本田 圭佑(東北学院大)

ここでは、「本田 圭佑(東北学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



179cm82kg 右右 MAX147km カーブ・スライダー・カット・チェンジ・スプリット 東北学院高
伸びのある147㌔直球とカーブ、スライダー、チェンジアップ。3年秋に4勝、防御率1.61で敢闘賞受賞。
2015年西武6位(契約金2500万円、年俸700万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春:         登板無し
   12秋:         登板無し
   13春: 2  1勝0敗   12     8     2  1.50 
   13秋: 2  1勝0敗  8.2  9  12  2  3  3.12
   14春: 5  2勝1敗  34.2  33  30  8  6  1.56(1位)
   14秋: 6  4勝2敗  44.2  19  37  8  8  1.61(2位)
   15春: 6  3勝2敗  41.1  31  45  16  10  2.18(4位)
   15秋: 7  4勝2敗  43.1  29  49  17  10  2.08(4位)
   通算: 28 15勝7敗 184.2    181    39  1.90
    ※ 14秋:敢闘賞            奪三振率8.82

投手成績詳細

   14秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   東工大 先   5  1       1 ○
   宮教大 先  9.2  2  13     0 ○封
   東北大 先   9  3  6     1 ○
   福祉大 先   3  5       4 ●
   仙台大 先   9  4  7     1 ●
       先   9  3  4  0  1 ○
         44.2  19  37  8  8 防1.61
      被安打率3.83 奪三振率7.46 四死球率1.61

   15春    回数 被安 奪三 四死 失点
   宮教大 先   8  3  9  0  0 ○封
   東北大 先   7  3  10  2  0 ○封
   東工大 先   8  2  7  0  0 ○封
   仙台大 先  8.1  7       4 ● 
           6  6       4
   福祉大 先   4  10       6 ●
         41.1  31  45  16  14 防2.18
      被安打率6.75 奪三振率9.80 四死球率3.48

   15秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   宮教大 先   6  0  7  1  0 ○封144㌔…6回参考ノーヒットノーラン
   東北大 先   5  3  8  5  2 ○
       先   8  5  8  2  1 ○
   東工大 先   9  4  13  3  1 ●
       先   6  6  4  0  4 ○
   仙台大 先   5  7  3  3  5 
   福祉大 先  4.1  4  6  3    
         43.1  29  49  17    防2.08
      被安打率6.02 奪三振率10.18 四死球率3.53

  最新記事

 ■ 直球キレ成長誓う 本田、西武と入団合意(河北新報) 15/11/20

 西武からドラフト6位指名を受けた東北学院大の本田圭佑投手が19日、仙台市のホテルで入団交渉に臨み、契約金2500万円、年俸700万円で合意した。背番号は45に決まった。記者会見で本田は「期待していただけていると実感した。将来は1軍でローテーションを任される投手になりたい」と話した。渡辺久信シニアディレクターやソフトバンクの工藤公康監督も背負った40番台の背番号に「45は本田というイメージになるよう頑張りたい」と本田。色紙に「伸びしろ」としたため、「キレの良さや直球の速さなどで成長できると思う」と胸を張った。水沢英樹スカウト(仙北市出身)は「フォームが良く練習態度も真面目。大学4年間ですごく成長したと思う。体をつくって経験を積み、10年、20年と長くやってほしい」と期待した。

 ■ 球界の本田圭佑「個の成長必要ですね」(スポーツ報知) 15/10/30

 西武からドラフト6位で指名された、東北学院大・本田圭佑投手が29日、仙台市内の同大で前田俊郎編成部長らから指名あいさつを受けた。本田が対抗心を燃やすのは、4年間リーグ戦でしのぎを削ってきた熊原と佐藤だ。「ずっとライバルと思って4年間やってきた。先に勝てたからといって2人に勝ったとも言えませんが、何事も先行するのはいいことだと思います」と、まずはプロ1勝を目指す。指名あいさつを終えると「少し実感が湧いてきました。いつかチームを代表するような投手になりたい」と意気込んだ。西武には岸孝之投手と星孝典捕手と2人の学院大OBがいるだけに「すぐにでも弟子入りしたい」と心強い先輩の力を借りて、プロ生活に少しでも早く順応するつもりだ。大学1年生から本田を追い続けてきた西武・水沢スカウトは「バランス、しなやかさが素晴らしいキレとコントロールで勝負する岸のようなタイプ」と9年で94勝を挙げている右腕に姿を重ねるほど評価は高い。サッカー日本代表FW本田圭佑(ACミラン)と同姓同名で注目を集めてきた147キロ右腕は、サービス精神も旺盛。記者からのややムチャぶりな質問にも「伸びしろはまだまだあると思います。キャンプまでに個の成長? 必要ですね」と“本家”ばりの名フレーズを織り込んで答え「話題にしていただけるのは光栄ですから」とニッコリ。生まれ育った仙台を離れるが「1軍で出られるようになって、楽天戦のコボスタで投げられたら」と凱旋する日を夢見ている。
 前田部長は「いい手本、いい先輩がいる。安心して(プロに)踏み込んでほしい」と話した。水沢スカウトは「将来は先発陣に入ってほしい。フォームのバランスが良く、しなやか。(現役で)長くやれると思う」と期待を寄せた。(河北新報)

 ■ 学院大の本田「自分が情けない(河北新報) 15/9/29

 学院大の主戦本田が先発し、5回5失点で降板。優勝争いから脱落するチームの敗戦に「ピンチで粘り切れない自分が情けない」と悔しさをあらわにした。三回まで仙台大を1安打に抑えていたが、4-0の四回に乱れた。3長短打に押し出し四球、適時失策も絡んで4失点。五回になっても立ち直れず、3連打を浴びて勝ち越され、この回限りでマウンドを譲った。「調子がどうこうではなく、力が足りなかった」と本田。「まだ神宮に行くチャンスはある。この結果を覆せるような活躍をしたい」と雪辱を誓った。

過去記事

 ■ 東北学院大・本田6回参考ノーヒッター 4球団視察(日刊スポーツ) 15/9/6

 東北学院大のプロ注目右腕、本田圭佑(4年=東北学院)が6回参考ノーヒットノーランを達成した。打者19人に68球を投げ、1四球1犠打7奪三振。6回コールドで宮城教育大に先勝し、6季ぶりのリーグ制覇に向けて好スタートを切った。東北学院大エース本田が、チーム開幕戦を自身初の無安打無得点で飾った。6回参考ながら、許した走者は初回先頭の1四球だけ。初戦の緊張はあった。与四球後、「開き直って思い切り投げたのが結果につながった」という。菅井徳雄監督(58)は「2回以降は本来の投球をしてくれた」と評価した。春は優勝した仙台大との初戦で9回逆転サヨナラ負けし、13季ぶり3位に沈む悔しさを味わった。自己最速は147キロだが、今春は145キロ止まりだった。春以後はフォームを見直し、右ひじが下がる癖を修正。「上からたたくような投げ方にしたら真っすぐが良くなった」と自信を取り戻した。投球の角度も増し、8月の社会人相手の練習試合で完封。練習では最速146キロまで復調し、この日は144キロで3回裏1死から2者連続の空振り三振に仕留めた。プロ4球団のスカウトが視察する前での快投。「出すつもり」とプロ志望届も近日中に提出予定だ。

 ■ リーグ通算100奪三振達成(河北新報) 15/4/26

 第3節第1日は25日、仙台市の東北福祉大球場で東北学院大-東北大、仙台大-東北工大の各1回戦があり、学院大と仙台大が先勝した。学院大の本田が、散発3安打10奪三振で今季2勝目。「初戦が一番大事。気を引き締めて臨んだ」。前節、仙台大から1勝を挙げた東北大を封じ、ホッとした表情を浮かべた。直球に伸びがあり、外角への制球が抜群だった。三回には先頭打者に安打を許してリズムを乱し、2死満塁とされたが、4番の服部から直球で空振り三振を奪ってリーグ通算100奪三振を記録。菅井監督は「走者を出してからが真骨頂」と、東北大に得点を許さなかったエースをたたえた。それでも、「セットポジションで制球が乱れた。上位と戦うにはもの足りない」と本田。大黒柱らしく、反省を忘れなかった。

 ■ プロ注目右腕東北学院大・本田圭佑にスカウト4球団(日刊スポーツ) 15/4/4

 東北学院大のプロ注目右腕・本田圭佑(4年=宮城・東北学院)が、春季リーグ開幕前の先発実戦調整を8奪三振、6安打2失点で終えた。今季オープン戦4度目の先発で2戦連続完投。1-2で七十七銀行(仙台市)に敗れたが、相手4番を3打席連続三振に仕留めるなど、非凡な投球を随所で見せた。楽天などプロ4球団のスカウトが視察する中、菅井徳雄監督(58)の完投指令に応えて計141球を投げ抜いた。制球に苦しみ、序盤からボールが先行。6イニングで走者を背負ったが、菅井監督は「いろいろ経験になったと思う。いくら研究されても本田でいく」と早くもリーグ先発予告した。左打者の外角低めに沈むツーシーム気味の変化球が機能。本田は「スプリットの握りをちょっと変えただけ。開幕に向けて調子を上げていくのみです」と力を込めた。

 ■ 東北学院大・本田圭佑、エースの自覚!リーグV&プロ入り誓う(スポーツ報知) 15/2/13

 仙台六大学野球・東北学院大の本田圭佑投手(3年)が、5季ぶりのリーグ戦優勝&プロ入りの目標達成へフル回転すると決意をみせた。エースという責任感とプロへの強い決意が、言葉の端々からにじみ出た。「チームの目標は神宮(全国大会)出場。それに貢献する投球をしたい。個人的にはプロに進みたいので、それにつながる結果や内容を出したい」と本田が言い切った。昨年は大山将投手(4年)=能代=に次ぐ先発2番手として春秋合わせてリーグ戦6勝を挙げた、最速147キロの本格派右腕。最上級生となる今年はエースとして期待がかかる。すでに自覚十分だ。菅井徳雄監督(58)はこう話した。「(本田がみんなに)オレが一番練習して引っ張るから背中を追いかけてきてくれ、と話したと聞いた」。冬場は基礎体力向上を意識し、先頭に立ってウェートトレや走り込みを実施。また本田自身は食が細いため、一日3食の合間におにぎりやバナナなどを食べてパワーアップを図った。そのかいもあり、体重は7キロ増の82キロ。本田は「足や腰回りに筋肉がついて、ジーパンが入らなくなった」と苦笑いだ。今年からはエース番号の18番を背負う。菅井監督も「チームに必要な、勝てる投手になってほしい」と期待を込めた。

 ■ 東北学院大・本田圭佑に“神のお告げ”(日刊スポーツ) 15/1/11

 東北学院大のプロ注目右腕・本田圭佑(3年)が、“神のお告げ”を追い風にして大学生活の集大成を期す。昨秋の背番号11から今季「18番」を背負う新エース。大崎八幡宮(仙台市青葉区)に参拝した元日の初詣は、「大吉」に加え「18番」と書かれたおみくじをゲット。「びっくりしました。お守りにしたい」と持ち歩いている。昨春に最速147キロをマーク。多彩な変化球を交えて防御率1・56のリーグ首位に輝いた。秋も同1・61の2位で自己最多の4勝を挙げ、個人初タイトルの敢闘賞も受賞した。昨年8月のプロアマ交流戦では、1軍経験者が並ぶ西武打線を6回、5安打5奪三振3失点と好投。それまではサッカー日本代表MF本田と同姓同名という話題ばかりが先行しがちだったが、一躍、ドラフト有力候補に浮上した。4日から練習を再開。まだ体作りの段階だが、「周りの評価にギャップを感じています。課題だらけです。自分を見失わないようにしたい」と浮かれた様子はみじんもない。新チームでは投手リーダーも任され、「自分の背中を見てついてきてほしい」と主戦の自覚を示した。菅井徳雄監督(58)も「まだまだ伸びしろはある」と太鼓判を押す。本田は「目標は神宮に行くこと」。幸運のおみくじを引いた“ゴッドハンド”で自身初の全国マウンドを狙う。

 ■ 西武、本田圭佑獲得!?東北学院大147キロ右腕に熱視線(SANSPO) 14/12/30

 西武が、本田圭佑を獲得する!? といっても、サッカー日本代表のFWではない。同姓同名の東北学院大・本田圭佑投手(3年)を来秋のドラフト指名候補としてリストアップしていることが29日、分かった。名前だけでインパクト十分な右腕だが、今年8月の練習試合で今季のドラフト1位・森友哉捕手(19)を抑えた。投げる「本田圭佑」は、細身の体から繰り出す切れのいい球が持ち味だ。大学進学後に球速が10キロ以上アップして現在の最速は147キロ。カーブ、スライダー、チェンジアップを駆使して、今秋の仙台六大学リーグでは4勝(2敗)、防御率1・61と数字を残した。本田は今年8月16日に西武との練習試合(西武第2)に登板。3番から森、山川、木村、鬼崎と1軍経験者が並ぶ打線を相手に、6回を5安打5奪三振で3失点。0-3で敗れたものの、視察した鈴木葉留彦球団本部長は「光るものはあった」と評価した。当時1軍で売り出し中だった森は14日のオリックス戦、15日の日本ハム戦でいずれも本塁打と絶好調だったが、3打席で二ゴロ、四球、中飛。この試合に六回まで出場後、1軍に戻ってナイターの日本ハム戦で3試合連続本塁打を放っただけに、本田の投球内容には価値があった。東北学院大といえば、西武のエース・岸孝之投手(30)の出身校として有名。岸は1メートル80、本田は1メートル79で細身と体形も似ており、大学で急成長した点も共通している。鈴木球団本部長は「今すぐに(決定)どうこうということはないが、4年生になってどこまで伸びるか」と成長を見守っている。

 ■ 学院大、連勝2位 仙台六大学野球(河北新報) 14/10/15

 仙台六大学野球秋季リーグ最終日は13日、仙台市の東北福祉大球場で宮城教育大-東北工大、仙台大-東北学院大の各3回戦があり、宮教大、学院大が勝って勝ち点を挙げた。学院大が競り勝った。1-1の八回1死三塁、佐藤翔の右前打で決勝点を挙げた。先発本田は1失点完投。仙台大は四回に先制したが、五回以降は1安打に抑えられ、粘投した先発熊原を援護できなかった。

 ■ 東北学院大・本田圭佑が9回2/3初完封(日刊スポーツ) 14/9/16

 東北学院大がタイブレークの延長10回、宮城教育大にサヨナラ勝ちした。先発の右腕本田圭佑(3年=東北学院)が自己最長の9回2/3を2安打13奪三振で初完封し、4連勝の勝ち点2をもたらした。東北学院大・本田が初のタイブレークを白星で飾った。10回表1死満塁から先頭打者を遊ゴロ併殺に仕留め、その裏の4番井上信志主将(4年=仙台育英)のサヨナラ右犠飛につなげた。通算5勝目。自己最多13奪三振に「もっと取れるところがあった。後半、球威が落ちて見切られた」と反省した。サッカーの本田圭佑と同姓同名。名前が先行していたが実力も伴ってきた。最速147キロ。8月の交流戦では西武相手に6回3失点で自信をつけた。菅井徳雄監督(57)は「今日は本田に尽きる。2戦目を任せられるようになってほしい」と期待を寄せた。

 ■ 東北学院大、本田圭佑が仙台大V待った(日刊スポーツ) 14/5/19

 東北学院大が、67季ぶりの優勝に王手をかけた仙台大に勝ち、自力優勝への望みをつないだ。先発の本田圭佑(3年=東北学院)が自己最速の147キロをマークする好投で、7回1/3を5安打1失点に抑えた。今日19日、同カードの第3戦が行われる。サッカー日本代表FWと同姓同名の右腕本田が仙台大の優勝を阻止した。前日17日に敗れ、背水の一戦。だが「逆に楽しんで投げようと」。気負いなくマウンドに上がると、4回には自己最速を4キロ上回る147キロを計測勝負どころは「これしか自信がない」という直球で押し仙台大打線を6回まで1安打に抑えた。7回に1失点し、8回1死から1本打たれ降板。完投したい気持ちもあったが「勝てたので100点です」と満足げに話した。5日の東北大戦では3回0/3で7安打2失点KO。だが、その後11日に行った紅白戦で好投し菅井徳雄監督(57)にアピール。「部員全員から託されている思いを感じて投げろ」と再び任された一戦で快投をみせた。今日19日、連勝すれば自力優勝の可能性が見えてくる。菅井監督は「死に物狂い、絶対という気持ちでいきます」と力を込めた。

 ■ 東北学院大 本田圭佑で連勝/仙台6大学(日刊スポーツ) 13/4/24

 東北学院大が東北大に8回コールドで連勝し、勝ち点を積み上げた。サッカー日本代表MFと同姓同名の2年生右腕・本田圭佑(宮城・東北学院)が大学公式戦デビュー自己最速の142キロの速球を交え、自身大学最長の8回を2安打7奪三振の無失点に抑えた。今日24日の誕生日前日の試合で、リーグ初白星を挙げた本田は「自分にプレゼントしたいと思っていました。(同姓同名に)“シュート”は投げません。名前負けしないように頑張りたい」と次期エース候補に名乗りを上げた。

  プロフィール

 宮城県仙台市生まれ。
 本田 圭佑(ほんだ・けいすけ)投手。
 小学3年時から軟式野球を始め、柳生中時代は遊撃手として活躍。

 東北学院で投手転向し、1年秋からベンチ入り。
 2年春の大会から主戦投手としてチームを牽引し、2年夏・3年夏に県大会8強入りを達成した。
 2年夏の仙台商戦(引き分け再試合)で延長15回215球4失点の力投を披露。
 敗れた準々決でもV校・仙台育英相手に7安打無四球2失点完投の好結果を残している。
 3年夏はV校・古川工と接戦を演じながら、10安打1四死球6失点で完投負け。
 全試合(2回戦から4連続完投)をほぼ1人で投げ、42.2回37安打26K15失点の粘投を見せた。
 県大会ベスト8が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 東北学院大進学後は2年春からリーグ戦に出場。
 東北大2回戦でリーグ戦初登板初先発を果たし、8回コールド2安打0封の好投で初勝利を飾る。
 翌3年春になって先発2番手の座を掴み、仙台大2回戦で最速を147㌔に更新。
 3年秋に4勝(3完投・1完封)2敗、防1.61の好成績を残し、敢闘賞のタイトルを初受賞した。
 宮教大2回戦で延長10回タイブレーク、2安打、自己最多13奪三振完封勝利。
 仙台大学3回戦で熊原健人との投げ合いを制し、3安打無四球1失点完投勝ちを記録している。
 通算28試合、15勝(10完投6完封)7敗、184.2回、防御率1.90。

 179cm82kg、スリークォーター右腕。
 ノーワインドアップから肘を柔らかく使い繰り出す147㌔直球とカーブ、スライダー、カット、チェンジアップ。
 冬場の身体作りにより力強さを増し、3年春に自己最速147㌔を計測した。
 3年秋にリーグ最多4勝、被安打率3.83、奪三振率7.46、四死球率1.61の好結果をマーク。
 球速以上の伸びを備えるストレートを主体に4種類の変化球を織り交ぜる。
 3年8月に行われた西武戦で6回5安打5K3失点(森友哉を2打数ノーヒット1四球)の力投を見せた。
 奪三振率9.02、四死球率2.66(2年秋以降)。

  スカウトコメント

西武・水沢英樹スカウト|15/11/20
 「フォームが良く練習態度も真面目。大学4年間ですごく成長したと思う。体をつくって経験を積み、10年、20年と長くやってほしい」
西武・水沢スカウト|15/10/30
 「バランス、しなやかさが素晴らしい。キレとコントロールで勝負する岸のようなタイプ」
 「将来は先発陣に入ってほしい。フォームのバランスが良く、しなやか。(現役で)長くやれると思う」
 「変化球が多彩で長く活躍できるタイプのピッチャー。最大の武器は名前でしょう。野球界にも本田がいることに注目してほしい」
西武・前田部長|15/10/30
 「いい手本、いい先輩がいる。安心して(プロに)踏み込んでほしい」
西武・鈴木葉留彦球団本部長|14/12/30
 「(8月に行われた西武戦での投球について)光るものはあった。今すぐにどうこうということはないが、4年生になってどこまで伸びるか」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
6試合
41回1/3
3勝2敗
防御率2.18
被安打31
奪三振45
四死球16
自責点10
| ハルタカ | 2015年05月26日(Tue) 08:10 | URL #- [ 編集]
あえてね
| △ | 2015年05月25日(Mon) 18:03 | URL #- [ 編集]
東北工大戦に先発し8回被安打2、無四死球、7奪三振で完封勝利を挙げました。
| ハルタカ | 2015年05月04日(Mon) 06:16 | URL #- [ 編集]
5回を投げ切って勝ち投手になれたのは良かったですが、怪我をしたのであればツイてないですね。
次節・東北工業大2回戦の先発、ちょっと注目してみます。
| 管理人 | 2015年04月27日(Mon) 21:40 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
千葉投手は5回まで5安打1失点(自責0)という投球でした。
しかし6回に打球が右手に直撃し降板する不運。
さらに緊急登板となった長鈴が4回1安打無失点の投球。
右手の状態のせいかは不明ですが昨日の先発は千葉ではなく長鈴でした。
その長鈴が8回4安打1失点でリーグ戦初勝利を記録。
千葉は4年生になってようやく掴んだ2番手投手の座だったんですけどね。
| ハルタカ | 2015年04月27日(Mon) 10:44 | URL #- [ 編集]
次節が終わるといよいよ上位チーム同士の対戦ですね。
そういえば第1節で193センチ長身右腕、千葉建佑投手が勝ち星(初勝利?)を挙げたようで。
着実に力をつけているようですね。
| 管理人 | 2015年04月26日(Sun) 20:54 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
東北工大ではなく東北大でした。
| ハルタカ | 2015年04月26日(Sun) 09:56 | URL #- [ 編集]
東北工大戦に先発。
7回3安打2与四死球無失点10奪三振で完封。
リーグ通算100奪三振を達成したようです。
| ハルタカ | 2015年04月26日(Sun) 09:55 | URL #- [ 編集]
15年春季リーグ初戦に先発
宮教大を相手に8回3安打無四死球無失点9奪三振で完封(8回コールド)
上々の滑り出しです
| ハルタカ | 2015年04月13日(Mon) 09:56 | URL #- [ 編集]
四死球1 奪三振6
| ハルタカ | 2014年10月26日(Sun) 23:24 | URL #- [ 編集]
明治神宮野球東北地区代表決定戦

対東日本国際大
9回 5安打 自責1
| ハルタカ | 2014年10月26日(Sun) 23:16 | URL #- [ 編集]
情報ありがとうございます。
最終節では学院大・本田、仙台大・熊原の投手戦があったようですね(結果は1勝1敗)。
4勝は最多勝でしょうか。次は福祉大から白星を挙げてもらいたいところ。
打数が少なくて打席不足?と思っていた千葉が首位打者なんですね。四死球数が多そう。
| 管理人 | 2014年10月16日(Thu) 21:07 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
14年秋季リーグの最終成績です

投球回44回2/3
防御率1.61
勝利数4
敗戦数2
被安打19
奪三振37
与四死8
自責点8

これまで投球回とほぼ同等だった被安打数が激減しました。
今秋のリーグで最多投球回数を投げてこの数字は価値があるのではないでしょうか。
| ハルタカ | 2014年10月15日(Wed) 23:18 | URL #- [ 編集]
宮城教育大学戦に先発。
9回2/3を2安打13奪三振という圧倒的な内容でリーグ戦初完封を達成しました。
これでリーグ通算5勝目です。
| ハルタカ | 2014年09月16日(Tue) 12:57 | URL #- [ 編集]
今春は2勝1敗ながら防御率1.56で最優秀防御率のタイトルを獲得しました。
今日のプレーオフでも福祉大を5回5安打1失点に抑えるなど、投手陣の柱になりつつありますね。

14年春
投球回34回2/3
防御率1.56
勝利数2
敗戦数1
被安打33
奪三振30
与四死球8
自責点6
| ハルタカ | 2014年05月28日(Wed) 23:24 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する