外崎 修汰(富士大)

ここでは、「外崎 修汰(富士大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



外崎 修汰(富士大)

177cm75kg 右右 遊撃・二塁 弘前実業 遠投110m 50m6秒0
走攻守揃ったセカンド。選手権で内角球を三塁線に飛ばす2塁打。3年秋盗塁王、4年秋首位打者。
2014年西武3位(契約金5000万円、年俸1200万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11春: 1 1.000  1  1 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000
   11秋: 5 .077  13  1 1 0 0 3 2 0 0  .077  .154 
   12春: 2 .000  3  0 0 0 0 0 2 0 0  .000  .000 
   12秋: 9 .324  34 11 3 1 0 9 4 4 1  .395  .471(8位)
   13春: 10 .306  36 11 2 1 2 8 8 5 1  .390  .583
   13秋: 10 .226  31  7 1 0 0 4 2 8 8  .385  .258
   14春: 10 .244  41 10    1 8
   14秋: 10 .432  37 16 3 2 1 9 3 8 2  .533  .703(1位) 
   通算: 57 .291 196 57    4 41
    ※ 12秋:打点王 13秋:盗塁王 14秋:首位打者
      14秋:優秀選手賞 14秋:ベストナイン(二塁手)

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12神: 2 .000  5  0 0 0 0 0 1 1 0  .000  .000
   13選: 3 .364  11  4 2 0 0 2 1 0 3  .364  .545
   14選: 1 .333  3  1 0 0 0 0 0 1 2  .500  .333
   14神: 1 .333  3  1 0 0 0 0 2 0 1  .333  .333
   通算: 7 .273  22  6 2 0 0 2 4 2 6  .333  .364

  最新記事

 ■ 【西武】ドラ3外崎やる気満々!雄星と“岩手ライン”結成(スポーツ報知) 14/11/26

 西武からドラフト3位で指名された富士大の外崎修汰内野手(21)が25日、岩手・雫石町内のホテルで入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸1200万円(金額は推定)で基本合意した。走攻守のそろった二塁手は、1年目からの1軍定着が目標。無事に契約合意した外崎は「こんな大きな金額は初めてなので、びっくりして実感が湧きません。自分に見合っているのかなと不思議です」と目を丸くした。「外崎が打って雄星が抑える」を西武の新必勝パターンにする。西武・水沢スカウトは「今年は雄星が投げた時は打線が打てなかった。(富士大で1学年先輩の)山川と内野を固めて援護してほしいですね」と“チーム岩手”の活躍に期待する。外崎も「自分もそう思っていました。同じ岩手で育って、同じものを持っていると思う。試合で使ってもらえるように頑張りたい」とやる気満々だ。岩手が生んだ快速左腕とは、外崎は弘前シニアに所属していた中学時代に対戦した縁もある。「キャッチボールを見ただけでもすごかった。ステップもせず、すごい距離を投げていました」。1学年上の左腕に圧倒されながらも、ヒットを1本放ったという。この日の会見場には、弘前でりんご農家を営む外崎の実家から、りんご1箱が届き、報道陣にもお裾分け。「契約金で実家のりんごをたくさん買って、お世話になった人たちに配りたい」という孝行息子。来季の活躍次第では「Lマーク入りのりんごを作る? いいですね。良さを広めていけたら」とルーキーイヤーから大暴れして“所沢のリンゴ・スター”となる。

 ■ ドラフト指名同士が対決 西武3位・外崎とロッテ4位・寺嶋(産経ニュース) 14/11/14

 富士大の外崎は西武の3位指名を受けた快足自慢の二塁手。創価大の捕手はロッテ4位指名の寺嶋。同じパ・リーグで活躍が期待される2人の足と肩が対決した。一回2死から外崎が50メートル6・0秒の俊足を生かし、内野安打で出塁。次打者の初球にすかさず二盗を決めると、右前打で先制のホームを陥れた。「あの盗塁は自分の判断。大事なのはスタートの思い切りのよさ」と外崎。「捕って投げるまで少し遅れたが、(外崎は)速いですね」と寺嶋は素直に相手をたたえた
 西武からドラフト3位指名を受けた富士大・外崎は3番・二塁で出場し、第1打席に内野安打を放ったが、続く2打席は三振。「自分たちの力を出し切れずに終わってしまった。悔いが残る」と肩を落とした。プロでは20年間現役でいることが目標。「入団までに一から体づくりをして、故障の少ない強い選手になりたい」と気を引き締めた。(西日本スポーツ)

 打ち損じた弱い当たりで二塁内野安打(一塁到達4.1秒台)。全国大会7試合で6盗塁目です。

 ■ 西武、富士大・外崎選手に指名あいさつ(asahi.com) 14/11/5

 プロ野球西武ライオンズの渡辺久信シニアディレクター(SD)と水沢英樹スカウトが4日、花巻市の富士大学を訪れ、ドラフト会議で3位で指名した外崎修汰選手(21)に指名あいさつした。外崎選手は「プロの選手になるんだ、との実感がわいた」と話し、渡辺SDは「即戦力。1年目からレギュラーを目指して欲しい」と励ました。青木繁理事長と藤原隆男学長らも出迎えた。渡辺SDは西武には東北の選手が多く、チームカラーも明るいので、早く慣れてチームの中に入っていって欲しいと話したという。外崎選手には西武の田辺徳雄監督が「頑張れ」と書いた色紙なども贈った。記者会見で外崎選手は「チャンスを多くもらえると聞いたので、しっかり準備をして春のキャンプからアピールしたい」。渡辺SDは「強靱な体でけがをしないのが魅力キャプテンシーを持っており、そういう選手が内野に入ることでチームもだいぶ変わると思う」と話した。ポジションについては「どこでも守れると試合に出られるチャンスが多いので、内野全般の練習をすることになる」と話した。

過去記事

 ■ 富士大、2年ぶり神宮!西武ドラ3・外崎がV打演出(スポーツ報知) 14/10/28

 決勝が27日、岩手・花巻球場で行われ、富士大(北東北1位)が八戸学院大(北東北2位)を12―3で破り、2年ぶり2度目の明治神宮大会出場を決めた。エース右腕の多和田真三郎(3年)が5回を投げ3安打1失点(自責1)、10奪三振の力投。打っては、西武からドラフト3位で指名された外崎修汰内野手(4年)が初回に先制&決勝点の起点となる左翼線二塁打を放つなど5打数2安打の活躍。投打の主役が躍動し、昨年の決勝で敗れた相手に雪辱を果たした。八戸学院大には昨秋の代表決定戦で敗北。さらに今秋の北東北リーグで唯一、黒星を喫した相手だった。雪辱にかける強い思いを、初回からぶつけた。1死一塁。「初球から思い切って行く」。内角の変化球。外崎が力強くバットを振り抜くと、痛烈な打球が三塁線を破った。1死二、三塁の好機を作ると、5番・浜田祥伍内野手(2年)が左前へ2点適時打。4回に1点、5回にも4点を加えた。6点のリードを奪っても、攻撃の手は緩めなかった。7回1死。外崎が中前安打で出塁すると、二盗に成功。その後に1死満塁のチャンスを作って、味方打線はさらに1点を奪取。19安打の猛打を呼び込んだ外崎を、西武の水沢英樹スカウト(45)も「良い状態に戻ってきている」とたたえた。

 ■ 富士大・外崎がプロ志望届 北東北大学野球制覇に貢献(岩手日報) 14/9/25

 北東北大学野球秋季リーグ1部を制した富士大の外崎修汰主将(4年、青森・弘前実)が24日、プロ志望届を提出した。本県関係選手のプロ志望届提出は今季2人目。外崎は175センチ、72キロの右投げ右打ち。走攻守3拍子そろった二塁手で、巧打と広い守備範囲が魅力だ。富士大では1年春からリーグ戦に出場。2年秋からレギュラーに定着し、2年秋に打点王、3年秋に盗塁王に輝いている。4年春から主将を担い、同校29年ぶりの春秋優勝に貢献今秋は打率4割3分2厘で首位打者と優秀選手に選ばれた。現在は来月行われる明治神宮野球大会の東北地区代表決定戦に向けて練習を続けている。外崎は「青森県出身のプロ野球選手が少ないので、1軍で活躍し子どもたちに夢を与えたい。自分の夢をかなえるためにも決心と責任を持って残り少ない大学生活を過ごしたい」と笑顔で語った。

 3年秋・4年春と2季連続で打率2割台でしたが、今秋は既に15安打6長打と打撃好調のようです。

 ■ 外崎、復活だ!全日本初戦で昨年逆転二塁打の福岡大と対戦(スポーツ報知) 14/6/4

 10日開幕の全日本大学野球選手権に出場する富士大の主将・外崎(とのさき)修汰内野手(4年)=弘前実=が、不調だったリーグ戦の“汚名返上”に燃えている。「リーグ戦はチームのことで精いっぱいだった。神宮ではチームの仕事をこなしながらチャンスで1本打ちたい」。外崎が堂々と宣言した。2季ぶりの優勝を果たした今季、個人的には精彩を欠いたままだった。打率はレギュラーの中で最も低い2割4分4厘。守備でも、昨秋までの二塁手から遊撃手にコンバートされた影響が出たのか、10試合で9失策と、走攻守3拍子そろうプロ注目の選手らしからぬ成績だった。それでも「以前より(気持ちを)切り替えられるようになった」とプラス思考。居残り練習を重ねて打撃の状態は上向いてきた。加えて福岡大には、いいイメージが残っている。昨年大会の2回戦で相手のエース左腕・唐仁原志貴と対戦。2―3の5回2死二、三塁で左翼線へ逆転の2点適時二塁打を放った。「(安打は)たまたまです」と話す外崎だが、「球の出どころも見づらいけど、打ったイメージは残っている」。好感触を持ってリーグ戦の悔しさを晴らすつもりだ。豊田圭史監督(30)は「全国にいったらやるイメージがある」と期待。外崎も「初球から思い切り振っていく」と意気込む。

 ■ 富士大・外崎、目標は大学日本一と秋のプロ入り“メダルラッシュ”誓う(SANSPO) 14/2/13

 北東北大学野球リーグの富士大(岩手)が17日に恒例の沖縄キャンプに出発する。今秋ドラフト上位候補の主将、外崎修汰内野手(3年=弘前実高)は12日、同大施設内で練習を行い、土の上でのキャンプインを待望。また、ソチ冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢(15)の銀、平岡卓(18)の銅メダル獲得に刺激を受けたことを明かし、自らも“メダルラッシュ”の1年にすることを誓った。19日から沖縄・渡嘉敷島でキャンプイン。その後3月11日から28日まで関東遠征と約1カ月半の長丁場だが、「張り切りすぎずやる」と初めて沖縄の土を踏んだ2年前と違う余裕をのぞかせた。試したいことは山ほどある。今季から高校以来務める遊撃手のポジショニングもそう。打撃は力強さを求め、このオフは1日5食で体重を「80キロ近くまで」増量、積極的でなかったウエートトレにも力を入れ、ベンチプレスは105キロを挙げた。外で、強い打球を実感するつもりだ。「(リーグ戦で)ベストナインを取っていないので、取りたい。個人的に良くなればチームにもつながる」。続く目標は大学日本一、秋のプロ入りだ。くしくも用意した遊撃手用グラブはソチ五輪日本代表公式ウエアと同じデサント社製。“メダルラッシュ”の1年にするべく、外崎がスタートを切る。

 ■ 富士大逆転勝ち2年ぶり8強/大学野球(日刊スポーツ) 13/6/14

 富士大は福岡大に逆転勝ちし、2年ぶりの8強入りを果たした。5回だ。2番大出篤内野手の2点適時打で2-3と迫り、なおも2死二、三塁。3番外崎修汰内野手(3年=青森・弘前実)が内角直球をうまくさばき、三塁線を破る2点適時打を放った。4-3。すでに2年生で大学日本代表候補入りしている左腕、唐仁原志貴(宮崎・小林)をこの回でKOした。9回にも1点を奪って5-3で逆転勝ちした。

  プロフィール

 青森県弘前市出身。
 外崎 修汰(とのさき・しゅうた)二塁手。
 桔梗野小4年時から軟式野球を始め、弘前四中では弘前白神シニアに所属。

 弘前実業では1年春から遊撃手でレギュラー。
 旧チームからリードオフマンとして活躍を演じ、2年秋以降は主将としてもチームを牽引した。
 3年夏は青森東に6対8で敗れ県大会3回戦敗退(10打数4安打3打点)。
 3試合いずれも4番・ショートとして起用され、初戦・東奥義塾戦で逆転2ランを放っている。
 県大会8強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 富士大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 2年秋になって3番・セカンドとしてレギュラーを掴み、打率.324(8位)点9の活躍で打点王に輝く。
 八学大との天王山2回戦で3安打4打点、プレーオフで逆転2点打含む3安打。
 3年春のリーグで2本塁打8打点の活躍を演じ、3年秋に盗塁王(8個)のタイトルを獲得した。
 4年春からキャプテンとしてチームを牽引し、29年ぶりの春秋リーグ連覇を達成。
 打率.432(37打数16安打)を記録した秋に、優秀選手・首位打者・ベストナインを受賞した。
 全国大会には3年(8強)・4年春の選手権、2年(4強)・4年秋の神宮に出場。
 3年春の大学選手権で11打数4安打2二塁打、3戦2打点3盗塁の好成績をマークしている。
 外の直球を逆方向に弾き返す右前打など、左腕・白濱尚貴から2安打3盗塁。
 2回戦では唐仁原志貴の内角高め直球を捌き、三塁線に鋭く弾き返す逆転の2点適時打、
 大森健志の外角スクリューを左中間と、2二塁打の活躍で8強入りに貢献した。
 2回2死二塁からセーフティバントを仕掛けられ、慌てたサード山川が一塁悪送球した際には、
 傷口を最小限に留めるカバーを見せ、素早い本塁送球で補殺を記録している。
 4年春1回戦では癖を盗み楽に二盗を決めるなど、2盗塁で持ち前の走塁センスをアピールした。
 北東北大学リーグ通算57試合、打率.291、57安打、4本塁打、41打点。

 177cm75kg、俊足好打好守の三拍子揃った二塁手。
 北東北大学リーグ通算4本塁打。振り切るスイングで広角に打ち分ける右の好打者。
 4年秋に打率.432(37打数16安打)、6長打(二3・三2・本1)をマークした。
 内角直球を巧みにさばいて鋭い打球を放ち、外に沈む変化球を拾い左中間フェンス際まで飛ばす。
 球際に強く動きの良い二塁手(その他ショート、サード)。守備範囲が広い。
 右打者で一塁到達4.3秒台の俊足を備え、 3年秋に盗塁王(8個)のタイトルを獲得した。
 3年春選手権では左腕から二盗3個を決める積極的な走塁を見せている。

  スカウトコメント

西武・水沢スカウト|14/11/26
 「今年は雄星が投げた時は打線が打てなかった。(富士大で1学年先輩の)山川と内野を固めて援護してほしいですね」
 「既に勝負は始まっていると彼に伝えた。最低でも今の体を維持して年明けの自主トレに臨んでほしい。山川君と一緒に内野を固めてほしい」
西武・渡辺久信シニアディレクター|14/11/5
 「即戦力。1年目からレギュラーを目指して欲しい。強靱な体でけがをしないのが魅力。キャプテンシーを持っており、そういう選手が内野に入ることでチームもだいぶ変わると思う」
西武・水沢英樹スカウト|14/10/28
 「良い状態に戻ってきている」
西武・編成部(アマチュア担当)|14/10/23
 「実家のりんご農園で鍛えられた丈夫な身体が武器。走攻守バランスの取れたプレーヤー」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2014-11-26(水)|2014年ドラフト指名選手 | 北東北大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | 北東北大学 コメント(0) Page Top↑