宇都宮 健太(SUBARU)

ここでは、「宇都宮 健太(SUBARU)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



宇都宮 健太(SUBARU)

176cm67kg 右右 MAX144km スライダー・チェンジ・カーブ 香川西→関西学院大 2年目
伸びのある直球とスライダー、落ちるチェンジアップ。2年秋5勝3完封でMVP。神宮大会で16奪三振。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春: 1  0勝0敗   0  1  0  1  0  0.00 
   12秋:         登板無し
   13春: 10  6勝2敗  77.2  42  69  37  8  0.93(3位)
   13秋: 6  5勝1敗  48.2  27  42  13  7  1.29(5位)
   14春: 3  2勝1敗   20  16  16  9  3  1.35
   14秋: 2  0勝1敗   6.2  11  4  5  4  5.40
   15春: 4  0勝1敗   12  9  9  10  8  6.00
   15秋: 4  0勝1敗  9.2  7  5  10  0  0.00
   通算: 30 13勝7敗 174.2 113 145  85  30  1.55
          被安打率5.82 奪三振率7.47 四死球率4.38
    ※ 13秋:MVP 13秋:最優秀投手

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   13神: 1 先  9.2  8  16  3  3 143㌔ 中部学院大

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   11春: 1 先  7.1  10  5  5  8 139㌔ 日本文理

投手成績詳細

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   同大      0  1  0  1  0

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   立命大 先   9  6  10  3  4 ○
          4.2  6  4  3  1 ○
   近 大    3.1  0  5  1  0
           6  7  5  3  0
   同 大 先   9  4  7  5  0 ○封
       先   8  3  5  4  0 ●
   関 大 先   9  5  8  2  2 ●
         10.2  4  10  7  0 ○
       先   9  2  8  7  0 ○封
   京 大 先   9  5  7  2  1 ○
         77.2  42  69  37  8 防0.93
      被安打率4.87 奪三振率8.00 四死球率4.29

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   同 大 先   9  1  5  0  0 ○封…87球完封、3回の右前打のみ
   関 大 先  5.2  7  3  4  5 ○
       先   9  3  10  3  0 ○封
   京 大 先   9  6  4  4  2 ○
   立命大 先   7  7  9  0  0 ●
       先   9  3  11  2  0 ○封
         48.2  27  42  13  7 防1.29
      被安打率4.99 奪三振率7.77 四死球率2.40

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   京 大 先   6  6  5  3  0 ●   
       先   7  6  6  3  2 ○
   同 大 先   7  4  5  3  1 ○
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   立命大 先   4  4  4  2  2…優勝決定戦
          24  20  20  11  5 防1.88
      被安打率7.50 奪三振率7.50 四死球率4.13

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   同 大 先   3  6  2  3  2
   関 大 先  3.2  5  2  2  2 ●
          6.2  11  4  5  4 防5.40
      被安打率14.85 奪三振率5.40 四死球率6.75

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   立命大    1.2  1  2  1  0
   近 大 先  2.1  1  1  4  1
   関 大 先   6  4  6  2  3 ●
       先   2  3  0  3  4
          12  9  9  10  8 防6.00
      被安打率6.75 奪三振率6.75 四死球率7.50

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   立命大     3  2  1  2  0
   近 大 先  1.2  2  1  4  0 ●
   同 大     2  2  1  1  0
   関 大     3  1  2  3  0
          9.2  7  5  10  0 防0.00
      被安打率6.52 奪三振率4.66 四死球率9.31

  最新記事

 ■ 関学大、2季連続優勝に一歩届かず/関西学生(SANSPO) 14/5/27

 関西学生リーグ優勝決定戦(27日、関学大5-8立命大=延長十四回、皇子山)関学大は右肩に違和感があったエース宇都宮が4月12日以来のマウンドに上がったが、立ち上がりに2点を失い、3失策と乱れた守備も痛かった。打線は四、八回と2度追いつく粘りを見せたものの、2季連続優勝に一歩届かなかった。竹内監督は「最後の詰めが足りなかった。守備と打撃を鍛え、秋はもう一段レベルアップした野球がしたい」と次のシーズンを見据えた。

 ■ 宇都宮、9回16Kも関学大延長10回タイブレークで散る(スポーツ報知) 13/11/16

 大学の部では、創部115年目で初出場の関学大が中部学院大に延長10回タイブレークの末0―5で敗れたが、宇都宮健太投手(2年)が歴代4位タイとなる9回16奪三振の力投を見せた。宇都宮が壮絶に散った。9回までは最速143キロの速球とチェンジアップを織り交ぜ、毎回&全員の16奪三振。だが、タイブレークに入った10回に3ランを浴びるなど5点を失った。「9回投げるスタミナはあっても、10回投げるスタミナがなかった」と涙を見せた。春に社会人とのオープン戦で打ち込まれたのを機に、猛練習に取り組んだ。春はリーグ2位の6勝をマーク。秋は3完封を含む5勝でMVPに輝くまで成長した。49年ぶりの全国大会勝利は逃したが、今春から指揮を執る竹内利行監督(63)は「リーグ戦、関西代表決定戦、今日と期待通り。本当に最高」と2年生右腕に最敬礼した。77年大会で法大・江川卓がマークした17奪三振にあと1と迫りながらも、神宮を去ることになった宇都宮。「まだまだ甘い。もっと上を目指して練習します」と飛躍を誓った。

 鋭い腕の振りから繰り出される直球とチェンジアップで9回まで5安打16奪三振無失点の快投でした。
 高校時代は真っすぐとスライダーでしたが、現在はチェンジアップに自信を持っているようですね。

 ■ 関学大エース宇都宮完封/大学野球(日刊スポーツ) 13/11/2

 関学大(関西学生)が、エース宇都宮健太(2年=香川西)の好投で初戦を突破した。 3回に籾山雄斗内野手(4年=報徳学園)の犠飛で1点を先制し、4回に出口大恭外野手(3年=履正社)山崎裕貴主将(4年=関西学院)の適時打で2点を追加。今秋リーグMVPの宇都宮が奈良産大(近畿学生)を5安打完封した。竹内利行監督(63)は「宇都宮がよく投げてくれた。本当に宇都宮さまさまです」と2年生エースをねぎらった。

   13秋関西  回数 被安 奪三 四死 自責 
   奈産大 先   9  5  5  4  0 ○封
   奈産大 先   9  7  7  1  2 ○
          18  12  12  5  2 防1.00
      被安打率6.00 奪三振率6.00 四死球率2.50

過去記事

 ■ 関学大・宇都宮、1安打完封「出来過ぎ」/関西学生(SANSPO) 13/9/22

 関学大の宇都宮が、無四球1安打完封の快投。「出来過ぎだが、あの1安打は防げたんじゃないかとも思う」と三回に許した唯一の安打への悔しさもにじませながら、はにかんだ。降雨ノーゲームとなった7日の同大戦で左脚を肉離れした影響を見せず、直球に加えてチェンジアップもさえた「ナイスピッチング」(竹内監督)。春6勝の右腕は87球で投げきったことに「ファーストストライクが(しっかり)取れたからだと思う」と春以降、重点的に取り組んだ制球に手応えを感じた様子だった。

  プロフィール

 愛媛県四国中央市出身。
 宇都宮 健太(うつのみや・けんた)投手。
 川之江南中時代は川之江ボーイズクラブでプレー。

 香川西高では2年春からベンチ入り。
 エースとして2年秋の四国大会準優勝を達成し、4試合29.1回28三振の力投で注目を集める。
 準々決・城南戦で12K6失点完投勝利、続く高知高戦で9K1失点完投勝利。
 変化球を見極められた決勝・明徳義塾戦は、7.1回11失点(自責9)、1対15の大敗となった。
 翌選抜開幕・日本文理戦で5回1失点、7.1回8失点のホロ苦甲子園デビュー。
 大舞台での苦い経験を経てフォームを修正し、3年春の四国大会で創部初優勝を達成した。
 準決・三島戦で最速を144㌔に更新し、直球主体に4回1失点リリーフを披露。
 決勝・明徳義塾戦で9回189球の粘投を演じ、6安打11三振1失点完投勝利を収めている。
 3年夏はV候補の一角と目されながら、高松一に1対4で敗れ予選2回戦敗退。
 敗退チームから選出される四国選抜18人に入り、ハワイで行われた日米親善試合に出場した。
 当時のチームメイトに岡田孝(大阪経済大)ら。

 関西学院大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 2年春に最多1204球、計77.2回の奮闘を演じ、37四死球を出しながらも防0.93の実績を残す。
 13試合中10試合(先発6)に起用され、リーグ2位の6勝(4完投2完封)を記録。
 2年秋のリーグ戦を安定感を増した投球で制し、最多5勝(4完投3完封)でMVPに選ばれた。
 柏原史陽と投げ合った同大3回戦で、1安打5三振無四球完封の快投を披露。
 代決で奈良産大に2完投勝利(完封1)を収め、第2代表での神宮大会進出を果たしている。
 初出場初勝利を目指した神宮初戦は、中部学院大に10回TB、0対5で惜敗。
 浮いたチェンジアップを3ラン本塁打にされるなど、制球に甘さが出た10回表の5失点で敗れた。
 143㌔直球にチェンジアップを織り交ぜ、大会記録に2と迫る16三振を奪っている。
 右肩違和感を抱えた3年春を3試合2勝で終え、同年秋以降を勝ち星を挙げられずに過ごした。
 通算30試合、13勝(8完投5完封)7敗、174.2回、防御率1.55。

 176cm67kg、細身の本格派右腕。
 セットから重心を下げて早めに着地し、小さめのテイクバックを取り、肘を使った球持ちに良さのある
 鋭い腕の振りから繰り出す最速144㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の
 伸びのある直球と、120㌔前後の縦横スライダー、120㌔台のチェンジアップ、110㌔台のカーブ。
 真っ直ぐで打者の内角を突き、落ちるチェンジで空振りを奪う。粘投が持ち味。
 2年春のリーグ戦以降コントロール向上に着手し、秋に四死球率2.40(春4.29)の好結果を残した。
 神宮大会で野間峻祥から3三振(2安打)を奪っている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-12-01(火)|2017年社会人投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑