三宮 舜(明治安田生命)

ここでは、「三宮 舜(明治安田生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



173cm73kg 左左 MAX144km スライダー・カーブ・チェンジ 慶應義塾高→慶大 1年目
伸びのある144㌔直球と落差のあるカーブ、スライダー。先発に回った3年秋にリーグ2位の4勝を挙げた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春:         登板無し
   12秋:         登板無し
   13春: 1  0勝0敗   1  2  1  0  1  9.00
   13秋: 4  0勝0敗   4  7  3  3  7 15.75
   14春: 8  2勝0敗  20  18  22  9  8  3.60
   14秋: 8  4勝1敗 38.1  29  20  17  8  1.88(4位)
   15春: 8  2勝1敗 28.1  23  27  13  13  4.13(7位)
   15秋: 12  2勝2敗 42.1  31  40  16  20  4.25
   通算: 41 10勝4敗  134 110 113  58  57  3.83 
         被安打率7.39 奪三振率7.59 四死球率3.90

投手成績詳細

   13春   回数 被安 奪三 四死 自責
   法大     1  2  1  0  1

   13秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   立大    0.2  0  0  1  0
   法大     1  0  0  0  0
         1.1  5  2  1  6
   早大     1  2  1  1  1
          4  7  3  3  7 防15.75
     被安打率15.75 奪三振率6.75 四死球率6.75

   14春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     1  0  3  0  0  141㌔
   明大     5  3  7  4  0 ○141㌔
         2.2  2  1  1  1
         1.2  1  0  2  0
   法大    2.2  2  3  1  0 ○
   立大     3  0  2  0  0  143㌔
          2  5  3  0  3
   早大 先   2  5  3  1  4
         20  18  22  9  8 防3.60
     被安打率8.10 奪三振率9.90 四死球率4.05

   14秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先   6  5  3  3  3 ○
   立大 先   3  4  2  4  1 ●
   法大 先  4.2  3  3  3  0
   明大 先   7  5  2  3  1 ○
      先   7  3  1  1  0 ○
   慶大     1  0  1  0  0
      先  7.2  6  4  3  2 ○
          2  3  4  0  1
        38.1  29  20  17  8 防1.88
     被安打率6.81 奪三振率4.70 四死球率3.99

   15春   回数 被安 奪三 四死 自責
   法大 先   8  2  5  1  1
   明大 先  5.2  6  4  5  7 ●
         1.2  2  1  1  0
   東大 先   6  5  8  3  1 ○
   立大 先   2  4  2  3  3
          3  1  3  0  0 ○
   早大     0  2  0  0  1
          2  1  4  0  0 144㌔
        28.1  23  27  13  13 防4.13
     被安打率7.31 奪三振率8.58 四死球率4.13

 最新記事

 ■ 慶大・三宮&加藤好投 大学日本代表候補に逆転勝ち(日刊スポーツ) 15/3/18

 東京6大学リーグの慶大が、大学日本代表候補に逆転勝ちした。先発の左腕、三宮舜投手(3年=慶応)が5回3失点。2番手の元大学日本代表、加藤拓也投手(3年=慶応)は最速152キロで4回3失点に抑えた。大学日本代表候補に入る慶大・谷田成吾外野手(3年=慶応)、横尾俊建内野手(3年=日大三)は出場せずに、第2試合に回った。大久保秀昭監督(45)は「ありがたかったです。打たれても腹立つでしょうし、打たなくても腹立つでしょうから」と笑っていた。

   15秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   立大 先  4.1  5  4  3  5 
          1  0  0  0  0
      先   7  3  6  3  2
   法大 先   6  4  8  0  3 ○
      先   3  3  0  1  3
   東大     2  1  4  0  1
          1  0  2  0  0
   明大 先   5  4  8  1  3 ○
          1  0  1  0  0
      先   4  6  0  2  1 ●
   早大 先   6  4  5  5  2 ●
          2  1  2  1  0 139㌔
        42.1  31  40  16  20 防4.25
     被安打率6.59 奪三振率8.50 四死球率3.40

 ■ 慶大・三宮、2連覇に望みつなぐ好投(SANSPO) 14/10/19

 東京六大学秋季リーグ第6週第2日(19日、明大1-3慶大、神宮)負ければ2連覇が消える一戦で慶大が踏みとどまった。高多助監督は「望みがつながった。投手がよく投げたし、横尾の2ランが効いた」と胸をなで下ろした。先発の三宮は失点した六回以外は上位打線に出塁を許さず、自己最長の7回を投げた。同じ3年生左腕の加嶋が肘痛で登板できない中での好投に「加嶋も悔しい思いをしていると思う。厳しい戦いになると思っていたが、真っすぐが良かったのでスライダーが生きた」と満足そうに笑った。
 慶大は明大を4-2で下し、早大は延長11回、2-1で立大に競り勝って、ともに2勝1敗とした。この4校が勝ち点3で並んだ。早大は11回に中村が決勝打を放った。慶大は横尾の2戦連発となるソロ本塁打などで得点し、連日先発の三宮が7回を無得点に抑えた。(日刊スポーツ)

 ■ 三宮 待望の1勝 慶大3連勝(中日スポーツ) 14/4/27

 第3週第1日は26日、慶大の左腕・三宮舜投手(3年・慶応)が救援で自己最長の5イニングを無失点に抑えリーグ戦初勝利を挙げた。慶大は4-3で明大を振り切って開幕3連勝。頼りになるリリーバーだ。「長かったです。けがとかいろいろあったので…。うれしいです。ウイニングボールは親に送ろうかと思います」。慶応高時代から注目されたが、大学入学直後から腰痛に悩まされ、腰回りの筋力を強化するなどして克服。昨春、ようやく六大学デビューを果たした。このオフは、フォーム研究に取り組み、しっかり腕が振れるようになった。オープン戦から好調で、貴重なリリーフ要員。ドラフト候補の山崎を攻略しながら、慶大の加嶋も早々に降板した乱戦を、ロングリリーフで鎮めた。実は、登板直後から左足のふくらはぎ付近がつっていた。「7回ぐらいまでつっていました。自分の一番いい球は真っすぐ。絶対に打たせないと思って投げました」。138キロ前後の直球は、球速表示以上の威力で7奪三振。8回2死一、二塁では三塁線に痛打されたが横尾が好捕。守備にも助けられた。先輩の中日・福谷が期待していたと聞かされると「そう言われるのは光栄です」と照れ笑い。藤ケ丘中時代はボーイズの湘南クラブで、中日の高橋周平と同期。全国ベスト4にも輝いた。顔を合わせるのはオフだけだが、この冬も近況を伝え合った。「あいつは中学の時からすごかった。いい刺激になっています。同じ舞台に立てるように頑張りたい」。指揮をとる江藤省三助監督(71)は「三宮はあのぐらいはやりますよ。期待通りです」と手応え十分。リーグ制覇を狙う陸の王者のブルペンに、新しい切り札が誕生した。

過去記事

 ■ 慶応エース三宮9K、強気内角攻めで勢い/神奈川(神奈川新聞) 11/5/4

 最後の打者を遊飛に仕留めると、両手を2度突き上げた。4度目の優勝に王手をかけた慶応のエース左腕・三宮は、「初回を無失点で抑えてリズムに乗った。優勝したいっすね」。噴き出る汗が心地よさそうだった。初回1死一、二塁。横浜の近藤にフルカウントとすると、ここで「開き直った」。投げたのは、最も自信があるという内角への直球。結果、四球としたが、続く打者に対しても同じ球で三飛、見逃し三振。これで勢いづいた。横浜は、昨春の県大会でも延長十二回を投げて競り勝った相手。三回を除き、五回まで毎回得点圏に走者を背負ったが、「結局、真っすぐしかない」(三宮)。内角を攻める強気な内容で9三振を奪った「ボールに角度がついて、勢いが出てきた」と、冬の成果に満足そうだった。これで4年ぶりの関東大会出場。三宮は「みんなで(関東に)行こうって話していたんで、うれしい」。主将の谷田は「やっと神奈川から抜け出せた」。昨秋は3回戦で散った慶応が、冬場に力を蓄え、突き抜けた。

 ■ 慶応が3連続完封勝利/神奈川大会(日刊スポーツ) 10/7/22

 2年ぶりの夏の甲子園を狙う慶応が川和を4-0で下し、4回戦を突破した。藤本知輝外野手(3年)が1回1死三塁から内野安打で先制点を挙げると、3回にも右越え三塁打で2打点目。ここまで2戦で4安打の好調を買われ、5番から3番に昇格した期待に応えた。先発の三宮舜(しゅん、2年)は12奪三振で完封。長打力が自慢のチームが3試合連続の完封勝ちに、上田誠監督(52)は「前は打つ方が良かったけど、今は守りのチームになってしまったね」と笑った。

   10夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦;金  沢 先   5  0  4  0  0
   4回戦:川  和 先   9  5  12  0  0
   準々決:東海相模 先   8  8  4  2  5
               22  13  20  2  5 防2.05(失点から計算)
           被安打率5.32 奪三振率8.18 四死球率0.82

  プロフィール

 神奈川県藤沢市出身。
 三宮 舜(さんのみや・しゅん)投手。
 小学2年時から野球を始め、同5年時からピッチャーを務める。
 藤ヶ丘中時代は湘南クラブボーイズに所属し、3年夏にエースとして全国大会ベスト4に進出。
 日本代表で11月のAAアジアチャレンジマッチ優勝を経験した。
 チームメイトに高橋周平(中日11年1位)ら。

 慶應義塾高では1年時から控え投手としてベンチ入り。
 主戦として2年夏の県大会3試合の先発を務め、22回5失点の活躍でベスト8進出を経験する。
 川和高戦での5安打12K無四球完封勝利など18イニング連続無失点を記録。
 秋予選後に腕の位置を上げたフォームに変え、3年春に県大会V、関東大会進出を果たした。
 投手戦となった県大会準々決・桐蔭学園戦で4安打1失点完投勝利をマーク。
 続く横浜戦で走者を出しながらも要所を締め、4安打9三振5四死球完封勝ちを収めている。
 関東大会は12奪三振の力投も及ばず、習志野に2対3完投負けで初戦敗退。
 股関節痛により夏予選では本来の投球ができず、日大藤沢に2対5で敗れ4回戦敗退となった。
 当時のチームメイトに谷田成吾山本泰寛(ともに慶大)ら。

 慶大進学後は2年春からリーグ戦に出場。
 入学直後からの腰痛で1年春秋とも登板できず、2年秋までを合計5イニング、未勝利で終える。
 3年春になってリリーフエースに抜擢され、終盤まで防御率0点台の力投を披露。
 明大相手に5回3安打無失点の好救援を演じ、7奪三振の力投でリーグ戦初勝利を挙げた。
 先発に回った3年秋にリーグ2位4勝(完投0)、防1.88(4位)の好成績をマーク。
 明治大2、3回戦で2日連続の先発白星を収め、優勝戦線に踏み止まる勝ち点を記録している。
 リーグ通算41試合、10勝4敗、134回、防御率3.83。

 173cm73kg、直球を武器とする小柄な左腕。
 ワインドアップから重心を下げてインステップし、テイクバック小さく肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速144㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後の伸びのある直球と、
 100㌔台から110㌔前後の落差あるカーブ、120㌔前後のスライダー、110㌔台のチェンジアップ。
 打者を振り遅れさせる真っすぐが武器。3年春にリリーフで20回22Kを記録した。
 先発時は粘りの投球を展開。甘く入るボール、バラツキもあるが、まずまずの制球で投げ分ける。
 打者の内角を攻める強気のマウンドさばきも魅力。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-20(金)|2017年社会人投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑