生田目 翼(日本通運)

ここでは、「生田目 翼(日本通運)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm84kg 右右 MAX155km スライダー・カーブ・カット・チェンジ・フォーク 流経大 1年目
威力のある直球とキレの良いスライダー、カット。3年春に29年ぶり全国準V。ケガからの復活を目指す。

  動 画

  投手成績

   17都   回数 被安 奪三 四死 自責
   三菱広島   1  1  1  0  0 147㌔
   MHPS   1  0  1  0  0 150㌔
          2  1  2  0  0 防0.00
     被安打率4.50 奪三振率9.00 四死球率0.00

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春: 8  4勝3敗  41.2  30  20  28  12  2.59(4位)
   14秋: 10  3勝3敗  71.2  40  61  33  15  1.88(6位)
   15春: 6  6勝0敗   51  34  29  36  15  2.65(4位)
   15秋: 5  3勝0敗   37  21  32  7  4  0.97(2位)
   16春:         登板無し
   16秋: 4  1勝2敗   26  14  20  12  5  1.73
   通算: 33 17勝8敗 227.1 139 162 116  51  2.02(不明分除く) 
          被安打率5.50 奪三振率6.41 四死球率4.59
     ※ 15春:MVP 15春:最優秀投手

 【 全国大会 】
   15選    回数 被安 奪三 四死 自責 
   城国大 先   8  4  10  8  4 151㌔(神宮)○  151㌔2球 150㌔2球
   神 大 先   9  2  6  1  0 152㌔(神宮)○封 152㌔2球 151㌔3球 150㌔7球
   早 大 先  6.2  9  7  4  6 147㌔(神宮)●
         23.2  15  23  13  10 防3.80 ※ 敢闘賞
      被安打率5.70 奪三振率8.75 四死球率4.94

投手成績詳細

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   高千穂 先   7  6  7  4  0 ○封
   創価大 先   9  2  1  4  0 ○封 146㌔
       先  2.2  3  0  5  3 ●
   国際大     2  0  1  1  0
       先   5  7  1  2  3 ●
   共栄大 先   4  7  2  6  5 ●
   杏林大 先   9  2  5  3  0 ○封
           3  3  0  0  1 ○
         41.2  30  20  28  12 防2.59
      被安打率6.48 奪三振率4.32 四死球率6.05

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   杏林大 先   9  7  6  5  2 ●
       先   8  5  11  2  2
   創価大 先  11  7  6  3  0 
       先   5  4  2  2  3 ○
       先  5.1  9  0  3  3 ●
   国際大 先  7.1  0  3  7  4 ●…7回までノーヒット1失点
   高千穂 先   7  3  8  3  1
           1  0  2  0  0
   共栄大 先   9  4  14  5  0 ○封…9者連続奪三振
           9  1  9  3  0 ○封
         71.2  40  61  33  15 防1.88
      被安打率5.02 奪三振率7.66 四死球率4.14

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   共栄大 先   9  5  3  6  1 ○
   杏林大 先   9  3  4  4  3 ○
   創価大 先   9  9  5  7  2 ○
       先   9  9  4  8  3 ○
   学芸大 先   6  3  6  6  2 ○
   国際大 先   9  5  7  5  4 ○155㌔(大田)
          51  34  29  36  15 防2.65
      被安打率6.00 奪三振率5.12 四死球率6.35

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   杏林大 先   9  7  8  0  3 ○150㌔
       先   8  3  7  0  1 
   国際大 先   9  7  11  6  0 ○封
   共栄大 先   9  3  4  1  0 ○封
   駿河台 先   2  1  2  0  0 …右肘痛で降板
          37  21  32  7  4 防0.97
      被安打率5.11 奪三振率7.78 四死球率1.70

  最新記事

 ■ 日本通運のルーキー生田目 強気の投球で“2セーブ”目!(スポニチ) 17/7/24

 日本通運の最後を締めくくったのがルーキー生田目翼だった。流通経済大3年時、大学選手権で準優勝。その後、右肩裏を痛め目立った成績は残せなかったが、社会人になりマウンドでの強気な姿勢は変わらなかった。「きょうは継投でいくぞ、と言われていたので思い切っていきました。バッターに向かっていく気持ちで投げました」。いよいよ決勝戦。接戦が予想され最終回に登板のチャンスもありそう。「もちろん、それを狙ってます。胴上げ投手、おいしいところで投げたいっす」。まだ社会人野球は慣れてないそうで「マウンドでは緊張ドキドキです。でも打者に見せないよう堂々としてます」とハッタリも。球速にもこだわりがありMAXは153キロ。「もっと速いボールを投げたい。今年は勉強して先発でも投げたいですから」と2年後のプロも視野に入れる。

 ■ 生田目、9回までノーヒット快投もタイブレイクで敗れ全国切符ならず(スポーツ報知) 16/10/23

 流通経大の最速155キロ右腕・生田目翼が、9回までノーヒット投球の快投も報われずに全国への道が断たれた。キレのある速球とスライダーを軸に組み立て、9回まで1本の安打も許さなかったが、打線に見殺しにされた。タイブレイクの延長10回1死満塁から2連続適時打を浴びて、延長10回途中2安打2失点、2四球の5奪三振で力尽きた。20日のドラフト会議では指名漏れとなり、自身の大学ラストゲームも悲劇的な幕切れとなった。敗れたチームは今季の3位が決まり、31日開幕の関東地区大学野球選手権の出場はかなわなかった。「真っすぐは走っていて、スライダーも低めに集められた。後悔とかはないし、打たれたのは仕方がない」と、吹っ切れた表情だった。

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   共栄大     2  1  1  3  0   150㌔
   高千穂 先   9  5  11  2  1 ○ 150㌔
   創価大 先   6  6  3  5  4 ● 148㌔
   国際大 先   9  2  5  2  0 ● …9回までノーヒット
          26  14  20  12  5 防1.73
      被安打率4.85 奪三振率6.92 四死球率4.15

 ■ 155キロ右腕の流通経大・生田目は指名漏れ 日本通運希望(スポニチ) 16/10/21

 創価大・田中とともに東京新大学リーグの注目候補だった流通経大の155キロ右腕・生田目は指名漏れとなった。「自分の実力がまだ通用しないというプロの評価なので、真摯に受け止めたい」と静かに話した。関係者によると、今後は日本通運への入社を希望しており「今年より良い結果が出せるよう頑張っていきたい」と前を向いた。

過去記事

 ■ 流通経大・生田目投げ負け(日刊スポーツ) 16/10/16

 今秋ドラフト候補で最速155キロ右腕の生田目翼投手が、7回途中6安打4失点で創価大・田中に投げ負けた。1-0の3回に3安打を浴びて2失点。6、7回は先頭打者への四球から崩れた。最速は148キロも、制球が定まらず5四死球。「力んで変化球が抜けた。歩幅も合わなかった。先にマウンドを降りたくなかった」と悔しがった。

 ■ 流経大・生田目、1年ぶりリーグ戦先発で11K完投(SANSPO) 16/10/11

 東京新大学野球秋季リーグ戦第6週第2日(10日、さいたま市川通公園)肩痛が癒えた流経大の最速155キロ右腕・生田目が、昨秋以来約1年ぶりにリーグ戦で先発。高千穂大を相手に5安打2死球11三振、1失点で完投し、サヨナラ勝ちを呼んだ。「フォームがぐちゃぐちゃでも抑えたかった」。この日最速は150キロ。ドラフトでは2位指名まででなければ社会人野球へ進む考えで、視察したプロ10球団は再検討に入る。
 ロッテ・永野チーフスカウトも「腕を振った時のボールはコースも高さもしっかり来ていた」と評価した。
 ▽中日・中田スカウト部長「池田君は素晴らしい。底力というかいいものがある。生田目君はあれだけのブランクがあってあれだけ投げられる2人とも素材はトップクラス」(デイリースポーツ)
 視察した日本ハムなど11球団のスカウトに復活を印象づけた。ロッテの永野吉成チーフスカウトは「2人とも持っているものは素晴らしい」と評した。(スポニチ)

 ■ 流通経大・生田目復活1年ぶりリーグ戦登板2回0封(日刊スポーツ) 16/9/25

 今秋ドラフト候補の流通経大・生田目翼投手が、約1年ぶりのリーグ戦登板を果たした。共栄大戦の8回から救援して2回無失点。視察した7球団のスカウトの前で復調をアピールした。緊張の40球だった。3-2の8回、生田目が昨年10月3日以来357日ぶりに立った公式戦のマウンドで力んだ。「こんなに緊張して、体が動かなくなると思わなかった」。先頭に四球、次打者に二塁打を浴び、いきなり無死二、三塁。「ピンチになって吹っ切れた」とスイッチが入り、力で後続をねじ伏せた。直球は最速150キロを計測。持ち前の負けん気も前面に押し出し、雄たけびを上げた。9月2日のオープン戦で実戦復帰したが、リーグ戦開幕から3試合登板はなかった。昨秋痛めた右肘をかばい、今春は右肩に炎症が起きて再離脱。再発だけは避けたかった。周囲の「焦るな」という声を信じ、耐えた。「長引きすぎたとは思うけど、また痛くなって投げられなくなったらつまらない。楽しかったし、気持ちよかった」と笑った。スカウト陣も復帰を待ちわびていた。昨春の全日本大学選手権で準優勝に導いた右腕の状態を確かめようと、今秋は毎試合ブルペンを眺めていた。DeNA武居スカウトは「もともと24人(2位以内)に入る力のある投手これだけ投げられれば十分だし、とにかくボールが強い」と話した。
 ▽楽天・長島部長「怖がらずに、あれだけ思い切り腕が振れていれば肩や肘は大丈夫だろう

 ■ 流通経大の最速155キロ右腕・生田目、プロ志望届提出(SANSPO) 16/9/24

 流通経大の最速155キロ右腕、生田目翼投手が、10月20日のドラフト会議に向け、プロ志望届を提出したことが23日、分かった。生田目は3年だった昨年6月の全日本大学選手権で同大を準優勝に導いたが、同10月3日の駿河台大戦を最後に、右肩痛などで離脱。8月の練習試合で153キロを投げるまでに回復しており、中道監督は「本人は投げる気でいる。今週末投げさせたい」と、24日からの共栄大戦で今季初登板する見込みだ。

 ■ 流通経大・生田目、プロ志望届提出か否か 18日も決断(SANSPO) 16/9/18

 今秋のドラフト会議でプロ注目の東京新大学リーグ、流通経大の最速155キロ右腕、生田目翼投手が今節の東京国際大戦の結果次第で、プロ志望届提出を決断することが17日、分かった。昨秋のリーグ戦以来、右肩痛で公式戦登板がない。すでに癒え、この日の1回戦はブルペンで投球練習をして登板に備えたが、出番がなかった。中道監督は「今節、投げさせて(プロ)志望届提出を決断させたい。投げられない場合は出せない」と説明。18日の2回戦以降に登板できない場合は10月6日に締め切られるプロ志望届は提出せず、社会人野球の名門、日通(さいたま市)の入社試験を受ける。

 ■ 流通経大・生田目 登板せず ブルペンでは40球投げ込み(スポニチ) 16/9/11

 最速155キロのドラフト候補右腕、流通経大・生田目は登板機会がなかった。昨秋以降、右肘炎症や右肩痛に泣いて今春リーグ戦は登板なし。チームにとってリーグ戦初戦となったこの日はブルペンで約40球を投げ込んだ。中道守監督は「試合の流れもあったし、スタミナの部分でまだ不安がある」と説明。生田目は「状態は悪くない。いつでも投げられる準備をしていく」と話した。

 ■ 剛腕復活153キロ!流通経大・生田目、プロ志望届提出を明言(SANSPO) 16/9/3

 流通経大の最速155キロ右腕、生田目翼投手が2日、同大グラウンドで行われた金沢学院大との練習試合で、昨年10月3日以来となる実戦登板を果たした。右肩痛に苦しんできたが、最速153キロの直球を中心に2回無安打無失点、3三振を奪って復活。六回に2番手で登板し、2人目の右打者・金山を外角低めへの153キロの直球で見逃し三振。3人目をフォークボールで空振り三振に仕留めると、七回も1三振を含む3者凡退。18球で2回を完全に抑えた。「捕手の構えたところに決まった。2イニング目は打者が早打ちしてきて、もっと投げたい球があったんですが、きょうの100%を出せた」。昨年6月、3年だった生田目は全日本大学選手権で流通経大を準優勝に導いた。だが10月3日の東京新大学リーグ、駿河台大戦を最後に、右肘の炎症で実戦を離れた。さらに今春は右肩を痛めた。7月の投球再開後も違和感は消えず、トレーナーと一から調べ直した結果、背中側に比べて胸部の筋力が弱く、投球後に痛みが出ると判明。腕立て伏せなどで鍛え直し、ようやくこの日を迎えた。「今は、プロでできたらと思っている。最後の秋だから、その前に創価大の田中(正義投手)と投げ合えたらいい」。生田目は10月20日のドラフトに向け、プロ志望届を提出することを明言した。この日はDeNA、巨人中日が視察。DeNA・武居スカウトも「(快速球が)戻ってきた。あとはリーグ戦で」と安堵した。秋季リーグ戦では救援から徐々に回数を延ばし、10月15日からの創価大戦で、同じく春は故障に泣いた田中と投げ合うのが目標だ。

 ■ 流通経大が開幕星 川崎が完封(デイリースポーツ) 16/4/6

 昨春リーグ戦を制し、全日本大学選手権でも準優勝した流通経大が競り勝ち、開幕戦を飾った。今秋ドラフト上位候補の155キロ右腕、生田目翼投手が、右肩違和感による調整遅れで先発を回避。ブルペン投球は行っており、戦列復帰は早くて23日からの東京国際大戦となる見通し。「初戦を取ってもらえたのでよかった。とりあえず早くリーグ戦で投げられるようにしたい」と、仲間に感謝した。

 ■ 流経大最速155キロ右腕・生田目、同リーグ正義にメラメラ(スポーツ報知) 15/1/7

 流通経大・生田目翼投手が6日、茨城・牛久市内の同校グラウンドで始動した。創価大・田中正義投手とは、同じ東京新大学リーグのライバル校。「実際に(2年春の公式戦で)勝っているので、勝てないわけがない」と対抗心を燃やした。「春のリーグ戦の結果次第だと思っている。肘が大丈夫なら上でやりたい」と、プロを志す気持ちは固まった。昨年10月に痛めた右肘は順調に回復中で、2月のキャンプ前には本格的な投球練習再開の青写真を描く。この日はロッテ西武広島3球団のスカウトが視察に訪れ、ランニングなどで汗を流した。「だいぶ1、2、3年とサボらせてもらったので、今年の春は死ぬ気で投げたい」と、独特の言い回しでアピールを誓った。

 ■ “二刀流”生田目がバットで貢献!流通経大、逆転勝ち2回戦進出(スポーツ報知) 15/11/3

 流通経大(東京新大学2位)が白鴎大(関甲新大学2位)を逆転で破り2回戦に進出した。来秋ドラフト上位候補の最速155キロ右腕・生田目翼(3年=水戸工)が「6番・DH」で先発。1打数1安打3四死球と4打席全てで出塁するなど、バットでチームの勝利に貢献した。普段はエースの肩書を持つ“二刀流男”は「(初打席は)緊張しましたけど新鮮でした。1本出ればと思っていたのでよかったです」と胸を張った。「バッティングの方が投げるより好き初めての横浜スタジアムがマウンドじゃなくて、バッターボックス。いい経験ができました」と最後まで“絶口調”だった。
 10月3日の駿河台大とのリーグ戦で右肘内側のじん帯を痛めて以来、投げてはいない。だが、2週間前から1日300スイングで猛アピール。中道監督は熱意に打たれ、DHでの起用を決めた。

 ■ 流通経大・生田目、復活の3失点完投「秋もまた神宮に行きたい」(スポーツ報知) 15/9/3

 来秋ドラフト上位候補の155キロ右腕・生田目(なばため)翼投手(3年)が開幕戦の杏林大戦に先発。最速150キロの直球を軸に9回を7安打3失点に抑えた。「初戦は負けられないと思っていた。収穫は最後まで1人で投げきったことです」。110球の完投で初陣を飾り、笑顔で汗をぬぐった。6月の大学選手権決勝で右股関節を痛め、大会後はノースローの日々が続いた。8月初旬に投球練習を再開。スタミナ不足の不安はあったが、9回に150キロを2度計測するなど、初戦に合わせてきっちり仕上げてきた。進化もみせた。「ポン、ポンっとアウトが取れるように、変化球を多めに打たせていった」。キレ味鋭いスライダーとフォークを低めに集め、相手を手玉に取った。春は変化球でストライクが取れず、直球を狙い打たれるケースが目立ったが、課題を克服した。この日はネット裏に7球団のスカウトが集結。ロッテ井辺スカウトは「打てるもんなら、打ってみろ!っていう投げっぷりがいい。来年はスカウトもいっぱい(視察に)来るよ」とベタ褒めした。春は同世代のライバル、創価大の156キロ右腕・田中正義との直接対決はなし。6勝同士で最多勝のタイトルを分け合ったが、「秋もまた神宮に行きたい。個人的には最低5勝以上。最多勝を目指します」と生田目。最大のライバルに投げ勝てば、2季連続の頂点がグッと近づく。
 卒業後の公務員志望を表明して話題になったが「野球をやろうと思ってます。(公務員は)今は考えてない。プロか社会人でやりたい」と心を入れ替えていた。(日刊スポーツ)

 ■ 流通経大・生目田6失点イレギュラーに気持ちキレた(日刊スポーツ) 15/6/14

 流通経大の生目田翼投手(3年=水戸工)が、力尽きた。人生初の連続先発に臨み、6回まで1失点で粘ったが、7回2死満塁から打ち取った一塁ゴロが、イレギュラーバウンドして、右前に抜けた。勝ち越しを許し、9安打6失点で降板。「自分としては悔いはないです。股関節と肘に張りがあった。ファーストゴロだと思ったけど、イレギュラーした瞬間に、気持ちが緩んだ」と自ら降板を申し出た。中道守監督(43)は「本人は公務員志望とか、走らされるのが嫌とか言っているようですが、上のステージでやらせたいと思う選手ですから」と期待した。

 ■ 流通経大29年ぶり決勝進出!生田目9回に最速152キロで完封(スポニチ) 15/6/14

 準決勝2試合が行われ、初優勝を狙う流通経大は生田目(なばため)翼投手(3年)が神奈川大を2安打完封し、準優勝した86年以来29年ぶりに決勝に進出した。速い。9回2死走者なし。流通経大の生田目は最後の打者に、この日最速の152キロを投げ込んだ。117球目だった。二ゴロに打ち取り、2安打6奪三振で完封し「最後は三振で格好良く決めてやろうと思ったが、ダメでした」とおどけた。速い。投球練習の感覚で振りかぶったり、セットを使い分けるが、この日はノーワインドアップ。捕手からの返球を受けると、約1・5秒でモーションに入る。「テンポよく投げれば、野手から“守りやすい”と言われるので」と1時間52分で試合を終わらせた。遅い。対戦した神奈川大の中浦は「見たことのないスライダー。真っすぐの軌道で来て沈む」と驚きを隠せない。曲がり始めが遅く、打者の手元で急激に変化する決め球が効いた。フォーク、チェンジアップなど大学入学後に球種も増やした。怖い。最速155キロを誇る3年生右腕は、来秋のドラフト候補に挙がる。ところが10日の城西国際大戦後に「(卒業後は)野球はやりたくない。公務員になりたい」。その発言を報道で知った両親から怒られた。「“自分で決めるな”と言われて…」。プロを含め、進路は再考する。初優勝が懸かる29年ぶりの決勝戦へ「出番があれば、抑えたい」と意気込んだ。
 「親に、自分で決めるなと言われました。あまり問題発言するなと」と苦笑いした。来秋のドラフト候補が、野球をやめる発言をした反響は大きかった。両親がプロ入りを希望する可能性も「遠回しに、そういうことかもしれません」と敏感に感じ取った。(日刊スポーツ)

 ■ 流通経大・生田目151キロ全国デビュー(日刊スポーツ) 15/6/11

 来秋ドラフト候補の流通経大(東京新大学)生田目(なばため)翼投手(3年=水戸工)が、全国デビュー戦で最速151キロをマークし、9回途中4安打10奪三振4失点に抑えた。城西国際大を破り、22年ぶりの8強進出。地元の茨城・常陸大宮市には、「親戚じゃなくても、何人かいます」という珍名、生田目と書いて「なばため」と読む。8回無死満塁のピンチ。併殺打で2死とすると、最後はスライダーで10個目の三振を奪い、気合の雄たけびを上げた。胸を張り、がに股で、肩で風を切るように、ベンチに引き揚げる。今春6勝を挙げ、来年の注目株になる可能性を持つ「ちょい悪ドラフト候補」だ。昨秋までは最速149キロだったが、「走るのは嫌いですが、走らされました」と、下半身を強化。ウエートトレーニングにも取り組み、今春のリーグ戦で155キロをマークした。一躍注目を浴びる存在になったが、卒業後は「野球はやりたくない」と真顔で言った。「地元に帰って、のほほんと暮らしたいです」。社会人チームで、野球を続けるつもりもない。「地元で公務員やりたいです。地元の市役所で。野球は結構やったので、いいです」と笑った。もともとは友人に誘われて始めた野球。まさか公務員志望とは知らないヤクルト松井編成部長は「3年生だし、来年注目される選手になるでしょうボールの速さは魅力」。ロッテ永野チーフスカウトは「ボールが強い」と好印象を抱いた。ただ、本人の決意は固いのか。「草野球ならいいですね」と、あくまで趣味で野球を続けるつもり。この日は、計8四死球。走り込みが苦手で、厳しい練習をこれ以上積みたくないようだ。運命のドラフトまで1年4カ月あまり。プロか公務員か、世にも珍しい選択を迫られることになる。
 春季リーグ戦は負けなしの6勝。昨年の選手権で全国区になった同学年の大学日本代表の剛腕、創価大・田中にも投げ勝ったが「ライバル意識とかはありません。向こうの方が上ですから」と控えめ。将来の夢も「水戸に帰って公務員になりたい。野球はもういいかなとも思う」と公言する無欲男だが、注目度は大幅にアップ。阪神の吉野スカウトが「強いボールを投げられる来年は注目される投手になるんじゃないか」と話すなど、中日DeNAなどネット裏のスカウト陣が豊かな将来性に期待した。(東京中日スポーツ)

 ■ 流通経大、15季ぶり29度目の完全V!12年ぶり全日本切符(スポーツ報知) 15/5/17

 流通経大がサヨナラ勝ちし、2007年秋以来15季ぶり29度目の優勝を、勝ち点5の完全優勝で決めた。同点の9回2死二塁で、8番・DHの折橋駿内野手(2年=流通経大柏)が中前にサヨナラ打を放ち、「興奮で何も言えない」と歓喜の輪に飛び込んだ。全日本大学野球選手権には、12年ぶり13度目の出場。今季6戦6勝最速155キロ右腕・生田目翼(3年=水戸工)は「自分にとって全国の舞台は初めてなので、楽しんでやりたい」と目を輝かせた。

 ■ 15季ぶりのV 流通経大王手(東京中日スポーツ) 15/5/16

 流通経大が逆転で東京国際大に先勝し、2007年秋以来15季ぶりとなるリーグ優勝に王手をかけた。来年のドラフト候補の剛腕エースの生田目翼投手(3年・水戸工)が4失点しながらも完投で今季6勝目を挙げた。東京国際大は立ち上がりを攻めて2点を先取しながらも、失策も絡んで逆転された。流通経大は17日の国際大2回戦に連勝して勝ち点を挙げれば、勝ち点5の完全優勝が決まる。

 ■ 創価大・北川大暴れ3ラン4打点(東京中日スポーツ) 15/4/18

 リーグ8連覇を狙う創価大が、東京国際大に打ち勝ち先勝した。4番の北川利生外野手が3ランなど4打点で突き放した。流通経済大は、プロ注目の速球右腕・生田目翼投手(3年・水戸工)が3失点完投勝利を挙げた。

 ■ [展望]Cブロック 下妻二の堅守光る(東京新聞) 12/7/4

 昨秋と今春の県大会で準優勝の下妻二が一歩リード。伝統校の竜ケ崎一や調子を上げる水戸葵陵、水戸工、茨城キリストはいずれも好投手をそろえ、下妻二をどこまで追い詰めるかが見どころ。水戸工は最速145キロの速球に変化球も交え、打撃でも長打力十分の主戦生田目翼が軸。投打の活躍でチームを勝利に導くか。

 ドラフト雑誌によると高校時代からプロ注目なんだそうです。投打に馬力がありそうな選手ですね。

  プロフィール

 茨城県常陸大宮市出身。
 生田目 翼(なばため・つばさ)投手。
 村田小4年時から硬式野球を始め、大宮二時代は軟式野球部に所属。

 水戸工では旧チームから4番・ショートとして活躍。
 2年秋から4番・エースの柱としてチームを牽引し、2年秋・3年夏に県大会8強進出を達成した。
 3年夏の予選4試合32.1イニングに登板し、打っても15打数8安打7打点と奮闘。
 4回戦で7安打1失点完投勝利を挙げると共に、点差を広げるレフトへの2ランをマークしている。
 当時から145㌔を計測していた。甲子園経験は無し。

 流通経済大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 2年春の高千穂1回戦で2度目の先発を任され、7回コールド0封でリーグ戦初勝利を記録する。
 以降1番手として起用され、41.2回で13失点、4勝(2位)、防2.59(4位)をマーク。
 創価大1回戦で田中正義との投手戦を制し、散発2安打4四死球1対0完封勝利を挙げた。
 続く秋のリーグ戦15試合中10試合をこなし、防1.88、71.2回61Kの力投を披露。
 共栄大相手に2試合連続の完封勝利を収め、1回戦で9連続含む14Kの快投を演じている。
 3年春に6勝(5完投)で15季ぶりVを遂げ、MVP、最優秀投手のタイトルを受賞。
 創価大相手に2戦連続で完投勝利を記録し、東京国際大戦で155㌔(大田)を叩きだした。
 勢い止まらず全日本大学選手権で1986年以来29年ぶりとなる準優勝を達成。
 城国大相手に9回途中10三振4失点(8四死球147球)の力投で全国デビューを飾っている。
 神大戦9回ウラに最速152㌔を計測し、2安打1四球、117球完封勝利を記録。
 決勝・早大戦は股関節痛、連投の影響もあり、6回5安打1失点、6.2回6失点でKOとなった。
 その後、秋のリーグ戦途中にヒジを痛め、4年春(登板無し)には右肩痛を発症。
 同年秋のリーグ戦4週目になって復帰を果たし、第6週・高千穂戦で1年ぶり完投勝利を挙げた。
 通算33試合、17勝(14完投7完封)8敗、227.1回、防御率2.02。

 176cm84kg、馬力のある最速155㌔本格派右腕。
 ノーワインドアップから重心を落とし、大きいテイクバックを取り、肘を柔らかく使った鋭い腕の振りから
 繰り出す最速155㌔、常時140㌔台中盤から150㌔弱の威力のあるストレートと、
 120㌔台から130㌔前後の縦スラ、130㌔前後のカット、130㌔台のフォーク、100㌔台のカーブ。
 ストレートにキレの良いスライダー、カットなどを織り交ぜる。テンポの良さも持ち味。
 2年春以降の5シーズン227.1イニングで四死球116個(率4.59)。コントロールにはバラツキが残る。
 投げっぷりの良さが魅力。下半身強化で155㌔を叩き出した。

  スカウトコメント

ロッテ・永野チーフスカウト|16/10/11
 「腕を振った時のボールはコースも高さもしっかり来ていた」
 「(池田、生田目)2人とも持っているものは素晴らしい」
中日・中田スカウト部長|16/10/11
 「池田君は素晴らしい。底力というかいいものがある。生田目君はあれだけのブランクがあってあれだけ投げられる。2人とも素材はトップクラス」
DeNA・武居スカウト|16/9/25
 「もともと24人(2位以内)に入る力のある投手。これだけ投げられれば十分だし、とにかくボールが強い」
楽天・長島スカウト部長|16/9/25
 「怖がらずに、あれだけ思い切り腕が振れていれば肩や肘は大丈夫だろう」
DeNA・武居スカウト|16/9/3
 「(快速球が)戻ってきた。あとはリーグ戦で」
ロッテ・井辺スカウト|15/9/3
 「打てるもんなら、打ってみろ!っていう投げっぷりがいい。来年はスカウトもいっぱい(視察に)来るよ」
ヤクルト・松井編成部長|15/6/11
 「3年生だし、来年注目される選手になるでしょう。ボールの速さは魅力」
ロッテ・永野チーフスカウト|15/6/11
 「ボールが強い」
阪神・吉野スカウト|15/6/11
 「強いボールを投げられる。来年は注目される投手になるんじゃないか」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-07-24(月)|2018年社会人投手 | 東京新大学 コメント(16) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
強気に出すぎたか指名回避されましたね
| 匿名 | 2016年10月20日(Thu) 21:02 | URL #- [ 編集]
3位以下なら社会人ですか。
故障明けでこの条件提示はあまりよくないような・・・
| 匿名 | 2016年10月11日(Tue) 14:42 | URL #- [ 編集]
大学野球からプロへ飛び込むか、社会人野球で更なる成長を目指すか、今後の試合で復帰出来るかどうかが運命を分けますね。
| 匿名 | 2016年09月19日(Mon) 08:04 | URL #- [ 編集]
>活躍できるわけなく
そりゃやってみなきゃわからんでしょうに…むしろリリーフか、クローザーだったら上位もあるでしょうし。タイプ的には則本っぽい。
| 匿名 | 2016年09月03日(Sat) 21:43 | URL #- [ 編集]
ポテンシャルはSランク、コーチ次第では田中以上の逸材。故障のリスクをどう見るかが鍵。ドラフトで最もいつとるか悩む選手であろう。いつとるか!今でしょ!の勢いが必要
| 宇宙人たけし | 2016年08月29日(Mon) 17:38 | URL #WGv/JGO2 [ 編集]
四球率と奪三振率から考えると下位で十分。活躍できるわけがなく公務員になった方が人生良い方向に進むだろう。
| 匿名 | 2016年04月30日(Sat) 10:47 | URL #- [ 編集]
肉体的な資質には恵まれていないながら、そのキャパシティーを限界まで使い切って、ボールの勢いで押すような投手は見ていて潔い。

ただしプロ入り後に上積みがあるというよりは、現状でどこまで通用するか、というタイプのように思う。また肉体的なキャパに恵まれない分、消耗度が激しく活躍期間もあまり長くはないのではないか。
SBの森や、今年オリックスに指名された近藤なども似たようなタイプだけど、こういう選手を1位で指名するのは怖く、2位で指名してナンボ、という気がするね。
| 東京漢(とんちんかん) | 2016年01月10日(Sun) 04:34 | URL #mQop/nM. [ 編集]
ロッテが熱心なのかな。ドラフト上位で消えるのは間違いないから、2位指名の有力候補。もちろん来年のピッチング次第では1位もありえる。そのためにはもう少し荒れ球を克服することですかね。
| 匿名 | 2015年11月03日(Tue) 14:21 | URL #- [ 編集]
最近は公務員の中途採用も増えてるから、球界入りしたからといって公務員になれないことはない。
まずはプロとして活躍する姿を見てみたいなあ
| ネオニートさん | 2015年11月03日(Tue) 00:08 | URL #- [ 編集]
本人がやりたくないと言ってるのに、金や名誉欲しさに周囲が無駄に期待する。数割契約金目当ての監督は仕方ないにしても、せめて親くらいは自由に選ばせてやれよ。
金のことしか考えてなさそうでいつかグレるぞ
| 匿名 | 2015年09月04日(Fri) 09:15 | URL #- [ 編集]
本人がやる気ないなら無理に連れてきてもしょうがないんじゃないの
球が早いだけの投手なんていくらでもいるし、内園、大石、佐藤和、力任せではプロじゃろくに投げれてないやつばかり
| 匿名 | 2015年06月16日(Tue) 09:32 | URL #- [ 編集]
昨日少し話しましたけど、本人はまだ決めてないって言ってましたけど
| 我流 | 2015年06月14日(Sun) 19:50 | URL #SpwnCme2 [ 編集]
この素材を公務員にする日本プロ野球じゃないでしょ
| フラワー | 2015年06月14日(Sun) 00:37 | URL #MzF64ICo [ 編集]
直接の関係はなかったけど私の高校時代の後輩です。
水戸工出身からプロ野球選手が誕生するのを楽しみにしています。
生田目君頑張ってください!
| 通りすがり | 2015年06月10日(Wed) 16:19 | URL #- [ 編集]
いい時には田中(創価大)を凌駕する投球するけどまだまだ荒削りな部分が多く目立ちます
大きく育ってほしい
| ☥アスラン・ザラ☥ | 2015年06月10日(Wed) 12:19 | URL #SFo5/nok [ 編集]
投げっぷりが良いですね。小型黒田みたいです。
来年のドラフトが楽しみです。
| 浜田山のトラファン | 2015年06月10日(Wed) 11:42 | URL #jcDkCMtU [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人投手 | 東京新大学 コメント(16) Page Top↑