熊谷 敬宥(立大)

ここでは、「熊谷 敬宥(立大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



熊谷 敬宥(立大)

175cm72kg 右右 遊撃手 遠投115m 50m5秒9 仙台育英
スピード感ある守備が魅力。主将・2番・遊撃手。4年春に盗塁王を獲得、59年ぶり日本一に輝いた。
2017年阪神3位(契約金6000万円、年俸1000万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春:           出場無し
   14秋:           出場無し
   15春: 7 .176  17  3 2 0 0 0 3 4 2  .333  .294
   15秋: 2   -  0  0 0 0 0 0 0 0 0   -   -
   16春: 13 .196  46  9 1 0 1 4 8 6 4  .288  .283
   16秋: 12 .222  45 10 3 0 0 3 9 5 3  .300  .289
   17春: 15 .222  54 12 2 2 0 2 14 10 9  .344  .333
   17秋: 12 .256  43 11 2 0 0 3 12 7 4  .360  .302
   通算: 61 .220 205 45 10 2 1 12 46 32 22  .325  .302

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   17選: 4 .143 14  2 0 0 0 1 2 4 1  .333  .143

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17日米: 4 .125  8  1 0 0 0 0 2 1 1  .222  .125
   17ユニバ: 7 .278 18  5 0 0 0 4 3 2 3  .350  .278
   通 算: 11 .231 26  6 0 0 0 4 5 3 4  .310  .231

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13春: 3 .143 14  2 0 1 0 1 1 0 0  .143  .286
   13夏: 2 .500  8  4 1 0 0 3 1 1 0  .556  .625 
   通算: 5 .273 22  6 1 1 0 4 2 1 0  .304  .409

 【 国際大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18U: 9 .333 24  8 2 2 0 4 3 4 5  .429  .583

  最新記事

 ■ 阪神ドラ3熊谷 笑いも!遊撃も!とる「1年目から結果を」(スポニチ) 17/11/12

 阪神からドラフト3位指名を受けた立大・熊谷敬宥内野手が11日、都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を結んだ。自慢の守備はもちろん、笑いにもセンスがある。仮契約を済ませた熊谷は「お笑い芸人は小籔さんが大好きで、出川さんを尊敬」すると切り出すと「ふざけたりもしますし、周りからは“変”って言われたりします」と打ち明けた。仙台育英時代のチームメートで、再び同僚となるドラフト1位の馬場もイジった。「(馬場)皐輔はいつもスピードガンを気にしてバックスクリーンをすぐ見るから(遊撃手なので)よく目が合いました」と“すべらない話”を披露し、爆笑をかっさらった。加えて、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富沢たけしが小、中学校の先輩にあたることを明かし「(富沢のネタの一部である)“ちょっと何言ってるか分かりませんけど”をいつか披露してみたい」と、どん欲な姿勢を見せた。もちろん、本業でも高校、大学ともに日本代表入りしており実力は折り紙付き。「(プロでも)そこまでにならないと日本を代表するショートにはなれないと思うので(侍ジャパン入りを)目指してはいます。まずは、1年目から結果を出し続けないとそういう舞台に出れられない」と決意を語った。

 ■ 阪神D3・熊谷、立教の大先輩・ミスターに成長見せる!(SANSPO) 17/11/3

 阪神からドラフト3位で指名された立教大・熊谷敬宥内野手が2日、埼玉県新座市内の野球部寮で、佐野仙好統括スカウトらから指名あいさつを受けた。指名あいさつを受け、部屋から出てきた熊谷は生き生きとした表情で成長を誓った。「守備を評価していただきました自分でも自信があったところなので、うれしいです。いいところを増やしていきたいです」。持ち味の守備は、担当の平塚スカウトも「柔らかさがある。天性のものか、努力で手に入れたものかはわからないけど、教えられない部分でよさをもっている」と太鼓判。50メートル5秒8の脚力も「スチール能力が高い」とお墨付きだ。即戦力という3位評価だけに、課題の打撃を伸ばせば、1軍で出場機会をつかむ日はそう遠くない。そしていずれはミスターの前で活躍を。59年ぶりの日本一を決めたことしの全日本大学選手権決勝では、観戦に訪れていた立教大OBの長嶋茂雄氏の前で1安打1盗塁。主将として59年ぶりの優勝に貢献した。プロの世界でも成長した姿を見せたい。「まずはそういうときに試合に出られるように。先輩の前で活躍できるように、早くそういう舞台に立てるように、そのレベルまでしっかり練習していきたいです」。そのためにも、どん欲な姿勢で自ら学びに行く。「大学とプロで一段階違うので。自分から積極的に聞きに行くことに意味があると思いますし、それをしっかり自分のものにしていきたいです

 ■ ドラ3熊谷、宮本慎也を目指す 悔し最終戦で誓い新た(デイリースポーツ) 17/11/1

 阪神からドラフト3位で指名された熊谷敬宥内野手=立大=が10月31日、最終戦となる法大戦に「7番・遊撃」で出場し、延長の末、惜敗した。「負けたので。悔しい思いしかない。この悔しさを後輩に生かしてもらいたい」。大学生活最後のリーグ戦は4位。3度の守備機会では軽快に打球をさばいたが、課題の打撃で快音は響かなかった。4年春に9盗塁で盗塁王を獲得し、59年ぶりの日本一へ導いた。担当の平塚スカウトは「盗塁できる能力が高い。盗むのがうまい」と評価する。一塁到達タイムは右打者で4秒1台。盗塁は3秒1台で球団OBの赤星ら俊足の選手に肩を並べる。同スカウトは言う。「送球のエラーはみたことない打撃もクセがないから力さえ付けばね。今宮(ソフトバンク)みたいになれる選手。ああいうタイプを目指してほしい」。高校、大学で代表を経験するなど国際舞台でも活躍した。「守備からリズムを作る。宮本慎也さんを目指したい。少しでも近づき、いつかは追い越せるように。このオフ、死ぬ気で練習します」と熊谷。悔しさを胸にプロの門をたたく。

過去記事

 ■ 阪神が立大・熊谷をドラフト上位候補にリストアップ(日刊スポーツ) 17/10/14

 阪神が立大の熊谷敬宥遊撃手を上位候補にリストアップしていることが13日、分かった。早実・清宮の1位指名を公言し、外れ1位には即戦力左腕の指名を目指す方針。それに次ぎ、内野手も重要な補強ポイントで、奈良学園大・宮本丈内野手とともに、俊足、強肩の熊谷を高く評価している。

 ■ 王者・立大が開幕4連勝!プロ注目・熊谷主将がダメ押し打(デイリースポーツ) 17/9/25

 春秋連覇を狙う立大が開幕4連勝を飾り、勝ち点を2に伸ばした。今秋ドラフト候補の熊谷敬宥内野手は、七回のダメ押し左前適時打を含む2安打1打点で貢献。「緊迫した場面でも焦らず、守れて打てた。春の経験が生きている」と大学日本一に輝いた自信の大きさを口にした。すでにプロ志望届を提出している主将。意識の変化は「特にない」とし「春はプロに行きたい、いいところ見せたい、と思ってうまくいかなかったチームが勝つためやれれば」と冷静だった。

 ■ “粘りの立大”59年ぶり4強 九回、熊谷執念の同点適時打!(デイリースポーツ) 17/6/9

 立大が延長十回タイブレークの熱戦を制し、59年ぶりの準決勝進出を果たした。主将の熊谷敬宥内野手が九回に起死回生の同点適時打を放ち、十回に内野ゴロで勝ち越した。主将が“粘りの立大”を体現した。1点を追う九回1死二塁。熊谷が真ん中低めに入ったスプリットに反応した。中前に運ぶ執念の同点適時打。タイブレークでの劇勝につなげ「本当に粘り勝ちしたなと」とうなずいた。
 森浦大輔投手(1年)が、九回1死から同点に追い付かれ、タイブレークの延長十回1死満塁で二ゴロの間に勝ち越し点を奪われた。同点中前打を打たれた場面については「スプリットを打たれた。コースはよかったけど、ボール1、2個分高かった相手の打者はスイングも速かったし、持っていかれました」と唇をかんだ。(デイリースポーツ)

 ■ 立大35季ぶりV、熊谷主将「本当にうれしい」(日刊スポーツ) 17/5/28

 立大が99年秋以来、35季ぶり13度目の優勝を飾った。慶大が、最終週の早慶2回戦で早大に敗れ、勝率で立大を上回れなくなった。立大は既に全日程を終了し、溝口智成監督らナインは神宮球場で優勝の瞬間を見届けた。熊谷敬宥主将(4年=仙台育英)は「18年間破ることができなかった壁を乗り越えて、優勝できてうれしいです。チーム全員でまとまって、去年より1つ上の強さを出すことができたのかもしれません。本当にうれしい」と涙した。

 ■ 立大、熊谷主将の口火打で単独首位!次節連勝でV(スポーツ報知) 17/5/17

 立大が1敗からの連勝で勝ち点を3とし、慶大との勝率差で単独首位に浮上した。立大は今週末の明大戦で連勝なら、1999年秋以来、35季ぶりの優勝が決まる。1敗でもすれば、優勝決定は早慶戦の結果次第。勝ち点2で並ぶ早大、明大、法大にも優勝の可能性が残されている。頼れる主将が勝利を呼び込んだ。1点リードの6回2死一塁から、プロ注目の熊谷敬宥遊撃手が左中間へ適時二塁打。この回4点を追加し、1回戦で2安打完封を許した早大の左腕・小島和哉を攻略。「つなごうという一心だった。それが結果につながった」と振り返った。

 ■ 来季ドラ候補の立大熊谷、プロ志望「来年決めたい」(日刊スポーツ) 16/12/25

 立大が24日、埼玉・新座市内で年内の練習を終えた。来年ドラフト候補に挙がる主将の熊谷敬宥(たかひろ)内野手(3年)は「リーグ戦を経験しているメンバーも少なくなったので、周りに伝えられるよう存在感で引っ張りたい」とキャプテンとしての心構えを示した。50メートル走は5秒9で、遠投は115メートル。身体能力抜群の遊撃手だ。「送球が1番自信がありますプロを目指すかどうかは、来年の結果を見て決めたい」と言った。

 ■ 立大、新主将に熊谷/東京六大学(SANSPO) 16/11/12

 立大は12日、新主将に熊谷敬宥(宮城・仙台育英高出)が決まったと発表した。

 ■ 立大が東大撃破、平沢に「守備負けない」熊谷がV弾(日刊スポーツ) 16/5/9

 立大の熊谷敬宥内野手が、リーグ戦1号で勝ち点奪取に貢献した。初回無死一塁から、初球のストレートを左翼席に運ぶ先制2ラン。「初球から転がすことを考えていた。(公式戦の本塁打は)高3春の東北大会以来。歓声がすごかった」と喜んだ。溝口智成監督(48)は「開幕前のオープン戦でもチーム断トツの首位打者だったが、ホームランとはびっくりした」と目を細めた。仙台育英で2学年の下の後輩にあたるロッテ平沢大河内野手(18)に「守備だけは負けない」と言い切る遊撃手が、バットでチームを勢いづけた。平沢にはプロ入り前に食事をごちそうしたといい「なぜか自分が払ったけど、あいつも頑張っている。大学で優勝したい」と意気込んだ。

 ■ 立大の新入生が練習合流 仙台育英・熊谷「仲間でも倒す」(スポーツ報知) 14/1/22

 東京六大学リーグ・立大の新入生が21日から埼玉・新座市内の同大グラウンドで練習に合流。昨夏に準優勝した18U野球ワールドカップ日本代表・熊谷敬宥内野手(仙台育英)が初日から参加した。当時の日本代表3年生18人のうち、楽天・松井裕樹(桐光学園)ら、実に10人がプロ入り。一方、法大・森龍馬(日大三)ら5人が東京六大学、東都大学に進んだ。50メートル6秒0の俊足遊撃手は「仲間でも、今度は倒さなきゃいけない。少しでも多く試合に出て倒したい」と、気迫をみなぎらせた。同僚にもライバルは多い。昨春センバツで3戦連発で優勝に導いた主砲・高田涼太、主将・山根佑太(ともに浦和学院)らが近日中に合流する。「いい選手が多いと刺激になるし、それ以上に練習しようと思う」。15年ぶりのリーグVを狙う立大に、頼もしい新戦力が加わった。

 ■ U18W杯野球 仙台育英の熊谷、走攻守で準V貢献(河北新報) 13/9/18

 野球の18Uワールドカップで、熊谷敬宥内野手が全試合に出場、走攻守でキラリと光る活躍を見せ準優勝に貢献した。熊谷は「いい経験ができた」と語り、収穫の多い海外遠征となったようだ。ワールドカップでは先発、途中出場で全9試合でプレーした。打率は3割3分3厘。勝負強い打撃と、犠打をきっちり決める手堅さも目を引いた守備では、専門の遊撃手のほか、左翼手として5試合に先発するなど器用さも見せた米国との決勝では、日本の3得点のうち2点に絡んだ。五回に先制打。1-3の八回は四球で出塁し二盗を決めた後、園部聡の安打で一気に生還した。「自分の良さが出せた」と振り返ったのが2次ラウンド初戦、10-0で圧勝した韓国戦。一回に二塁打で出塁して先制のホームを踏んだ。その後も犠打を決めるなどして勝利に貢献。遊撃の守備も無難にこなした。持ち味である堅守や俊足を国際舞台でも出し切った。高校卒業後は大学進学の予定。「日米大学野球の代表に選ばれれば、その時こそアメリカに勝ちたい」と語る。大学でさらに鍛え、将来はプロ入りを狙うという。
  野球の18Uワールドカップ最終日は8日、台中で行われ、日本は決勝で米国に2-3で逆転負けし、初優勝はならなかった。米国は昨年の前回大会に続き2連覇。日本は五回2死一、二塁から熊谷(宮城・仙台育英)の中前打で1点を先制したが、直後に併殺崩れの間に追い付かれた。六回2死二塁からの中前適時打で勝ち越しを許し、七回にも1点を失った。八回に園部(福島・聖光学院)の適時打で1点を返したが、及ばなかった。(MSN産経)

 ■ 【夏の甲子園】仙台育英・熊谷4安打!サヨナラ二塁打も(スポーツ報知) 13/8/10

 センバツ優勝校の浦和学院(埼玉)が仙台育英(宮城)に10―11でサヨナラ負けを喫し、史上8校目となる春夏連覇の夢が初戦で途絶えた。一度は5点差を逆転したが6回に追いつかれ、9回に2年生エース左腕・小島和哉が左足をつって降板するアクシデント。直後に仙台育英の熊谷敬宥(たかひろ)遊撃手(3年)がサヨナラ二塁打を放ち両軍2ケタ得点の激戦に終止符が打たれた。 白球が快音を残して左翼線に飛んでいく。熊谷のこの日4安打目となる二塁打で、一塁から小野寺俊之介が巨漢を揺すって一挙に生還。サヨナラだ。「自分が決めてやろうと思っていた。本当にうれしいです」。宮城大会で打率1割台と不振だったリードオフマンが、死闘にピリオドを打った。

 ■ 仙台育英・熊谷4打点!コールド発進だ/宮城(SANSPO) 13/7/17

 仙台育英が11安打で11-2の七回コールドで塩釜を下し、3季連続の甲子園に好発進した。高校日本代表候補の1番・熊谷敬宥(たかひろ)遊撃手(3年)が二回一死から先制の2点二塁打。7-2の七回一死からはコールド勝ちに前進する2点二塁打と、リードオフマンが3安打4打点の活躍を見せた。二回一死二、三塁、左翼へ先制二塁打。7-2の七回一死一、二塁からはコールドに前進する2点二塁打を再び左翼へ。六回の三塁打を含め、3安打すべてが長打だった。8強入りした今春センバツ後、広範囲の守備と強肩が評価され高校日本代表候補に選出された。だが、打撃は内側を攻められ3戦2安打。そんな中での浮上のキッカケは「フォームを変えたんです」。ベースにかぶさる構えから「両足に体重を乗せて」(熊谷)自然な形で立った。以降、高校初の本塁打も飛び出した。アクシデントもあった。6月の東北大会後、疲労の蓄積で両足首に激痛が走り別メニュー調整に。今もオーダーメードの中敷きをスパイクに入れてプレーする。

  プロフィール

 宮城県仙台市出身。
 熊谷 敬宥(くまがい・たかひろ)遊撃手。
 南光台少年野球クラブで軟式野球を始め、南光台中時代は仙台東部シニアに所属。

 仙台育英では2年秋から遊撃手でレギュラー。
 地区代表決定戦から1番打者として起用され、15打数6安打の活躍で神宮大会初Vを果たす。
 初戦2回戦で勝ち越しの右前打、決勝で右線二塁打、三内安、右安を記録。
 守っても決勝6回に三遊間深めのゴロを止め、起き上がり様に強い送球を送る好守を見せた。
 翌3年春センバツにV候補として臨むも、14打数2安打と振わずベスト8で敗退。
 2回戦・創成館戦で大野拓麻の外直球を右中間に弾き返すタイムリー三塁打を放っている。
 3年夏の予選を.192の低打率で終え、甲子園1回戦・浦学戦で4安打をマーク。
 9回2死1塁から山口瑠偉の高め144㌔を捉え、左越えに弾き返すサヨナラ2塁打を記録した。
 真ん中直球を右安、外直球を適時中安、高め直球を中安と小島から3安打。
 この活躍で高校日本代表チーム入りを果たし、主に2番・左翼手で18UW杯準Vを経験した。
 4戦目から先発で起用され、最多タイ5盗塁(失敗1回)、打率.333点4を記録。
 慣れないレフトを無難にこなし(送球エラー1)、国際舞台でユーティリティー性を発揮している。
 台湾戦で右越え三塁打(外寄り直球)、キューバ戦で左越え三塁打をマーク。
 本格派左腕・林知燮、Aikenから、左中間2塁打(低め147㌔)、先制の中安(146㌔)を放った。
 同期に上林誠知(SB13年4位)、小林遼馬場皐輔ら。

 立教大では2年春からリーグ戦に出場。
 3年春に主に2番・遊撃でレギュラーの座を掴み、打率.196本1点4で規定打席数到達を果たす。
 東大3回戦で高め直球を左翼スタンドに放りこむ先制の1号2ランアーチを記録。
 3年秋までの4季で22安打9盗塁の実績を残し、同年11月末の代表候補合宿に招集された。
 翌4年春に主将・2番・遊撃として99年秋以来35季ぶり3度めのリーグVを達成。
 15試合で14K、打率.222と苦戦しながらも、リーグ最多の9盗塁(四死球10)をマークしている。
 全国大会には4年春の第66回大学野球選手権(59年ぶりの日本一)に出場。
 全4試合で2番・遊撃手(.143に低迷)を務め、準々決9回に同点中安(低めSFF)を記録した。
 通算61試合、打率.220、45安打、1本塁打、12打点。

 175cm72kg、野球センスに優れたプロ注目のショート。
 リーグ通算打率.220本1点12盗22、コンパクトに振りきるスイングで広角に打ち分ける右の巧打者。
 インコースへの対応力アップを目指してベースに覆いかぶさる打撃フォームを修正した。
 3年春から2番・遊撃でプレー。4年春から主将を務める。高校時代は1番打者として活躍した。
 機敏なフットワーク、スピード感あるプレーを持ち味とする遊撃手。守備範囲が広い。
 送球が素早く遠投115mをマークする肩を兼備。守備力を買われて高校日本代表に選出された。
 50m5秒9、右打者で一塁到達4.3秒台から4.4秒前後。

  スカウトコメント

阪神・平塚スカウト|17/11/3
 「柔らかさがある。天性のものか、努力で手に入れたものかはわからないけど、教えられない部分でよさをもっている」
 「スチール能力が高い」
阪神・平塚スカウト|17/11/1
 「盗塁できる能力が高い。盗むのがうまい」
 「送球のエラーはみたことない。打撃もクセがないから力さえ付けばね。今宮(ソフトバンク)みたいになれる選手。ああいうタイプを目指してほしい」
阪神・平塚スカウト|17/10/26
 「目を見張る脚力と堅実な守備が持ち味の遊撃手。ベースランニングも上手く、盗塁の技術も持ち合わせている。打撃面でのレベルアップを図ることができれば将来的にはチームの中心選手として期待される選手」
巨人・榑松スカウト|13/10/3
 「センスのよさに定評はありましたが、特に打撃、肩とプレーに力強さが加わり、非常に目立っていました」
広島・松本スカウト|13/10/3
 「足があって守備のセンスがあり、いい選手でした。体は小さいけれど、ウチの菊池涼介も170センチぐらいの内野手ですから。4年後が楽しみです」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-12(日)|2017年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
春の新人戦に3試合とも2番ショートで出場しましたね。
14打数2安打2三振1犠打と打撃の方はいまいちでしたが。
2番という打順もあって四球なしというのがちょっと気になります。
ですが毎試合で盗塁を決めるなど持ち味も発揮しました。
| ハルタカ | 2014年09月13日(Sat) 15:47 | URL #- [ 編集]
進学先は立教と青学の2校が候補と書き込みあるね?
| 名無し | 2013年09月19日(Thu) 09:33 | URL #7eUHtf/c [ 編集]
昨日のアメリカ戦。
積極的なプレーが光ってました!
今後の活躍も期待してます!
| となりのヒロロ | 2013年09月09日(Mon) 09:41 | URL #- [ 編集]
18U代表入りオメ!
| 匿名 | 2013年08月24日(Sat) 11:35 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(4) Page Top↑