高橋 由弥(駒大)

ここでは、「高橋 由弥(駒大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



高橋 由弥(駒大)

177cm68kg 左左 MAX140km スライダー・カーブ・チェンジ 岩国商
スリークォーターから140㌔直球と切れの良いスライダー。制球力も持ち味。2年春に初先発初勝利。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:         登板無し
   14秋:         登板無し
   15春: 6 1勝0敗   22  12  14  12  2  0.82
   15秋: 7 1勝1敗  16.2  13  13  15  10  5.40
   16春: 6 1勝2敗   15  8  12  9  4  2.40二部
   16秋:         登板無し          二部
   一部: 13 2勝1敗  38.2  25  27  27  12  2.79
         被安打率5.82 奪三振率6.28 四死球率6.28
   二部: 6 1勝2敗   15  8  12  9  4  2.40
         被安打率4.80 奪三振率7.20 四死球率5.40

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   13春: 2    17  16  7  7  5
        先   9  5  2  4  0 138㌔ 履 正 社 ○ 
        先   8  11  5  3  5    山形中央 ●
   13夏: 1 先   8  8  9  0  1 140㌔ 前橋育英 ●
   通算: 3    25  24  16  7  6 防2.16
       被安打率8.64 奪三振率5.76 四死球率2.52

投手成績詳細

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大     1  1  1  0  0
   専修大     1  0  0  0  0
           3  2  3  2  0
   中央大     3  2  2  3  1
   国学大     5  3  3  2  0
       先   9  4  5  5  1 ○
          22  12  14  12  2 防0.82
      被安打率4.91 奪三振率5.73 四死球率4.91

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   日 大     4  1  3  4  0 ○
       先  2.1  3  3  3  4 ●
          0.1  1  0  1  0
   専修大    2.2  0  3  1  0
   亜 大    2.1  1  0  2  1
   中央大 先   4  4  3  3  3
   国学大     1  3  1  1  2
          16.2  13  13  15  10 防5.40
      被安打率7.02 奪三振率7.02 四死球率8.10

  最新記事

 ■ 駒大・高橋由、リーグ戦初先発初勝利(デイリースポーツ) 15/5/28

 駒大が快勝し、勝ち点を2とした。2年生左腕の高橋由弥投手(2年・岩国商)が、1失点完投でリーグ戦初先発初勝利を飾った。今春習得したチェンジアップを効果的に使い、国学院大打線をほんろう。九回に1点を失って完封こそ逃したが「先発するからには、最後まで投げようと思っていた」と、白い歯がこぼれた。高3時には甲子園に春夏連続出場。高校日本代表にも選出され、18Uワールドカップ(台湾)では3試合に登板して準優勝に貢献した。ともに日の丸を背負った松井裕樹(楽天)、森友哉(西武)らの活躍を動画サイトでチェック。「刺激をもらっています」という。自身は1年時は登板なし。初めて神宮のマウンドを踏んだ今季、6試合目の登板となった最終戦で成長を証明した。「これだけ投げられたことは自信になりました」と笑顔を見せた左腕に、西村亮監督も「いいものを出してくれた。由弥が出てきたのは大きい」と、秋のシーズンへ向けて手応えを得た様子だった。

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大    1.2  0  2  3  0
   青学大    0.1  2  0  1  1
           4  0  1  1  0
       先   4  2  5  2  3 ●
   国士大     3  3  3  1  0 ●
           2  1  1  1  0 ○
          15  8  12  9  4 防2.40
      被安打率4.80 奪三振率7.20 四死球率5.40

 ■ 【18UW杯】日本、チェコに圧勝でA組1位突破!(スポーツ報知) 13/9/3

 日本がチェコ相手に21安打で15点を奪い、6回コールド勝利。開幕4連勝を飾った。5日のカナダとの対戦を残し、同リーグA組1位突破を決めた。主将の森友哉捕手(大阪桐蔭3年)が3打数3安打3打点を挙げるなど、打線が爆発。投手陣も高橋由弥(岩国商3年)、高橋光成(前橋育英2年)、田口麗斗(新庄3年)の投手3人が無失点リレーでチェコを圧倒した。西谷浩一監督(大阪桐蔭監督=43)は「投手陣が持ち味を発揮し、日本の目指す野球ができている」と満足げだった。

   18U    回数 被安 奪三 四死 自責
   チェコ 先   3  0  5  0  0 137㌔
   カナダ     2  0  3  1  0 136㌔
   米 国     3  5  0  3  3 139㌔
           8  5  8  4  3 防3.38
      被安打率5.63 奪三振率9.00 四死球率4.50

 チェコ戦、カナダ戦は持ち味を出したいい投球でしたね。第2Rアメリカ戦は守備の乱れも絡み、
 3回で5安打5失点(自責3)。44球のうち変化球が5球程度といつもとは違う投球でした。

 ■ 岩国商エース高橋「悔いはない」(デイリースポーツ) 13/8/13

 1回戦2試合と2回戦1試合が行われ、前橋育英が岩国商に競り勝ち、甲子園初勝利を挙げた。2年生エースの高橋光成投手が、大会記録にあと1と迫る9者連続奪三振をマーク。全員13奪三振の快投で、5安打完封した。好投の末に敗れた岩国商のエース左腕、高橋の目に涙はなかった。得点圏に走者を進めても動じるそぶりはみせず、持ち味の制球力で前橋育英打線を四回の1点に抑えた。8回90球8安打無四球1失点に「自分の投球ができた。悔いはない」と晴れやかな表情を浮かべた。卒業後は駒大に進学し、野球を続ける予定だ。

過去記事

 ■ 下半身強化し制球力磨く−−高橋由弥投手=岩国商3年(毎日jp) 13/7/30

 九回2死三塁、一打同点のピンチで投げ込んだこん身の1球は内角直球。狙い通り詰まらせた打球が左翼手のグラブに収まると、両手を突き上げ、満面の笑みで喜びをかみしめた。今春のセンバツ。初戦で強豪の履正社(大阪)に投げ勝つも、2回戦の山形中央戦では勝負どころで高めの抜け球を痛打され敗退した。それを反省材料に、春以降はダッシュを繰り返して下半身を強化したことで、制球力が一層安定。要所で右打者へのクロスボールが決まるようになった。決勝前夜、ビデオで高川学園打線を分析し、逆方向への打球が多いことに気づいた。「強力打線を抑えるには内角攻めしかない」。序盤から強気の内角攻めを貫き、終盤訪れた再三のピンチでも切れの良い直球をコースに投げ込んで同点打を許さなかった。

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:熊 毛 南 先   7  3  8  4  0
   3回戦:  光   先   7  4  8  3  0
   準々決:宇部鴻城 先   9  8  8  2  2
   準決勝:早  鞆 先   5  3  4  3  0
   決 勝:高川学園 先   9  8  5  2  1
               37  26  33  14  3 防0.24
           被安打率6.32 奪三振率8.03 四死球率3.41

 ■ 岩国・高橋 完封一番乗り!V候補・履正社を5安打(スポニチ) 13/3/23

 春初出場の岩国商(山口)はエース左腕・高橋由弥投手(3年)が今大会一番乗りとなる完封で、3年連続出場で優勝候補の一角でもある履正社(大阪)に1―0で競り勝った。真っすぐとスライダーが中心でカーブは3球だけの配球だったが、「普段から意識して投球練習をしているのでコントロールには自信がある」。昨秋に大阪桐蔭の公式戦連勝を38で止めた履正社を相手に、制球力を武器に強気の姿勢を貫いて5安打に抑えきった。冬場の走り込みと食事量を増やした体づくりの効果が出た。白飯はどんぶり1杯から、朝2杯、昼夜は3杯ずつ食べるようにした。体重は4キロ増え、「ボールに体重が乗って切れが増した」。昨秋の公式戦全9試合を1人で投げ抜き、防御率1・56。まさにタフネス左腕だ。

   12秋          回数 被安 奪三 四死 失点
   山口1回戦:華陵高 先   9  4  4  2  1
     2回戦:防府商 先   6  1  4  2  0封
     3回戦:防府高 先   9  10  9  1  5
     準々決:豊 浦 先   7  7  7  3  3
     準決勝:岩 国 先   9  5  7  1  2
     決 勝:早 鞆 先   9  6  2  3  1
   中国1回戦:玉島商 先   9  3  6  2  0封
     準々決:宇部工 先   9  8  11  1  0封
     準決勝:広 陵 先   8  7  5  4  2
                75  51  55  19  14 防1.56
            被安打率6.12 奪三振率6.60 四死球率2.28

  プロフィール

 山口県岩国市出身。
 高橋 由弥(たかはし・ゆうや)投手。
 平田小3年から軟式野球を始め、平田中では軟式野球部に所属。

 岩国商業では1年秋にエースナンバーを獲得。
 翌2年秋予選で全戦完投の活躍を演じ、75回14失点、防1.56で県V、中国4強入りを果たす。
 中国大会1回戦・玉島商戦、準々決・宇部工戦で、2戦連続完封勝ちを記録。
 敗れた準決勝・広陵戦でも8回7安打0対2完投(下石涼太が完封)の粘りの投球を見せた。
 制球を武器に3年春選抜初戦・履正社戦で5安打4四死球完封勝ちをマーク。
 2回戦・山形中央高校戦(2対6)は、4回1安打0封、5回以降10安打6失点で敗戦となった。
 3年夏の予選37回(5完投)を自責1に抑え、27年ぶり4度目となる優勝を達成。
 続く甲子園1回戦(最速タイ140㌔を計測)で9三振無四球1失点完投の好投を演じている。
 前橋育英高・高橋光成(2年)の前に5安打13Kと打線がふるわず0対1で惜敗。
 これらの活躍が評価されて代表メンバーに入り、9月の18UW杯3試合(救援2)8回に登板した。
 甲子園3試合、1勝2敗、25回、16三振、防御率2.16。

 駒大進学後は2年春から救援でリーグ戦に出場。
 最終戦・国学大3回戦になって初先発を任され、4安打1失点完投でリーグ初勝利を記録した。
 通算19試合、3勝3敗、53.2回、39奪三振、防御率2.68。

 177cm68kg、細身のスリークォーター左腕。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、テイクバック深めに左肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速140㌔、常時130㌔台中盤から後半ながら切れの良いストレートと、
 120㌔前後から120㌔台のスラ、90㌔台から100㌔前後のカーブ、110㌔台のチェンジアップ。
 直球とスライダーとの緩急。甘い球もあるものの、まずまず安定した制球も持ち味。
 現状球速・球威には物足りなさが残るが、落ち着いたマウンド捌きを見せるまとまりのある左腕。
 手足が長く肩関節が柔らかい。遠投100m、50m6秒7。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-31(土)|2017年大学生投手 | 東都大学 コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
来年までにもっとアピールして欲しい投手。
今年は今のところあまり調子よくなさそう。もうちょっと制球力が欲しい。
| 匿名 | 2016年04月09日(Sat) 23:41 | URL #- [ 編集]
平均球速は良いからさらに球速上がればドラフト上位狙える
| 匿名 | 2014年06月01日(Sun) 11:51 | URL #- [ 編集]
あわゆる打てそうで打てないタイプの好投手


| ガンショー | 2013年09月20日(Fri) 12:16 | URL #- [ 編集]
腕の振りがいい
| | 2013年08月30日(Fri) 08:33 | URL #Uuls608s [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 東都大学 コメント(4) Page Top↑