星 兼太(東洋大)

ここでは、「星 兼太(東洋大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



星 兼太(東洋大)

177cm80kg 左左 外野手 遠投90m 50m6秒4 日本文理
ミート力ある左の好打者。長打力を兼備する。高2夏甲子園で10安打。佐野晧大からライト中段弾。

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13夏: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   14春: 1 .500  6  3 1 0 0 1 2 0 0  .500  .667
   14夏: 5 .500 20 10 1 0 1 3 2 3 0  .565  .700
   通算: 7 .481 27 13 2 0 1 4 5 3 0  .533  .667

  最新記事

 ■ 日本文理・星、悔し涙「つらい一年だった」(SANSPO) 15/7/27

 第97回全国高校野球選手権大会新潟大会決勝(26日、中越7-2日本文理、ハードオフ新潟)「つらい一年だった」。試合後、涙を抑えながら振り返った星兼太外野手。思い切りの良い打撃が身上だ。昨夏は2年生ながら甲子園で4強入りしたチームを1番打者として牽引した。新チームでも周囲から期待された。だが、後輩を気持ちよくプレーさせようなどと考え過ぎて、結果が出せない日々が続いた。チームの調子もなかなか上向かなかったが、春の大会が16強で終わったことで、ようやくまとまってきたという。夏の大会も準々決勝まで16打数3安打。準決勝の新潟戦のベンチで大井監督に「今度凡退したら代えるぞ」と叱られた。その直後、右翼本塁打で試合を決めた。この日も「初回を大事にしていこう」と気合を入れ先頭打席へ。「スライダーがいいところへきた」と右前打で出塁した。その後、快音は聞かれず、九回1死一塁では初球を打って二ゴロ。高校最後の打席は悔いを残して終わった。「でも、日本文理で野球ができてよかった。人間としてあるべき姿を学べた。後輩には強い文理を築いてほしい」。ようやく笑顔が戻った。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15夏予: 6 .208 24  5 1 0 1 5 4 3 0  .296  .375

 ■ 星「来年は優勝する」=高校野球・日本文理(時事ドットコム) 14/8/24

 日本文理のリードオフマン、2年生の星は2安打を放ったが、ホームを踏めなかった。3年生主体のチームで不動の1番。広角に打ち分ける好打者は今大会、初戦で本塁打を放つなど長打力も発揮した。敗れた後、3年生に「これからはお前が引っ張っていけ」と声を掛けられたという。「先輩たちの最後まで諦めない姿勢を見てきた。自分が軸になって、来年こそ全国制覇を果たしたい」と誓った。

 ■ 夏の高校野球:日本文理・星 長打が魅力の1番打者(毎日jp) 14/8/12

 手応えは「これまでで一番」だった。しかし「もしかしたら」が頭をよぎり、打球の行方を見ずに走った。1点を勝ち越した直後の七回無死二塁、低めの直球を強振。右翼席中段まで届いたことは、歓声で知った。中学時代はリトルシニアの日本代表。「長打が打てる1番打者が好き」という大井監督の期待を背負い、入学直後からトップバッターを務めて3季連続の甲子園出場に貢献した。守備でも四回、本塁への好返球で走者を刺し、得点を阻んだ。「自分らしいプレーができた」。日本文理は、中京大中京(愛知)との2009年夏の甲子園決勝で、6点を追う九回2死無走者から1点差まで迫った猛攻が記憶に新しい。大井監督は「今の打線は淡泊。09年の方が粘りがあった」と比較する。ただ、こうも付け加えた。「でも、今年は星の魅力がすごいからなあ」。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 6 .333 21  7 2 0 0 2 3 4 0  .440  .429

過去記事

 ■ 豊川、十三回サヨナラ勝ち!延長戦制し甲子園初勝利/センバツ(SANSPO) 14/3/22

 春夏通じて初出場の豊川が、優勝候補の一角、日本文理相手に今大会初の延長戦の末、十三回に5番・佐藤がサヨナラ打を放ち4-3で勝利した。序盤から両先発投手が持ち味を発揮。日本文理・飯塚、豊川・田中はともに140キロ台の速球を投げ込み、得点を与えない。七回までお互い許した安打は3本で0-0が続いた。先制したのは日本文理。八回、安打と四球で一死一、二塁から1番・星が中越え適時二塁打を放ち、待望の1点を奪った。1点を追う豊川は九回二死二塁から、6番・武市が右前打。相手守備陣の乱れをついて、ニ走が生還し、土壇場で同点に追いつき、今大会初の延長戦に突入した。豊川は十三回一死から、四球と犠打で二死二塁とすると5番・佐藤が左中間に豪快に運ぶサヨナラ打。九回に同点とし、十回にも2点差を追いついた末のうれしい甲子園初勝利となった。

        試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春新 潟: 6 .560 25 14 4 3 0 12          .960
   14春北信越: 3 .267 15  4 0 0 0 1 2 2 0  .353  .267
   14春通 算: 9 .450 40 18 4 3 0 13          .700

 ■ 雰囲気変えた本塁打--日本文理・星兼太選手(1年)(毎日jp) 13/10/14

 高々と上がった打球は右翼スタンドに吸い込まれた。一塁を回ったところで右手を2回空に突き上げた。七回の打席。日本文理の星兼太選手(1年)は、富山第一の石川達弥投手(2年)の内角直球を完璧に捉えた。公式戦で自ら初の本塁打は、0-0の均衡を破る先制点となり、試合後「太陽が打球と重なって行方がよく見えなかったが、入って良かった」とはにかんだ。優勝を目標にチーム一丸となって臨んだ大会だったが、文理は奮闘するエースを援護できずにいた。しかし、星選手の本塁打で先制すると、次の八回には一挙3点。「本塁打は一瞬で雰囲気を変える。よく打ってくれた」と大井監督も満足げだった。星選手は中学時代、全米選手権大会の日本代表としての出場経験もあり、「ミートがうまい」(大井監督)打撃への期待は大きい。次は準決勝。「自分の役割をこなしたい」と気を引き締めた。

        試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13秋新 潟: 6 .350 20  7 3 2 0 7 3 4 0  .458  .700
   13秋北信越: 4 .526 19 10 0 0 1 2 3 1 0  .550  .684
   13秋神 宮: 3 .308 13  4 1 0 1 3 2 0 0  .400  .615
   13秋通 算: 13 .404 52 21 4 2 2 12 8 5 0  .456  .673

  プロフィール

 新潟県見附市出身。
 星 兼太(ほし・けんた)外野手。
 小学2年から見附ドジャースで野球を始め、見附中では長岡東シニアで投手、外野手。
 レフトを務めた3年夏の全米選手権(準V)でベストナインを獲得した。
 チームで唯の一フルイニング出場を果たし、主軸打者として初戦で3ランを記録している。
 代表メンバーに加藤雅樹平湯蒼藍ら。

 日本文理高では1年春からベンチ入り。
 積極性を買われて1番・中堅手として起用され、初戦で左越え同点二塁打、左前安打を放つ。
 1年夏に17打数6安打2打点を記録し、飯塚悟史を擁して2年ぶり県Vを達成。
 甲子園では代打1打席(三振)と活躍できず、チームも大阪桐蔭に敗れ1回戦敗退となった。
 秋に県V、北信越V、神宮準Vを遂げ、主に1、3番で打率.404本2点12をマーク。
 北信越大会で19打数10安打の好成績を残し、1年生ながらプロからの評価を獲得している。
 準々決・富山一戦で内角直球をライトに放り込む公式戦1号先制ソロを記録。
 神宮大会・準決勝で右中間への適時2塁打、決勝で右越え先頭弾(初球カーブ)を放った。
 翌選抜は1番で3安打1打点と健闘するも、13回3対4サヨナラ負けで初戦敗退。
 豊川高校・田中空良の外角ストレートをとらえ、8回1死から中越え先制2塁打を放っている。
 2年夏に広角10安打(左4・中3・右3)の活躍で1番打者として全国4強を経験。
 甘い直球を右翼中段に叩き込む2ラン弾など、大分・佐野晧大から3安打1四球を記録した。
 2年秋は県打率2割台と調子を落とし、チャンスで打てず北信越大会8強敗退。
 翌3年春に12打数5安打、本1点6を記録するも、夏予選では再び打率.208本1点5と苦しんだ。
 1学年上のチームメイトとして飯塚悟史ら。

 177cm80kg、打撃センスに優れた外野手。
 シャープなスイングで広角にはじき返すミート力ある左の好打者。積極的なバッティングが持ち味。
 高校入学直後に行われた練習試合で3打席連続弾の鮮烈デビューを飾った。
 甲子園でライト中段まで飛ばす本塁打を記録。長打力を兼ね備え、逆方向にも長打を放つ。
 2年春に県大会打率560をマーク。甲子園3大会で打率.481の実績を残した。
 50m6秒4、左打者で一塁到達タイム4.2秒台から4.3秒台を計時するまずまずの脚力の持ち主。
 1年春から1、3番の中心打者としてチームを牽引する。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-09-08(火)|2019年大学生野手 | 東都大学 コメント(5) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
西川(日ハム)を彷彿させるわ
| 名無し | 2015年07月03日(Fri) 16:43 | URL #- [ 編集]
凄いバッターになれる素質が彼にはある。
| あひるの兄妹! | 2014年11月01日(Sat) 09:44 | URL #tHX44QXM [ 編集]
同じく日本文理の準優勝メンバーの高橋準之介も2年時に甲子園で大活躍して3年時にさらなる飛躍が期待されたがパッとせず終わってしまった
星くんはこれからも伸び続けてプロに進んで欲しい。
| J | 2014年10月21日(Tue) 10:27 | URL #- [ 編集]
凄く綺麗なホームランだった
| 匿名 | 2014年08月13日(Wed) 12:04 | URL #- [ 編集]
頑張れ
| 匿名 | 2013年12月30日(Mon) 18:15 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 東都大学 コメント(5) Page Top↑