大下 誠一郎(白鴎大)|ドラフト・レポート

大下 誠一郎(白鴎大)

ここでは、「大下 誠一郎(白鴎大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm83kg 右右 MAX145km 三塁手 遠投109m 50m6秒8 白鴎大足利
どっしりした構えから強い打球を放つ右の強打者。フルスイングが持ち味。2年春から4番打者を務める。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 14 .234  47 11 2 0 1 5 3 4 1  .294  .340
   16秋: 12 .310  42 13 1 0 1 9 4 6 0  .396  .405(6位)
   17春: 11 .289  38 11 3 0 1 6 6 7 1  .400  .447
   17秋: 12 .150  40  6 2 0 0 8 8 5 3  .244  .200
   通算: 49 .246 167 41 8 0 3 28 21 22 5  .333  .347
    ※ 16秋:ベストナイン(一塁)

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 2 .625  8  5 4 0 0 4 0 1 0  .667 1.125

  最新記事

 ■ 白鴎大、連勝で勝ち点 関甲新学生野球(下野新聞) 17/9/12

 白鴎大は3-0で新潟医療福祉大に完封勝ち、2連勝で勝ち点を手にした。先発の中村伊吹が8奪三振、被安打5でリーグ初完封。打線は三回1死三塁で、金子莉久の投ゴロの間に、三走・友岡翔が好走し、無安打で先制点。八回は2死一、三塁で4番大下誠一郎が2点適時打を放ち、ダメを押した。

 ■ 白鴎大主将は新2年生・大下!阪神D1・大山先輩のあとを継ぐ(SANSPO) 17/2/14

 関甲新学生野球の白鴎大の主将に、新2年生の大下誠一郎内野手が就いたことが13日、分かった。黒宮監督は2012年秋以来の優勝へ、2年の大下を主将に起用した理由を「プロはサッカーも野球も年長がキャプテンではないし、学年の上下関係が少なくなった大学で、1年春から3番の大下を核にと考えた」と明かした。白鴎大足利高2年時のセンバツで1試合4二塁打の新記録を樹立し、白鴎大に進学。昨秋は打率・310、9打点、1本塁打で一塁手のベストナインになった大下は「(阪神D1位の)大山さんのあとを継ぐのは自分しかいないと思っている」と意気込みを明かした。

 ■ 栃木に森2世いた! シャコタン打法の白鴎大足利・大下(SANSPO) 15/6/25

 第97回全国高校野球選手権栃木大会の組み合わせ抽選会が24日、栃木・宇都宮市の栃木県総合教育センターで行われた。白鴎大足利のエースで4番、大下誠一郎投手(3年)は、風貌も似ている西武・森友哉捕手(19)のような思い切りのいいスイングが武器。“栃木のシャコタン”が、2008年以来、7年ぶり4度目の夏の甲子園へとチームを導く。「絶対に甲子園に行きたい。やり残したことがあるから」。昨春のセンバツ1回戦の東陵(宮城)戦に「3番・左翼」で出場した。1メートル72、87キロとポッチャリした体形。大下は右打者だが、重心を落としつつ打席に立つ姿は西武・森をほうふつさせる。足を上げてからバットを迷いなく振り切るのも、そっくり。“シャコタン打法”で1試合4二塁打をマークして大会記録を作った。東陵戦では5打数4安打3打点と活躍して9-1で勝ったが、2回戦の沖縄尚学戦では、救援登板して1回2/3を投げ5失点と打ち込まれたのも響き、1-8で敗戦。悔しさを胸に刻んだ。5月に行われた春の県大会では、左後頭部に死球を受けるアクシデント。吐き気をもよおすなどの後遺症もあって、本格的な打撃練習は約1カ月も休んだ。その間を体力作りにあてた結果、直球の球速は145キロにまで増した。投打とも万全の状態に近づいている。「投手としても4番としても、チームのために持てる力を出していこうとしている」と藤田慎二監督(36)も高く評価。中学時代に世界一も経験している“栃木のシャコタン”が、甲子園への切符をつかみ取る。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15夏予: 5 .412 17  7 0 0 1 5 2 7 0  .583  .588

過去記事

 ■ 【センバツ】白鴎大足利・大下、大会新の4二塁打!(スポーツ報知) 14/3/24

 白鴎大足利(栃木)は、大下誠一郎左翼手(2年)が大会新の4二塁打など15安打9点の猛打で、春初勝利を挙げた。ミスター・ダブルの襲名だ。白鴎大足利・大下が初回1死二塁から三塁線を破る先制の適時二塁打など大会新となる4本の二塁打を放ち、関東王者の実力を見せた。風に流され相手守備のミスを誘うラッキーもあったが「こんなに出るとは思わなかった。幸運な安打もあったけど打ち方は悪くなかったです」と5打数4安打3打点と活躍した。早くもプロの注目を浴びる大下は、2年生ながら副主将を任されるチームの軸。同学年をまとめることと3年生をプレーで刺激することが役目だ。昨秋に右足関節三角骨障害による手術を受けた影響で、患部に負担がかからないように術後から7キロ減量。大好きな肉も抑えて、体を絞ってきた。2回戦で沖縄尚学の山城と対戦する。「力負けしないようにどんどん振っていきたい」と気合十分だった。

   14選抜      回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:沖縄尚学  1.2  5  0  2  5 135㌔

 ■ スカウト陣の着眼点は「将来性」 明治神宮野球大会(夕刊フジ) 13/11/19

 学生野球の日本一を決める明治神宮野球大会が開催中だ。17日の第2日は神宮球場で高校、大学の部の準々決勝が行われた。今年行われる最後の全国大会とあってバックネット裏には多くのスカウトが陣取ったが、まったりモードだ。ナイロンのコートにすっぽりと身を包んだセ・リーグのあるスカウトはスピードガンやストップウオッチでデータを取ることもなく、ときおりスコアブックにメモする程度だ。チェックしているのは「ドラフト上位指名が有力な特Aランクは今大会にはいない。いま見ているのは学年に関係なく『ひとつでも光るものを持っている』というB・Cランクの選手」だという。冬も近づき、寒さが深まるこの季節。「夏からの疲れで選手の状態も良くないし、球速や結果で判断することはできない。それよりも体の強さや試合に臨む姿勢の方が今後伸びるかどうかの参考になる」と前出スカウトは説明する。この日、スカウト陣の目を引いたのは高校生。白鴎大足利(関東)で「3番・左翼」を務める大下誠一郎外野手(1年)だった。172センチと上背はないが87キロのがっしりした体格。中学時代にはボーイズリーグでオールジャパンに選出され、世界大会で優勝投手にも輝いた経歴の持ち主。3打数1安打2打点という結果だけでなく「凡打でも打球が鋭い。この時期にあれだけ振れるのは体が強い証拠。再来年が楽しみな素材」(同スカウト)と期待した。誰の目も引く“ドラ1”候補は不在でも、プロの地道な発掘作業は寒風が吹いても続けられている。

  プロフィール

 福岡県北九州市出身。
 大下 誠一郎(おおした・せいいちろう)三塁手。
 深町小1年時からソフトボールを始め、若松中時代は小倉ボーイズに所属。
 中3夏にボーイズ代表で世界大会Vを経験した。

 白鴎大足利では1年春から左翼手兼投手としてベンチ入り。
 1年生ながら関東全2戦に6番スタメンで出場し、1回戦で左中間を破る先制2点二塁打を放つ。
 前橋育英・高橋光成と対戦した翌2回戦(2対3)で4打数4安打2打点を記録。
 5番に座った同年夏の予選を4強敗退で終え、1年秋に3番(4番2試合)で関東Vを達成した。
 初4番の関東初戦・花咲徳栄高戦で、満塁一掃の中越え3点二塁打をマーク。
 3番・レフト兼リリーフとして神宮デビューを果たし、敗戦の中で先制犠飛、適時中安を放った。
 翌2年春の選抜(3番・左翼手)1回戦・東陵戦で二塁打4本の新記録を樹立。
 1回に先制の三塁線2塁打(高め直球)、3回に右中間適時2塁打(外高スラ)を放っている。
 その他4、8回に幸運な(風の影響で中堅手が目測ミス)中越え二塁打を記録。
 続く沖尚戦で先制の中安(外スラ)を放ったが、その後は山城を攻略できず1対8で大敗した。
 2年夏の県大会は田嶋大樹を擁する佐野日大に7回コールド負けで4強敗退。
 2年秋、3年春とも県大会ベスト8敗退に終わり、3年夏も打率.417の活躍及ばず4強に留まった。
 甲子園2試合、打率.625(8打数5安打)、0本塁打、4打点。

 白鴎大では1年春から3番・指名打者でレギュラー。
 同年秋のリーグ戦に一塁手(5・6番)として臨み、打率.310本1点9でベストナインを初受賞した。
 通算49試合、打率.246、41安打、3本塁打、28打点。 

 175cm83kg、ガッチリとした体格の三塁手。
 どっしりとした構えから鋭いスイングで強い打球を弾き返す右の強打者。フルスイングが持ち味。
 長打力のあるバッティングで高1夏の県大会から中軸打者として起用された。
 左翼手レギュラーを経て4番・サード(3年夏)としてプレー。145㌔を計時する強肩を備える。
 141㌔直球が藤田監督の目に留まり、福岡県から白鴎大足利に進学した。
 主に救援で投手としてもチームに貢献。中学時代に内野、投手で世界大会を経験している。
 持ち球はスライダー、カーブ、フォーク。ベンチプレス110キロ。

  スカウトコメント

プロスカウト|13/11/19
 「凡打でも打球が鋭い。この時期にあれだけ振れるのは体が強い証拠。再来年が楽しみな素材」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-04-21(土)|2019年大学生野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑