頓宮 裕真(亜大)

ここでは、「頓宮 裕真(亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



頓宮 裕真(亜大)

181cm96kg 右右 捕手 遠投100m 50m6秒4 岡山理大付
長打力ある右の強打者。二塁送球タイム1秒89の強肩が武器。140m級の打球を放った実績を持つ。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 13 .242  33  8 1 0 0 3 11 3 2  .306  .273
   15秋: 10 .077  26  2 0 0 1 4 5 2 0  .143  .192
   16春: 3 .000  5  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   16秋: 8 .118  17  2 2 0 0 1 3 6 0  .348  .235
   17春: 12 .386  44 17 2 0 3 13 5 6 2  .460  .636(5位)
   通算: 46 .232 125 29 5 0 4 21 25 17 4  .324  .368
    ※ 17春:ベストナイン

  最新記事

 ■ 亜大が先勝!4番・頓宮が今季3号の逆転3ラン(デイリースポーツ) 17/4/26

 亜大が先勝した。4番・頓宮裕真捕手(3年・岡山理大付)が、決勝の逆転3ランを放った。2点を追う五回2死一、三塁から、2戦連発となる今季3本目のアーチを左越えへ。生田勉監督からは打席に入る直前「直球だけでいいから、開かずに打て」と、助言されていたが、追い込まれてからのスライダーにうまく反応した。前カードの東洋大戦は2試合で21失点を喫して連敗。捕手として責任を感じていた。沈滞ムードを振り払う一発に「打撃の調子はよくないと思うけど、チャンスで打つことだけを考えてやっている」と安どの笑み。生田監督は「ビックリしましたね。今季は打撃も意欲的にやっている。頼りになる」と、称賛した。

    1号:堀田 竜也(専修大)  15/ 9/ 2  左越え2ラン
    2号:前田 敬太(専修大)  17/ 4/ 5  左越え2ラン
    3号:上茶谷大河(東洋大)  17/ 4/19  中越えソロ弾
    4号:花城 凪都(中央大)  17/ 4/26  左越え3ラン

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春: 4 .429  21  9 1 0 3 9 3 3 1  .500  .905

 ■ 2日連続の主役 亜大・頓宮サヨナラ打「次が大事」(スポニチ) 17/4/5

 亜大の4番・頓宮が2日連続で試合を決めた。前日の決勝打に続き、同点の9回2死一、二塁から初球を左中間へサヨナラ打。「正直うれしかった」と満面の笑みを浮かべた。開幕直前の3月下旬に8番から昇格。この日は3回の左越え2ランを含む3安打3打点と大暴れし「打撃時に右膝が内側に落ち込む癖を修正バットが下から出なくなった」と好調の要因を挙げた。連勝で勝ち点奪取。それでも「次が大事」と慢心はなかった。

 ■ 亜大1年・頓宮 リーグ戦1号 高校通算24発大砲(スポニチ) 15/9/3

 岡山理大付出身の亜大1年生・頓宮が、リーグ戦初本塁打をマークした。4―0の8回2死二塁から直球を左翼席へ運び「外野フライかなと思ったが、風があって伸びてくれた」と笑顔を見せた。高校通算24本塁打の大砲は、今春からスタメンマスクをかぶってきた。3季ぶりの優勝へ白星発進となり、生田勉監督は「(頓宮は)春から我慢して使ってきた。いい一発だった」と評価した。

  プロフィール

 岡山県備前市出身。
 頓宮 裕真(とんぐう・ゆうま)捕手。
 伊部小学校1年時から軟式野球を始め、備前中時代は瀬戸内ボーイズに所属。
 主に4番・キャッチャーとして起用されていた。

 岡山理大付では1年夏からベンチ入り。
 1年秋から4番・捕手の柱としてチームをけん引し、2年春に11年ぶり4度目の県大会Vを果たす。
 中国大会初戦・開星戦を10回8対9、4の0(8回裏に頭部死球)で落とし敗退。
 続く夏の予選を3回戦敗退(ベスト16)で終え、2年秋に中国8強入り(岡山3位)を達成した。
 2戦3安打を記録した一方、6回コールド負けを喫し、守備で悔しい思いを経験。
 初戦・出雲西戦で右中間を破るスリーベース、左中間フェンス直撃のツーベースを放っている。
 翌3年春(県ベスト4敗退)の練習試合で、特大弾含む2試合連続弾をマーク。
 ネットを越えて練習場後方に届く当たりを放ち、左中間推定140mの飛距離で注目を集めた。
 3年夏の県大会(4番で22打数6安打4打点)は関西高に4対9で敗れ準優勝。
 強肩強打の捕手としてプロからも注目されたが、志望届を提出せず亜細亜大進学を選択した。
 県大会V、中国大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 亜大では1年春からリーグ戦に出場。
 開幕戦からスタメンマスクを被り、主に9番として33打数8安打、打率.242本0点3の実績を残す。
 1年秋終盤、2年春を控えとして過ごし、2年秋に再び先発マスク6試合を経験。
 1年秋の開幕戦・専修大1回戦で左翼スタンドに放り込むリーグ戦1号2ラン本塁打を記録した。
 通算46試合、打率.232、29安打、4本塁打、21打点。

 181cm96kg、強肩強打の大型捕手。
 高校通算24発、監督からパンチ力、打球速度を評価され、高1秋から4番を務めた右の強打者。
 推定飛距離140m級の打球を放った実績を持つ。広角に打てる打撃も持ち味。
 高2冬にスイングを修正。ライトへの打球を増やすと共に、レフト方向への飛距離を伸ばした。
 軌道の低いスローイングで二塁到達1秒89をマークする強肩がセールスポイント。
 向上心の強さなど捕手としてのメンタル面でも高評価を受けていた。リード面にやや課題を残す。 
 ガッチリとした強靭な身体も魅力の一つ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-04-26(水)|2018年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑