進藤 拓也(JR東日本)

ここでは、「進藤 拓也(JR東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm90kg 右右 MAX153km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ 西仙北→横商大 2年目
最速153㌔の直球とスライダー。2年目途中からサイドハンドに挑戦。大学時代は通算3勝に留まった。
2016年DeNA8位(契約金2700万円、年俸750万円)

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15都: 1     1  0  0  1  0 153㌔ 三菱神戸
   15日: 1 先   3  4  0  4  2     日本生命 ●
   通算: 2     4  4  0  5  2 防4.50
       被安打率9.00 奪三振率0.00 四死球率11.25

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   11春:         登板無し
   11秋:         登板無し
   12春: 4 0勝0敗  8.2  7  3  6  3  3.12 
   12秋: 4 1勝0敗  11.1  7  6  6  0  0.00  
   13春: 3 0勝0敗  3.2  3  2  4  3  7.36
   13秋: 3 1勝0敗  10.2  12  13  7  5  4.22
   14春: 7 0勝4敗  17.1  25       15  7.79
   14秋: 5 1勝1敗   14  16       6  3.86
   通算: 26 3勝5敗  65.2  70       32  4.39

投手成績詳細

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   関東大     0  1       0
          5.2  5       1
          1.1  0       0
   神 大    1.2  1       2
          8.2  7  3  6  3 防3.12
      被安打率7.27 奪三振率3.12 四死球率6.23

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   横国大    0.2  0       0
   関東大    0.1  0       0
   神 大    1.1  0       0
   鶴見大 先   9  7  5  2  0 ○封
         11.1  7  6  6  0 防0.00
      被安打率5.56 奪三振率4.76 四死球率4.76

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   鶴見大    2.1  2       2
   関東大     1  1       1
   桐蔭大    0.1  0       0
          3.2  3  2  4  3 防7.36
      被安打率7.36 奪三振率4.91 四死球率9.82

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   松蔭大    4.1  5       1 ○
   関東大    4.1  4       4
   神 大     2  3       0
         10.2  12  13  7  5 防4.22
     被安打率10.13 奪三振率10.97 四死球率5.91

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   神 大 先   2  5     3  3 ● 145㌔ 
          2.2  1       0
   関東大 先  1.2  3  0  1  0 ●
   神工大 先   5  6  8  2  3 ●
       先  1.2  4  1  2  4
   松蔭大     1  2       2
       先  3.1  4       3 ●
         17.1  25       15 防7.79

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   神 大    4.2  2       0 ○ 150㌔
   桐蔭大     1  3       2 ●
           1  1       2
   鶴見大    1.1  4       2
   関東大     6  6  2  4  0 146㌔
          14  16       6 防3.86

   14秋関東  回数 被安 奪三 四死 自責
   城国大    1.1  0  1  2  0 148㌔

  最新記事

 ■ DeNA、ドラ8進藤が仮契約 最速153キロ右腕「アピールしたい」(スポニチ) 16/11/8

 DeNAは7日、ドラフト8位の進藤拓也投手(JR東日本)と都内ホテルで入団交渉を行い、契約金2700万円、年俸750万円で仮契約を結んだ。吉田孝司スカウト部部長は「大学時代から球の強さ、速さを見てきた力でねじ込むような投手になってほしい」と期待を寄せた。セットアッパーとして期待される最速153キロ右腕は「持ち味は真っすぐの強さ。投げきれるようにアピールをしていきたい。指名順位は低いですけど、自分がやることは変わらない」と決意を語った。(金額は推定)
 進藤は球団を通じ「セールスポイントは直球の強さとけがをしない体。50試合以上投げ、信頼される投手になりたい」とコメントした。(西日本スポーツ)

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   15年: 25 97.1  87  56  41  28  2.59  8.04  5.18  3.79
   16年: 18 62.1  35  46  30  9  1.30  5.05  6.64  4.33

 ■ JR東日本のDeNA・D8進藤、2回0封&ラミ監督の持ちネタ披露(SANSPO) 16/10/24

 DeNAのD8位・進藤(JR東日本)は23日、U-23日本代表を相手に2回無失点。5月にサイドスローに変え、制球が安定したという右腕は「大胆に投げられた」と胸を張った。DeNAの指名あいさつも受け「中継ぎの大事なところで投げさせてもらえるようにしたい」と決意。ラミレス監督の持ちネタ「ゲッツ!」も披露し「一緒にパフォーマンスをやりたい」とアピールした。
 ▽JR東日本・堀井哲也監督「夏前に腕を少し下げたフォームに変えて打たれにくくなった。ドラフトを楽しみに待ちたい」(スポニチ)

   練習試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   U23代表:  2  0  2  0  0 149㌔
     〃  : 0.1  0  1  0  0
         2.1  0  3  0  0 防0.00

 ■ JR東日本、守備崩れ自滅…ノーヒットで4失点/都市対抗(SANSPO) 15/7/20

 第86回都市対抗野球大会第3日(20日、三菱重工神戸・高砂6-2JR東日本=延長十一回、東京ドーム)JR東日本は2-2の延長十一回、守備のミスが相次いで自滅した。ノーヒットで4点を失うまさかの展開に堀井監督は「野球にミスはつきものだが、チーム力が足りないという現実が出た」と敗戦を受け入れた。無死満塁からの二ゴロで本塁に悪送球し、勝ち越し点を献上した嘉数は「ミスが続いていたので平常心でやろうと思ったが…。悔いが残る」とうつむいた。

過去記事

 ■ JR東日本「商大デー」で快勝 松本&畑中W弾、進藤締めた(スポニチ) 15/3/11

 JR東日本の横浜商大出身トリオが投打に貢献した。0―0で迎えた7回に4番・松本が左越えソロで均衡を破ると、5歳下の畑中が1死から右越え2ラン。投げては新人右腕・進藤が8回途中から登板し、最速149キロでリードを守りきった。松本は「畑中とアベック弾は初。集中できていた」と言えば、畑中は「凄い先輩です」と尊敬のまなざし。進藤も「きょうは商大デーですね」と笑顔を見せた。

 ■ 県大学野球秋季リーグ:商大と関東ともに先勝(神奈川新聞) 14/9/3

 神奈川大学野球秋季リーグは2日、横浜スタジアムで鶴見大-関東学院大、横浜商大-神奈川大の各1回戦を行い、関東大が延長十回タイブレークで2-1、商大が5-4でそれぞれ先勝した。春に屈辱を味わった剛腕が復活の兆しを見せた。五回途中から登板した商大・進藤は、4回2/3を2安打無失点。佐々木正雄監督は「進藤が(攻撃の)リズムをつくった」と逆転劇を呼ぶ好投をたたえた。五回はリードを3点に広げられ、なお1死一、三塁。窮地を二つの内野ゴロで切り抜けると、六回は三者凡退。七、八回はともに1死一塁から直球で内角を突き、狙い通り内野ゴロ併殺で切り抜けた。持ち味の直球は150キロを3度計測した。

 ■ プロ注目の150キロ右腕 横浜商大・進藤は社会人を熱望!(SANSPO) 14/8/4

 国内プロ全球団が注目していた横浜商大(神奈川大学野球)の最速150キロエース右腕・進藤拓也投手(4年)が社会人野球を熱望し、プロ志望届を提出しない方針でいることが3日、明らかになった。リーグ戦では通算2勝ながら、1メートル84、74キロの恵まれた体からの真っすぐの威力は抜群。志望届を提出すれば、ドラフトで指名される可能性が高かった。この日、法大との練習試合後、サンケイスポーツの取材に応じた進藤は「野球を続けて上(プロ)を目指したい」と明かした。社会人野球ではJR東日本をはじめ7社が獲得に名乗りを上げている。

 ■ 進藤は三回途中降板 ドラフト候補乱調(デイリースポーツ) 14/4/12

 今秋ドラフト候補の150キロ右腕、横浜商大・進藤拓也投手(4年・西仙北)が、春季リーグ戦の初戦に先発。阪神など4球団のスカウト陣が視察したが、2回0/3、5安打3四球3失点で降板し、チームも敗れた。制球が定まらず、初回だけで43球を要する不本意な内容に「抑えたい気持ちが強すぎた。やってきたことができなかった」とガックリ。この日の最速は145キロ阪神の北村スカウトは「緊張もあったでしょう。波があるのは仕方ない。これからも追っていきますよ」と成長に期待した。

 ■ プロ注目横浜商大・進藤が1失点完投(日刊スポーツ) 14/3/24

 東都大学リーグ亜大と神奈川大学リーグ横浜商大が23日、横浜市内でオープン戦を行い、1-1で引き分けた。横浜商大のドラフト候補右腕、進藤拓也投手(3年=西仙北)は9回9奪三振1失点で完投した。

 ■ 横浜商大・進藤5失点も5球団熱視線(デイリースポーツ) 14/3/5

 今秋ドラフト候補の150キロ右腕、横浜商大の進藤拓也投手(3年・西仙北)が4日、DeNA2軍とのプロアマ交流戦(ベイスターズ球場)に先発。日本ハム広島など5球団が視察した。五回に集中打を浴び、5回9安打5失点2奪三振。「追い込んでから、詰めが甘かった。変化球の制球が課題なので、リーグ戦に向けてやっていきたい」と反省した。この日は最速142キロ。それでも、直球での見逃し三振やバットを折る場面もあり、プロ相手に実力の片りんは示した。
 神奈川大学リーグの横浜商大が4日、神奈川・横須賀市のDeNAベイスターズ球場で、DeNAとオープン戦を行い、先発したドラフト候補右腕の進藤拓也投手(3年=西仙北)が、プロ相手にアピールした。5回5失点で降板したが、随所に切れのある直球を披露。進藤は「ヒットを打たれたのは、ほとんどが真っすぐだった」と反省した。試合は0-9で敗れた。(日刊スポーツ)

 ■ ドラフト候補横浜商大・進藤が2回無失点(日刊スポーツ) 14/2/27

 神奈川大学リーグの横浜商大が26日、横浜市内の同大グラウンドで国士舘大とオープン戦を行い、4-2で勝利した。ドラフト候補の進藤拓也投手(3年=西仙北)は8回から登板し、最速145キロをマークして2回無失点に抑えた。打線は2回に新1年生の佐藤広之(横浜創学館)が先制の場外ソロを放つと、6回は谷口諒(1年=済美)が本塁打を放った。

 ■ 横浜商大150キロ腕・進藤始動「プロでやってみたい」(スポニチ) 14/1/5

 神奈川大学野球の横浜商大が、神奈川県横浜市のグラウンドで始動した。今秋ドラフト候補150キロ右腕・進藤は、ブルペンで100球を投げ込み「リーグ戦でしっかり先発できるようにしたい」と意欲を見せた。昨年は岩貞(阪神)、西宮(楽天)の2枚看板が軸だっただけに「自分もプロでやってみたい気持ちはあるが、今の実力では厳しいので上げていきたい」と、先輩の背中を追う決意を口にした。

 ■ 元プロが大学生指導 神奈川リーグから9人参加(神奈川新聞) 13/2/8

 元プロ野球選手が大学生を指導する「冬季特別トレーニング」が8日、川崎市多摩区の読売ジャイアンツ球場室内練習場で行われた。プロアマ交流促進と学生のレベルアップを目的に全日本大学野球連盟などが主催し、神奈川大学リーグからは桐蔭横浜大と横浜商大、神奈川工大の計9人が参加。投手、捕手、野手の各ポジションに分かれ、元巨人の堀内恒夫氏や篠塚和典氏らから手ほどきを受けた。商大で岩貞、西宮の両左腕に続く先発の柱と期待される進藤(2年)は、堀内氏の前で投げ込みを披露。「投げる直前にワンテンポ置き、捕手を見るよう言われた。上に抜ける球が多いが、制球力の向上につながりそう」と、こちらもヒントを得た様子だった。

 ■ 西仙北・進藤が3戦連続完封で4強(SANSPO) 10/7/22

 創部45年目の快挙!! 西仙北・進藤拓也投手(18)=3年=が由利工を3安打完封し、3試合連続完封でチームを初のベスト4へ導いた。1メートル84、74キロの恵まれた肉体から繰り出される直球とスライダーが、最後まで由利工打線を沈黙させた。西仙北・進藤が3試合連続完封だ。許したヒットは三回二死からの左翼線二塁打、四回一死からの左前打と一塁内野安打の3本。カーブ、フォーク、チェンジアップも投げるが、この日は直球とスライダーの2種類だけで抑え切り、三塁を踏ませなかった。大会初戦の小坂戦で、先発した控え投手が一回に4失点。急きょ二回から登板した進藤は、以降の8回を無失点と好投して10-4で初戦を突破した。2回戦で大館を3-0、3回戦の大曲工とこの日の由利工をそれぞれ5-0と完封し、実に計35イニング無失点だ。協和中では控え投手で公式戦に登板していない。野球強豪校からの誘いを受けず、「家から近かったので」と県立の西仙北へ進学。ここで野球人の転機を迎えた。かつて経験したことのない連日の走り込み。1年冬には学校内の体育館で、さまざまなランニングメニューを1日約3時間行い、2年春まで半年間続けた。これが投手として最も大切な下半身強化につながり、大器の片鱗を見せ始めた。直球は今年6月に自己最速の142キロをマーク。いとこにあたる深浦寛捕手(17)=3年=との息もぴったりだ。

   10夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:小 坂     8  4       0
   2回戦:大 館 先   9  5  4  3  0封
   3回戦:大曲工 先   9  4  5  1  0封
   準々決:由利工 先   9  3  7  2  0封
   準決勝:能代商 先  8.2  11  4  2  3
             43.2  27       3 防0.62(失点から計算)

  プロフィール

 秋田県大仙市出身。
 進藤 拓也(しんどう・たくや)投手。
 峰吉川小3年時から軟式野球を始め、協和中では軟式野球部で控え投手。

 西仙北高では2年春からベンチ入り。
 2年秋の大会からエースとしてチームを引っ張り、下半身強化によって3年春に142㌔を計測する。
 3年夏予選全試合をほぼ1人で投げ、創部45年目で初のべスト4進出を達成。
 大会タイ40イニング連続無失点の快投を演じ、5戦43.2回27安打3失点の好成績を残した。
 1回戦で8回無失点の好リリーフを演じ、2回戦以降3試合連続で完封を記録。
 準決勝でも能代商を5回まで無失点に抑えたが、疲労隠せず惜しくも2対3サヨナラ負けとなった。
 県4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 横浜商大進学後は2年春から主に救援でリーグ戦に出場。
 2年秋の最終戦・鶴見大戦で初先発を任され、7安打完封の好投でリーグ戦初勝利を収める。
 3年秋の松蔭大学2回戦で最速147㌔、同・神大2回戦で最速150㌔を計測。
 4年春になって先発を座を獲得したが、安定感を欠き、0勝4敗の不本意な結果に終わった。
 4年秋の開幕・神大戦で150㌔を計測し、4.2回0封の好救援で3勝目を記録。
 3年春先のDeNA戦、8月の巨人戦で救援を務め、それぞれ1回無失点の結果を残している。
 オープン戦ながら4年春先の亜大戦で9回9奪三振、1対1完投の好投を披露。
 150㌔長身右腕として12球団から注目されたが、志望届を提出せずJR東日本入りを選択した。
 通算26試合、3勝(1完投1完封)5敗、65回2/3、防御率4.39。

 JR東日本では1年目から先発・救援で公式戦に出場。
 年間25試合(先発16)、計97.1イニングをこなし、41四死球を出しながらも防2.59の実績を残す。
 初先発の都企業春季大会・鷺宮製作所戦で4安打3K初完封勝利をマーク。
 11回表2対2、ノーアウト2、3塁から起用された都市対抗初戦で自己最速153㌔を計測した。
 150㌔前後の直球主体に力投を披露するも、失策、2点スクイズで4点を献上。
 先発2勝、計13回13安打4失点をマークした10月の伊勢・松阪大会でMVPを受賞している。
 西武、DeNAとの交流戦で先発を務め、0勝1敗、計9回13安打6失点を記録。
 秋の日本選手権2回戦の先発を任されたが、制球定まらず3.0回2失点で負け投手となった。
 堀井哲也監督からの勧めもあって翌2年目5月にサイドハンドへの転向を決断。
 主に救援で年間18試合に登板し、62.1回を35安打(率5.05)、11失点に抑える力投を見せた。
 二大大会通算2試合、0勝1敗、4回、0奪三振、防御率4.50。

 186cm90kg、恵まれた体格のスリークォーター右腕。
 セットから上体を傾けて重心を下げ、インステップ気味に早めに着地し、肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速153㌔、140㌔台後半から150㌔前後の直球と、130㌔台のスライダー。
 都市対抗で最速153㌔、平均149.4㌔(全18球、直球15球で150㌔以上が8球)のスピードを見せた。
 2年目途中からサイドに挑戦。制球にはバラツキが残る。

  スカウトコメント

DeNA・吉田孝司スカウト部部長|16/11/8
 「大学時代から球の強さ、速さを見てきた。力でねじ込むような投手になってほしい」
DeNAスカウトコメント|16/10/20
 「今春オーバースローから腕を下げたフォームに変更。腕を下げても威力あるストレートは最速147キロを計測。下げた腕からのスライダーが打者に向かってくるため中継ぎ投手として即戦力が期待できる」
阪神・北村スカウト|14/4/12
 「緊張もあったでしょう。波があるのは仕方ない。これからも追っていきますよ」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-08(火)|2016年ドラフト指名選手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年ドラフト指名選手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑