今村 幸志郎(西部ガス)

ここでは、「今村 幸志郎(西部ガス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



170cm63kg 左左 MAX146km スライダー・チェンジ・カーブ 青学大→関西メディカル学院 3年目
最速146㌔の直球とスライダー。安定した制球力で内角を攻める。三菱重工長崎を延長10回完封。

  動 画

  投手成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   13都: 1   5  2  5  0  0 138㌔ ヤ マ ハ
   14都: 1  2.2  2  2  0  0 139㌔ MHPS横浜
   通算: 2  7.2  4  7  0  0 防0.00
     被安打率4.70 奪三振率8.22 四死球率0.00

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   06春: 1  3.1  3  2  1  2 室戸高

  最新記事

 ■ 西部ガス・今村 1イニング完璧(西日本スポーツ) 14/9/16

 韓国・仁川アジア大会に社会人で臨む野球の日本代表は15日、川崎市のJX-ENEOSグラウンドでJX-ENEOSと練習試合を行い、7-0で勝利した。初代表の左腕、今村幸志郎が大会本番へ向け、上々の仕上がりだ。7回に登板し、1イニングを三者凡退右打者2人を内野ゴロに打ち取り、左打者を3球で見逃し三振に切って取った。7点リードながら、チームはそれまで毎回走者を許しており「試合のテンポが良くなかったので、中野さんと話しをしてテンポ良くいった」と納得の投球リズムだった。もともと投手で、高校時代に兼任した外野手として青学大へ。だが、芽が出ず「どうせやるなら」と一念発起し、関西メディカルスポーツ学院で投手に再挑戦。ここで頭角を現し、西部ガスに誘われると、2年目の今はプロ注目の存在。初の代表入りまで果たしたシンデレラは自らの経歴を「変わってますよね」と笑う。「最初は楽しみ2、緊張8の割合だった。今やっと半々ぐらい」と初々しい。代表での役割は、普段の先発ではなく救援。スクランブル要員からワンポイントまで何でもこなせる貴重なサウスポーは「任された回を抑えられるように」と出番を心待ちにしている。

 ■ 西部ガス、夢の全国!!日本選手権九州地区予選(西日本スポーツ) 14/9/9

 創部3年目で全国切符だ! 社会人野球の第40回日本選手権大会(11月1日から、京セラドーム大阪)九州地区予選は8日、北九州市民球場で第2代表決定戦を行い、西部ガスが3-2でホンダ熊本に延長10回サヨナラ勝ちし、創部3年目で悲願の全国切符をつかんだ。5回に4番天久朝治(25)の適時打で同点に追いつくと、2-2の10回に無死二塁から相手守備の乱れで勝ち越した。西部ガスは3度目の同大会予選出場で、初の本戦出場を決めた。
 左腕の今村が意地の連投で全国切符を呼び込んだ。前日の敗者復活戦で8回1失点と力投したばかり。それでも杉本監督は「今村でいくと決めていた」と迷わずマウンドへ送り込んだ。9安打を浴び毎回走者を背負いながらも4、5回にそれぞれ1失点しただけ。「疲れはあったが球は悪くはなかった。抑えようと狙いすぎてボールが先行してしまった」と反省したが、要所を抑え9回2失点で大役を果たした。青学大までは外野手で、本格的に投手に専念したのは社会人になってから。「最近は自分で考えた投球ができるようになってきた」とまだ発展途上だ。アジア大会日本代表に選ばれており、11日からチームを離れ代表合宿へ向かう。「アジア大会が終わって、日本選手権までに状態をベストに持っていきたい」。プロ注目の左腕がさらなる成長を目指す。

   14日予    回数 被安 失点 
   宮崎梅田 先   5     3
   熊本GL 先   8  1  1
   ホンダ熊本 先   9  9  2
           22     6

 ■ 8回2死まで今村被安打0(西日本スポーツ) 14/9/8

 第40回日本選手権九州地区予選は7日、北九州市民球場で第1代表決定戦を行い、JR九州が7大会連続の日本選手権出場を決めた。敗者復活戦は西部ガスが熊本ゴールデンラークスを8-1の8回コールドで快勝。プロ注目左腕の今村幸志郎(25)が7回まで無安打に抑える好投を見せた。西部ガスの左腕今村が大記録を逃した。7回まで2四死球だけで無安打に抑えていたが、8回2死から本塁打を許し、完封も逃してしまった。「内角を狙ったカットボールが真ん中に入ってしまった。直球と迷ったけど、変化球で逃げようとしてこうなってしまった」と苦笑い。試合は8回コールド勝ち。1人で投げ抜き1失点の今村は「明日も投げるつもりで準備します」とフル回転を誓う。狙うのは個人記録よりも初の全国大会出場だ。

過去記事

 ■ 都市対抗野球:勝利は伏兵の一打から 三菱日立PS横浜(毎日jp) 14/7/23

 延長十回、三菱日立パワーシステムズ横浜の勝ち越し劇は伏兵の一打から始まった。先頭打者の森脇は、昨秋からマネジャーを兼任。2次西関東予選では出番もなかったが「今年に入って打力が向上し、状態もいい」(松下監督)とこの試合、七回から途中出場していた。ホンダ熊本(大津町)の6番手・今村幸(西部ガスから補強)は左横手投げで、9月からのアジア大会日本代表にも選ばれている好投手横浜市打線は八、九回と一人の走者も出せずにいた。しかしこの回、打席に入る森脇に、ベンチの入社8年目の同期・村山からデータが伝えられていた。1ストライクからの2球目、ヤマを張っていた外角に直球が来た。「データ通り。迷いなくしっかりバットを振れた」。強くたたいた打球は右越え二塁打になった。続く坂上の犠打が敵失を誘って無死一、三塁と好機を広げると、打席にはやはり森脇と同学年の前田。「2人の力を借りて、ここは僕が決める場面」と初球、真ん中に入ったスライダーを左前へ。もつれた試合に決着をつける勝ち越し打を放った。

 ■ 西部ガス決定戦で連敗(西日本スポーツ) 14/6/8

 西部ガスは代表決定戦に連敗し、全国切符を逃した。4回に5番天久、6番淵田の連打で先制。だが5回までの9残塁が響き、逆転を招いた。2本塁打を浴びた先発の今村は「自分が完投して勝しかないと思っていましたが、やってはいけない本塁打を打たれた。みんなを都市対抗に連れて行けず申し訳ない」とガックリ。杉本監督は「投手にかわいそうなことをした。これからは野手をどう鍛えていくか。個人のスキルを上げていくしかない」と課題を挙げた。

   14都予    回数 被安 失点
   沖縄電力 先   4     4
   九州三菱 先 12.2     1
   重工長崎 先  10  8  0封
   沖縄電力 先  7.2  5  2
          34.1     7 防1.83(失点から計算)

 ■ 西部ガス初の代表決定戦へ(西日本スポーツ) 14/6/6

 西部ガスの左腕エース今村が10回を投げきり、サヨナラ勝利を呼び込んだ。第2代表決定トーナメント2回戦の九州三菱自動車戦では12回2/3(延長13回以降は1死満塁からのタイブレーク)、185球を投げ、中1日で再び延長戦を完投。「疲れはあまり感じなかった。楽に投げられた」と気丈に言い切った。チームにとって初の代表決定戦進出。杉本監督は「まずは代表決定戦を経験するのが目標だった。ディフェンスをしっかりやれば負けない」と意気込んだ。

 ■ 西部ガス・今村 6安打完封(西日本スポーツ) 13/9/12

 社会人野球の日本選手権九州地区予選が11日、宮崎市のアイビースタジアムなどで開幕し、1回戦6試合を行った。2度目の出場となる西部ガスは三菱重工長崎に2-0で快勝。プロ注目の左腕今村幸志郎が完封勝利を挙げた。6月の都市対抗予選でも破った強豪をほぼ完ぺきに封じた。「スライダーがキレていたので、これなら打たれないだろうと思って投げた」。6安打無失点。連打を許したのは8回だけで、三塁も踏ませなかった。7月の都市対抗野球ではJR九州の補強選手として出場し、東京ドームで初登板。「都市対抗の経験が生きた。打者を観察して投げられた」。序盤から完投を意識し、走者を出してから力を入れる「省エネ投球」を実践。わずか95球のい完封劇で成長を証明した。
 九州三菱は延長十回、2死一、二塁で吉田糧選手が右越え適時打を放ち、鮮やかなサヨナラ勝ち西部ガスは今村幸志郎投手が185球の力投を見せたが、打線が終盤、援護できなかった。(毎日jp)

          回数 被安 奪三 四死 自責 
   三菱長崎 先   9  6  3  1  0

 ■ 初の全国切符獲得へ 燃える西部ガス(西日本スポーツ) 13/9/11

 創部2年目の西部ガスが全国切符を狙う。初参加となった6月の都市対抗予選では熊本ゴールデンラークス、三菱重工長崎と全国を経験した強豪を次々と破り準決勝へ進出。本戦出場はならなかったが存在を示すことができた。日本選手権予選は2度目の出場。初戦敗退した昨年とは違い、今年は対戦相手の警戒も強くなる。真価が問われる今大会で活躍が最も期待されるのが左腕の今村だ。7月にはJR九州の補強選手として都市対抗野球で登板。チームはヤマハに初戦で敗れたが、今村は5回からの5イニングを2安打無失点と好投。「全国レベルの打者に投げられていい経験になった」。大舞台での好投で一躍、プロのスカウトの注目を集めた。収穫はそれだけではない。バッテリーを組んだJR九州の中野滋樹は2011年IBAFワールドカップや昨年のアジア選手権で日本代表入りをしたベテラン。「中野さんはその日のいい球を徹底して要求してきた。自分も投球を組み立てるようになった」。09年の日本選手権で優勝した強豪チームに加わり得たものも多かった。

 ■ 都市対抗野球:魅せた補強、5回無失点…JR九州(毎日jp) 13/7/16

 JR九州は、創部2年目の西部ガス(福岡市)から補強された2番手左腕・今村が5回無失点の好救援。回を追うごとにスライダーのキレが増し、「当初は2回ぐらいを任せる予定だった」という吉田監督は方針を変え、最後までマウンドを託した。1番・川越とともに、西部ガスの選手として初の本大会に臨んだ。「勝ってもっと投げたかった」と名残を惜しんだが、チームメートには「東京ドームのマウンドは雰囲気がすばらしい。来年はみんなでいこう」と伝えるつもりだ。

      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   13都予: 3  24  26  12  5  4  1.50  9.75  4.50  1.88

 ■ 西部ガス 創部2年目初勝利(西日本スポーツ) 13/6/3

 9人いる投手陣の中で最も小柄な170センチ、63キロの左腕が仁王立ちした。エースの今村だ。初回に2点を失い、2回も2死一、三塁のピンチを招く。ここで、杉本監督がマウンドに足を運ぶ。「ここを抑えれば、落ち着くから」と声を掛けられ、落ち着いた。次打者を右飛に打ち取ると、最速143キロの直球を軸に力投。4回に逆転してもらい、勇気付けられた左腕は最後まで投げきった。今村は熊本工高で藤村大介(現巨人)らと2007年春の選抜大会で4強入りしたが、青学大までは外野手だった。本格的に投手となったのは昨春の関西メディカル学院(兵庫)入学後。小気味の良い投球が関西地区の社会人関係者の間で話題となり、その情報を豊富な人脈を生かして杉本監督がキャッチ。今村に声を掛け、戦力とした。

  プロフィール

 熊本県熊本市出身。
 今村 幸志郎(いまむら・こうしろう)投手。
 帯山小4年時から軟式野球を始め、西原中時代は軟式野球部に所属。
 3年時に主将・投手として県大会準Vを達成した。

 熊本工では1年秋から背番号10でベンチ入り。
 2年夏の甲子園に控え投手として出場し、2年秋から外野手レギュラーを務める。
 3年春に3番・中堅手として選抜4強入りを果たし、19打席で適時3塁打含む3安打2四死球マーク。
 準々決・室戸戦に2番手として起用され、甲子園マウンドを3.1イニング経験した。
 当時のチームメイトに藤村大介(巨人2007年高1巡)ら。

 青山学院大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 8シーズン(2部1季)を控えの外野手として過ごし、1部31試合28打数で4安打4盗塁にとどまる。
 目立った実績を残せないまま卒業となり、関西メディカルスポーツ学院で投手専念。
 1年目から小気味の良い投球で注目を集め、誘いのあった西部ガス(同年創部)移籍を決めた。
 1部リーグ通算31試合、打率.143、4安打、0本塁打、1打点、4盗塁。

 西部ガスでは1年目から公式戦に出場。
 主戦として都市対抗2次予選で3戦3勝を記録し、24回4失点(2完投1完封)の好成績を残す。
 熊本GL戦で2失点完投勝利を収め、三菱長崎戦で8回2失点の好投を披露。
 JR九州の補強選手として出場した本戦では、初戦・ヤマハ戦で5回無失点リリーフを見せた。
 最速138㌔の直球にスライダーを交え、5奪三振(直球4、スライダー1)をマーク。
 先発救援で日本選手権予選3試合をこなし、三菱長崎戦で6安打完封勝利を収めている。
 準決でも185球完投の力投を見せたが、延長10回3対4でサヨナラ負けとなった。
 2年目・都対予選では8試合中4試合に先発し、34.1回7失点の活躍で代決初進出に貢献。
 九州三菱自動車戦で延長13回タイブレーク、12.2回1失点完投勝利を記録し、
 中1日の三菱重工長崎戦で延長10回完封勝利を挙げた(第3代決は7.2回2失点で敗戦)。
 本戦にはHonda熊本の補強として出場し、初戦・MHPS横浜戦にリリーフ登板。
 8・9回をきっちり6人で抑えたが、延長10回に入って勝ち越しを許し、惜しくも4対5で敗れている。

 170cm63kg、小柄なスリークォーター左腕。
 セットから重心を下げてインステップし、小さめのテイクバックを取り、肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速146㌔、常時130㌔台後半(救援登板時)の切れの良い直球と、
 120㌔前後から120㌔台の2種類のスライダー、120㌔台で沈むチェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 大学卒業後に本格的にピッチャーを始め、日本代表にまで登りつめた変わり種。
 コントロール良く両サイドに投げ分ける。度胸良く内角を攻め、左打者外へのスライダーも武器。
 インステップして腕を下げた位置から投げこむ。球筋、横の角度も持ち味の一つ。
 遠投110m、50m6秒0の身体能力を備え、大学までは俊足好守の外野手として活躍した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2014-09-16(火)|2015年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑