伊藤 優希(亜大)

ここでは、「伊藤 優希(亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



伊藤 優希(亜大)

175cm68kg 右右 外野手 遠投100m 50m5秒8 駒大苫小牧
一塁到達4.1秒台の脚力が光る1番打者。高3春選抜2試合で4安打3盗塁。守備範囲広い中堅手。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 4 .222  9  2 1 0 0 0 3 1 0  .300  .333
   15秋:          出場無し              
   通算: 4 .222  9  2 1 0 0 0 3 1 0  .300  .333

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 2 .571  7  4 0 1 0 2 0 1 3  .625  .857

  最新記事

 ■ 伊藤優、亜大合格 両打ち転向で“戦国東都”からプロへ(スポーツ報知) 14/12/2

 今春のセンバツ甲子園に出場した駒大苫小牧高の伊藤優希外野手(3年)が1日、東都大学リーグの強豪・亜大に合格した。目標のプロ入りへ“戦国東都”で更なる成長を目指す。「高校入学の時から泥臭く戦う亜大でやりたかった。レベルの高いところでやる覚悟はできている」と表情を引き締めた。9年ぶりに出場した今春の甲子園では2試合に出場し、通算7打数4安打2打点と存在感を示した。また、50メートル5秒8の俊足を武器に3盗塁も決め、そのセンスは元阪神で5度の盗塁王に輝いた赤星憲広氏(38)も絶賛大会後には高校日本代表候補にも選出された。今夏は南北海道大会の準々決勝で敗退。甲子園出場を逃した伊藤は大学進学に向け、今秋大きな決断を下した。最大の持ち味の俊足を生かすため、元々右打ちだったが「左打ちの練習をしている」と両打ちに挑戦中だ。左打席は中学時代に一度試みたことがあり、高校入学後も自主練習で“経験済み”。新たなチャレンジに大きな困難はなく、現在は左右の打席で竹バットを使った打撃練習をするなど、木製バットへの適応力を高めている。徐々に手応えもつかんでおり、打席の使い分けに関しては「相手投手の癖などを見て決めたい」と今後を見据えた。プロ入りを目標に掲げる18歳。10月のドラフト会議では、中学時代に日本代表でチームメートだった横浜高の浅間大基外野手(3年)が日本ハムから3位指名を受けた。伊藤は「一緒にプレーした選手がプロに入ったことは刺激になる。僕も結果を残して、神宮でスカウトの方の目にとまるような選手に成長したい」と闘志。“駒苫のスピードスター”が、神宮のダイヤモンドを所狭しと走り回る。

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 5 .294  17  5 1 1 0 2 3 4 3  .429  .471

 ■ 駒苫、持ち味存分に(asahi.com) 14/3/23

 1回裏、甲子園の初打席に入ると、1番打者の伊藤優希中堅手(3年)は大きな雄たけびをあげた。大観衆が詰めかけた夢の舞台。ワクワクが止まらず「テンションが上がっちゃいました」。「苫小牧ボーイズ」に所属していた中学3年でU16日本代表に選ばれ、メキシコでの世界選手権に出場駒苫では1年生の秋からレギュラーで、経験は豊富だ。昨秋の神宮大会でも「初の全国大会の雰囲気にのまれた」と力を出せない選手が多い中、3安打2盗塁と結果を残した。「ほとんど緊張はしない」。物おじしない性格で、試合中も冷静だ。3回1死三塁の好機に打席に立った。3球目の内角直球をレフト前に運ぶ殊勲の先制適時打。「初回は内角にさしこまれたので、指2本分バットを短く持った」。前の打席の反省をしっかり生かした。出塁後の連続盗塁は自らの判断。相手投手の癖を読み、次の塁を陥れる。「攻めの走塁」が最大の武器だ。「塁に出て足で進塁し、チームに勢いをつけるのが自分の仕事」。試合前の言葉を見事に実行した。
 駒大苫小牧の伊藤優が三回に先制の適時打を放ち、さらに二盗、三盗を決めて相手の守備をかき回した。1打席目で球をつまらせた反省を生かし、「バットを短く持って結果が出た。(盗塁は)投手の癖を見つけたので狙っていた」と満足げだった。(MSN産経)

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13秋公: 9 .552  29 16 0 0 0 6 0 5 12  .618  .552 
   13秋全: 42 .346 153 53 2 1 0 29 7 16 38  .408  .373

  プロフィール

 北海道苫小牧市出身。
 伊藤 優希(いとう・ゆうき)外野手。
 苫小牧東小1年時から軟式野球を始め、苫小牧東中時代は苫小牧ボーイズに所属。
 3年夏にAA日本代表としてU-16世界選手権で3位入賞を経験した。
 代表メンバーに田嶋大樹吉田有輝浅間大基ら。

 駒大苫小牧では1年秋から7番・センターでレギュラー。
 2年春に15打数6安打、2三塁打の活躍を演じ、2番打者として6年ぶり全道大会Vを経験する。
 7試合打率.316(19打数6安打)0打点の働きで2年夏の南北海道準Vに貢献。
 2年秋に29打数16安打12盗塁の実績を残し、全道大会V、8年ぶりの神宮進出を果たした。
 決勝・札幌大谷戦での3打数3安打など、全道で13打数8安打5盗塁をマーク。
 神宮大会では1番打者を務め、山城大智相手に中前打3本、二盗2度の健闘を見せている。
 3年春選抜でもリードオフマンを任され、2戦7打数で4安打3盗塁と脚力を披露。
 初戦3回表に内低め直球を左前適時打にすると、二盗・三盗を決め、押し出しで本塁生還。
 敗れた2回戦でも左中間適時3塁打など、3安打1打点1盗塁の奮闘を見せた。
 この活躍でU18アジア選手権の代表一次候補に選出されている(代表メンバーからは落選)。
 3年夏は札幌日大高に1対5で敗れ予選ベスト8敗退(5試合で打率.294盗3)。
 高校卒業後の進路には亜大への進学を選択し、更なる飛躍を目指してスイッチ挑戦を始めた。
 当時1学年下に伊藤大海投手、安田大将二塁手ら。

 175cm68kg、俊足巧打好守の中堅手。
 コンパクトに打ち分ける右(左挑戦中)の巧打者。打ち損じはあるが、勝負強い打撃が持ち味。
 右打者で一塁到達タイム4.1秒台、三塁到達11.5秒台の脚力が売り物。
 出塁すれば積極的に盗塁を狙う。3年春選抜2試合で3盗塁、2年秋9試合で12盗塁。
 守っては俊足を活かして守備範囲の広い好守の中堅手。肩はまずまず。
 スピードスケートで元日本代表の両親を持ち、父親の指導で幼少時から脚力に磨きをかけた。
 物怖じしない性格も魅力。選抜後はプロが選ぶベストナインに選出された。
 50m5秒8、100m11秒3。遠投100m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-01-04(日)|2018年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑