連続を含む8三振(直球5、カーブ2、カット1)を奪う力投を披露。
 145㌔右腕として中日などプロから注目されたが、志望届は出さず東海大への進学を選択した。
 同期に佐藤雄偉知、1学年下に吉田凌小笠原慎之介ら。

 178cm78kg、安定感のある好右腕。
 ノーワインドアップから足を高く上げて重心を下げ、右肘を使った球持ちに良さのある腕の振りから
 力強く繰り出す最速146㌔、常時140㌔前後の球速以上に伸びのある直球と、
 120㌔前後から130㌔前後のカット、100㌔台の落差あるカーブ、その他120㌔台のシンカー。
 実戦的な投球が持ち味。タレント豊富な相模投手陣の中でエースを任された。
 まずまずまとまりのあるコントロールの持ち主。直球に変化球を織り交ぜ、内外に投げ分ける。
 リリーフ時にはコンスタントに140㌔台(高2夏に145㌔)を計測する力投を披露。
 高3夏の甲子園1回戦で4者連続を含む9奪三振(空振り8、見逃し1、直球6)をマークしている。
 一方で中盤失速したスタミナに課題を残した。

  スカウトコメント

巨人・長谷川スカウト|16/11/1
 「プロでもあれだけのコントロールはなかなかない。今日くらいのピッチングができれば、ドラフト候補でしょう」
楽天・後関スカウト|16/11/1
 「高校の時よりコントロールが格段に良くなった。やはり制球力が大事ですね」
ソフトバンク・荒金スカウト|16/11/1
 「直球、変化球ともキレと制球が良くなった。2年後のドラフト上位候補になってくる。楽しみな選手」
中日・中田宗男スカウト部長|14/6/18
 「青島凌也くん(東海大相模)が良かったです。手元のキレとチェンジアップが光り、制球力もあるいい内容。以前に見たときは今ひとつでしたが、この出来なら候補選手になる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-01(火)|2018年大学生投手 | 首都大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
完全試合達成は素晴らしいこと。
この調子を来年以降~再来年まで維持できるか?それとも・・・
いずれにしろこれからです。
| 匿名 | 2016年11月02日(Wed) 17:59 | URL #- [ 編集]
下級生の頃から140kmの速球を投げると評判だった投手。だが実際はほとんどが130km台のストレートがほとんどで力強さを感じなかった。

ところが高校3年生になってコンスタントに140kmが出るようになり、打者の手元でホップするような球のキレも出て来た。ピッチングに力強さも感じる。

東海大相模の他の3人のピッチャーの方が派手だけど、去年から一番成長したのは青島投手だと思う。エース番号を背負うのも当然だ。
| 匿名 | 2014年08月06日(Wed) 10:21 | URL #- [ 編集]
青島君、甲子園での熱投を期待しています!
同じ愛知県の人間として精一杯応援します
| 匿名 | 2014年07月30日(Wed) 23:59 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 首都大学 コメント(3) Page Top↑