西川 大地(日本新薬)

ここでは、「西川 大地(日本新薬)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm83kg 右右 MAX145km カット・スライダー・カーブ・スプリット 高知→立命大 2年目
最速145㌔の直球とカット、スライダー、カーブ。新日鉄住金広畑戦で2安打13K完封勝利を記録した。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   16都: 2    7.1  6  8  4  2
            1  0  2  2  0 141㌔ ホンダ熊本
        先  6.1  6  6  2  2 142㌔ 東京ガス 
   16日: 1    0.1  0  1  0  0     王  子
   通算: 3    7.2  6  9  4  2 防2.35 
       被安打率7.04 奪三振率10.57 四死球率4.70

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春:         登板無し
   12秋: 2  0勝0敗   2  1  2  0  0  0.00 
   13春: 9  3勝2敗  29.2  23  25  9  5  1.52(7位)
   13秋: 7  1勝1敗   40  26  37  14  3  0.68(1位) 
   14春: 9  1勝3敗  35.1  25  28  10  6  1.53(5位)
   14秋: 6  3勝2敗   36  22  38  17  8  2.00(7位)
   15春: 6  4勝0敗  49.1  26  30  13  4  0.73(1位)
   15秋: 5  3勝1敗  41.2  26  39  8  4  0.86(2位)
   通算: 44 15勝9敗  234 149 199  71  30  1.15
          被安打率5.73 奪三振率7.65 四死球率2.73
    ※ 15春:最優秀投手 15春:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14選: 1 先  0.1  3  0  0  2 139㌔(東ド) 大体大 ●
   15選: 1 先   8  4  12  1  0 143㌔(東ド) 東海北 ●
   通算: 2    8.1  7  12  1  2 防2.16
       被安打率7.56 奪三振率12.96 四死球率1.08

投手成績詳細

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   関 大    1.2  1  2  0  0
   同 大    0.1  0  0  0  0
           2  1  2  0  0 防0.00 
      被安打率4.50 奪三振率9.00 四死球率0.00

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   関学大     1  1  0  1  0
           2  4  4  0  1
   京 大     3  0  2  1  0 ○
           2  2  3  0  0 ●
           4  3  0  1  0 ○
   関 大     5  0  5  2  0 ○
           2  2  3  1  0
   近 大 先  3.2  8  4  1  3 ●
   同 大 先   7  3  4  2  1
         29.2  23  25  9  5 防1.52
      被安打率6.98 奪三振率7.58 四死球率2.73

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   関 大 先  0.1  3  0  1  1 
   京 大 先 17.2  7  17  6  0
       先   5  3  2  1  0 ○
   関学大 先 10.1  8  12  3  1 ●
           2  1  3  1  0
   同 大 先   2  3  2  1  1
          2.2  1  1  1  0
          40  26  37  14  3 防0.68
      被安打率5.85 奪三振率8.33 四死球率3.15

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   近 大     3  0  2  1  0
       先   8  7  6  1  0
   関 大 先  8.1  4  8  4  2 ●
          1.1  3  0  2  3 ●  
   関学大     2  3  3  1  1 ●
   京 大     2  0  3  0  0
   同 大     1  0  1  0  0
          0.2  0  0  0  0
       先   9  8  5  1  0 ○封
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   関学大    0.2  1  0  1  1…優勝決定戦
          36  26  28  11  7 防1.75
      被安打率6.50 奪三振率7.00 四死球率2.75

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大 先   6  6  3  2  1 ○
   近畿大 先   7  3  9  4  0 ○
   関学大 先  8.2  5  14  2  1 ●
   関西大 先   6  3  6  2  2 ○
   同 大 先   6  3  4  6  2
          2.1  2  2  1  2 ●
          36  22  38  17  8 防2.00
      被安打率5.50 奪三振率9.50 四死球率4.25

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   関学大 先   6  3  3  4  1
       先   9  4  8  1  0 ○封
   京都大 先   8  4  4  2  0 ○
   関西大 先   9  4  5  2  1 ○
   近畿大 先   9  5  5  2  1 ○
   同 大 先  8.1  6  5  2  1
         49.1  26  30  13  4 防0.73
      被安打率4.74 奪三振率5.47 四死球率2.37

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大 先   6  6  8  0  1 ●
   近畿大 先   9  6  7  2  1 ○
   関学大 先  8.2  3  7  2  1
   関西大 先   9  4  8  3  0 ○封
   同 大 先   9  7  9  1  1 ○
         41.2  26  39  8  4 防0.86
      被安打率5.62 奪三振率8.42 四死球率1.73

   15秋代決  回数 被安 奪三 四死 自責
   天理大     1  0  1  1  0
   奈良学     3  1  4  0  0 ○
           4  1  5  1  0 防0.00
      被安打率2.25 奪三振率11.25 四死球率2.25

  最新記事

 ■ 日本新薬・西川10K完封!吹石新監督に白星プレゼント(スポニチ) 17/3/12

 日本新薬の元近鉄・吹石徳一新監督の初陣を、2年目の右腕・西川が6安打10奪三振の完封で飾った。ヘッドコーチから昇格した指揮官は連覇へ向けて好スタートを切り「土台ができているから、引き継げるようにやるだけ。初戦勝ててホッとしている」と安どの表情。昨年の今大会で新人賞を獲得した西川は「今年も勝ち続けて連覇に貢献したい」と言葉に力を込めた。

 ■ 日本新薬・西川 台湾斬り0封(スポーツ報知) 17/2/27

 日本新薬の今秋ドラフト候補右腕・西川大地(22)が26日、ほっと神戸でWBC台湾代表との親善試合に先発し、5回を2安打無失点、8奪三振の好投を見せた。立命大では、同期だった巨人・桜井俊貴投手(23)との2枚看板で活躍。桜井は現在、1軍生き残りへ奮闘しているとあって「(桜井が)頑張ってるのは刺激になります。自分も今年が勝負だと思っている」と語った。

 ■ 2段モーション指摘も…日本新薬・西川“強心臓”完投 初V貢献(スポニチ) 16/3/14

 準決勝、決勝が13日に行われ、日本新薬が初優勝を飾った。新日鉄住金かずさマジックとの決勝では、新人の西川大地投手が3安打1失点で完投勝利。桜井俊貴投手と立命大で二枚看板を張った右腕は、大会2勝で新人賞に輝いた。2点の援護をもらって迎えた初回、先頭打者へ2球目を投じた際に球審から2段モーションと指摘された。初めての経験…。投球フォームを崩しかけ、1点を失った。それでも「なんとかクイック投法に切り替えて」活路を見いだし、得意のカットボールとスプリットを操って4回以降は無安打。新人とは思えない強心臓ぶりを、岩橋良知監督は「プレッシャーがかかったと思うけど、よく頑張った」と称えた。関西学生リーグ通算15勝は桜井の28勝には及ばないが、2年秋に0・68、4年春に0・73で防御率1位に輝き、同じく0点台だった桜井を2位に従えた。2年秋には、のちに京大初のプロ野球選手となる田中(現ロッテ)との投げ合いで17回2/3を零封した。最速145キロの実力を持ちながら、これまで桜井の話になると「僕は僕、あいつはあいつ」という姿勢を貫いていた。ただ、昨秋に桜井がドラフト指名された後には、こう約束した。「2年後、プロでまた一緒にプレーしよう」。社会人球界で新たなスタートを切りながら「プロは目指したい場所」と照準を定める。

   16都予    回数 被安 奪三 四死 失点
   住金広畑 先   9  2  13  1  0封
   NTT西     2  0  2  0  0
           11  2  15  1  0 防0.00
       被安打率1.64 奪三振率12.27 四死球率0.82

過去記事

 ■ 立命大、2季連続36度目V!関大に連勝で決めた(スポーツ報知) 15/10/15

 立命大が勝ち点3で並んでいた関大に連勝し、勝ち点4とし2季連続36度目(旧リーグ含む)の優勝を決めた。初回に古川昂樹主将の左前適時打で1点を先制。3回にはドラフト候補の1番・山足達也遊撃手の好走塁で1点を追加すると、5回にも1点を加えた。投げては西川大地が4安打完封し、今季2勝目をマーク。優勝投手になった右腕は「今日は桜井は投げられなかったので、全部自分が投げるつもりだった。(優勝は)うれしいです」と白い歯を見せた。指揮を執る後藤昇監督は今春に就任して以来、2季連続でリーグ制覇。「(桜井、西川の)2枚看板はトップクラス。この投手陣で負ける訳にはいかないプレッシャーはありました」と安堵の表情。連覇したチームを率いる古川は「ここは通過点。関西では負ける訳にはいかないし、東京のチームに勝ってこそです」と気合全開。明治神宮大会出場がかかる関西地区大学野球選手権を見据えた。

 ■ 立命大・西川大、ピンチで粘れず「四球が痛かった」/全日本大学野球(SANSPO) 15/6/9

 全日本大学野球選手権1回戦(9日、東海大北海道3-1立命大、東京ドーム)立命大の先発、西川大は0-0の八回に四球と失策で招いた1死一、三塁のピンチで踏ん張れず8回2失点七回まで2安打無四球と好投していたが「四球が痛かった。一発がある打者で警戒しすぎた。エラーは仕方ないし、その後のピンチを抑えないと」と反省しきりだった。後藤監督は「西川は0-0の後半を辛抱しないといけない。課題を残した」と注文を付け「一、二回に先制できなかったのが敗因の全て」と、初戦敗退を振り返った。

 ■ 立命大・西川大、3試合連続完投で2季ぶりVへ前進(SANSPO) 15/5/12

 関西学生野球春季リーグ第6週第3日(11日、立命大6-1近大、皇子山)立命大が投打に近大を圧倒して2シーズンぶりの優勝へ前進した。1失点で3試合連続完投勝利の西川大は「野手が先に点を取ってくれたのでプレッシャーも感じなかった」と四回以降はわずか1安打に抑え、防御率もトップの0・66だ。昨秋は最終日の同大3回戦で勝てば2連覇だったが、投手陣の柱の桜井、西川大が打たれて敗れ、関大に優勝をさらわれた。それだけに後藤監督も「去年、優勝を逃した悔しさを晴らしてくれると思う」と、選手の奮起に期待していた。

 ■ 立命大、勝ち点落とす 関西学生(京都新聞) 14/9/21

 関西学生野球は21日、皇子山球場で2回戦2試合を行い、立命大は0-1で関学大に敗れて対戦成績を2敗とし、勝ち点を落とした。立命大は先発西川大(3年、高知)が8回2/3を1失点、14奪三振と好投したが、好機を生かせなかった。

 ■ 立命大・西川大が初完封 逆転優勝へ踏みとどまる/関西学生(SANSPO) 14/5/22

 関西学生春季リーグ第8節第3日(22日、立命大1-0同大、わかさ)負ければ優勝がなくなる立命大は3年生の西川大が初完封と力投し、1点のリードを守りきった。8安打されたものの要所を締めた右腕は「無駄な走者を出さないことを心がけた。うれしい」と胸を張った。就任20年目で通算300勝を達成した松岡監督は記念のボールを贈られ、感慨深げな様子。「プレーオフに持ち込み、選手とともに喜びを分かち合いたい」と逆転優勝に意気込みをのぞかせた。

  プロフィール

 高知県高知市出身。
 西川 大地(にしがわ・だいち)投手。
 横内小4年から捕手として野球を始め、高知中野球部時代3年時から投手。
 3年夏に全国V(1回戦でノーヒットノーラン)を達成した。

 高知高では1年秋から控えとしてベンチ入り。
 エース・筒井太智らの活躍で四国準Vを果たし、背番号11で翌選抜(登板なし)を経験する。
 3年夏の高知大会は北川倫太郎擁する明徳義塾に1対2で競り負け準優勝。
 下級生時代から期待されながらやや伸び悩み、リリーフでわずか1試合1回の登板にとどまった。
 当時の同期に細川孝典(ENEOSウイング)ら。

 立命大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 翌2年春のリーグ戦9試合に主に救援で登板し、29.2回で防1.52(7位)、3勝2敗の実績を残す。
 以降、桜井俊貴と並ぶ主力の1人としてリーグ通算15勝(7完投3完封)を記録。
 計44試合(先発26、救援18)234イニングを投げ、3年春、4年春秋のリーグ優勝に貢献した。
 田中英祐と投げ合った2年秋京大戦で17.2回17K、230球無失点ピッチを披露。
 3年春の最終週・同大3回戦で優勝に望みをつなぐ8安打初完投初完封勝利を収めている。
 脱力を意識した4年春に4勝(3完投1完封)で最優秀投手、ベストナインを受賞。
 2年秋(40回5失点、防0.68)、4年春(49.1回4失点、防0.73)の2度防御率1位をマークした。
 3年春、4年春の2度全国大会に出場し、3年春2回戦で1/3回2被弾KOを経験。
 雪辱を期した4年春の選手権1回戦(1対3)で、7回0封、8回4安打2失点の好投を演じている。
 通算44試合、15勝(7完投3完封)9敗、234回、防御率1.15。

 日本新薬では1年目から公式戦に出場。
 春スポニチ大会(初V)から先発陣の一角を務め、先発2勝を挙げる活躍で新人賞を獲得する。
 決勝・かずさマジック戦で3安打1失点初完投勝利(4回以降無安打)をマーク。
 都市対抗2次予選2試合11イニングに登板し、住金広畑戦で2安打13K初完封を記録した。
 本大会2試合に先発救援で起用され、合計7回1/3で6安打8K2失点を記録。
 先発を任された準々決・東京ガス戦(3対4逆転負け)で7回途中2失点の粘投を披露している。
 二大大会通算3試合、0勝0敗、7.2回、防御率2.35。

 181cm83kg、145㌔直球を持つ本格派右腕。
 セットポジションからグラブを掲げ、テイクバック小さめに重心を下げ、球持ちに良さのある腕の振りから
 繰り出す最速145㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の伸びのあるストレートと、
 120㌔台から130㌔強のカット、120㌔台スラ、100㌔台のカーブ、120㌔台SFF、120㌔台チェンジ。
 関西学生リーグ通算234回で199K。4年春選手権で12K(空振り10)を記録した。
 先発・リリーフの両面で活躍。真っ直ぐにカットボール、スライダー、カーブなどの変化球を織り交ぜる。
 遠投100m、50m6秒9(高校時代)。与四死球率2.73。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-03-12(日)|2017年社会人投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑