八澤 貴洋(天理大)

ここでは、「八澤 貴洋(天理大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



八澤 貴洋(天理大)

185cm85kg 右右 MAX146km 出雲西高
恵まれた体格から威力のある直球とスライダー。長打力ある右の強打者。高2秋に146㌔を計測した。

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   15春:         登板無し
   15秋:         登板無し
   16春:         登板無し
   16秋:         登板無し            
   通算:         登板無し

  最新記事

 ■ 主戦八沢 松江商を零封 故障から復活 的絞らせず(山陰中央新報) 14/7/19

 プロ注目の好投手、出雲西の八沢貴洋が復活を遂げた。「とにかく腕を振り、相手打線をねじ伏せてやろうと思った」。昨秋の故障で春のシーズンを棒に振った186センチの大型右腕は、打たせて取る投球で松江商打線を2安打に抑え込んだ秋季県大会決勝の大社戦で右肘を故障今年2月には、自転車に乗っていて事故に遭うアクシデントにも見舞われ、左腰を痛めた。春の大会はマウンドに上がれず、本格的に投球練習を始めたのは6月上旬だった。「練習不足もあり、球が浮いた」と6四死球を与えたものの、勝負どころでは高い潜在能力を示した。六回無死二塁のピンチでは、ギアを一段上げて力のある直球で押し込み、後続を3人とも右飛に打ち取った。この日の最速は138キロ。自己最速の146キロには及ばなかったが、カーブやスライダー、スローボールを織り交ぜて相手打線に的を絞らせなかった

 ■ 県3次大会 出雲西-大社、きょう決勝(毎日jp) 13/9/29

 県高校秋季野球大会は28日、出雲市の県立浜山球場で準決勝2試合があった。出雲西は大東との投手戦を1-0で制した。出雲西は四回、1死から川西が右前安打で出塁すると、続く八沢が左中間への適時二塁打を放ち先制。これが決勝点となった。投げては、八沢が8三振を奪い、4安打完封した。大東を力でねじ伏せた出雲西のエース八沢貴洋投手(2年)。序盤こそ制球が乱れたが五回以降、5者連続三振を奪うなど好投した。「夏の大会で負けた相手なので絶対勝ちたかった」と試合後ホッとした様子で語った。八沢投手は、今秋、公式戦で登板し始めたが、今大会4試合を1人で投げ抜き、4失点と安定感が光る。「ピンチに力が出る」と言う通り、要所では伸びのある直球で三振を奪った。

   14春         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:出雲北陵 先   9          0封
   3回戦:石見智翠 先   9          4
   準々決:大  田 先   7          0封
   準決勝:大  東 先   9  4  8  2  0封
   決 勝:大  社     3          1
               37          5 防1.22(失点から計算)

  プロフィール

 島根県奥出雲町出身。
 八澤 貴洋(やさわ・たかひろ)投手兼外野手。
 小学1年時から仁多野球スポーツ少年団で外野手として軟式野球を始める。
 仁多中時代は出雲ボーイズで投手兼外野手として起用された。

 出雲西高では1年夏から中堅手として公式戦に出場。
 2年春に5番・センターとして中国大会を経験し、秋の大会から4番・エースの投打の柱を務める。
 全5試合(先発4)37回を5失点に抑え、県準優勝での中国大会進出を達成。
 初戦から4連続完投勝利(3完封)を収めたが、肘痛で中国大会は登板なく1回戦で敗れた。
 3回戦・石見智翠館戦で一発を放ち、夏V校相手に4失点完投勝利をマーク。
 準決で5者連続含む8奪三振の力投を演じ、大東に4安打2四死球完封勝利を収めている。
 この活躍でプロからも一躍注目されたが、3年春は登板出来ず県1回戦敗退。
 3年6月上旬になって再びピッチング練習を始め、夏初戦で7回2安打6三振完封勝利を収めた。
 県準V、中国大会1回戦が最高成績。甲子園経験はなし。

 185cm85kg、恵まれた体格の投手兼外野手。
 長身から投げ下ろす最速146㌔の威力のあるストレートとスライダーを武器とする本格派右腕。
 高2秋の大会になって公式戦に登板し、最速8㌔更新の146㌔を叩き出した。
 3年春の大会は肘痛の影響で登板できず、3年夏(3回戦敗退)に138㌔を計測している。
 高校時代は勝負強い打撃で4番としても活躍。強い打球を放つ右の強打者。
 捉えた時には飛距離130mクラスの打球を放つ。課題であった変化球への対応力も向上した。
 投打の資質でプロスカウトから注目されている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-01-12(月)|2018年大学生投手 | 阪神大学野球 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 阪神大学野球 コメント(0) Page Top↑