横浜DeNAベイスターズ/ドラフト2014

ここでは、「横浜DeNAベイスターズ/ドラフト2014」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらでは横浜2014年ドラフト情報をまとめて掲載しています。

  2013年指名選手

 【1位】柿田(日 生)投 【2位】平田(ホンダ熊)投 【3位】嶺井(亜 大)捕 
 【4位】三上(JXエネオス)投 【5位】関根(東邦高)外 【6位】山下(松本大)左 
 【育1】砂田(明桜高)左 【育2】萬谷(ミキハウスR)投 
  過去記事:2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年
  過去ドラフト指名選手

  注目選手リスト・リンク

 【上位】 浜田(九産大)左 倉本(日新薬)
 【候補】 宗 (横浜隼)内 高濱(横浜高)内 浅間(横浜高)外 佐藤(東相模)
     清水(九国付)捕 栗原(春江工)捕 小野(西短付)投 岩下(星稜高)
     飯塚(日文理)投 風張(東農北)投 古澤(九国付)内 脇本(健高崎)
     野間(中部学)
 
-- コメント ----------------------------
 【右】                | 高橋(前橋育)   佐野(大分高)
                    | 菅野(小高工)× 谷中(下館工)× 
                    | 都藤(飾磨高)× 松本(明石商)×
 【左】 高梨(早 大)×        | 中嶋(滋賀学)  小島(浦和学)× 
                    | 森田(富山商)× 田嶋(佐野日)×
 【捕】                 |    
 【内】                | 岡本(智弁学)  
 【外】                | 
-- 視察情報 ---------------------------- 
 【右】 田中(京都大)         | 鈴木(雪谷高)  藤井(山陽高)
                    | 宮尾(富山工)  河端(高岡商)×
                    | 西口(山本高)× 伊藤(小山台)× 
 【左】 戸根(日 大)         | 塹江(高松北)  
 【捕】                |   
 【内】 中村(早 大)         | 香月(大阪桐) 
 【外】                |  

  最新記事

 ■ キヨシ監督「観音様頼み」で有原引く(デイリースポーツ) 14/10/23

 横浜市内の球団事務所ではスカウト会議が開かれた。高田GMは「一番欲しい選手にいく」と最高評価の早大・有原1位に決めた。会議に出席していない中畑監督には「言うわけがない」と当日まで知らせない方針だ。中畑監督も「教えてくれないんだ。オレは口が軽いからな」と苦笑。「新しいネクタイで行く。勝負パンツ?ユニクロの黒いやつだな。最近気に入っているんだ」。長年愛用してきた白のブリーフから、勝負パンツを変更。万全?の準備で引き当てる。

 ■ 横浜DeNAスカウト会議 即戦力投手中心(神奈川新聞) 14/10/18

 横浜DeNAは17日、横浜市中区の球団事務所で中畑監督も参加してスカウト会議を開き、1位指名候補有原航平投手(早大)や山崎福也投手(明大)、野村亮介投手(三菱日立パワーシステムズ横浜)らに絞り込んだ。約70人をリストアップし、吉田孝司編成・スカウト部長は「(大卒、社会人の)即戦力投手が中心」と説明した。23日のドラフト会議直前の22日にも会議を開き、絞り込みを行う予定。就任4年目を迎える中畑監督は「即戦力が欲しい。来年1年が勝負。先発でも中継ぎでも左の投手が補強のポイント」と要望。一方で今季、失策の目立った二遊間についても補強の重点ポジションとし、「守り勝つ野球にはきちっとした守備力のある選手が欲しい」とも話した。また指名が重複した場合は指揮官がくじを引くという。高卒の選手では、安楽智大投手(愛媛・済美高)や横浜市出身の松本裕樹投手(岩手・盛岡大付高)らも上位指名候補として挙がった。高田繁ゼネラルマネジャーは「故障を抱えたり、調子を落としたりしているので見極めが難しい」と直前まで絞り込みを続ける方針を示していた。
  明大・山崎、ヤマハ・竹下即戦力左腕を競合覚悟で1位で指名する公算が大きくなった。(スポニチ)

 ■ DeNA、早大・有原でドラ1一本化(日刊スポーツ) 14/10/18

 DeNAが23日のドラフト会議で早大・有原航平投手を1位指名することが17日、濃厚となった。横浜市内の球団事務所でスカウト会議を開き、約3時間30分ビデオで上位指名選手を確認。中畑監督も初めて同席し、高田GMや吉田編成・スカウト部長らに即戦力投手の指名を依頼したという。高田GMは「決めるのは当日」と明言は避けたが、有原はスカウト陣からの評価も高く一本化したとみられる外れ1位候補には松本裕樹投手(3年=盛岡大付)横山雄哉投手(20=新日鉄住金鹿島)佐野泰雄投手(4年=平成国際大)ら投手中心に12人まで絞り込んだ。既に広島が有原指名を公表しており、抽選は確実。クジを引く大役は中畑監督が務める。一昨年は東浜、昨年は松井裕を外しているだけに「春田オーナーに『100%引いてくれるだろう』と言われ、プレッシャーは計り知れない。迷わず選びたい。男は60歳にして迷わずなんてね」と、意気込んでいた。

過去記事

 ■ DeNA 鳥谷2世指名へ 入団なら8人目「横高戦士」(スポニチ) 14/10/11

 DeNAが23日のドラフト会議で、日本新薬の倉本寿彦内野手(23)をリストアップしていることが10日、分かった。地元の神奈川県茅ケ崎市出身の倉本は、左打者でシュアな打撃と堅実守備に定評がある。9月のアジア大会は日本代表で活躍。球団も阪神・鳥谷敬内野手(33)をほうふつさせる1メートル80、82キロの大型遊撃手を高く評価しており上位指名の可能性も浮上した。今季、リーグワーストの116失策だったDeNAは、オフの最大の補強ポイントに遊撃手を挙げていた。今季、同ポジションでは山崎、白崎らが定位置争いをしたが最後まで固定できず、アスレチックス傘下2A所属の中島獲得に向けて調査を開始した。即戦力の遊撃手の獲得が急務ななか、球団は社会人の倉本をリストアップ。スカウト関係者は「足も速いし3拍子そろっている」と評価した。倉本は横浜高(神奈川)で2年秋から遊撃手の定位置をつかみ、3年夏は「1番・三塁」で甲子園ベスト4。1学年下の筒香と共に打線をけん引した。創価大に進学後1年からリーグ戦に出場し、2度のベストナインを獲得。日本新薬に入社2年目の今年は課題の打撃も下半身主導のフォームで力強さが増した。遠投105メートル、50メートル6秒5の俊足と身体能力の高さも魅力で、「鳥谷2世」とも言われている。来季で就任4年目を迎える中畑監督は98年以来17年ぶりのリーグ優勝を目標に掲げる。球団も、ドラフトでの1位指名候補には済美・安楽、早大・有原、亜大・山崎康、明大・山崎福ら即戦力投手をリストアップ。12人を大量解雇した今オフは、量より質を重視した少数精鋭のドラフト戦略でバックアップする。DeNAには多村、石川ら横浜高出身が7人在籍。今季は筒香が打率・300、22本塁打とブレーク、3年目の乙坂もプロ初アーチを放つなど成長著しく、倉本が8人目の「横高戦士」で加入すれば、話題を集めることになりそうだ。

 ■ 地元枠で横浜・浅間(スポーツ報知) 14/9/26

 最大の弱点だった投手力は、先発陣を中心に改善されつつある。久保、井納は今季2ケタ勝利をクリアし、抑えから転向した山口も先発ローテに定着。それでも、投手中心の補強になりそうだ。高校生では済美・安楽や盛岡大付・松本らが筆頭で、特に松本の評価が急上昇している。即戦力としてはもちろん、将来性にも期待。吉田スカウト部長は「投球術を持っているし、上位候補」と明言する。また、藤井や尚成らベテランが活躍できず、シーズン終盤まで0勝と左の先発の駒不足は深刻。法大・石田、明大・山崎のサウスポーにも注目していく。ベテランの鶴岡が阪神に移籍した捕手陣も厚みを持たせたい。27歳の黒羽根が最年長で、高城や嶺井ら若手で競わせる方針だが、大学・社会人を中心に新戦力もリストアップしている。内外野は充実しており、多村、後藤、荒波、石川、筒香、乙坂と異なる世代の横浜高OBが活躍。地域密着を掲げる球団だけに、“地元枠”も検討しており、走攻守そろった外野手として評判の横浜・浅間の指名もあり得る。

 ■ DeNA興味!即戦力左腕に九産大・浜田(日刊スポーツ) 14/9/23

 DeNAが今秋のドラフト上位候補として九州産業大・浜田智博投手(4年=宮崎工)をリストアップしていることが22日、分かった。チームの補強ポイントは即戦力投手で、さらに左腕に重点を置く。17日に行われたスカウト会議では80人まで絞った。高田繁GM(69)は「(左投手は)どのチームもほしい」と話すにとどめたが、すでに山下大輔GM補佐(62)、吉田孝司編成・スカウト部長(68)が九州まで足を運び視察するなど、精力的な調査を進めている。今季先発陣は安定しているが、先発ローテーションに左腕は1人もいない。新加入した尚成は移籍初勝利が遠く、現在は2軍。昨季開幕投手を務めた藤井も1軍登板がない。若手左腕も伸び悩んでいることから、即戦力左腕を中心に指名することが濃厚だ。ドラフト1位候補には右腕の早大・有原航平投手(4年=広陵)法大・石田健大投手(4年=広島工)明大・山崎福也選手(4年=日大三)の両左腕をリストアップ。ただ、今秋はいずれも精彩を欠く投球が続いており、浜田を1位で指名する可能性もでてきた。浜田は今春の全日本選手権でチームを15年ぶりの8強に導く原動力となった。変則左腕ながら最速144キロをマーク。7月に行われたハーレム国際大会の大学日本代表にも選ばれた。3年秋には九州共立大で現広島の大瀬良と投げ合い、勝利投手となった。順調に実力を付け、頭角を現した左腕に注目が集まっている。

 ■ 高田GMが退任 後任に山下大輔氏(スポーツ報知) 14/9/23

 DeNAの高田繁ゼネラルマネジャー(GM・69)が今季限りで退任し、後任として山下大輔GM補佐(62)が就任する見通しであることが22日、分かった。すでに高田GMは、近い関係者に退任の意向を伝えている。高田GMは、日本ハムのGMとして06年に日本一に導くなど、チームをリーグ屈指の強豪に育て上げた。その手腕を買われ、DeNA初年度の12年からGMに就任。前年まで4年連続最下位に沈んでいたチーム再建に着手し、6位→5位とステップアップしてきた。今季も、前日(21日)の敗戦で5位に転落したものの、広島、阪神に中日も交えたクライマックスシリーズ(CS)争いを展開。自力でのCS進出の可能性も残している。春田真オーナー(45)もかつて、「組織として大きくなる過程で、高田GMという存在はものすごく大きい」と、その功績を評価していた。だが、就任3年でチーム再建の土台づくりができたと判断し、退任を決断した模様だ。今オフには、DeNA創業者の南場智子氏(52)が新球団オーナーに就任する見通し。長い低迷から脱却しつつあるベイスターズが、新たなステージに足を踏み入れる。

 ■ 横浜の浅間、高濱らリストアップ ベイスカウト会議(神奈川新聞) 14/9/18

 横浜DeNAは17日、横浜市中区の球団事務所でスカウト会議を行い、10月23日のドラフト会議の指名候補として約80選手をリストアップした。浅間大基外野手(横浜高)のほか、高濱祐仁内野手(同)、宗佑磨内野手(横浜隼人高)、佐藤雄偉知投手(東海大相模高)、ボーイズリーグ野球の瀬谷ボーイズ出身で今夏の全国選手権大会に出場した松本裕樹投手(盛岡大付高)の県勢選手も候補に挙がった。吉田孝司編成・スカウト部長は「ことしは上位候補にけが人が多く、有力選手も人数は少ない」としながらも補強ポイントについて「投手と内野手が中心」と話した。
 DeNAは17日、横浜市内の球団事務所でスカウト会議を開き、今秋のドラフト候補約80人をリストアップした。補強ポイントは即戦力投手と内野手1位は投手を指名する予定で、済美(愛媛)安楽智大投手、早大・有原航平投手、法大・石田健大投手ら約10人に絞った。高田GMは「上級生になって調子を落としている選手が多い。ただ昨年、秋吉(ヤクルト)、浦野(日本ハム)は調子が良くない状態で選ばれたけど、今の活躍だからな。見極めが難しい」と話した。(日刊スポーツ)

 ■ 12球団スカウティング事情(週刊ベースボール) 14/9/17

 来年、さらなる順位アップを狙うDeNA。そのためにも必須戦力は即戦力先発左腕だ。今年は久保康友と井納翔一が2ケタ勝利を挙げるなど右腕が目覚ましい活躍をしているが、左腕で先発勝利した投手はゼロ(9月14日現在)。そこで高田繁GMが、チームの最重要課題を克服すべく徹底マークしているのが角度あるストレートとタテに大きく割れるカーブが武器の大学No.1左腕の山崎福。また高濱宗佑磨(横浜隼人高)の両内野手など、地元の好素材にも熱い視線を注いでいる。

 ■ 12球団スカウティングリポート(週刊ベースボール) 14/3/12

 主力の先発陣では尚成、藤井のベテランのみと左腕投手が極端に不足。そこで今季は先発ローテの一角となれる即戦力左腕が中心となるだろう。熱視線を送るのは中大・島袋洋奨。実績も十分で、競合覚悟で指名を行う。もう1人、高田繁GMが高く評価するのが後輩でもある明大・山崎福也。昨季DeNA二軍とも対戦しており、その実力はよく分かっている。「欲しい投手の1人。必ず見ていく」(高田GM)と徹底マークを宣言しており、今後の結果によっては島袋に代わり1位指名となる可能性も十分ある。ほかに浦和学院高・小島和哉や早大・高梨雄平を視察。また右腕だが、早大・有原航平、済美高・安楽智大ら今年のドラフト注目株らのチェックも続ける。

 ■ 左腕不足 ドラ1だ(スポーツ報知) 14/1/5

 DeNAが今秋のドラフト1位候補に中大・島袋洋奨をリストアップしていることが分かった。左腕不足に悩まされている中畑DeNAは“琉球トルネード”をターゲットに捉えた。昨季は14年目のベテラン・藤井が11年ぶりの開幕投手を務めるなど6勝(5敗)をマーク。だが、古傷の左肘痛で8月下旬に戦線離脱し、その他の左腕の先発勝利はソトの1勝だけ。メジャー帰りの高橋尚を獲得したが、今季で39歳。左腕獲得は球団の最重要課題だ。「左の先発は何としても欲しい島袋は実績、実力とも十分で、その筆頭候補になる1年間、彼を中心に見ていく」と球団関係者。春季キャンプ地の沖縄・宜野湾市出身ということもあり、話題性もある。1位競合の可能性は十分にあるが、新主将にも指名されるなど、人格面でも優れた逸材を徹底マークしていく。

  スカウトコメント

倉本寿彦(日本新薬)|スカウト関係者|14/10/11
 「足も速いし3拍子そろっている」
山崎福也(明大)|高田GM|14/3/12
 「欲しい投手の1人。必ず見ていく」
島袋洋奨(中大)|球団関係者|14/1/5
 「左の先発は何としても欲しい。島袋は実績、実力とも十分で、その筆頭候補になる。1年間、彼を中心に見ていく」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2014-10-18(土)|球団別情報 | コメント(6) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
支配下選手
1 江越大賀(駒澤大学)外野手
桑原をセカンドにする事が大前提
そうすれば荒波しか守備力あるセンターがいない
それにクリーンアップ候補である梶谷の成長曲線が怪しい事とファームを見ても大砲候補が誰もいない事を問題視
右の大砲で高い守備力あるセンターである江越は補強ポイント

2 遠藤一星(東京ガス)内野手
どうしても即戦力ショートが欲しかったので繰り上げ2位指名
3位でもいけるかと考えたけど中日あたりが先に指名しそうに思えたのでね
これで一応桑原遠藤と二遊の即戦力を補強した事にはなるよね
倉本を推してる方がそれなりにいるけど私には劣化した石川あたりと大差なく何の特徴もない選手にしか見えなかったので却下
でもまぁ意外と楽天が倉本を2位指名するんじゃないかな
3位で寺嶋とか捕手っぽい

3 島袋洋奨(中央大学)投手
待望の左腕補強
ここまで残ってると思うし残っていれば間違いなく横浜は島袋を指名する
それくらいスカウトが熱を入れている
個人的にも復活枠としては一番面白い存在だと思うから異論なし
来年の今頃にはなんだかんだあのトルネードは打ちづらいとか言われてそう

4 木村聡司(常葉学園橘高校)内野手
将来性の高い高校生遊撃手
高校時代はほとんど投手だったんだけどフィールディングが素晴らしい
スペック的にも面白いからあと打撃力次第
打撃まで良ければ1位じゃなきゃ取れないような選手

5 渡邉雄大(新潟アルビレックスBC)投手
大型サイドスロー左腕
プロでなら中継ぎワンポイントの起用になるかな
球速は少しもの足りないけど身体の線がまだ細いからパワーアップは十分可能だと見ての青田買い指名
スクリューも投げるから右打者も嫌だと思ってもらえる投手になるかもね
元中日の小林正人のような息の長い活躍を期待

6 多田大輔(鳴門渦潮高校)捕手
捕手の絶対数が少ないから捕手の獲得は必須
ただベテラン捕手の獲得に目処がたったのなら無理をしてまで指名しなくてもいい
そんな中でも育てば計り知れない大きな存在になるのが多田大輔だと思ったので指名
でもベテラン捕手の獲得が困難な状況なら戸柱などの指名を検討しなきゃいけないけどね

育成選手
1 中嶋優佑(滋賀学園高校)投手
フォームの良い高校生左腕
砂田に続けとばかりに今年も左腕指名

2 百瀬大騎(松本第一高校)内野手
ほとんど知られていない隠し玉遊撃手
スローイングが良くて走塁センスが高い選手
小技も上手い

指名終了

ざっとこんな感じです
異論等色々あるでしょうけど私はこれがベストだと判断しました
本格的な左腕補強はFAでしょうからトレードでは補強できない部分を最優先にしました

長々と失礼しました




| 秋桜 | 2014年10月20日(Mon) 20:10 | URL #- [ 編集]
山崎福也と倉本と大城基志取ってほしいですね
後下位でフェルナンドあたり
| 名無しさん | 2014年10月05日(Sun) 21:29 | URL #- [ 編集]
地元枠で浅間ってあるけど、地元枠でとるほどの順位では残ってないでしょう。1位か2位だろうし、地元枠ならむしろ下位で高濱かな?
| あるが | 2014年10月03日(Fri) 17:12 | URL #- [ 編集]
どうせまた投手でしょうね・・悪循環
今年の柿田はどうなってるんだよ・・
| 匿名 | 2014年09月11日(Thu) 21:40 | URL #- [ 編集]
1位山崎投明大
2位石田投法大
3位糸原内明大
4位井領外エネオス
5位大塚投エネオス
6位渡辺内エネオス


| 馴染まない | 2014年09月09日(Tue) 19:30 | URL #- [ 編集]
今年は山崎福に行きそうですね。
| ハマノ | 2014年06月06日(Fri) 00:26 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(6) Page Top↑