長 壱成(駒大)

ここでは、「長 壱成(駒大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



長 壱成(駒大)

181cm74kg 右右 捕手 遠投110m 50m6秒7 智弁和歌山
二塁送球1.8秒台の強肩捕手。鋭いライナー性の打球をはじき返す右打者。正捕手定着を目指す。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 1 .000  2  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   15秋: 6 .000  1  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   16春: 10 .182  22  4 1 0 0 1 6 1 0  .217  .182二部
   16秋:          出場無し             二部
   17春: 13 .326  43 14 1 0 0 3 6 3 0  .370  .349二部(5位)
   一部: 7 .000  3  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   二部: 23 .277  65 18 2 0 0 4 12 4 0  .319  .308 

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 1 .143  7  1 0 0 0 0 1 0 0  .143  .143

  最新記事

 ■ 主将の自覚、打にも−−長壱成中堅手(2年)(毎日jp) 14/2/18

 1年生の夏から甲子園を経験。今では主将で4番と、まさにチームの心臓だ。昨夏までは正捕手だったが、今はチーム事情から中堅手を守ることが多い。小学校から続けてきた捕手へのこだわりは強いが、「チームが勝てるなら中堅手でもいい。チームあっての僕なので」と殊勝だ。主将としての自覚は打撃にも現れている。かつては長打狙いで大振りすることも多かったが、高嶋監督の指導を受け、確実性のある打撃を徹底。現チーム以降の公式戦12試合で打率4割7分6厘と開花した。高嶋監督も「意識が大きく変わった。主将にして良かった」と言う。甲子園でも「つなぐ4番」として、チームを背中で引っ張っていくつもりだ。

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13秋公: 12 .476  42 20 4 1 0 15 4 9 1  .569  .619 
   13秋全: 38 .434 159 69 18 5 3 41 10 17 3  .489  .667

  プロフィール

 和歌山県和歌山市出身。
 長 壱成(おさ・いっせい)捕手。
 西脇少年野球クラブで軟式野球を始め、西脇中では和歌山興紀ボーイズに所属。

 智弁和歌山では1年春からベンチ入り。
 近畿1回戦(2-7)で8番・捕手スタメンを経験し、同年夏に17番で甲子園メンバー入りを果たす。
 1年秋の新チームで正妻の座を掴み、県大会優勝(近畿1回戦敗退)を達成。
 翌2年夏予選(9番・捕手)を3回戦で終え、主将となった同秋に県V、近畿準Vを成し遂げた。
 近畿4試合13打数で7安打を放つなど、4番・中堅手で打率.476点15をマーク。
 左前タイムリー、中前タイムリー、中前安打と、近畿1回戦で3安打2打点の活躍を演じている。
 翌春選抜1回戦に4番・捕手で出場し、6回に痛烈な左前打(外カット)を記録。
 その他いずれも低めの真っすぐをとらえ、8回にフェンス際への中飛、12回に鋭い三直を放った。
 3年夏の県大会は市和歌山高に延長12回2-3サヨナラ負けで惜しくも準優勝。
 全5試合で4番・キャッチャーを務め、19打数7安打4四死球、打率.368本0点3の奮闘を見せた。
 同学年に東妻勇輔(日体大)、片山翔太(関学大)ら。

 駒澤大では1年春からリーグ戦に出場。
 2年春の2部リーグ戦でスタメン8試合を経験し、翌3年春に6・7番で規定打席到達を達成した。
 全13試合スタメンマスクで打率.326、43打数14安打3打点の好成績をマーク。
 延長10回の接戦を制した青山学院大2回戦でライト前2点打など3安打を放つ活躍を見せた。
 通算30試合、打率.265、18安打、0本塁打、4打点。

 181cm74kg、強肩強打のキャッチャー。
 振り切るスイングから鋭い打球を放つ右の強打者。高校時代は勝負強い打撃で4番を務めた。
 右中間への当たりも持ち味。つなぎを意識した高2秋に高打率を記録している。
 キャッチャーとしては遠投110m、二塁送球タイム1.8秒台をマークする地肩の強さが売り物。
 選抜で二塁けん制をした際に1.80秒(タイムの出易い外高め直球)を計測した。
 チーム事情により高2秋に中堅手を経験。本人は本職であるキャッチャーに強いこだわりを持つ。
 50m6秒7、右打者で一塁到達4.6秒台。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-18(木)|2018年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑