上本 崇司(明大)|ドラフト・レポート

上本 崇司(明大)

ここでは、「上本 崇司(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



上本 崇司(明大)

170cm70kg 右右 遊撃・二塁 遠投100m 50m5秒9 広陵
走塁技術に優れたリードオフマン。守備範囲の広い遊撃手。3年秋出塁率4割超で優勝に貢献。
2012年広島3位

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09春: 11 .129  31  4 1 0 0 3 5 5 2  .250  .161
   09秋: 10 .190  21  4 1 0 0 2 8 2 1  .261  .238
   10春: 10 .226  31  7 2 0 1 6 5 9 3  .400  .387 
   10秋: 12 .048  21  1 0 0 0 1 7 3 1  .167  .048
   11春: 14 .178  45  8 1 1 0 2 13 9 3  .315  .244
   11秋: 13 .283  46 13 1 0 0 4 6 12 4  .431  .304
   12春: 14 .227  44 10 0 0 1 3 6 8 2  .346  .295
   通算: 84 .197 239 47 6 1 2 21 50 48 16  .331  .255  

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11神: 3 .111  9  1 0 1 0 0 3 3 0  .333  .333 

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   07春: 3 .300 10  3 0 0 0 1 0 1 4  .364  .300
   07夏: 6 .308 26  8 1 0 0 3 5 2 6  .357  .346
   08夏: 2 .667  9  6 1 0 1 4 0 1 0  .700 1.111
   通算: 11 .378 45 17 2 0 1 8 5 4 10  .429  .489

  最新記事

 ■ 阪神・上本の弟、明大・崇司がV打「兄超えたい」(スポーツ報知) 12/9/17

 明大が立大に雪辱した。今秋ドラフト候補で、阪神・上本博紀内野手(26)の弟・崇司遊撃手(4年)が、2回に勝ち越しの2点適時打を放った。地元・広島など5球団のスカウトの前で、上本が2戦連続の2安打。2回1死満塁でスライダーを右前へ流し打ち、リーグ通算50本目のヒットが決勝の2点適時打。1週間前から「コントロールしやすくなる」とバットを短く持つ構えに変えた。兄は早大で通算109安打しており、「すごさを感じます」と笑った。170センチ、70キロながら50メートル5秒9の俊足でプロ入り志望。「プロでは兄を超えたい」と意気込んだ。
 善波達也監督(50)は「バットを短く持つようになって、(球を)打ち上げる姿から脱皮した。最後の秋はもっともっと暴れてほしい。(潜在能力は)こんなものじゃないから」とさらなる期待をかけていた。(日刊スポーツ)

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12秋: 3 .333 12 4 0 0 0 2 3 2 1  .429  .333

 ■ 明大・上本プロ宣言、虎の兄に続け(日刊スポーツ) 11/12/24

 東京6大学の明大が23日、東京・府中市の同大グラウンドで練習納めを行った。二塁手で今秋日本一に貢献した明大・上本崇司(3年=広陵)が来年、兄弟プロを目指すことを明かした。阪神上本博紀内野手(25)の弟で小中高と同ルート。兄は早大だったが、同じ6大学で1年時からレギュラーを張る。通算打率1割9分も50メートル走は5秒9の快足。広島・福山市の大成館中時代、捕手として巨人大田とバッテリーを組んでいたこともあり「このままじゃ地元に帰れない。まだ力的に無理と思うけど内心は(プロに)行きたい」。来季は本職の遊撃手に戻り、打撃力アップを図る

 ■ 明大の上本、初の1番で殊勲打(時事通信) 10/5/25

 初めて1番に起用された明大2年生の上本が、八回に逆転の3点二塁打を放って勝利を決めた。5打席中3度出塁し、盗塁も一つ決め、「1番はモチベーションが一気に上がる」と胸を張った。兄の博紀は阪神2年目の内野手で、兄弟そろって俊足。善波監督は「秋の1番打者の候補。潜在能力が出てきた」と期待を寄せた。

 ■ 広陵・上本が史上初の“兄弟先頭打者弾”(スポーツ報知) 08/8/13

 甲子園の浜風に乗った打球は、左翼席へと吸い込まれていった。初回、広陵の1番・上本崇司が、通算13人目の先頭打者本塁打。今秋のドラフト1巡目候補の兄・博紀(早大)が、広陵時代の03年夏、東海大甲府戦でアーチをかけており、史上初となる“兄弟先頭打者弾”の達成となった。兄の影響で野球を始め、兄を追って広陵へ進学。だが、天才と言われた兄と比較され、重圧に苦しんだ。昨秋、主将に任命されたが、チームをまとめきれず3月、副主将に降格。しかし、これが転機となった。「自分は自分」兄の幻影を振り払って、打撃に開眼。昨夏、あと一歩及ばなかった全国制覇はならなかった。「去年悔しい思いをしたんで、(去年の)3年生のためにも優勝旗を持って帰りたかった」と悔しがった上本。今後は大学進学を予定している。「どこでもいいから、野球は続けたい」大きな花火を放ち、謙虚なリードオフマンの夏が終わった。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   08夏予: 6 .565 23 13 4 2 0 4 3 8 4  .677  .913

 地方大会打率.565。甲子園でも1回戦5打数4安打、2回戦4打数2安打で打率.667。
 1番バッターとして優れた野球センスを見せつけ見事な活躍でしたね。

 ■ 広陵・上本をスカウト絶賛!魅せた好走塁…広島大会(スポーツ報知) 08/7/19

 170センチの小柄な体が躍動した。広陵のリードオフマン・上本が、そのセンスを見せつけたのは1―1で迎えた7回1死だった。四球で出塁し、次打者の初球ですかさず二盗。安打で三塁へ進むと、3番・林竜希(3年)の左翼への浅い飛球で、迷わず本塁へ突入した。50メートル6秒0の俊足を生かした決勝点。1点ビハインドの5回も先頭で四球を選び、暴投、犠打、犠飛で同点のホームを踏んだ。この日は3打数1安打2四球1盗塁と、先頭打者として出塁に徹する姿に、7球団17人のスカウトが目を見張った。「攻走守、特に走塁のセンスが高校生離れしてるね」と、巨人・山下スカウト部長は高く評価した。早大4年の兄・博紀の影響で野球を始め、同じように高校は広陵を選んだ。今でもプレーで悩むと兄の元へ電話する。「デッドボールでもいいんで、塁に出て走ればチームに貢献できる」とチームプレーにこだわる。

  プロフィール

 広島県福山市出身。
 上本 崇司(うえもと たかし)二塁手。
 プロ野球選手、上本博紀(阪神08年3位、広陵→早大)を兄に持つ。
 兄の影響を受け、小学1年からソフトボールを始める。
 大成館中時代は松永ヤンキースに所属し、3年時に西日本大会準優勝。
 1年秋から遊撃手、2年秋から捕手を務め大田泰示(巨人08年1位)とバッテリーを組んでいた。

 広陵高では1年秋から遊撃手でレギュラー。
 2年春夏、3年夏の3度甲子園に出場し、2年時に春8強、夏準優勝を達成した。
 2番に座り9試合10盗塁量産、林竜希との二遊間で野村祐輔を支える好守を披露。
 3年夏はトップバッターで起用され、6試合打率.565盗4の好成績で県大会優勝に貢献すると、
 甲子園では高知戦で広角に4安打2打点、敗れた2回戦横浜戦でも2安打2打点2得点、
 初回に土屋健二から左越えソロを放ち、史上初となる兄弟先頭打者本塁打を記録している。
 当時のチームメイトに中田廉(広島08年2位)、林竜希(現筑波大)ら。
 巨人、中日などプロ7球団から注目されたが、志望届は提出せず進学を選択した。

 明大進学後は守備力を買われ、1年春から全試合にスタメン出場。
 1年時は遊撃手、2年春から4季は二塁手、4年春から再び遊撃手レギュラーを務める。
 打撃面では苦戦が続き、3年春まではいずれも1桁安打、下位を打ち通算打率1割台に低迷。
 3年生になって1番、または2番に打順を上げ、秋に13安打を放ち打率.283(15位)マーク、
 12四死球で出塁率4割超と一定の結果を残し、勝ち点5での完全優勝に貢献した。
 2年春早大戦で大石達也(西武10年1位)の148㌔直球を捉え、初本塁打となる左越え2ラン、
 4年春に高梨雄平から左越え2ラン、3年秋の法大3回戦で猛打賞を記録している。
 全国大会には3年秋の神宮大会に出場し、15年ぶりの5度目の日本一を達成。
 2番二塁手で起用され1安打止まりながら、決勝愛院大戦で貴重な中越え三塁打を記録、
 1対0で迎えた8回表に先頭で出塁、スクイズで生還し、優勝を引き寄せる1得点を挙げた。
 リーグ通算84試合、打率.197、47安打、2本塁打、21打点、16盗塁。

 170cm70kg、俊足好守巧打の小柄な遊撃手。
 50m5秒9、右打者で一塁到達4.2秒台を記録する俊足がセールスポイント。
 ソツのない積極的な走塁が持ち味。走塁技術、センスはプロからも高く評価されている。
 フットワークが良く、守備範囲の広い機敏な遊撃手。遠投100m、肩も強い部類。
 リーグ通算47安打、広角に打ち分ける右の巧打者。小技もきっちりこなす。
 通算打率1割台の打力に課題が残るが、走攻守に可能性を見せる。

  スカウトコメント

広島・苑田スカウト部長|12/1/3
 「肩と足が素晴らしい。スローイングも、逆シングルで捕ってから投げる力はすごい。打撃はまだ線が細いが、力がつけば楽しみ」
巨人・山下スカウト部長|08/7/19
 「攻走守、特に走塁のセンスが高校生離れしてるね」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2012-09-17(月)|2012年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(9) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
兄とは逆の成績ですね
| 凡ダー | 2012年09月28日(Fri) 16:34 | URL #- [ 編集]
明大・上本プロ宣言、虎の兄に続け
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp3-20111224-880616.html
| 匿名 | 2011年12月28日(Wed) 18:43 | URL #- [ 編集]
法政戦ばかり活躍するのはやめて下さい(笑)
打力がつけばお兄さん以上の1番打者になれる素質があると思います
| 匿名 | 2010年10月14日(Thu) 00:10 | URL #- [ 編集]
今年は有力候補の進学希望が多くなりそうで各大学にとって補強チャンスですね。
地元の松本幸一郎なんかも進学の噂がある様ですがプロ側の声があまり聞かれない状況からするとどうやら、でしょうか。
野手候補に対するプロ側の声が少ないのは評価が低いのか情報隠しなのか。
| gogo126 | 2008年08月16日(Sat) 17:37 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
この3年間の経験を振り返って、どう思うかですかね。
嫌だったり、反発心があれば、兄と違う道を選ぶと思うんですが、電話で相談をしていた関係のようなので進路も相談しているのかも。

と言いながらも、スポニチに大学に行きたいとコメントしていたようで、ちょっと残念。
| as | 2008年08月15日(Fri) 22:56 | URL #- [ 編集]
ふと思ったんですが兄と比較されプレッシャーに苦しんだという話。
早大進学となればタイプも近くまたもや比較されるのは必至。
実は早大以外を希望している、なんてことは…考えすぎでしょうね(笑)
| gogo126 | 2008年08月15日(Fri) 20:43 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
揺らいでプロに傾いてくれないかなと期待しちゃってるんですが、大学は、やっぱり早大なんですかね。

春は広陵の先輩の松永がショートでしたよね。
ショートで行くつもりなら、一考の余地があるようにも思うのですが、それとも兄が卒業で空いたセカンドを兄同様に1年春から弟がレギュラーとしてプレーするという道になるのか。

そういえば、同じドラフト候補の松本が兄弟で早大でしたね。
| as | 2008年08月15日(Fri) 00:00 | URL #- [ 編集]
「どこでもいいから、野球は続けたい」
言われてみれば早大進学が予想されている中での発言としては
微妙な感じですね。プロの可能性も多少は残っているんでしょうか。
プロから強く誘われれば揺らぐことも?
| gogo126 | 2008年08月14日(Thu) 21:18 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
兄同様、良い選手で簡単そうにヒットを打ち続けましたね。
初戦の第1打席、相手がサイドスローという中から自分の打撃をきっちりしてましたし、ランナーがいる時はセンターから右方向という意識も伺えました。

進学は予想通りですけど、コメントを見るとプロ入りもなくはない?
| as | 2008年08月14日(Thu) 00:36 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2012年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(9) Page Top↑