伊藤 将司(国際武道大)

伊藤 将司(国際武道大)

ここでは、「伊藤 将司(国際武道大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm82kg 左左 MAX143km スライダー・フォーク・カーブ・チェンジ・ツーシーム 横浜高
出所の見づらいフォームからキレの良い直球とスライダー、カーブ。主戦として通算21勝の実績を残した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春: 4  1勝0敗  12.1     7  7  3  2.19
   15秋: 9  0勝0敗  20.2    15  6  4  1.74( 2位)
   16春: 7  6勝0敗  50.2    39  15  9  1.60( 7位)
   16秋: 7  4勝1敗   46    30  19  11  2.15( 9位)
   17春: 8  5勝1敗   50    48  15  7  1.26( 4位)
   17秋: 8  5勝1敗   49    51  16  14  2.57(10位)
   通算: 43 21勝3敗 228.2    190  78  48  1.89
                奪三振率7.48 四死球率3.07
   ※ 17春:MVP 16春17春:最多勝 17春:奪三振王 17春:ベストナイン 16秋:新人賞

 【 全国大会 】
   17選    回数 被安 奪三 四死 自責 
   中部大 先  5.1  3  7  2  2 143㌔(神宮) ○
   上武大 先   8  3  6  3  2 143㌔(神宮)
   立教大 先   3  5  0  1  5 140㌔(神宮) ●
         16.1  11  13  6  9 防4.96
      被安打率6.06 奪三振率7.16 四死球率3.31

 【 国際大会 】 
      試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16日米: 1     2  2  0  1  0 第4戦
   17日米: 2     3  2  3  3  1
             1  0  3  0  0 第2戦 ○
             2  2  0  3  1 第3戦
   17ユニバ: 2     6  4  6  2  1
             1  0  1  0  0 RUS
         先   5  4  5  2  1 CZE ○
   通 算: 5    11  8  9  6  2 防1.64
        被安打率6.55 奪三振率7.36 四死球率4.91

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   13夏: 2    15  17  17  7  6
        先   9  8  14  5  1 丸  亀 135㌔ ○
        先   6  9  3  2  5 前橋育英 135㌔ ● 
   14春: 1 先   4  8  1  4  6 八戸光星 131㌔ ● 
   通算: 3    19  25  18  11  12 防5.68
       被安打率11.84 奪三振率8.53 四死球率5.21

  最新記事

 ■ 国際武道大、初V届かず 伊藤将5失点「この失敗を糧に」(スポニチ) 17/6/12

 国際武道大は18度目の出場で初優勝を目指したが涙をのんだ。準決勝で133球を投げた先発の伊藤将が3回5失点不慣れな連投で疲労の色が濃かった

 ■ 国際武道大 伊藤将 全国初登板(スポニチ) 17/6/7

 国際武道大の左腕・伊藤将司(3年)が全国初登板。「やはり力が入ってしまって、中盤で球威が落ちちゃいました」と6回にピンチを招いたところで降板した。しかし、それも5回に一ゴロでベースカバーに入った際、打者走者と交錯して右足小指を踏まれるアクシデントがあったもの。岩井美樹監督から「どうする?」と聞かれ「行きます」と続投したが力が入らず、ピンチを招いてしまった。

 ■ 横浜・伊藤が4安打完封で勝利/神奈川(日刊スポーツ) 14/7/25

 横浜・伊藤将司投手(3年)が4安打完封した。4回戦の湘南戦では10者連続三振で復活をアピールし、2日続けてチームに勝利を呼び込んだ。また、ドラフト候補の高浜祐仁内野手(3年)は7回に2ラン、浅間大基外野手(3年)は2安打3四球で5打席すべて出塁した。渡辺元智監督(69)は「伊藤は9回をよく投げた。高浜は浅間以上にこれまで厳しい攻め方をされていたが、苦しい中でよく打ちました」と評価した。

   15秋横浜市長杯    回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:桐蔭横浜大    2  1  1  3  1 140㌔

   14夏予        回数 被安 奪三 四死 自責
   3回戦:荏  田     1  0  2  0  0
   4回戦:湘  南    4.1  1  11  0  0…10者連続奪三振
   5回戦:立花学園 先   9  4  9  2  0封
   準々決:相 模 原 先  6.2  4  7  2  1 138㌔
   準決勝:東海相模 先   6  8  2  4  5 139㌔
               27  17  31  8  6 防2.00
          被安打率5.67 奪三振率10.33 四死球率2.67

過去記事

 ■ 横浜のエース伊藤復活!10者連続K(デイリースポーツ) 14/7/24

 横浜のエースが復活を告げる三振ショーだ。伊藤将司投手(3年)が、10者連続を含む11奪三振の快投。同点とされた直後の五回2死から救援すると、まずは空振り三振で相手の勢いを遮断。そこから九回先頭に中前打を許すまで、ひたすら三振の山を積み上げた。「本当にテンポよく投げられて、どんどん取れているなと。八回にベンチで『連続三振だよ』と言われて狙ったけど、打たれて悔しい」。数字を伸ばせずに残念がったが、顔はニコニコだ。突然の制球難が課題だった。今春関東大会の霞ケ浦戦では6回0/3で9四死球を与え、コールド負け。必死の修正を図った。体の開きを抑えるため、幅50センチのボードを寮に持ち込み、その上でシャドーピッチングを毎日繰り返した。また、体の両側にネットを置いて、思い切り腕を振る練習も。OBの松坂(現メッツ)も経験した方法で、汗を流した。この日、投じた55球はほとんどが直球。130キロ台中盤で測ったように外角低めに決まった球筋に、渡辺元智監督(69)は「すばらしかった。(10連続奪三振は監督生活で)初めて。記憶にない」と目尻を下げた。伊藤も「直球が去年の夏と同じくらいに戻ってきた」と、顔には自信がよみがえった。3季連続の聖地へ、視界が開ける1勝となった。

 いずれもストレートで11奪三振(空振り9、見逃し2)の快投でした(ストライクゾーン広め)。

 ■ 横浜が北照に勝利 伊藤が完封(日刊スポーツ) 14/6/15

 今春センバツ出場の横浜(神奈川)が北海道高野連主催の招待試合で、春全道覇者の北照に1-0で勝利した。左腕エースの伊藤将司(3年)が4安打9奪三振無四死球で完封5回まで無安打だった。伊藤は「今日は高めに浮いた球が多かった」と反省を口にしていた。

 ■ 【春季大会】横浜、44年ぶり屈辱のコールド負け!(スポーツ報知) 14/5/19

 関東大会の8強が出そろった。今春のセンバツに出場した横浜は、霞ケ浦に2―9で初戦敗退1970年の春季県大会以来、44年ぶりとなる屈辱のコールド負けを喫した。初回から押し出し四球で失点したエース左腕・伊藤将司(3年)が9四球の大乱調。5回2死二塁からも3連続四球で2度目の押し出し。6回0/3を7奪三振の球威を全く生かせなかった。同点の7回無死一塁で降板すると、後続の投手陣も歯止めがきかず。この回一挙7失点。まさに崩壊した。伏線はあった。「昨日(17日)、久しぶりにカミナリ落としましてね。わがままを戒めたんです。朝から元気がなかった」と指揮官。エースを始め、チームの指導方針を無視して独自に調整する姿勢が目立ったという。
▽横浜・渡辺元智監督
 「昨夏、春と間違って甲子園に行って、エースにどこか慢心があるのでしょう。ストライクが入らず、“その投げ方じゃダメだ”と言っても聞かない。ふだん怒らない監督が、きのうカミナリ落としたら、チーム全体に元気がなく、きょうはダメかと思った。コールド負けということはないと思ったが…。よっぽど変えないと、夏(の甲子園)は、ほど遠い」(SANSPO)

   14春            回数 被安 奪三 四死 失点
   神奈川準々決:桐蔭学園    6.1  1  5  2  0
      準決勝:慶応義塾 先   5  6  4  1  0封
      決 勝:向  上     3  2  2  0  1  
   関 東2回戦:霞 ケ 浦 先   6  2  7  9  6
                 20.1  11  18  12  7 防3.10(失点から計算)
              被安打率4.87 奪三振率7.97 四死球率5.31

 ■ 横浜・伊藤 失った「1」取り戻しへ好投(神奈川新聞) 14/4/27

 不調にあえいでいた横浜の伊藤がリリーフ登板し、6回1/3を1安打無失点に抑える好投選抜大会でのふがいない投球でエースナンバーを剥奪された背番号10が関東切符をたぐり寄せた。出番は突然だった。0-0の三回2死二、三塁のピンチ。2番手小田からマウンドを託された左腕は、左打者をあっさり3球で三振に仕留めた。変化球の精度はいまひとつ。それでも、切れを取り戻した直球で内野安打1本に封じた。五回には得意のフィールディングで投前のバントを併殺に仕留めた。

 ■ 横浜・伊藤が投打に主役、大一番制し夏を再現(神奈川新聞) 13/10/7

 夏の再現だった。横浜のエース伊藤が3安打完封打っても3安打2打点の活躍。渡辺元智監督(68)も手放しでたたえる活躍だった。決して本調子ではなかった。準々決勝の慶応戦で5点を失うなど、ここまで4試合で11失点。それでも「夏に勝っているとはいえ、(今後を考えると)ここで負けるわけにはいかない」と、東海大相模との大一番に左腕は燃えた。右打者の胸元を鋭く突くストレートと、外角へかわす変化球で的を絞らせない。七回には無死一塁から直球で空振り三振を奪い、ツーシームで併殺。8試合連続でコールド勝ちしている強力打線を手玉に取った。準々決勝から2週間。鏡の前でシャドーピッチングを繰り返し、体が開いて「バラバラだった」というフォームを修正。直球の切れが戻ったことで変化球が生きた。加えて3回戦以来のスタメンマスクとなった正捕手高井の存在も大きい。投球での負担減は好打も引き寄せ、先制の足掛かりとなる二塁打に、貴重な追加点となる2点三塁打。自らを助ける打撃もまた、夏の神奈川大会の再来だった。

   13秋            回数 被安 奪三 四死 失点  
   神奈川2回戦:横浜隼人 先   9  9  4  5  2
      3回戦:湘  南 先   9  5  11  3  2
      4回戦:橘 学 苑 先   9  6  5  5  2
      準々決:慶  応 先   8  8  8  4  5
      準決勝:東海相模 先   9  3  6  4  0封
      決 勝:日  大 先   9  7  9  3  2
   関 東1回戦:市立川越 先   9  4  8  3  0封
      準々決:佐野日大 先   8  9  5  4  5
                  70  51  56  31  18 防2.31(失点から計算)
              被安打率6.56 奪三振率7.20 四死球率3.99

 ■ 伊藤11K 横浜が3回戦突破/高校野球(日刊スポーツ) 13/9/14

 今夏甲子園出場の横浜が3回戦を突破した。先発の左腕・伊藤将司投手(2年)が9回5安打2失点11奪三振の粘投で勝利に貢献した。1回に3安打を浴び2失点と不安定な立ち上がりだったが、2回から一変。右打者の内角をえぐるスライダーで三振を量産した。伊藤は「後半になるにつれて調子が上がっていった。楽に投げようと自分に言い聞かせました」と話した。

 ■ 横浜の2年生エース伊藤、毎回の14奪三振に「できすぎ」(MSN産経) 13/8/13

 昨夏の松井裕樹(桐光学園)以来となる毎回奪三振を達成した横浜の2年生左腕、伊藤は「打たせて取るのが本来の自分の投球なので、できすぎ」。落ち着いた口調で圧巻の投球を振り返った。序盤は体が開く癖が出て球が高めに浮き気味だったが、渡辺監督に指摘されて修正。後半は低めにボールを集めた。先発メンバーの8人が2年生。伊藤は「3年生の分まで自分たちが頑張らないといけない。奪三振数よりも勝つことに集中したい」と次を見据えた。
 左腕エース伊藤将司投手(2年)は約40球を投げ込んだ。初戦の2回戦は肩に少し違和感があったというが「今はまあまあ。初戦よりいい状態です」。(asahi.com13/8/18)

   13夏予       回数 被安 奪三 四死 自責 
   2回戦:藤沢清流    5  4  4  3  0
   3回戦:小 田 原    2  1  0  0  0
   4回戦:湘南学院   7.1  3  5  2  0
   5回戦:横浜隼人 先  9  8  3  1  2
   準々決:桐光学園 先  9  9  5  7  2 136㌔
   準決勝:東海相模 先  8  3  4  4  0封136㌔
   決 勝:平塚学園 先  9  5  4  3  0封135㌔
             49.1  33  25  20  4 防0.73
          被安打率6.02 奪三振率4.56 四死球率3.65

 ■ 伊藤 涌井以来の決勝完封!(スポニチ) 13/8/26

 横浜の伊藤が投じた136球目。力を込めた直球で最後の打者を中飛に仕留め、両手を掲げた。神奈川大会決勝での完封は、同校OBの涌井(西武)以来、9年ぶり。2年生左腕は「最後は三振で終わりたかったけど、勝てて良かった。神奈川のてっぺんを獲ったので、甲子園ではそれに恥じない投球をしたい」と笑顔を見せた。新チームスタート時は背番号「11」の3番手投手だった。歴代の先輩がこなしていたという、細い板の上でのシャドーピッチングでフォームを固め、制球力を磨いた。今春からエースナンバーを背負ったが、5月には虫垂炎の手術で練習を約2週間休んだ。復帰後は走り込みで体を追い込み、大会直前にはチェンジアップを習得した。今夏は準々決勝で桐光学園・松井に投げ勝つなど、全7試合に登板。49回を投げ、わずか4失点でエースの役割を果たした。2回無死一、二塁では内角高めに直球を投げ込み、正面に転がってきた相手バントを素早く処理し、三塁に送球。併殺を奪いピンチを脱した。甲子園には安楽(済美)や、小島(浦和学院)ら2年生の好投手が出場するが「自分はフィールディングとかが得意なので、そういうところで勝ちたい」。松井から主役を奪った左腕は、甲子園のマウンドを心待ちにした。

  プロフィール

 千葉県横芝光町出身。
 伊藤 将司(いとう・まさし)投手。
 小1から横芝フェニックスで野球を始め、横芝中時代は軟式野球部に所属。
 中3春にオール山武でKボール県大会Vを経験した。

 横浜高校では1年秋から控え投手としてベンチ入り。
 翌2年春の大会から主戦としてチームを引っ張り、同年夏に2年ぶりとなる県大会優勝を果たす。
 全7戦(5回戦から4連続完投)に登板し、49.1回で4失点、防御率0.73を記録。
 準々で松井裕擁する前年V校・桐光と対戦し、9安打7四死球3対2完投で勝ち星を収めた。
 中2日登板の準決・東海大相模戦で、8回コールド3安打、6K7対0完封勝利。
 平学・熊谷拓也との投手戦となった決勝で、5安打2併殺、2戦連続完封勝ちを挙げている。
 肩違和感を押して本戦初戦に先発し、丸亀高校相手に14三振完投をマーク。
 続く3回戦・前育戦にも先発したが、6回5失点と捕まり、チームも1対7の大敗で敗退となった。
 同年秋の予選全8戦の先発を務め、肩疲労を抱えながらも関東8強まで進出。
 県準決・東海大相模戦、関東初戦・市立川越戦で、それぞれ3安打完封勝ちを挙げている。
 立ち上がりの悪さをつかれ、佐日戦での5失点など、失点の半分を初回に記録。
 翌3年春の選抜は光星に打ち込まれ、合計4回8安打7失点、5対9で1回戦敗退に終わった。
 控えとして臨んだ春季県大会(優勝)桐蔭戦で6.1回1安打0封リリーフを披露。
 関東大会から主戦に戻ったが、6.0回9四死球6失点と乱れ、7回コールドで初戦敗退となった。
 3年夏の予選は東海大相模に6回8安打5失点ノックアウトで敗れベスト4敗退。
 4回戦・湘南戦で10者連続三振を記録するなど、27回で31K(6失点)を奪う力投を演じている。
 同期に浅間大基(日ハム14年3位)、高濱祐仁(同14年7位)ら。

 国際武道大では1年春から救援でリーグ戦に出場。
 同年秋のリーグ戦9試合20.2回に救援で登板し、優勝争いの中で防1.74(2位)の実績を残す。
 先発の座をつかんだ翌2年春に自己最多6勝(3完3封)無敗の好成績を記録。
 以降、先発1番手として強豪チームを引っ張り、3年春秋の2度千葉県リーグ優勝を達成した。
 6シーズンで43試合228.2回に登板し、計21勝(6完投6完封)、防1.89をマーク。
 3年春に5勝(2完投2完封)1敗、防1.26(4位)で、MVP・ベストナインなど4冠を受賞している。
 全国大会には3年春の第66回全日本選手権(創部初となる準優勝)に出場。
 いずれも先発として4試合中3試合に登板し、合計16.1回で9失点、1勝1敗の実績を残した。
 6回途中までを2失点に抑えた初戦・中部大戦(143㌔計測)で勝ち星を記録。
 延長10回タイブレークまで縺れた準決勝・上武大戦で8回3安打2失点の好投を演じている。
 2年時から日本代表に選ばれ、2年3年夏の日米野球、3年夏のユニバに出場。
 3大会5試合11イニングにリリーフとして登板し、2勝0敗、9奪三振、防御率1.64の結果を残した。
 通算43試合、21勝(6完投6完封)3敗、228.2回、防御率1.89。

 177cm82kg、143㌔直球を持つバランスの取れた好左腕。
 セットからグラブを掲げて重心を下げ、小さいテイクバックを取り、球持ちに良さのある腕の振りから
 投げ込む最速143㌔、常時130㌔台後半から140㌔強のキレの良い真っすぐと、
 120㌔台から130㌔前後のスライダー、130㌔強で沈むフォークボール、100㌔台の緩いカーブ。
 球の出所に見づらさのある左腕。140㌔前後の直球で打者を振り遅れさせる。
 高めに浮く場面もあるものの、内角を突くクロスファイアなど、内外に投げ分ける制球力も持ち味。
 冷静に試合を作る実戦派。フィールディング、牽制を素早くこなす。

  スカウトコメント

オリックス・古屋国内グループ長|13/8/13
 「安楽(済美)、小島(浦和学院)、伊藤(横浜)と2年生に楽しみな投手が多い中、(前橋育英・高橋は)すでに活躍している藤浪(現阪神)、大谷(現日本ハム)のような大型右腕として楽しみ」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-01-04(木)|2018年大学生投手 | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑