伊波 友和(近大)

ここでは、「伊波 友和(近大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



伊波 友和(近大)

180cm75kg 右右 MAX147km スライダー・スプリット・カーブ 美里工
最速147㌔の直球と縦横スラ、スプリット。高3春の選抜初出場の原動力。3年夏に147㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   15春: 3 2勝0敗  11.1  8  10  4  1  0.79
   15秋: 4 0勝1敗  13.2  15  5  10  7  4.61
   16春: 8 1勝1敗  18.1  11  17  6  1  0.49
   16秋: 7 0勝2敗  11.2  11  7  4  2  1.54
   通算: 22 3勝4敗   55  45  39  24  11  1.80
         被安打率7.36 奪三振率6.38 四死球率3.93

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14春: 1 先   8  10  4  4  4 142㌔ 関東一 ●

投手成績詳細

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   立命大 先   5  2  4  3  0 ○
          0.1  2  0  0  1
   京都大 先   6  4  6  1  0 ○
         11.1  8  10  4  1 防0.79
      被安打率6.35 奪三振率7.94 四死球率3.18

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   関 大    1.2  5  1  0  4 ●
   立命大     1  1  0  1  1 
   関学大 先   5  5  1  4  2
   京 大 先   6  4  3  5  0
         13.2  15  5  10  7 防4.61
      被安打率9.88 奪三振率3.29 四死球率6.59

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   関学大    1.1  0  1  0  0
           2  2  2  1  0
   同 大    0.2  1  0  0  0
           1  2  1  1  0
   関西大     1  0  1  0  0
          0.1  1  0  2  1 ●
   立命大     3  1  2  0  0
   京都大 先   9  4  10  2  0 ○封
         18.1  11  17  6  1 防0.49
      被安打率5.40 奪三振率8.35 四死球率2.95

  最新記事

 ■ 近大・伊波、リーグ初完封 昨春以来の勝利に「自信になった」(SANSPO) 16/5/13

 第7節第1日(近大3-0京大、甲子園)今季初めて先発を任された近大の伊波が4安打に抑えてリーグ戦初完封。119球で京大を封じた右腕は昨春以来の勝ち星に「うれしい。野手にも助けられた。長い回を投げきり、良い経験、自信になった」と胸を張った。田中監督は「球は高かったが、粘り強く放ってくれた」と称賛した。

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   同 大     2  2  1  0  0 ●
   関 大     1  1  0  0  0
           1  0  1  0  0
           2  2  1  0  0 ●
   立命大     2  2  0  1  1 
           2  1  3  1  1
          1.2  3  1  1  0
         11.2  11  7  4  2 防1.54
      被安打率8.49 奪三振率5.40 四死球率3.09

 ■ 近大・伊波2勝目 1年ぶり聖地で好投(デイリースポーツ) 15/5/16

 優勝の可能性を残す近大が京大に2-1で、関大は関学大に5-0でそれぞれ先勝した。勝ち点4の立命大を同3で追う近大は1-1の七回に1点を勝ち越し、先発した1年の伊波友和投手(美里工)が2勝目を挙げた。近大のルーキー右腕、伊波が立命大戦と同様に1回戦先発を任され、またも期待に応えた。沖縄・美里工高時代に出場した昨春のセンバツ以来となる甲子園のマウンドは「プロ仕様なので少し硬かったが、投げやすかった」という。六回に捕逸で追い付かれたが、直後の勝ち越し点で白星を手にし「立命戦よりストライクが先行し、ゲームをつくれた」とほっとした表情だった。

 ■ 近大の1年生伊波、リーグ初登板で大仕事(asahi.com) 15/5/11

 大一番のマウンドで、近大の1年生・伊波が力を発揮した。リーグ戦4季ぶりの優勝への王手がかかるこの日、リーグ戦初登板で初先発を任され、5回無失点に抑えた。沖縄・美里工高時代には140キロ台前半の速球を投げ、高3の春の選抜大会ではエースとしてマウンドを経験した。この日は先発陣の不調もあり、急きょ試合前に先発を言い渡された

過去記事

 ■ 選抜出場の美里工、準々決勝で涙 延長15回(asahi.com) 14/7/13

 今春の選抜大会に初出場した美里工が、沖縄大会準々決勝で姿を消した。浦添商戦で、延長15回サヨナラ負け。2回1死一、二塁、バント安打から敵失を誘うなどして2点を先行したが、前日の3回戦から連投した右腕伊波が7回に同点二塁打を浴びた。15回には連続四死球などで満塁とされ、スクイズで勝負がついた。神谷監督は2008年夏に浦添商が全国4強入りした当時の監督。自らが鍛えた学校に敗れる形となった。

   14夏予       回数 被安 失点  
   2回戦:那覇工 先        1
   3回戦:コ ザ    3.2  1  0 147㌔
   準々決:浦添商 先 14.1  14  3
              18  15  3(2回戦を除く)

 ■ 美里工に魔の8回 4失点逆転負け(日刊スポーツ) 14/3/25

 勝ちを意識した美里工(沖縄)エース伊波友和投手(3年)にとって魔の8回となった。2点リードの2死満塁。五十嵐に外角スライダーを右前に運ばれる同点適時打を許す。「ここで流れを切ろうと力が入ってしまった」。続く臼井に1ストライクから外角いっぱいを狙った直球がシュート回転し真ん中へ。左翼フェンス直撃の勝ち越し2点適時打。まさかの4失点となった。伊波は疲れを否定したが、捕手の与那嶺は「7回からスタミナがなくなってきていた」と明かした。ベンチには九州大会で完封したダブルエースの長嶺が控え、ブルペンでは左腕島袋が準備していた。神谷嘉宗監督(58)は「継投ミスと言えばミスかもしれない」と悔やんだ。昨秋、沖縄尚学との九州大会決勝でも伊波は1点リードを守れず8回に2点を奪われ逆転負けしている。同じ悔しさを甲子園でも味わった。美里工は選手間投票でメンバーを決める。秋には伊波は背番号1に「長嶺」と書き投票した。だが、センバツ前最後の投票では「伊波」と自分の名前を記した。自信を持って臨んだマウンドだった。

   13秋(県大会以降)     回数 被安 奪三 四死 失点
   沖縄2回戦:浦 添 工 先
     3回戦:前  原 先 
     準々決:嘉 手 納 先   9  4  12  2  1 
     準決勝:八重商工 先   9  3  8  2  0封
     決 勝:沖縄尚学     2          0
   九州2回戦:大 分 商 先   9  8  6  3  0封
     準決勝:神村学園 先   9  11  3  2  1
     決 勝:沖縄尚学     3  3  3  3  2
                 49  37  44  15  5 防0.92
             被安打率6.80 奪三振率8.08 四死球率2.76

  プロフィール

 沖縄県宜野湾市出身。
 伊波 友和(いは・ともかず)投手。
 宜野湾ベースボールキッズで野球を始め、宜野湾中時代は軟式野球部に所属。

 美里工では1年夏から背番号14でベンチ入り。
 同年秋にエースナンバーを獲得するも伸び悩み、控え降格を経て2年秋から再び主戦を務める。
 計63回54奪三振6失点の好成績で、県大会優勝、九州大会準優勝を達成。
 県準々決・嘉手納戦で12K7対1完投勝ち、準決勝・八商工戦で3安打完封勝ちを挙げた。
 笠谷俊介との投げ合った九州大会初戦2回戦で8安打1対0完封勝利を記録。
 続く準決勝・神村学園戦で9回11安打2四球、3奪三振1失点完投の粘投を披露している。
 翌選抜1回戦で関東一と接戦を演じ、巨人・西武などプロから好評価を獲得。
 7回まで6安打0封と試合を作ったが、8回裏に逆転を許し、惜しくも2対4で完投負けとなった。
 3年夏は浦商との延長15回の接戦の末、3対4サヨナラ負けで県大会8強敗退。
 最速を4㌔更新する147㌔をマークし、志望届を出したが、指名漏れで近大への進学を選んだ。
 当時のチームメイトに宮城諒大(現東京情報大)ら。

 近大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 3試合(先発2)11.1イニングに起用され、立命大1回戦、京都大1回戦で先発白星をマークした。
 通算22試合、3勝(1完投1完封)4敗、55回、防御率1.80。

 180cm75kg、マウンドさばきの良い本格派右腕。
 ノーワインドアップから小さめのテイクバックを取り、肘を使った癖の少ない投球フォームから繰り出す
 最速147㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後(高3春時点)のストレートと、
 120㌔前後の縦横2種類のスライダー、120㌔台から130㌔前後のスプリット、100㌔台のカーブ。
 高校では期待されながら肘を痛め、2年秋になってエースナンバーを獲得した。
 直球に小さく曲がるスライダー、縦スラを交え、まずまずの制球で両サイドに丁寧に投げ分ける。
 打者の内角を突く強気のピッチング、落ち着いたマウンド捌きも持ち味の一つ。
 バント処理などフィールディングを素早くこなす。遠投100m、50m6秒7。プロからも注目されていた。
 被安打率7.36、奪三振率6.38、四死球率3.93。

  スカウトコメント

西武・野田スカウト|14/4/7
 「フィールディングがよく、センスを感じる。夏まで追いかけたい」
巨人・山下哲治スカウト部長|14/3/28
 「小山台・伊藤優輔、沖縄尚学・山城大智、美里工・伊波友和、関東第一・羽毛田晶啓らも夏に向けて期待です」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-01-20(金)|2018年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑