山下 幸輝(国学院大)

ここでは、「山下 幸輝(国学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



173cm72kg 右左 三塁・二塁 遠投120m 50m6秒1 関東一高
パンチ力を秘めた左の好打者。4年春ベストナイン、山崎康晃からサヨナラ満塁弾。夏甲子園で2発。
2014年DeNA5位(契約金3500万円、年俸840万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11春: 13 .250  44 11 1 0 0 1 10 1 1  .267  .273 
   11秋: 11 .194  31  6 0 1 0 0 4 4 2  .286  .258二部
   12春: 14 .136  44  6 1 0 0 3 9 6 2  .240  .159二部
   12秋: 11 .282  39 11 2 0 1 4 8 2 2  .317  .410(8位)
   13春: 13 .157  51  8 2 0 0 3 7 3 0  .204  .196 
   13秋: 14 .294  51 15 3 0 0 4 13 9 2  .400  .353(9位)
   14春: 11 .261  46 12 1 0 2 6 4 4 4  .320  .413
   14秋: 13 .261  46 12 0 0 1 4 8 8 5  .370  .326
   一部: 75 .249 277 69 9 0 4 22 50 27 14  .316  .325
   二部: 25 .160  75 12 1 1 0 3 13 10 4  .259  .200
    ※ 14春:ベストナイン(三塁)

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   10夏: 4 .563 16  9 1 0 2 4 2 4 1  .650 1.000

  最新記事

 ■ ドラフト仮契約「第1号」 国学院大・山下(神奈川新聞) 14/11/3

 横浜DeNAは2日、ドラフト5位指名した国学院大の山下幸輝内野手(21)=173センチ、72キロ、右投げ左打ち=と仮契約を結び、入団が決まった。契約金3500万円、年俸840万円。指名選手では第1号の仮契約を終えた山下は「プロになった実感が日に日に増した」と安どの表情を浮かべた。東都大学リーグ屈指の強肩強打の三塁手に、武居スカウトは「思い切りのいい打撃は梶谷クラス。守備は山崎に負けない」と評価する。中畑監督は二遊間に挑戦させる方針を示しているが、山下は「遊撃手は春先のオープン戦で何度か経験した。内野の司令塔にもなる難しいポジションだけど、しっかり守れるように準備していきたい」と意気込んだ。背番号は38。山下は「勝負強く人間的にも信用される金城さんを超えていきたい。これ以上ない目標」と目を輝かした。

 ■ キヨシ監督いきなり!D5山下に「二遊間コンバート」指令!!(SANSPO) 14/10/28

 DeNA・中畑清監督(60)は27日、ドラフト5位・山下幸輝内野手(21)=国学院大=に指名あいさつを行った。三塁手の山下に「重要なのは二遊間」と、いきなりコンバートを要請した。指揮官は山下の初印象を「仮面ライダー(の俳優)か、歌舞伎役者のような端正な顔」と上機嫌。恒例の抱擁を受けた山下は、「熱い監督。大きな方で圧倒された」と顔を赤くした。指揮官は、関東第一高で二塁手だった山下に「三塁はいつでもできる。二遊間の経験があるし、守備に自信を持っているのは心強い」と、来春のキャンプで二塁と遊撃を守らせる方針を示した。二塁を主に守ったグリエルの残留は流動的で、遊撃も固定できず、チーム116失策は両リーグワースト。二遊間を固めることがチーム浮上への最重要課題だ。中畑監督はこの日、D4位・福地元春投手(24)=三菱日立パワーシステムズ横浜=にも指名あいさつをした。
 山下は中畑監督と握手を交わした瞬間、プロ入りすることを実感したという。憧れの選手に金城を挙げ、「プロで息長くプレーし、同じ球団で愛される選手になりたい」と抱負を語った。本職は三塁手だが、指揮官は二遊間で起用する考え。東京・関東一高時代は二塁手だったこともあり、「むしろずっと二遊間をやりたかったのでうれしい。肩の強さには自信がある」と前向きに捉えた。ことしの東都大学春季リーグで、ドラフト1位指名の右腕山崎(亜大)から満塁アーチを放つなど強打も魅力だ。攻守で躍進が楽しみな21歳は「自分の明るいキャラクターが(ファンに)浸透していってほしい」と意気込んだ。(神奈川新聞)

    1号:井口 拓皓(駒沢大)  12/ 9/11  右越えライナー1号ソロ
    2号:佃  勇典(拓殖大)  14/ 4/22  右越えの逆転決勝2ラン
    3号:山崎 康晃(亜 大)  14/ 5/27  右越えのサヨナラ満塁弾
    4号:山田 義貴(亜 大)  14/10/21  右越えの先頭打者アーチ

 ■ 国学院大・山下幸 先頭弾「思い切って振ることだけに集中した」(スポニチ) 14/10/22

 プロ志望届を提出している国学院大・山下幸主将が初回、右翼へ先頭打者本塁打。早々に主導権を握り、亜大の追い上げも振り切った。リーグ戦通算本塁打を5とした山下幸は「最近、長打が出なかったので思い切って振ることだけに集中した」と満足顔。優勝は逃したものの、「今年の春も負けているし、なんとか亜細亜から勝ち点を取りたい」と言葉に力を込めた。

過去記事

 ■ 国学院大・山下幸、劇的な一打に興奮「何も聞こえなかった」(SANSPO) 14/5/27

 息詰まる投手戦に国学院大の主将、山下幸が劇的な決着をもたらした。延長十回2死満塁から亜大のエース山崎の142キロを右翼席に運び「抜けるとは思ったけど、入るとは思わなかった。何も聞こえなかった」と興奮冷めやらぬ様子だった。東都大学リーグでのサヨナラ満塁本塁打は2004年春に亜大の松浦が駒大戦で放って以来。鳥山監督は「すごい男ですね。あいつを主将にして良かった」と涙があふれるのをこらえきれなかった。「亜大戦は通過点。目標は日本一」と話す山下幸の一振りで、2度目の優勝へムードは最高潮に達した。

 ■ 逆転2ランの国学院大・主将の山下幸「うまく捉えられた」/東都(SANSPO) 14/4/22

 東都大学野球リーグ第3週第1日(22日、国学院大6-1拓大、神宮)国学院大は主将の山下幸が五回に右翼へ逆転2ラン。「打ったのは内角高めの直球。直前に高めのフォークを空振りしていたが、うまく捉えられた」と振り返った。これで今季は3試合連続安打。山下幸は「今季はもう少し長打を打ちたいと下半身を強化してきた。いいところで打ててよかった」と満足そうに笑みを浮かべた。
 国学院大の主将、山下幸が一振りで今季初勝利を呼び込んだ。1点を追う五回1死一塁で、佃の直球を右翼へ運ぶ逆転2ラン。「ちょっと詰まったけれど、よく飛んでくれました」と笑った。今春は俊足を買われて1番を任されるが、東京・関東一高では夏の甲子園で2本塁打。パンチ力を併せ持つ好打者は、2年生の秋以来の一発に「嫌な雰囲気の中で打てた。これでチームも乗っていくと思う」と喜んだ。(時事ドットコム)

  プロフィール

 千葉県君津市出身。
 山下 幸輝(やました・こうき)三塁手。
 君津南子安小で軟式野球を始め、君津中時代は君津シニアに所属。

 関東一高時代1年夏に出場した甲子園はベンチ外。
 旧チームから1番・セカンドとしてチームを引っ張り、3年夏に25年ぶりの全国8強進出を達成した。
 甲子園4試合で打率.563(16打数9安打4四死球)本2点4盗1の活躍を披露。
 右前打2本(低め外スラ)、右中間2塁打(甘いスライダー)と、初戦で左腕から3安打を放つと、
 低めチェンジを右翼席に叩きこむなど、2回戦でも3安打2打点の活躍を見せた。
 3回戦でやや甘く入ったチェンジアップを狙い打ち、低いライナーでの2戦連続右越え先制2ラン。
 敗れた準々決勝でも中前打2本(外角高目直球、真ん中直球)を放っている。
 168cm53kgと体の線が細かった入学当初から、体重15kgの大幅アップを果たし飛距離を増した。
 当時のチームメイトに宮下明大(現富士重工業)ら。

 国学院大進学後は1年春から三塁手でレギュラー。
 2年秋に主に5番・三塁手として11安打を放ち、3季ぶりの一部で打率.282(8位)の実績を残す。
 駒大1回戦で井口拓皓からライナーで右翼に叩き込むリーグ戦1号ソロ本塁打。
 3年秋にあと一歩で3割に届かなかったものの、主に3・5番として自己最多15安打を記録した。
 4年春に主将・1番サードでV争いを演じ、打率.261本2点6でベストナイン受賞。
 拓大1回戦で佃勇典の内角高め直球を捉え、右翼席に放り込む逆転・決勝2ランホームラン、
 亜大2回戦で山崎康晃の直球をライトに叩き込むサヨナラ満塁弾を放っている。
 4年秋のリーグ戦では最終週・亜大1回戦で、山田義貴から右越えへの先頭打者弾をマーク。
 東都リーグ1・2年生選抜として2年2月のオーストラリア・カンガルーカップに出場し、
 4年6月にハーレム国際大会の大学日本代表候補・選考合宿(代表メンバー漏れ)を経験した。
 東都通算100試合、打率.230、81安打、4本塁打、25打点、18盗塁。

 173cm72kg、俊足強肩好打の小柄な三塁手。
 コンパクトに振り切るスイングで打ち分ける左の好打者。東都通算4本塁打のパンチ力を秘める。
 50m6秒1の脚力でリードオフマンとして活躍した。4年秋に自己最多の5盗塁。
 監督からは気持ちが前面に出る選手として評価されていた。東都通算打率は.230と低い。
 守っては遠投120mを記録する地肩の強さが武器。動きの良い好守の三塁手。
 高校時代は二塁手レギュラーとして起用されていた。プロでは二遊間再転向が予定されている。
 大学4年時はキャプテンとしてもチームを牽引した。

  スカウトコメント

DeNA・武居スカウト|14/11/3
 「思い切りのいい打撃は梶谷クラス。守備は山崎に負けない」
横浜スカウト|14/10/23
 「強肩・強打の三塁手。強い打球への反応が良くグラブ捌きがいい。送球は地肩が強く安定している。思い切りが良い打撃は通算で2割5分近い打率と4本塁打と長打もあり、戦国東都で1年生から出場している」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2014-11-03(月)|2014年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑