佃 勇典(JR西日本)

ここでは、「佃 勇典(JR西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



佃 勇典(JR西日本)

178cm82kg 右左 MAX146km スライダー・カット・カーブ・フォーク・チェンジ 広島商→拓大 3年目
140㌔台前半の直球と変化球。低めに集める丁寧な投球が持ち味。大学4年時に10勝をマークした。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16日: 1 先  0.2  3  1  2  5 145㌔ ● ヤマハ

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   11春: 1  0勝0敗   1  0  0  1  0  0.00二部
   11秋: 4  1勝1敗   21  18  14  10  7  3.00二部
   12春: 4  0勝1敗  18.1  21  18  4  7  3.44二部
   12秋: 4  0勝2敗   16  12  11  7  6  3.38二部
   13春: 6  3勝2敗  28.1  31  12  16  17  5.40二部
   13秋: 7  1勝0敗  32.1  18  24  9  6  1.67(4位)
   14春: 10  5勝2敗   54  43  33  12  11  1.83(3位)
   14秋: 11  5勝5敗  74.1  65  42  14  19  2.30(7位)
   一部: 28 11勝7敗 160.2 126  99  35  36  2.02 
          被安打率7.06 奪三振率5.55 四死球率1.96
   二部: 19  4勝6敗  84.2  82  55  38  37  3.93
          被安打率8.72 奪三振率5.85 四死球率4.04
    ※ 14秋:敢闘賞

投手成績詳細

   11春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   日 大     1  0  0 1   0

   11秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責 
   国学大 先   5  5  2  4  0 ○
   東農大 先   3  5  2  1  2 ●
   国士大 先  9.1  5  7  3  2
   立正大 先  3.2  3  3  2  3
          21  18  14  10  7 防3.00
      被安打率7.71 奪三振率6.00 四死球率4.29

   11秋入替  回数 被安 奪三 四死 自責 
   中 大     3  0  2  0  0 142㌔
           3  1  2  4  0 143㌔
           6  1  4  4  0 防0.00
      被安打率1.50 奪三振率6.00 四死球率6.00

   12春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   国士大    4.1  6  4  2  4
   立正大 先   5  4  5  0  1 ●
   国学大 先   8  7  8  2  0
           1  4  1  0  2
         18.1  21  18  4  7 防3.44
      被安打率10.31 奪三振率8.84 四死球率1.96

   12秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大 先  6.2  5  7  4  1 ●
   日 大 先   4  4  1  2  3
   専 大    3.1  0  1  0  0
           2  3  2  1  2 ●
          16  12  11  7  6 防3.38

   13春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大 先  7.1  5  4  3  2 ○
   日 大 先  7.2  7  1  4  4 ●
           4  3  4  4  1 ○
   東農大 先   5  8  2  2  3 ○
   立正大 先  2.1  4  1  1  3
   国士大     2  4  0  2  4 ●
         28.1  31  12  16  17 防5.40
      被安打率9.85 奪三振率3.81 四死球率5.08

   13春入替  回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大 先   9  5  4  2  2 144㌔ ○ 

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大     3  1  1  1  0 137㌔
   中 大     4  1  3  0  0 146㌔
       先   7  3  6  1  1 144㌔
   亜 大 先   5  5  2  2  2 141㌔
          3.1  1  4  0  0 144㌔
   駒 大 先   8  6  6  4  2 144㌔ ○
   青学大     2  1  2  1  1 144㌔
         32.1  18  24  9  6 防1.67
      被安打率5.01 奪三振率6.68 四死球率2.51

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   駒 大     7  3  7  1  0 ○
           2  0  1  1  0 
   国学大    4.2  5  4  1  5 ● 142㌔
          1.2  1  2  1  0   144㌔
   中央大    2.2  2  4  0  0
       先   9  13  4  2  3 ○
   亜 大 先   9  8  3  0  2 ○
       先  7.1  3  2  3  1 ○ 142㌔
   青学大 先   8  8  4  2  0 ● 142㌔
          2.2  0  2  1  0 ○
          54  43  33  12  11 防1.83
      被安打率7.17 奪三振率5.50 四死球率2.00

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   拓殖大     5  3  4  1  2 ○ 144㌔
          3.2  4  1  0  4
   亜 大 先  7.1  7  3  2  4 ● 140㌔
   中央大 先   9  9  4  1  1 ○
          6.1  7  5  0  1 ○
   国学大 先   4  6  2  2  3 ●
       先   9  6  4  1  0 ○封
       先   9  7  4  3  2 ● 145㌔
   駒澤大 先   4  5  3  1  2 ● 142㌔
       先   9  5  5  1  0 ○封
       先   8  6  7  2  0 ●
         74.1  65  42  14  19 防2.30
      被安打率7.87 奪三振率5.09 四死球率1.70

  最新記事

 ■ 拓大・佃 JR西でもフル回転!都市対抗で東京ドーム目指す (スポニチ) 14/12/29

 今秋の東都大学野球1部4年生の進路が決まった。春秋ともに5勝を挙げ、秋には敢闘賞を受賞した拓大の佃勇典投手は、社会人野球のJR西日本に進む。タフネスぶりが際立った大学ラストイヤーだった。春10試合、秋11試合に登板した佃は「もう一度やれと言われても無理」と当時を振り返る8月の北海道キャンプで右肘に激痛が走った。秋の開幕戦は登板回避。痛みが和らぐと、10月8日の国学院戦から3日連続で先発し、中4日で15日の駒大戦から再び3日連続で先発。「3日連続はないと思ってロッカーに行くと、白板に“先発・佃”と。まさかだった」。10日間で6度先発し、570球。神宮は特別な場所だったからこそ、耐えることができた。小学4年、10歳の時だった。10年後の自分に手紙を書いた。20歳になった昨年、その手紙が学校から実家に届いた。「大学生になって、神宮で投げていてください」。夢をかなえたマウンドで見せた意地の6試合連続先発だった。同じ広島出身の早大・有原は、ドラフト1位で4球団競合の末、日本ハム入り。「高校時代は一度対戦して、3三振を食らった。こういう人がプロに行くんだなと思った」。ドラフト後には祝福メールを送った。自身の次なる目標は、都市対抗の舞台・東京ドーム。「いつかは…」とプロの世界も見据えながら、新天地でもフル回転する。

  (東都1部リーグでの成績) 3季28試合で11勝(5完投2完封)、防御率2.02、与四死球率1.96

 ■ 拓大エース・佃、右肘痛耐え連投 今季初勝ち点(スポーツ報知) 14/10/3

 拓大が中大に連勝し、今季初の勝ち点を挙げた。3回途中からエース右腕・佃勇典(4年)が登板。完投勝利した前日(1日)から連投となったが、6回1/3を1失点で今季3勝目をマークした。OBの巨人・阿部が駆けつけた中大は、7回からドラフト候補左腕・島袋洋奨(4年)が3回無失点の好投を見せたが、逆転負けで今季初めて勝ち点を落とした。エース・佃の意地の連投で、今季初の勝ち点だ。前日は1失点完投勝利。この日は逆転された3回2死一、三塁から登板し、6回1/3を7安打1失点と粘って勝利を呼んだ。「最初は高めに浮いたが、下半身を意識して修正できた」。右肘痛を抱え、電気治療や痛み止めを飲むなど満身創痍だが「最後の神宮なので、またけがをしてもいいくらいの気持ちでやっている」と話した。

 ■ 佃、中1日も意地の力投で連勝4勝 拓大の残留確定(スポーツ報知) 14/5/17

 1部2季目の拓大が亜大に連勝。2勝1敗で勝ち点を2に伸ばし、1部残留が確定した。右腕・佃(つくだ)勇典(4年)が8回途中3安打1失点で、リーグトップに並ぶ今季4勝目を挙げた。戦後初の6連覇を目指す亜大は、今秋ドラフト1位候補のエース・山崎康晃(4年)が3失点完投も、今季初黒星。勝率差で国学院大に抜かれ、2位となった。重たい体を気力で支えた。佃が8回途中1失点、112球の力投だ。116球完投した14日から中1日。「8回は足が動かなかった」と2四球を出して降板も、リーグトップタイの4勝目をマーク。「先制してくれて、何とか守り切りたかった」。4年生が意地を見せた。広島市生まれで、同郷のドラフト目玉候補、早大・有原航平投手(4年)とは中学時代からの顔見知りという。「向こうはレベルが高すぎて、友達と思ってるか分かりませんが…」と自虐気味に笑うが、本当は年末に食事もする間柄。「つっくん」と呼ぶ有原も「本当に優しい性格で、昔からスライダーのキレがすごかった」と一目を置く存在だ。卒業後は社会人でプレー予定。今季10戦中8戦に登板する鉄腕は「まだまだ投げる。最多勝も取りたい」。心優しいつっくんはマウンドで鬼と化し、初タイトルまで気力を振り絞る。

過去記事

 ■ 拓大・佃が無四球完投で今季3勝目(日刊スポーツ) 14/5/14

 拓大が亜大に雪辱して勝負を3回戦に持ち込んだ。1回に4番の末広瞭介一塁手(4年=中津北)が3ランを放って先制。リードをもらった先発の佃勇典投手(4年=広島商)が力投。8回に1点差まで詰め寄られたが、無四球完投で逃げ切り、今季3勝目をつかんだ。内田俊雄監督(67)にとって、かつて率いた母校からの初勝利にもなった。同監督は「佃に尽きる。粘り強いピッチングをしてくれた」と116球完投の右腕をたたえた。

 ■ 【東都】拓大・佃、1部で初完投!13安打許すも粘投(スポーツ報知) 14/5/1

 1部2季目となる拓大が連勝で、今季初の勝ち点を手にした。今季初先発の右腕・佃(つくだ)勇典(4年=広島商)が2度のリードを許しながら粘投。13安打を浴びた要所で踏ん張り、3失点で1部では初完投。打線も13安打とつながり、逆転勝ちした。内田俊雄監督(67)は「打撃は中大の方が良かったが、佃がよく頑張ってくれた」と右腕の粘りをたたえた。初の勝ち点を挙げたが「中身を見たら、投手は不用意なボールもあるし、守備で守り切れない部分もある。接戦になると、まだまだ弱い」と気を引き締めていた。

 ■ 拓大4番の末広が延長10回サヨナラ打(日刊スポーツ) 14/4/8

 1部昇格2季目となる拓大が今季2戦目にして初勝利を挙げ、勝負を3回戦に持ち込んだ。1-1で迎えた延長10回裏2死満塁と攻め、4番の末広瞭介一塁手がサヨナラ打を放って決着をつけた。内田俊雄監督(67)は「打てないんで投手が頑張ってくれないと。佃がよくしのいでくれた」と話し、2番手として7イニングを3安打無失点に抑えた佃勇典投手の力投を高く評価した。

 ■ 拓大・佃 8回2失点で1部初勝利「自分信じて投げた」(スポニチ) 13/10/9

 拓大は3年生右腕の先発・佃が8回6安打2失点と粘投し、駒大に先勝した。創部94年目の拓大は、今季から1部に昇格。佃は3試合目の先発で、1部初勝利を挙げた。「(1部に)残留したいので、チームの役に立てたら十分。自分を信じて投げた」と笑顔で話した。10日の2回戦を前に、内田俊雄監督は「まあ明日(10日)です」と勝ち点奪取へ気を引き締めた。

  プロフィール

 広島県広島市出身。
 佃 勇典(つくだ・ゆうすけ)投手。
 神崎小1年時からソフトボールを始め、古田中では広島中央シニアに所属。

 広島商では打力を生かして投手兼外野手としてプレー。
 2年夏予選に5番・右翼手として出場し、17打数6安打、5戦6打点の活躍で4強入りを達成した。
 2年冬から本格的にピッチャー専念となり、3年夏にエースとして県大会8強進出。
 初戦から4試合連続完投勝利(2完封)を収め、2回戦・油木戦で14三振(1失点)をマークした。
 広島大会ベスト4が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 拓殖大進学後は1年春から2部リーグ戦に出場。
 1年秋の国学2回戦でリーグ戦初先発を果たし、5回5安打2K無失点の粘投で初勝利を飾る。
 先発1番手を任された3年秋(石橋が肘痛で離脱)に1部リーグ初昇格を達成。
 防5.40と苦戦しながらもリーグ戦で3勝を挙げ、入替戦で5安打3失点完投勝利をマークした。
 続く3年秋の1部リーグ戦で3位浮上に貢献する防1.67の安定した投球を披露。
 初挑戦の1部で7試合(先発3、救援4)1勝0敗、計32.1回18安打7失点の実績を残している。
 翌4年春に10戦(リリーフ6)54回をこなす活躍で最多タイ5勝(2完0封)を記録。
 同年秋のリーグ戦で74.1回登板の奮闘を演じ、5勝(2位)5敗、防2.30で敢闘賞を受賞した。
 右ヒジ痛を発症しながらも、終盤全6試合に先発し、2完封で入替え戦を回避。
 国学大2回戦で6安打1四球リーグ初完封勝利、駒大2回戦で1四球5K完封勝利を記録した。
 通算47試合、15勝(5完投2完封)13敗、245.1回、防御率2.68。

 JR西日本では1年目にイップスを経験。
 徹底した投げ込みで2年目になって状態を戻し、秋の選手権で全国(0.2回5失点)を経験した。
 二大大会通算1試合、0勝1敗、1/3回、防御率67.50。

 178cm82kg、146㌔直球を持つスリークォーター右腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、右ヒジを使った球持ちに良さのある腕の振りから
 繰り出す最速146㌔、常時140㌔前後から140㌔台前半の伸びのある直球と、
 130㌔前後のカット、110㌔台の縦のスライダー、130㌔前後のフォーク、110㌔台のカーブ。
 真っ直ぐを主体に変化球を織り交ぜる。粘り強く低めに集める投球が持ち味。
 1年目に陥った制球難を克服して2年目の日本選手権で最速145㌔、平均141.6㌔を計時した。
 遠投110m、50m6秒1。東都リーグでの与四死球率2.68。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-03-08(水)|2017年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑