翁田 勝基(愛知大)

ここでは、「翁田 勝基(愛知大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



翁田 勝基(愛知大)

182cm81kg 右右 MAX142km スライダー・カーブ・フォーク 西脇工
最速142㌔の伸びのある直球とフォーク。公立校を甲子園に導いた実戦派。7試合63.1回で68奪三振。

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   13夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   石見智翠 先   9  7  8  2  1 142㌔
   木更津総 先   9  9  7  0  3
           18  16  15  2  4 防2.00
       被安打率8.00 奪三振率7.50 四死球率1.00

  最新記事

 ■ 西脇工・翁田「上から目線」で堂々完投(デイリースポーツ) 13/8/12

 初出場の西脇工が石見智翠館を下し、初戦突破を果たした。兵庫県の公立高校が初戦突破するのは1984年の明石以来、29年ぶり。エース・翁田(おうた)勝基投手(3年)が7安打1失点、8奪三振完投。堂々としたピッチングで観衆4万5000人の期待に応えた。7試合すべてに登板した兵庫大会の決勝後、新調した帽子のひさしに「上から目線」と書いた。「打者に対して上から見下ろして投げることを心がけている。ブルペンでも同じです」。勝ち気な投球を心がけるためだ。陸上部男子は全国高校駅伝8度の優勝を誇る名門だが、野球部は春夏通じて初の甲子園。周りを囲む大観衆に「これが全国の雰囲気かと思った」とのまれそうになった。初回いきなり中前打とボークで無死二塁にされ、2番・酒巻に中前適時打を浴びた。たった4球で先制されたが「一回裏に味方が逆転して、切り替えられた」と、その裏の2点の援護で落ち着きを取り戻した。九回、最後の打者にこの日最速の142キロをマークすると、フォークで空振り三振に取った。中学時代は強豪私学への進学を希望していた。しかし父・八寿男さん(46)に「(実力的に)背番号をもらえるチームに入った方がいい」と説得され、西脇工へ進学。強豪ひしめく兵庫大会を勝ち上がり、全国大会でも1勝を挙げた。背番号「1」にふさわしい好投をみせ「公立高校でも冬にしっかり追い込み練習をすれば、夏に結果が出ると示せた」と胸を張った。毎年12月末と1月末のそれぞれ2週間、「底力期間」と称し徹底的に走り込む。陸上部が使う400メートルトラックを最多で25周のランニング。「吐いてしまう選手もいる」(翁田)というほどハードな練習を乗り越えた。さらに毎日、往復で約2時間半かけて自転車通学し、下半身を鍛えてきた。

 ■ ミラクル・西脇工、今大会3度目のサヨナラで初聖地(スポーツ報知) 13/7/29

 右翼方向からの風に押し戻された打球は、西脇工ナインの思いが通じたように、二塁手と右翼手の間に力なく落ちた。9回2死満塁、今井哲也のラッキーな一打でサヨナラ勝ち。春夏通じて初の甲子園への道のりは、まさに奇跡の連続だった。延長14回を制した3回戦の淡路三原戦、準々決勝の明石商に続き今大会3度目のサヨナラ勝ち。7、8回のピンチには好守を連発し、勢いに乗った。エースで4番の翁田(おうた)勝基が、3試合連続完投を含み県大会7試合で計912球を投げきった。帽子のひさしの裏に「柱」と書き込み、「体は丈夫なので問題ないです」と涼しい顔。中学までは三塁手だったが、素質を見抜き1年から投手として育てた鉄腕が、最後の夏に花開いた。部員の大半が地元・西脇市周辺の出身。ずぬけた力はないものの、一丸野球で勝ち上がった。「選手たちがよく粘ってくれた」と就任5年目の木谷忠弘監督(40)も思わず男泣き。駅伝で有名な陸上競技部に続き、野球部も全国区に躍り出る。

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:網  干 先   5  1  12  2  0 
   3回戦:淡路三原 先  14  12  15  3  3
   4回戦:市  川 先   9  6  10  2  1
   5回戦:加古川西    8.1  4  10  2  1
   準々決:明 石 商 先   9  9  6  1  2
   準決勝:育  英 先   9  10  8  9  7
   決 勝:東洋姫路 先   9  8  7  1  2
              63.1  50  68  20  16 防2.27
           被安打率7.11 奪三振率9.66 四死球率2.84

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13夏予: 7 .448 29 13 3 2 0 5 3 3 0  .500  .690

  プロフィール

 兵庫県多可町生まれ。
 翁田 勝基(おうた・まさき)投手。
 八千代北小1年時から軟式野球を始め、八千代中時代は氷上ボーイズに所属。
 天満屋陸上部で活躍する翁田あかりさんを姉に持つ。

 西脇工では1年夏からベンチ入りし、同年秋にエースナンバーを獲得。
 以降3年春までは最高でも3回戦にとどまったが、強豪私立との対戦で接戦を演じ注目を集める。
 2年夏・東洋大姫路戦で完封負けながらも、8回7安打3失点完投の好投を披露。
 3年春の大会では近畿準V・神戸国際大附相手に9安打3失点の粘投を見せた(1対3で敗戦)。
 2年12月には乾陽平肘井竜蔵らと共に、県選抜として台湾遠征を経験している。
 翁田の健闘が目立った一方で勝利に届かず、チームは3年春以降バント重視に方針転換。
 3年夏に27犠打41得点の打線の援護を受け、接戦を制して(3試合でサヨナラ勝ち)初Vを達成した。
 全7試合(5完投勝利)63.1回917球を投げ抜き、68奪三振16失点の好成績をマーク。
 3回戦で14回15奪三振3失点完投勝利、決勝で東洋大姫路に8安打2失点完投勝利を収めている。
 甲子園では石見智翠館相手に7安打1失点、143球完投の力投で初出場初勝利を飾った。

 182cm81kg、恵まれた体格の変則気味右腕。
 セットポジションから上体を前に傾けて重心を下げ、インステップ気味に小さめのテイクバックを取り、
 肘を使った腕の振りから繰り出す最速142㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後の伸びのある直球と
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、120㌔台のフォーク、100㌔台のカーブ。
 真っすぐで押し、スライダー、フォークを織り交ぜる。高め直球と低めに決める変化球が持ち味。
 比較的安定したコントロールで両サイド、高低に投げ分ける。4番打者を務める投打の柱。50m6秒2。
 体作りの成果で球速・球威、安定感を増し、高3夏予選では912球をこなす力投を見せた。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
1年生で直ぐに辞めて田舎に帰ってきた。桑村繊維の社長に拾ってもらってサラリーマンしてるわ。
根性無かったみたい
| 匿名 | 2017年07月17日(Mon) 14:44 | URL #- [ 編集]
野球部のホームページに彼の名前が載っていません。
退部したと思われます。
| 匿名 | 2017年04月23日(Sun) 20:57 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する