板東 湧梧(JR東日本)

ここでは、「板東 湧梧(JR東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm76kg 右右 MAX144km カット・チェンジ・カーブ・フォーク・スライダー 鳴門高 4年目
長身細身の投手体型から144㌔直球とカットを始めとする多彩な変化球。スポニチ大会で完投勝利。

  動 画

  投手成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   15日: 1   1  0  0  0  0 日本生命

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   13春: 2    18  14  8  3  5
        先   9  4  3  1  1 135㌔ 宇都宮商 ○
        先   9  10  5  2  4 139㌔ 聖光学院 ●
   13夏: 4    37  31  23  15  15
        先   9  9  5  5  5 135㌔ 星  稜 ○ 
        先  10  10  5  1  5 140㌔ 修  徳 ○ 
        先   9  4  8  4  0 135㌔ 常葉菊川 ○ 
        先   9  8  5  5  5 134㌔ 花 巻 東 ● 
   通算: 6    55  45  31  18  20 防3.27
       被安打率7.36 奪三振率5.07 四死球率2.95

  最新記事

 ■ JR東日本 板東122球完投で3連勝、決勝T進出決めた(スポニチ) 16/3/12

 東京スポニチ大会予選リーグAブロック JR東日本4―1大阪ガス JR東日本が予選リーグ3連勝を飾り、決勝トーナメント進出を決めた。先発した3年目右腕の板東湧梧投手は3安打6奪三振1失点で完投勝利を挙げ「完投できるとは思っていなかった。制球が乱れたけど、開き直って投げられた」と122球を投げ抜いた。堀井哲也監督は「2回の4点で楽になったと思うが、投げ切れたので100点」とねぎらった。

   16年公式戦      回数 被安 奪三 四死 自責
   スポニチ:大阪ガス 先  9  3  6  5  1 142㌔
   東京春季:セガサミ 先  3  7  5  3  6
   京都大会:NTT西    5  2  2  0  0 144㌔
       :トヨタ自   4.1  2  3  3  1
   都対予選:東京ガス 先 6.1  2  0  2  0 144㌔
       :鷺宮製作   0.1  0  1  0  0
   JR大会:JR東海 先 2.1  3  3  6  1
       :JR北海 先  4  3  3  2  1
   関 東 L:富士重工 先  5  5  2  2  0
              39.1  27  25  23  10 防2.29
           被安打率6.18 奪三振率5.72 四死球率5.26

 ■ 東京ガス山岡らプロ注目投手が続々 9日開幕スポニチ大会(スポニチ) 16/3/9

 大阪ガス・酒居投手とともに今大会注目のドラフト候補に挙がるのが東京ガスの右腕・山岡泰輔投手(20)だ。同社は山岡以外にも中山悠輝内野手(20)や小野田俊介外野手(23)が高い評価を集める。JR東日本の153キロ右腕・進藤拓也投手(23)、技巧派右腕・板東湧梧投手(20)もプロから注目を集めている。

 ■ 鳴門・板東 力尽く「千葉君一人にやられた」(スポニチ) 13/8/20

 3―2の8回2死二塁から多々野の一塁線のゴロがベースに当たる不運な同点適時打。「ショックはあったけど、その後を抑えないといけなかった」と肩を落とした。花巻東の2番・千葉には5打席で41球も投げさせられた。「初回からカットで粘られ、嫌な疲れがたまった。千葉君一人にやられた」と悔しがった。

      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   14年公: 4  6.1  6  2  4  4  5.68  8.53  2.84  5.68
   15年公: 8 12.1  5  9  4  2  1.46  3.65  6.57  2.92

過去記事

 ■ 鳴門・板東10回熱投気持ちでサヨナラ呼ぶ(日刊スポーツ) 13/8/15

 鳴門の板東湧梧投手(3年)は得意の変化球が決まらず、中盤以降は失点を重ねた。それでも「接戦になると勝てると思っていたので、延長になっても楽しく投げられた。気持ちだけで乗り切った」と10回を1人で投げ抜き、エースの役割を果たした。9回は味方の失策から無死一、二塁のピンチを招いたが、相手のバントを素早く処理して三塁で封殺。勝ち越しを許さず、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。
 県内無敵のチーム支える右腕 評価 (日刊スポーツによる全国ピカイチ投手49人)

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:富 岡 西 先   9  8  6  0  2
   準々決:徳島科技 先   9  5  6  4  4
   準決勝:鳴門渦潮 先   9  17  3  4  7
   決 勝:川  島 先   9  13  6  2  4
               36  43  21  10  17 防4.25(失点から計算)
          被安打率10.75 奪三振率5.25 四死球率2.50

 ■ 鳴門2年連続決勝!板東が公式戦初完封(デイリースポーツ) 13/8/17

 鳴門は5‐0で今治西に完封勝ちし、2年連続6度目の決勝進出を決めた。鳴門・板東が公式戦初完封多彩な変化球を駆使して今治西打線を抑え、「チェンジアップを低めに投げられたのがよかった。完封は目標にしていたからうれしい」と笑みを浮かべた。

   13春四国   回数 被安 奪三 四死 自責
   高 知 商 先  10  9  6  3  2
   今 治 西 先   9  6  3  1  0
   尽誠学園 先   9  10  4  7  1
           28  25  13  11  3 防0.96
       被安打率8.04 奪三振率4.18 四死球率3.54

 ■ ベストボールで聖光学院に被弾 鳴門の板東「悔いのない球だった」(MSN産経) 13/3/28

 手痛い一発で聖光学院に決勝点を許した鳴門の先発板東。自己最速を4キロ上回る139キロの直球を捉えられただけに、「悔いのないボールだった。気持ちがいいくらいに打たれた」と振り返った。一回に2点を失うなど、毎回のように安打を許す苦しいマウンドだった。雨でボールも滑ったが、森脇監督は2試合連続完投のエースを「よく投げ抜いた」とねぎらった。板東は課題に球威の向上を挙げ、「まだ終わりじゃない。次に向かいます」と夏を見据えた。

  プロフィール

 徳島県鳴門市出身。
 板東 湧梧(ばんどう・ゆうご)投手。
 板東小学校2年から野球を始め、大麻中では軟式野球部に所属。

 鳴門高では1年時から控えとしてベンチ入り。
 2年春夏の甲子園を登板機会が無いまま終え、同年秋にエースとして県V、四国準Vを果たす。
 7戦53.1回で29失点と打たれながらも、計70得点の援護を受けて接戦に勝利。
 安楽智大と投げ合った四国準決・済美戦で、10安打4四死球、5対4完投勝利をマークした。
 翌3年春夏の甲子園を一人で投げ抜き、4完投勝利、計55回21失点を記録。
 デビュー戦の春選抜(自己最速139㌔計測)初戦で4安打2対1完投の好投を披露している。
 球速はそれほど無いものの、変化球を器用に操り、投球術でプロ評価を獲得。
 3年夏の甲子園で自己最速の140㌔を計測し、63年ぶりとなる準々決勝進出を成し遂げた。
 1回戦・星稜高戦で12対5完投勝利、続く修徳高戦で10回5失点完投勝利。
 3回戦・常葉菊川戦で6回裏1死までノーヒット、4安打8K4四死球1失点完投の好投を見せた。
 1学年上のチームメイトとして後藤田崇作(関学大)ら。

 JR東日本入社後は1年目から公式戦に出場。
 2年目の日本選手権2回戦にリリーフで登板し、1回無安打投球で二大大会デビュー戦を飾る。
 3年目のスポニチ大会・大阪ガス戦で、3安打6三振1失点初完投勝利を記録。
 同5月の都対予選で山岡との同期対決を演じ、6.1回無失点、4対0完封継投で勝利を収めた。
 二大大会通算1試合、0勝0敗、1回、防御率0.00。

 181cm76kg、長身細身の技巧派右腕。
 ワインドアップからインステップ気味に早めに着地し、球持ちに良さのある腕の振りから投げ込む
 最速144㌔、常時130㌔台前半の直球と、120㌔前後から120㌔台のカット、
 100㌔台のカーブ、110㌔台のチェンジアップ、110㌔台のフォーク、110㌔台のスライダー。
 甘く入るボールもあるが、まずまずの制球で懐を攻め、両サイドに投げ分ける。
 チェンジアップ、カーブでタイミングを外し、カットで芯を外す、打たせて取る粘り強い投球が身上。
 癖の少ないフォームの持ち主。球威に課題を残す。

  スカウトコメント

中日・中田スカウト部長|13/3/29
 「体は細いが伸びる要素がある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-03-08(水)|2017年社会人投手 | コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
4/27 JABA京都大会
対 NTT西日本線にて 144km/h計測
| JABA | 2016年04月30日(Sat) 19:59 | URL #- [ 編集]
3/12の試合で142キロ計測
| 匿名 | 2016年03月13日(Sun) 16:54 | URL #- [ 編集]
ピッチャーは球速や球威じゃないを証明してる投手でもあるし、常に7~8割で投げてるのには好感が持てる

ただ、プロでやるにはもう少し体重と球速が必要と思うが、センスは抜群

フォームも球離れが遅いし力感があまり感じないので打ちづらいと思う。
| 匿名 | 2013年08月17日(Sat) 20:45 | URL #9K64Lzaw [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | コメント(3) Page Top↑