長谷川 凌汰(龍谷大)

ここでは、「長谷川 凌汰(龍谷大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



188cm84kg 右左 MAX141km スライダー・カーブ・フォーク 福井商業
140㌔前後の直球を武器とする188センチの長身右腕。3年秋の大経大2回戦で初勝利を挙げた。

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:        登板無し
   14秋:        登板無し
   15春:        登板無し
   15秋: 3 0勝1敗  7.2  7  5  6  2  2.35
   16春:        登板無し
   16秋: 4 1勝0敗 11.1  8  8  8  2  1.59
   通算: 7 1勝1敗  19  15  13  14  4  1.89
         被安打率7.11 奪三振率6.16 四死球率6.63

 ■ 甲子園成績

   13夏         回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:帯広大谷     3  3  4  0  1 141㌔ ○
   2回戦:聖光学院 先   9  6  1  2  1 140㌔ ○
   3回戦:常総学院 先  8.1  14  6  1  7 141㌔ ●
              20.1  23  11  3  9 防3.98
          被安打率10.18 奪三振率4.87 四死球率1.33

投手成績詳細

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   神院大     1  0  1  2  0
   大商大 先  4.1  3  2  4  0
          2.1  4  2  0  2 ●
          7.2  7  5  6  2 防2.35
      被安打率8.22 奪三振率5.87 四死球率7.04

  最新記事

 ■ 福井商・長谷川が完投!エース・中村文の早口伝令効いた(スポーツ報知) 13/8/16

 福井商は聖光学院(福島)を接戦で下し、常総学院(茨城)、作新学院(栃木)とともに3回戦進出した。ワケの分からない早口に、長谷川凌汰はマウンドで思わず噴き出した。「聞き取れないほどの早口で『切り替えろ切り替えろ切り替えろ』って。あれでリラックスした」。2―1で迎えた9回無死。先頭に四球を与えた直後に飛んできたエース・中村文英の“激励”に応え、背番号10が後続をピシャリと抑えた。初戦の帯広大谷戦は2番手で3回を1失点と好投したが、福井大会での登板はわずか1イニング。この日の早朝練習で今夏初先発を告げられ「え、おれ?」と188センチ右腕。自身も驚く起用だったが、6安打1失点の完投で7年ぶりの16強入りに導いた

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   大経大 先   5  5  7  1  0 ○
   大院大 先  2.1  1  1  3  1
       先   3  1  0  3  1
   大商大     1  1  0  1  0
         11.1  8  8  8  2 防1.59
      被安打率6.35 奪三振率6.35 四死球率6.35

  プロフィール

 福井県越前市出身。
 長谷川 凌汰(はせがわ・りょうた)投手。
 小学校2年時から野球を始め、万葉中までは野手としてプレー。

 福井商業には当初外野手として入学。
 長身と肩の強さを買われてピッチャー転向となり、1年秋に控え投手としてメンバー入りを果たす。
 翌2年夏の県大会(準優勝)でリリーフ1試合2イニング(2安打無失点)を経験。
 秋の北信越準々決(3対6)に9回から登板し、1回ノーヒット2奪三振無失点リリーフを見せた。
 3年夏に主戦・中村文英を擁して2年ぶり22度目となる福井大会優勝を達成。
 甲子園初戦・帯広大谷高戦で3回1失点、3者連続含む4奪三振の好救援を披露している。
 ケガの中村に代わって聖光戦に先発し、6安打1三振1失点完投勝利をマーク。
 3回戦でも8回3失点と粘投したが、内田靖人に3ランを浴び、8.1回14安打7失点でKOとなった。
 当時のチームメイトに147㌔右腕・中村文英ら。

 龍谷大では2年秋からリーグ戦に出場。
 3年間で2季7試合(先発4)、計19回に登板し、3年秋の大経2回戦で初勝利(先発)を挙げた。
 リーグ通算7試合、1勝1敗、19回、防御率1.89。

 188cm84kg、癖の少ないフォームを持つ長身右腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、球持ちに良さのある腕の振りから投げ下ろす
 最速141㌔、常時130㌔台前半から140㌔前後ほどながら伸びのある直球と、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、100㌔前後の落差あるカーブ、110㌔台のフォーク。
 真っすぐに2種類のスライダーを交え、まずまずの制球で両サイドに投げ分ける。
 スピード表示以上に感じさせる直球を投げ込み、将来性をプロスカウトから高評価されていた。
 高校で投手に転向。投手歴の浅さも魅力のひとつ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-06(火)|2017年大学生投手 | 関西六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
サンキューハッセ
| 2783 | 2016年03月19日(Sat) 12:26 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 関西六大学 コメント(1) Page Top↑