馬場 皐輔(仙台大)

ここでは、「馬場 皐輔(仙台大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



馬場 皐輔(仙台大)

180cm80kg 右右 MAX153km スライダー・カーブ・フォーク 仙台育英
最速153㌔の重い直球とスライダー。気迫ある投球が持ち味。楽天2軍戦で7回途中2安打の好投。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春: 5 1勝1敗  19.1  13  24  9  2  0.93
   14秋: 2 1勝0敗  4.2  8  4  4  1  1.93
   15春: 5 2勝1敗  24.1  19  30  12  8  2.96(6位)
   15秋: 5 1勝2敗  29.2  19  28  12  9  2.73(7位)
   16春: 4 3勝0敗  23.2  10  25  8  2  0.76(3位)
   16秋: 2 0勝0敗   2  3  2  0  0  0.00
   通算: 23 8勝4敗 103.2  72 113  45  22  1.91
         被安打率6.25 奪三振率9.81 四死球率3.91

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   13春: 2     12  5  11  7  1
            1  0  2  1  0 139㌔ 創 成 館
        先   7  4  5  4  1     早稲田実 ○
            4  1  4  2  0     高  知
   13夏: 2     9  8  10  4  4
        先  6.1  5  8  3  2 145㌔ 浦和学院 ○
           2.2  3  2  1  2 144㌔ 常総学院
   通算: 4    21  13  21  11  5 防2.14
       被安打率5.57 奪三振率9.00 四死球率4.71

投手成績詳細

   14春    回数 被安 奪三 四死 失点
   東北大 先   5          2 ○
   福祉大     2          0 
          1.2          0 150㌔
   学院大    6.1  5       0
          4.1  4       5 ●
         19.1  13  24  9  7 防0.93
      被安打率6.05 奪三振率11.17 四死球率4.19

   15春    回数 被安 奪三 四死 失点
   東北大 先  5.1  4       1
   東工大 先   6  4  7     0 ○152㌔
   宮教大 先   5  3  6     0 ○封
   福祉大 先   6  5       4 ●
   学院大 先   2  3       3
         24.1  19  30  12  8 防2.96
      被安打率7.03 奪三振率11.10 四死球率4.44

   15秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   東北大 先   8  5  6  2  1 ●
           2  0  3  0  0
   東工大 先   9  5  9  2  1 ○
   学院大 先  2.1  3  0  4  4
   福祉大 先  8.1  6  10  4  3 ●
         29.2  19  28  12  9 防2.73
      被安打率5.76 奪三振率8.49 四死球率3.64

   16春    回数 被安 奪三 四死 失点
   東工大 先   5  1  9  1  0 ○封146㌔
   東北大 先  8.2  5  10  3  2 ○ 148㌔
   宮教大 先   5  1  6  3  0 ○
   学院大 先   5  3  0  1  0 
         23.2  10  25  8  2 防0.76
      被安打率3.80 奪三振率9.51 四死球率3.04

   16秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   宮教大     1  2  1  0  0 153㌔
   東北大     1  1  1  0  0
           2  3  2  0  0 防0.00
      被安打率13.50 奪三振率9.00 四死球率0.00

   16秋代決  回数 被安 奪三 四死 失点
   富士大     5  2  4  2  0

  最新記事

 ■ 「上位候補」仙台大153キロ右腕・馬場、初完封12K勝利(スポーツ報知) 17/4/10

 仙台大の最速153キロ右腕、馬場皐輔(こうすけ)が東北工大を2安打に抑え、3―0で初完封勝利を挙げた。制球に苦しみながら、試合中に修正。高い潜在能力をプロ10球団のスカウトに見せつけた。2安打12奪三振にも、試合後の仙台大・馬場に笑顔はなかった。5回1死まで無安打、6回まで毎回奪三振と好投。9回を投げての完封はリーグ戦初だ。それでも馬場は「先頭打者に四球を3つ出したのは反省」。マウンドに合う投げ方を模索し、球を離す位置などを工夫しながらの投球に不満げだ。要所を締める内容に森本吉謙監督も「無駄な四球は話にならない」と言いながら、「崩れ切らなくなったのはいいこと」とたたえた。本来の出来ではないとはいえ、この日仙台大のスピードガンで149キロを記録。広島・近藤スカウトは「この時期にこれだけ投げられた。(ドラフト)上位候補と言ってもいい」。巨人・柏田スカウトは変化球のキレに「指先の感覚がいい。教えられるものじゃない」と話した。

   17春    回数 被安 奪三 四死 失点
   東工大 先   9  2  12  4  0 ○封149㌔

 ■ 仙台大・馬場、プロ4球団のスカウトの前で快投(SANSPO) 17/3/9

 仙台大と法大の練習試合が9日、川崎市の法大グラウンドで行われ、法大が12-6で勝利した。プロ注目の仙台大の最速153キロ右腕・馬場皐輔投手は4番手で登板し、1回1/3を無安打1三振無失点に抑えた。ヤクルト阪神、DeNA、日本ハムの4球団のスカウトが視察し、馬場についてはDeNA・吉田スカウト部長が「投げ込む姿がいい」、熊谷についてはヤクルト・橿渕スカウトが「昨秋より、よくなっている」と評価した。
 七回二死二、三塁で、この日最速の148キロの直球で三振を奪い「走者のいる場面を経験できた」と手応え。プロ4球団が視察し、阪神・葛西スカウトは「力感のある投球だった。今年は、このタイプが少ないから楽しみ」と評価した。(SANSPO)

 ■ 今秋ドラフト候補 仙台大153キロ右腕・馬場 スライダー抜群(スポニチ) 17/3/8

 仙台大の今秋ドラフト候補で153キロ右腕・馬場皐輔投手が7日、神奈川大で行われた同大とのオープン戦に5番手で登板した。3球団のスカウトが訪れる中、直球は140キロながらスライダーを軸に1回無失点。「球威を戻していきたい」と課題を口にした。ヤクルトの斉藤宜之スカウトは「スライダーが素晴らしい。球威が上がれば面白い」と評価した。

過去記事

 ■ 仙台大・馬場、ドラフト目指し「先発」復活だ(日刊スポーツ) 17/2/22

 仙台大の馬場皐輔投手が、最上級生になる今春に復活をかける。ドラフト候補右腕は、昨秋のリーグ戦はわずか2試合2イニングの登板にとどまった。「プロに行きたい気持ちはある自分の将来にかかわってくる1年」と強い思いを秘めた。昨秋はテークバックが小さくなるなど、フォームが固まらなかった。宮城教育大1回戦で自己最速を1キロ更新する153キロを計測したが「いい球があっても次の球が高かったり」と、以前からの課題となった投球のばらつきは克服できていない。富士大から阪神に入団した小野泰己が参考になった。昨秋、明治神宮大会代表決定戦で2試合連続で先発した小野は、2試合目に完投した。「ゆったりとしたフォームから、リリースの瞬間だけ強い」と馬場。リリースまで無駄な力を省くことが、スタミナの消耗を少なくして連投が利く。1つの理想像を見つけた。

 ■ 仙台大・馬場、あと1人で完封逃すも10K勝利!(スポーツ報知) 16/4/24

 仙台大・馬場皐輔投手(3年)が先発し、9回2死まで完封ペースも、満塁から2点タイムリーを浴びて降板した。9回は1死から二塁打を許した。さらに2四球で満塁。二塁打は中堅手が目測を誤っていただけに「ああいう場面をどう抑えられるかだと思う」と馬場。2四球についても「警戒していた中での四球。でも、もっとカットやスプリットでカウントを取れるようにしないと」と反省した。それでも8回2/3を5安打2失点で白星を挙げた。岩佐政也投手(3年)とエースを争う右腕は「球自体は悪くなかった。毎試合毎試合ゼロで抑えれば、神宮への扉も開けると思う」と、無失点への決意を新たにした。

 ■ 仙台大・馬場、5回1安打0封9K!エース道突き進む(スポーツ報知) 16/4/10

 仙台大の馬場皐輔投手(3年)が先発し、5回1安打無失点で今リーグ初勝利を挙げた。最速146キロの直球に縦横のスライダー、スプリット、カットボールを織り交ぜ、9三振を奪った。「三振は意識しなかったが、ストライク先行でいけたのは良かった」と振り返った。岩佐政也投手(3年)=柴田=とともに、卒業した熊原健人投手(現DeNA)に続くエースとして期待がかかる。リーグ通算6勝目を挙げた右腕は「4年生になった時にそう(エースに)なれるように、人間性の部分など、しっかり成長していきたい」と力を込めた。

 ■ 馬場、2回無失点の好救援(河北新報) 15/9/4

 仙台大の馬場が八回から救援し、2回無安打無失点。粘る東北大に付け入る隙を与えず、「しんどかったが全力で投げた。勝って良かった」と安堵の表情を浮かべた。先発影浦が7回10安打3失点と精彩を欠き、相手の追い上げムードの中でマウンドへ。第1戦で8回118球を投げた疲れはあったものの、八回は制球を重視し「打ってもらって」内野ゴロ三つに仕留め、投球のギアを上げた九回は3者連続三振で試合を締めた。主戦熊原は背筋痛による調整不足で、投手陣の負担は大きいが、次期エース候補は「熊原さんが戻るまで(2年生の)自分と岩佐が頑張りたい」と意気込んだ。

 ■ 仙台大・馬場が楽天2軍を6回まで1安打無失点(日刊スポーツ) 15/8/26

 仙台大の最速150キロ右腕・馬場皐輔(2年=仙台育英)がプロ相手に好投。チームは楽天に敗れたが、6回0/3を2安打2失点で、春秋連覇を狙う秋季リーグ開幕前の実戦調整を終えた。プロ相手に初先発。6回まで1安打無失点に抑えた。7回先頭に四球、次打者に二塁打を許して途中降板した馬場は「リーグ戦前に打ち取り方を学べた。7回は初球の入りが悪かった。リーグ戦では四球を出さないようにしたい」と反省した。プロ注目の絶対的エース熊原健人が背筋を痛め、開幕戦登板が微妙な状況下で主戦の期待を担う。母校の仙台育英は今夏、甲子園準優勝。全試合テレビ観戦した馬場は「後輩たちの活躍を自分のパワーに変えて投げたい」と闘志をみなぎらせた。

 ■ 仙台大/課題の攻撃力に磨き(河北新報) 15/4/9

 昨春、67季ぶりの頂点に立ったものの、昨秋は打線が振るわず3位に終わった。2季ぶりの優勝を目標に、充実した投手陣を軸とした守備に加え、課題の攻撃力にも磨きをかけてきた。投手陣を引っ張るのは、昨秋の東北学院大戦で無安打無得点試合を達成した熊原。150キロ超の直球に、フォークボールなど切れ味鋭い変化球を織り交ぜるプロ注目の右腕だ。さらに、実績のある左腕影浦、最速150キロ右腕の2年生馬場と実力者がそろう。

 ■ 仙台大が完全V目前「歴史を変える」(日刊スポーツ) 14/5/13

 仙台大が優勝した80年秋以来34年、67季ぶりに東北福祉大から勝ち点を挙げた。2点を追う7回に3番・大坂智哉内野手(2年=青森山田)の決勝タイムリーなどで5点を奪って7-4と逆転。2回戦からの連勝で勝ち点4とし、単独首位に立った。8回途中から3番手で登板した1年生右腕・馬場皐輔最後の打者を三振で仕留め、ナイン全員の気持ちを表現するように両腕をグッと広げる。64度の優勝を誇る東北福祉大から、67季ぶりの勝ち点。「うれしいです」。馬場は短い言葉に実感を込めた。

 ■ 仙台育英・馬場、サヨナラ呼び込む力投(SANSPO) 13/8/11

 仙台育英は2番手で登板した馬場の力投がサヨナラ勝ちを呼び込んだ。三回途中からマウンドに上がり2点を失ったが、五回以降は無失点で8三振を奪った。「県大会は不調で仲間に助けてもらってばかり。何とかお返しができた」と胸をなで下ろした。打者を抑え、体全体で喜びを表すたびにスタンドが沸いた。背番号10の右腕は「ほえまくって投げた。けっこうオーバーアクションでしたね」と照れた。

   13夏         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:塩  釜     2  0  3  0  0
   3回戦:  泉   先   9  6  12  2  3
   準々決:大崎中央 先   9  7  9  1  5
   準決勝:聖和学園     2  0  2  1  0
   決 勝:柴  田 先  3.2  4  0  2  5
              25.2  17  26  6  13 防0.00
           被安打率5.96 奪三振率9.12 四死球率2.10

 まだ粗さを感じさせるものの、昨夏のベンチ外からなかなかの成長ぶりですね。球速も10キロほどアップ。

 ■ 仙台育英・馬場、MAX146キロ/高校野球(日刊スポーツ) 13/6/9

 仙台育英(宮城)は、酒田南(山形)に7回コールド勝ち。仙台育英先発の馬場皐輔投手(3年)が、自己最速を5キロ更新する146キロをマークし、4安打1失点で完投した。叫ぶ声が大きくなる度、馬場の球威が増していく。4回2死、7番清水への4球目だった。高めに外れるボールとなったが、146キロをマーク。今春センバツで出した自己最速の141キロを大幅に更新した。「低めに投げた時より、バーンといった感じがした」。体重はセンバツ時から5キロ増の81キロと一回り大きくなった。パワーと気迫が、指先からボールに乗った。甲子園では好投したが、春の県大会は打ち込まれる場面が目立った。先発した決勝の利府戦は、満塁弾を浴びるなど8安打8失点の大乱調。1回1/3でKOされた。声を上げながら腕を振るスタイルは健在だったが「県大会では受け身だった」と、どこか弱気だった。「このままだとズルズルいってしまう」と危機感を抱く馬場に、佐々木順一朗監督(53)は言った。「(球の)キレが悪いのは、体じゃなくて頭のキレが良くないからじゃないかと、3回まで皮肉を込めて言い続けた。ほえて投げるようになって、覚醒した」。つまり、体力や技術ではなく気の持ちよう。馬場は吹っ切れた。常時140キロ台前半の直球を軸に、4安打8三振1失点で完投した。昨夏の甲子園出場時はメンバー外のB班におり、打撃投手だった。帽子のつばには、ペンでこう記してある。「元B班3番手 気持ちで投げる」。1年足らずで中心選手となったが、泥くさく闘志全開で腕を振るのが、馬場の最大の魅力だ。

   13春東北      回数 被安 奪三 四死 自責
   準々決:酒田南 先   7  4  8  0  1 146㌔
   決勝:盛岡大付 先   9  7  6  2  1
              16  11  14  2  2 防1.13
          被安打率6.19 奪三振率7.88 四死球率1.13

  プロフィール

 宮城県塩釜市生まれ。
 馬場 皐輔(ばば・こうすけ)投手。
 小学3年から塩釜ドラゴンズで野球を始め、塩釜三中時代は七ヶ浜シニアに所属。

 仙台育英高では2年秋から控え投手としてベンチ入り。
 鈴木天斗(現福祉大)との2枚看板で勝ち進み、防御率1.35の活躍で神宮大会初Vを果たす。
 東北決勝・聖光戦で4失点完投勝利、神宮準決・北照戦で1失点完投勝利。
 翌春選抜3試合12回に先発救援で起用され、11三振1失点の力投で8強進出に貢献した。
 3回戦・早実戦の先発を務め、7回5K1失点、4対1逆転勝利で勝ち星を記録。
 惜敗した準々決勝・高知高戦(0対2)でも、4回1安打、4三振無失点の好リリーフを見せた。
 その後一時調子を落とし苦しみながらも、東北大会で自己最速146㌔を計測。
 準々決・酒田南戦で7回1失点完投勝ち、決勝・盛岡付戦で1失点完投勝ちを挙げている。
 5試合(先発3)25.2回13失点、防0.00、26Kの奮闘で3年夏の県大会を制覇。
 甲子園・浦和学院戦で6.1回2失点救援を演じ、選抜V校相手に11対10サヨナラ勝ちを収めた。
 同学年に上林誠知(ホークス13年4位)、熊谷敬宥(立大)ら。

 仙台大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 主にリリーフとして5戦19.1回で防0.93を記録し、熊原健人を擁して67季ぶりリーグVを達成する。
 東北大2回戦で初登板初先発を務め、5回コールド2失点で完投勝利を記録。
 東北福祉大3回戦で自己最速150㌔を投げ、1.2回無失点の火消し投球で勝ち点を奪った。
 2年春に2勝(宮教大を5回0封)1敗、防御率2.96(6位)で初の投手十傑入り。
 同年8月に行われた東北楽天2軍との交流戦で、7回途中2安打2失点の好投を披露している。
 通算23試合、8勝(4完投2完封)4敗、103.2回、防御率1.91。

 180cm80kg、ガッチリした体格の力投型右腕。
 ワインドアップから早めに着地し、小さめのテイクバックを取り、肘を使った力強い腕の振りから
 投げ下ろす最速153㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半のストレートと、
 120㌔前後から120㌔台の縦落ちスラ、120㌔台のフォーク、真上からの110㌔台カーブ。
 重いストレートとスライダーとのコンビネーション。低めスライダーで空振りを誘う。
 気迫あるピッチングも魅力の一つ。高め傾向の真っすぐなど、コントロールにはバラツキが残る。
 被安打率6.25 、奪三振率9.81、四死球率3.91。

  スカウトコメント

広島・近藤スカウト|17/4/10
 「この時期にこれだけ投げられた。(ドラフト)上位候補と言ってもいい」
巨人・柏田スカウト|17/4/10
 「(変化球のキレに)指先の感覚がいい。教えられるものじゃない」
阪神・葛西スカウト|17/3/10
 「力感のある投球だった。今年は、このタイプが少ないから楽しみ」
DeNA・吉田スカウト部長|17/3/9
 「投げ込む姿がいい」
ヤクルト・斉藤宜之スカウト|17/3/8
 「スライダーが素晴らしい。球威が上がれば面白い」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-04-10(月)|2017年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(5) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ある程度まとまれば2位で消えるかもしれない。
先発もクローザーでも行けるタイプ。
| フラワー | 2017年03月29日(Wed) 11:23 | URL #- [ 編集]
2016年仙台六大学野球秋のリーグ戦
宮城教育大学戦で馬場はMAX153キロを更新した。
| 匿名 | 2016年10月03日(Mon) 19:41 | URL #- [ 編集]
登板数は4試合でした。
| ハルタカ | 2016年05月24日(Tue) 20:17 | URL #- [ 編集]
2016年春季リーグ戦最終成績
7試合
防御率0.76
3勝0敗
23回2/3
被安打10
四死球8
奪三振25
自責点2
| ハルタカ | 2016年05月24日(Tue) 18:53 | URL #- [ 編集]
東北工大戦に先発し6回を4安打7奪三振。
今季先発2試合目で初勝利を挙げました。
| ハルタカ | 2015年04月26日(Sun) 09:48 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(5) Page Top↑