飯田 晴海(東洋大)

ここでは、「飯田 晴海(東洋大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



飯田 晴海(東洋大)

175cm77kg 右右 MAX147km スライダー・ツーシーム・シンカー・カーブ・チェンジ・カット・フォーク 常総学院
最速147㌔直球とスライダー、ツーシームなど多彩な変化球。3年秋の開幕戦で初完投勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春: 6 1勝2敗  11.1  11  5  4  3  2.38二部
   14秋: 4 0勝0敗   9  8  2  1  1  1.00二部
   15春:         登板無し          二部
   15秋:         登板無し          二部
   16春: 6 1勝0敗   11  15  9  6  6  4.91
   16秋: 11 4勝3敗   38  35  22  10  15  3.55(7位)
   17春: 6 4勝1敗   44  34  29  9  8  1.64(2位)
   一部: 23 9勝4敗   93  84  60  25  29  2.81
         被安打率8.13 奪三振率5.81 四死球率2.42 
   二部: 10 1勝2敗  20.1  19  7  5  4  1.77
         被安打率8.41 奪三振率3.10 四死球率2.21
    ※ 17春:MVP 17春:最優秀投手 17春:ベストナイン

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   12夏: 2    2.1  1  1  0  0
            1  1  1  0  0 135㌔ 杵  築
           1.1  0  0  0  0 135㌔ 桐光学園
   13春: 1 先   9  4  11  2  2 141㌔ 済 々 黌 ●
   13夏: 4    35  18  27  8  2
        先   9  4  7  0  0 136㌔ 北  照 ○封
        先   9  4  4  5  1 138㌔ 仙台育英 ○
        先   9  4  8  2  1 135㌔ 福 井 商 ○
        先   8  6  8  1  0 137㌔ 前橋育英
   通算: 7   46.1  23  39  10  4 防0.78
       被安打率4.47 奪三振率7.58 四死球率1.94

投手成績詳細

   14春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大     3  1  2  2  0 ○ 138㌔
          0.2  0  0  0  0
   国士大     2  3  1  1  2 ●
   立正大    0.1  0  0  0  0
          0.2  0  0  0  0
   日本大 先  4.2  7  2  1  1 ●
         11.1  11  5  4  3 防2.38
      被安打率8.74 奪三振率3.97 四死球率3.18

   14秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大    2.2  1  0  0  0
   専修大     3  2  0  1  0
   立正大    1.2  0  1  0  0
   国士大 先  1.2  5  1  0  1
           9  8  2  1  1 防1.00
      被安打率8.00 奪三振率2.00 四死球率1.00

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大     1  3  1  0  1 140㌔
   日本大     5  3  2  1  0 138㌔ ○
           2  2  2  0  0
   国学大    1.2  2  1  4  1
          0.2  3  1  1  2
          0.2  2  2  0  2
          11  15  9  6  6 防4.91
      被安打率12.27 奪三振率7.36 四死球率4.91

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大 先   9  8  7  0  3 ○
          0.2  0  1  0  0
   国学大 先  3.1  5  2  0  2
       先   1  2  0  2  2 ●
          1.2  2  1  0  0
   専修大 先  5.2  3  4  0  0 ○
   亜 大 先   6  4  3  2  3 ○ 144㌔
       先  7.1  6  2  3  1
   日本大    0.2  3  0  0  2 ●
          2.2  1  2  2  0 ○
           0  1  0  1  2 ●
          38  35  22  10  15 防3.55
      被安打率8.29 奪三振率5.21 四死球率2.37

  最新記事

 ■ 東洋大が先勝!エース・飯田が147キロをマークし3失点完投(デイリースポーツ) 17/5/1

 東洋大が先勝。今秋ドラフト候補右腕・飯田晴海投手が9安打3失点で完投し、今季2勝目を挙げた。直球が走り、自己最速を2キロ更新する147キロを計測。スライダーとのコンビネーションで9三振を奪った。雷雨で1時間3分の中断があった八回も2失点でしのぎ、164球を擁して最後まで投げきった。「ボールの質とキレを追求した結果。球速にこだわりはないけど、出たのは大きな成長かなと思う」と、最速更新を冷静に受け止めた飯田。「優勝戦線に残るにはこのカードが大事。明日も決勝戦のつもりでやりたい」と、主将らしく2回戦を見据えた。

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大 先   7  6  2  3  1 ●
   亜 大 先   9  11  8  1  3 ○
   専修大 先   9  9  9  5  3 ○ 147㌔
   国学大 先   9  4  6  0  1 ○
   日本大 先   9  4  4  0  0 ○封
           1  0  0  0  0
          44  34  29  9  8 防1.64
      被安打率6.95 奪三振率5.93 四死球率1.84

 ■ 東洋大が始動、ドラフト候補右腕・飯田主将6年ぶりV誓う(デイリースポーツ) 17/1/8

 東洋大が8日、埼玉県川越市の同大グラウンドで始動した。今秋ドラフト候補の主将・飯田晴海投手(3年)は「優勝するには5、6勝はしないといけない。プレーで引っ張って、勝たせられる投球をしたい」と、11年春以来となるリーグ制覇を誓った。昨秋は最終週で日大との直接対決に敗れて2位。飯田は4勝を挙げて奮闘したが、あと一歩及ばなかった。今春に向けては、1日250球の投げ込みでスタミナを強化最速145キロ右腕は「今年は集大成を見せられるようにしたい」と、力強く話した。
 冬場は新球のシュートを習得中。この日は西武ソフトバンクのスカウトが視察した。(デイリー)

 ■ 東洋大、新主将に飯田晴海 副主将に西川と田中(日刊スポーツ) 16/11/16

 東都大学リーグの東洋大は16日、来季の新役員を発表した。新主将に飯田晴海投手(3年=常総学院)、副主将に西川元気捕手(3年=浦和学院)と田中将也内野手(3年=帝京)、主務に広戸剣太(3年=大社)が就任する。

過去記事

 ■ 投打ガッチリ!東洋大、尻上がりの飯田1勝&主将・笹川4安打(SANSPO) 16/9/6

 東都大学野球秋季リーグ第1週第1日(5日、東洋大8-3中大、神宮)東洋大は投打に中大を圧倒して今秋初戦を飾り、68歳の高橋監督はご機嫌だった。「飯田がよく投げた。(前半の3失点に)代えようかと思ったが、我慢したらそこからよくなった」と初先発の起用に応えた3年生右腕を褒めた。飯田以上に監督を喜ばせたのが主将の笹川。4安打3打点と4番らしい働きに「東京ガスに就職を決めたのは早かったかな」と、冗談めかして裏話を披露した。

 ■ 東洋大・飯田が1部リーグ戦初勝利(デイリースポーツ) 16/5/3

 東洋大がサヨナラ勝ち。五回途中からリリーフした飯田晴海投手(3年・常総学院)が、5回3安打無失点で1部リーグ戦初勝利を挙げた。高校3年夏は甲子園で8強入りし、大学入学後も1年春から2部リーグ戦に登板した。しかし、昨年4月から今年1月までは、右肩痛で投球練習もできず。走り込みで基礎体力を付けると同時に、体のケアも一から見直した。ようやくつかんだ1勝。雌伏の時を糧に変えた右腕は「監督やスタッフ、チームメート、すべての方に支えられてここまできた。チームに貢献できてなかったので、自分の結果よりチームが勝てたことが一番うれしい」と、喜びをかみ締めた。

 ■ 飯田3回0封 初登板初勝利(スポーツ報知) 14/4/6

 1年生の飯田晴海投手が、東都大学2部開幕戦で初登板白星を挙げた。1点を追う7回から登板すると、8回に打線が4点を奪い逆転。最速138キロながら鋭いツーシームを武器に2三振も奪い、3回1安打無失点と好投した。昨夏、常総学院で甲子園8強の右腕は「自分のレベルでは、まだまだ大学で通用しない。課題を次に生かしたい」と気を引き締めていた。

 ■ 常総・飯田が7回4安打完封/18UW杯(日刊スポーツ) 13/9/2

 日本代表が常総学院・飯田晴海投手(3年)の好投で2連勝した。この日先発の飯田は130キロ台前半の直球と110キロ台中盤のスライダーを巧みに組み合わせ、メキシコ打線に的を絞らせない7回を4安打で完封した。「調子は良くなかったですが、とにかく低めに集める意識で投げました。スライダーを狙われていましたけど、要所で決まっていたので良かった」と勝利に笑顔だった。

   18U     回数 被安 奪三 四死 自責
   メキシコ 先   7  4  4  1  0 136㌔
   アメリカ 先   3  6  2  0  1
           10  10  6  1  1 防0.90
       被安打率9.00 奪三振率5.40 四死球率0.90

 ■ 飯田 4回無失点も反省 松井と左の先発候補の期待(スポニチ) 13/8/28

 左の松井とともに先発として期待がかかる飯田(常総学院)が結果を残した。4回を被安打2、2奪三振。無失点にまとめた右腕だが、「打たれた球は甘かった。捕手の構えたところに投げないと」と反省を口にした。カーブ、縦、横のスライダー、カットボール、フォークボール、ツーシーム、チェンジアップと多彩な変化球も操る飯田は「自分の力を最大限に発揮して世界一の目標に向かいたい」と結んだ。

 ■ 熱戦続くも今秋ドラフトは不作? 好投手は2年生(MSN産経) 13/8/20

 アマチュア球界ナンバーワン左腕との呼び声高い松井裕樹(桐光学園)が神奈川大会で敗退。目玉不在となった甲子園には「1位候補になる選手は少ない」。ヤクルトの鳥原公二チーフスカウトはこぼす。安楽智大(済美)や高橋光成(前橋育英)ら2年生には好投手がめじろ押し。一方で、落差のあるツーシームを武器とする飯田晴海(常総学院)、低めへの直球が目をひく山岡泰輔(瀬戸内)ら3年生にも好素材はいたものの、「いい物を持っているが、大学、社会人でのプレーをみてから考えたい」と獲得に二の足を踏む球団が多い。

 ■ 8強出そろう 常総 前橋育英(東京新聞) 13/8/19

 揺るぎない投球でチームを8強に導いた。常総学院の先発飯田が、3試合連続となる完投勝利。4安打1失点、8奪三振の内容にも「バックがしっかり守ってくれたから粘れた」とチームメートへの感謝の気持ちが第一声だった。一回、1番に右翼フェンス直撃の三塁打を許したが冷静だった。2番をスライダー、3番をシンカー、4番はツーシームで3者連続の空振り三振。右腕は「いろいろな球種で狙い球を外して、打ち取るのが自分の投球」と胸を張った。七回、1点を失い、なお1死一、三塁でも動じなかった。「1点はOK。内野ゴロを打たせる気持ちで投げた」。沈む球で狙い通りの併殺打に仕留めた。選択したのはツーシーム。「併殺打を取るために、落ちる系のボールが欲しい」と6月から習得に取り組んだ球種で切り抜けた。この日はツーシームを多投。「打席の前の方に立っていたので、外角のスライダーを狙っていると思った」。鋭い観察眼で打者心理を読んだ投球だった。

 ■ 今大会完封一番乗り 常総学院の飯田、牽制で自分助ける(MSN産経) 13/8/9

 常総学院のエース飯田が北照を4安打に抑え、今大会で完封一番乗り。「リードとバックの守りに助けられた」と本人は控えめだったが、佐々木監督は「緩急自在の持ち味が出た」と右腕の好投をたたえた。五回1死一塁と六回2死二塁の走者をいずれも牽制で刺し四回には2死一塁の走者を誘い出して二塁でアウト(記録は盗塁死)とし、ピンチの芽を摘んだ。飯田は「自分の感覚で牽制しているが、これだけうまくいった記憶はないですね」と振り返った。

 ■ 常総学院・飯田、自己最速更新も…(デイリースポーツ) 13/3/27

 常総学院エース・飯田が4安打11奪三振で完投。直球は自己最速を2キロ更新する141キロを計測し、高校では初の2桁奪三振だった。「直球の伸びもよかったし、変化球のキレもでてきた」。冬場は他選手の2倍のダッシュをこなして走り込んだ成果を実感。「もっと細かい制球力を磨いていきたい」と、前向きに夏へのレベルアップを誓っていた。

  プロフィール

 茨城県つくば市出身。
 飯田 晴海(いいだ・はるみ)投手。
 茎崎一小1年で軟式野球を始め、高崎中では軟式野球部でエース。
 中学3年夏に全国大会優勝を達成した。

 常総学院では1年秋から控え投手としてベンチ入り。
 2年夏の甲子園を救援で2試合、計2.1回経験し、秋から伊藤侃嗣の後を受けてエースを務める。
 翌3年春選抜初戦2回戦・済々黌戦で、9回4安打11三振、0対2完投を記録。
 自己最速141㌔を計時する力投を見せたが、大竹耕太郎を攻略しきれず完封負けとなった。
 3年夏に3戦連続完投勝ち、35回2失点の活躍で、10年ぶりの全国8強を達成。
 1回戦・北照戦で散発4安打無四球7三振、9回92球6対0シャットアウトの好投を演じている。
 併殺処理、走者誘い出し、牽制補殺2度と、投球以外の部分でも巧さを披露。
 その後もテンポの良い投球を見せ、仙育・福井商相手に、連続1失点完投勝利を記録した。
 続く準々決でV校・前橋育英とぶつかり、延長10回2対3サヨナラで惜しくも敗戦。
 8回まで完封ペースで好投したが、勝利目前で足をつり、8.0回0失点で無念の降板となった。
 この活躍により日本代表入りを果たし、松井裕樹らと共に18UW杯準Vを経験。
 メキシコ相手に7回4安打0封勝利を収めるなど、先発で2戦10回6K1失点の結果を残している。
 当時のチームメイトに内田靖人(楽天2013年2位)ら。

 東洋大進学後は1年春から救援で2部リーグ戦に出場。
 開幕ゲーム・専大1回戦に3番手として登板し、3回2K無失点救援でリーグ戦初勝利を収める。
 肩痛で2年春秋のリーグ戦に登板できず、復帰した3年春に1部初勝利を記録。
 同年秋に11試合(先発6、救援5)38回をこなすフル回転の活躍で投手十傑入りを果たした。
 主戦投手として4カードで1回戦を務め、リーグ2位の4勝(1完1封)3敗をマーク。
 9回8安打無四球3失点完投の粘投を演じた開幕戦・中大1回戦で先発初勝利を挙げている。
 通算33試合、10勝(5完投1完封)6敗、113.1回、防御率2.62。

 175cm77kg、マウンドさばきの良い技巧派右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げてインステップし、テイクバック小さく球持ちに良さのある腕の振りから
 繰り出す最速147㌔、130㌔台前半から中盤の伸びのある直球と120㌔台の2シーム、
 120㌔前後の2種類スラ、120㌔台のシンカー、100㌔台のカーブ、120㌔前後のチェンジアップ。
 打者の内角をツーシームで攻めるなど、安定したコントロールで両サイドに投げ分ける。
 右打者外角にスライダー、左打者には外に逃げて沈むシンカー。多彩な変化球との緩急が持ち味。
 フィールディング、牽制を巧みにこなす。遠投100m、50m6秒7。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-01(月)|2017年大学生投手 | 東都大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
東洋大学の右ピッチャーだとヤクルトの原樹理、元楽天の永井をイメージしますが、飯田くんは体格的に永井に近いものがありますね。
ただ、原樹理ならシュート、永井ならカーブのように絶対的な変化球が飯田くんにもあるか気になるところ。
高校時代は現楽天の内田があまりにもインパクト強過ぎでしたが、個人的には楽天入りをしてもらいたいです。
ただ、現状あまり評価が高くないので社会人入りの可能性も考えています。
| ぽにぽにぽにー | 2017年06月02日(Fri) 08:14 | URL #- [ 編集]
記事とかはないんであくまで参考になってしまうと思いますが、今日の専大戦でMax147が出てました。
146は数球ありました。

初めて生で観ましたが、スライダーを決め球にフォークとたまに投げるカーブで的を絞らせない投球は見事でした。
この投手の良いところはピンチの場面でどの球種でもコースを間違わない制球力があること。
捕手はこの投手をリードしてると、どの球種でも要求したところに来るから楽しんだろうな、と想像しながら観てました。
雷雨で一時間中断したあとはバタつきましたが、かなり冷え込んだので可哀想な部分かと。
それでも160球完投はエースとして立派だと思いました。
プロで観てみたい投手の一人です。
| タラバ | 2017年05月01日(Mon) 20:54 | URL #K47MgfVQ [ 編集]
MAX144キロです
| 匿名 | 2016年10月26日(Wed) 13:24 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 東都大学 コメント(3) Page Top↑