下川 知弥(NTT東日本)

ここでは、「下川 知弥(NTT東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



174cm73kg 右左 二塁・遊撃 遠投105m 50m6秒3 筑陽学園→駒大 2年目
通算80安打、広角に打ち分ける好打者。打率3割を4度マーク。4年春5失策と守備に不安を残した。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   15日: 3 .125  8  1 0 0 0 0 1 2  .300  .125

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11春: 5 .167  6  1 0 0 0 0 1 1 0  .286  .167 
   11秋: 4 .250  4  1 0 0 0 1 2 0 0  .250  .250
   12春: 11 .371  35 13 2 0 0 5 4 3 0  .421  .429(3位)
   12秋: 10 .333  42 14 1 0 0 8 5 3 0  .378  .357(4位)
   13春: 13 .353  51 18 3 2 1 3 3 3 0  .389  .549(7位)
   13秋: 13 .239  46 11 1 0 0 2 8 8 4  .352  .261
   14春: 11 .333  39 13 2 1 0 6 2 3 2  .381  .436(5位)
   14秋: 15 .180  50  9 0 0 0 0 9 5 1  .255  .180
   通算: 82 .293 273 80 9 3 1 25 34 26 7  .355  .359
    ※ 12秋:ベストナイン(三塁)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14神: 3 .222  9  2 0 0 0 0 0 2 1  .364  .222

  最新記事

 ■ 駒大・下川、3安打2打点に笑顔「積極的に初球からいった」/東都(SANSPO) 14/4/17

 東都大学春季リーグ第2週第2日(16日、駒大5-1青学大、神宮)2回戦2試合を行い、駒大は下川知弥内野手(4年)の3安打2打点の活躍などで青学大を5-1で下し連勝、勝ち点を2とした。3番・下川が二回の先制の2点二塁打など3打数3安打2打点と躍動。「きのう(15日)は(完封した)今永に勝たせてもらった。きょうは野手全員でがんばろうと、積極的に初球からいった」と笑顔がはじけた。今季19打数8安打、打率・421と好調だが、「首位打者? 狙いません。後ろ(4番)に(ドラフト候補の)江越がいるから、つなぐだけです」と照れた。

 ■ 打撃好調の下川「絶対勝つ」(西日本スポーツ) 13/5/14

 3番を打つ3年生の下川もヤマ場の一戦を心待ちにしている。「勝てば目標の優勝が近づくし、わくわくしている。亜大には入学してから一度も勝っていないので絶対に勝ちたい」。好調のバットで勝利に貢献する。リーグ戦全7試合に出場し、打率3割7分9厘(29打数11安打)をマーク。専大戦(4月9日)では、9回2死から右越えのサヨナラ本塁打を放った。「センター返しを心掛けているが、今年は長打も増えている」。神宮球場での第1号で、しかも野球人生初の劇弾に手応えを感じている。筑陽学園高時代から注目され、1年春からリーグ戦出場。2年秋にはベストナインに選ばれ、リーグ戦の通算打率も3割4分5厘と結果を残している。それでも「順調とは言えない」と満足する気持ちはない。プロ入りという明確な目標を抱いているからだ。「守備がまだまだ。4年までに少しずつうまくなれば」。謙遜の言葉とは裏腹に強肩も魅力。亜大との試合にはプロのスカウトも訪れる可能性が高く、チームの優勝とともに自らのアピールの場にもする。

 ■ 駒大・下川、人生初のサヨナラ打/東都(SANSPO) 13/4/9

 東都大学野球春季リーグ第1週第2日(9日、専大4-5x駒大、神宮)駒大が下川のサヨナラ本塁打で連勝した。4-4の九回2死から、初球の真ん中高めを見逃さず右翼へ打ち込んだ。下川は「サヨナラ打は人生初めて。次が4番の江越だから出塁することを考えた」とリーグ戦初本塁打を振り返った。西村監督が下川の長所という「思い切りのよさ」が劇的な一発につながったようだ。

  プロフィール

 福岡県北九州市出身。
 下川 知弥(しもかわ・かずや)二塁手。
 大原小学校時代にソフトボールを始め、八児中では若松アンビシャスに所属。

 筑陽学園では2年夏に8番・ショートとして県準Vを経験。
 東福岡高戦でチーム4安打中2安打を打ち、全3打点(3対0で勝利)を挙げる活躍を見せた。
 3年夏の大会(3番で3試合4安打)は、飯塚高に5対7で敗れ県5回戦敗退。
 巧打好守の好ショートとして注目されながら、エラーにより追加点を許す悔しさを味わっている。
 県大会準優勝が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 駒大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 2年春に三塁手としてレギュラーの座を獲得し、主に9番で打率.371(3位)点5の好成績を残す。
 4番・白崎浩之の前を任された2年秋に、打率.333点8でベストナインを初受賞。
 3年春にリーグ3位の18安打、チーム1位の打率.353を記録し、勝点4での2位浮上を果たした。
 優勝がかかる一戦で痛い失策もあったが、遊撃に戻った守備でもチームに貢献。
 専修大2回戦でレフトフェンス直撃のツーベース、右越えリーグ戦1号サヨナラソロを放っている。
 青学大1回戦で中越えタイムリー三塁打、右中間フェンス直撃三塁打をマーク。
 打撃不振に陥った3年秋は、打率.239と振るわず、3勝10敗、勝ち点0で最下位転落となった。
 4年春に4度目の打率3割を記録するも、5失策と遊撃守備で不安定さを露呈。
 4年秋に3番・右翼手レギュラーとして、26季ぶりリーグ優勝、13年ぶりの神宮大会Vを経験した。
 通算82試合、打率.293、80安打、1本塁打、25打点、7盗塁。

 NTT東日本では1年目から公式戦に出場。
 1年目から二塁手としてレギュラーの座を獲得し、秋の選手権全3試合に2番でスタメン出場した。
 二大大会通算3試合、打率.125、1安打、0本塁打、0打点。

 174cm73kg、攻守にバランスの取れた二塁手。
 振り切るスイングで広角に打ち分ける左の好打者。思い切りの良いバッティングで長打を飛ばす。
 東都一部リーグ通算80安打、レギュラーを任された6シーズンで4度3割を記録した。
 3年秋にリーグ2位の4盗塁。50m6秒3、一塁到達タイム4.1秒前後を計時する脚力を備える。
 守っては一歩目の反応良く守備範囲が広い内野手。4年春5失策の粗さが課題。
 駒大ではサードを経て3年春から遊撃手。4年秋にライトを経験した。遠投105mの強肩も魅力。
 社会人入り後は2番・セカンドとして起用されている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-02-14(日)|2016年社会人野手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
2017年都市対抗野球決勝戦、均衡を破るバックスクリーン左への3ランで優勝を決めた! 魅せた!
| masas | 2017年07月27日(Thu) 07:59 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年社会人野手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑