柳川 健大(中大)|ドラフト・レポート

柳川 健大(中大)

ここでは、「柳川 健大(中大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



柳川 健大(中大)

184cm73kg 右右 MAX145km スライダー・チェンジ・フォーク 岩国高
最速145㌔の直球とスライダー。高2秋に中国大会優勝、36回4失点。崇徳・倉敷商を連続完封。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春:        登板無し
   15秋:        登板無し
   16春: 2 0勝0敗   3  1  1  3  0  0.00
   16秋: 2 0勝0敗  7.1  10  2  4  1  1.23
   17春: 1 0勝0敗  1.1  3  1  1  2 13.50
   17秋:        登板無し
   18春:        登板無し
   18秋:        登板無し           
   通算: 5 0勝0敗 11.2  14  4  8  3  2.31
        被安打率10.80 奪三振率3.09 四死球率6.17

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14春: 1 先   9  12  3  3  5 ● 140㌔ 神村学園
   14夏: 1 先   9  8  2  4  5 ● 142㌔ 健大高崎
   通算: 2    18  20  5  7  10 防5.00
       被安打率10.00 奪三振率2.50 四死球率3.50

投手成績詳細

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   専修大     1  0  1  2  0 142㌔
       先   2  1  0  1  0 143㌔
           3  1  1  3  0 防0.00
      被安打率3.00 奪三振率3.00 四死球率9.00

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   東洋大    2.1  5  0  1  1 
   国学大     5  5  2  3  0
          7.1  10  2  4  1 防1.23
      被安打率12.27 奪三振率2.45 四死球率4.91

  最新記事

 ■ 西武高橋光の同期、中大・喜多川が初勝利(日刊スポーツ) 16/5/9

 中大が無失点リレーで今季初の勝ち点を奪った。先発の柳川健大投手(2年=岩国)が左脇腹付近に違和感を訴えて2回で降板。3回からマウンド上がった喜多川省吾投手(2年)は、8回途中まで6奪三振無失点に抑えた。最後は鍬原拓也投手(3年)が4者連続三振。4回に奪った1点を守りきった。

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   亜 大 先  1.1  3  1  1  2 142㌔

 ■ 「やりきった」柳川に涙なし(デイリースポーツ) 14/8/14

 最速145キロで今大会注目の右腕・柳川が初戦で散った。3-3の五回、決め球のスライダーを狙い打ちされ、4安打を集められて2失点。勝ち越しを許した。試合後、涙はなく「負けたけどやりきった感じ。みんなに助けられてここまで来た。感謝している」と笑顔をみせた。卒業後は関東の大学に進学し、野球を続ける予定。
 春夏連続出場の岩国(山口)が初戦で涙をのんだ。エースの柳川が、相手の機動力野球に翻弄され、中盤に5失点。逆転負けを喫した。柳川は「序盤に先制点をもらったのに、中盤につかまって勝ち越されてしまって。力不足でした」と悔しさをにじませていた。(日刊スポーツ)

 ■ 岩国、堅守で春夏連続出場!柳川、10K1失点完投!(スポーツ報知) 14/7/29

 岩国が粘り強い守りの野球で、春夏連続の甲子園出場を決めた。1点を追う5回1死一、三塁、東史弥の右翼線への適時打で追いつくと、次打者・河村凌輔のスクイズで勝ち越し1点リードを、エース・柳川健大が3安打10三振の力投で守り切った。右腕は「守備陣に支えられ、思い切り投げた」とバックに感謝。センバツでは1回戦で敗れたが、河口雅雄監督(50)は「春から精神的に成長し、我慢強くなった」とナインをたたえた。
 岩国の主戦で主将の右腕・柳川は最速145キロの直球とフォークなどを投げる本格派。(毎日jp)

   14夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:下  松 先   5  2  7  1  1
   3回戦:  光   先   7  6  7  3  3
   準々決:下関中工 先   9  7  9  5  3
   準決勝:宇部鴻城 先   9  7  6  1  1
   決 勝:熊 毛 南 先   9  3  10  2  1 141㌔
               39  25  39  12  9 防2.08(失点から計算)
           被安打率5.77 奪三振率9.00 四死球率2.77

過去記事

 ■ 岩国の柳川、得意のスライダーを反省=高校野球(時事ドットコム) 14/3/21

 岩国のエース、柳川は制球難に苦しんだ。2度にわたって暴投で三塁走者の生還を許すと、六回には神村学園の山本に3点弾を浴びた。「得意のスライダーを狙ってきているのは分かった。自分のスタイルを崩さないようにしたが、球が真ん中に集まってしまった」と悔しがった。選抜は14年ぶり7度目の出場だが、まだ勝利がない。河口監督は「敗因は技術ではなくメンタルの部分で、大舞台で選手がいかに力を出せるかは監督の責任。勝つためにもう一度考えないといけない」。自らの課題を掲げ、雪辱を誓った。

 ■ 岩国夢つなぐ:皆でとった三振(毎日jp) 14/1/30

 センバツ出場の中心になったのは、柳川投手であることは間違いない。184センチの長身からの直球は最速142キロ。スライダーやチェンジアップなど巧みな変化球も持つ。秋の中国地区大会は全4試合を1人で投げ、うち2試合を完封。計4失点に抑えた。だが、独り舞台ではなかった。甲子園常連の倉敷商(岡山)との準決勝。1球ごとに気迫の声を上げ、思いっきり投げられたのは、先に水野捕手がいたからだ。「ショートバウンドになっても全部捕りますから」。13奪三振で完封した柳川投手は「チームでとった三振」と思っている。広島新庄(広島)との決勝では、八回に連打を浴びて3点を許し、追いつかれた。その裏、四球を選んで出塁した河村凌輔選手(2年)は「柳川がずっと頑張ってる。何とか楽にしてあげたい」。相手バッテリーのミスを逃さず二塁へ。次の木原勇人選手(同)がきっちり犠打で三塁へ送った。暴投の間に本塁を突き、決勝点をもぎ取った。

   13秋           回数 被安 奪三 四死 自責
   中国1回戦:鳥 取 商 先   9  3  10  3  1
     準々決:崇  徳 先   9  3  9  1  0封…4回以降1安打
     準決勝:倉 敷 商 先   9  5  13  1  0封…6者連続三振
     決 勝:広島新庄 先   9  10  5  1  2
   神宮2回戦:白鴎足利 先   9  10  5  1  3 138㌔
     準決勝:沖縄尚学 先   4  11  0  3  9 136㌔
                 49  42  42  10  15 防2.76
             被安打率7.71 奪三振率7.71 四死球率1.84

  プロフィール

 山口県岩国市出身。
 柳川 健大(やながわ・けんた)投手。
 玖珂中央小1年から軟式野球を始め、玖珂中学校では軟式野球部に所属。
 内野手などを経て中学3年時に投手を経験した。

 岩国高では1年秋から8番・ファーストでレギュラー。
 翌2年夏予選で6番・サード(救援1試合)を務め、同年秋に主将・5番・エースの座を獲得する。
 11試合11完投4完封、90回24失点の活躍で、県大会V、中国大会Vを達成。
 崇徳高校、倉敷商業を完封で下すなど、中国大会で4戦36回37K、防0.75の好投を見せた。
 広島新庄・山岡就也と投げ合った決勝で10安打1死球4対3完投勝ちを記録。
 続く神宮大会初戦2回戦・白鴎大足利戦で、10安打5K、6対4逆転完投勝利を挙げている。
 準決勝・沖縄尚学戦は変化球中心のピッチングで5回コールド1-11完投負け。
 翌選抜初戦・神村戦でも9回6失点と打たれ、変化球に偏りがちなピッチングに課題を残した。
 3年夏に全5戦先発(4完投)39回39三振9失点の活躍で7年ぶり県Vを達成。
 プロ注目・山本晃希との投手戦となった決勝・熊毛南戦で10K2対1完投勝利を収めている。
 続いて行われた甲子園1回戦で直球の割合を5割強まで増やした投球を披露。
 健高崎相手に8安打完投と粘投したが、足で翻弄され、惜しくも3対5逆転負けで敗退となった。
 当時のチームメイトに二十八智大(現東京農業大)ら。

 中大進学後は2年春からリーグ戦に出場。
 以降3季で5試合(先発2)、計11.2回に登板し、2年秋の国学戦で5回0封の好救援を見せた。
 リーグ通算5試合、0勝0敗、11.2回、防御率2.31。

 184cm73kg、長身細身のスリークォーター右腕。
 セットポジションから重心を下げ、テイクバック大きく早めに着地し、開き早めに鋭い腕の振りから
 繰り出す最速145㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後(救援時)の直球と、
 120㌔台から130㌔前後の縦横スラ、120㌔台のフォーク、110㌔台で沈むチェンジアップ。
 真っすぐに切れの良いスライダーを織り交ぜる。左打者の外角にチェンジアップ。
 甘く入る球もあるが、制球力はまずまず。高校時代は全国で力を出せず悔しい思いを味わった。
 縦スラを武器に高2秋の倉商戦で6連続Kを記録している。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
柳川君甲子園
がんばってください
応援しています
| こうきん | 2014年07月29日(Tue) 09:28 | URL #- [ 編集]
スライダーのキレが抜群
| あ | 2014年03月17日(Mon) 19:24 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する