吉岡 慎平(神出設計エコアハウス)

ここでは、「吉岡 慎平(神出設計エコアハウス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm85kg 右右 MAX153km スライダー・カーブ・カット・スプリット・チェンジ JR北海道 2年目
最速153㌔のプロ注目大型右腕。右肘手術から復帰。4年春5勝、防御率0.46で初優勝を達成した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 自責 防御率
   13秋: 5 1勝2敗  22.2   4  1.64(6位)
   14春: 6 5勝0敗   39   2  0.46(2位)
   14秋: 6 3勝2敗  38.1   8  1.88(6位)
   通算: 17 9勝4敗  100  14  1.26(不明分除く)
    ※ 14春:最優秀投手賞 14春:ベストナイン

 【 全国大会 】
   14選    回数 被安 奪三 四死 自責
   愛院大 先  5  4  2  2  3 ● 149㌔(神宮)

  最新記事

 ■ 苫小牧駒大・吉岡プロ志望届提出日に黒星(日刊スポーツ) 14/9/28

 苫小牧駒大の吉岡慎平投手(4年=札幌日大)が“節目”に黒星を喫した。函館大相手に8回2/3で9安打2失点。172球の力投だったが、勝利を逃し「最低最悪の投球だった」と反省した。この日、プロ志望届を所属連盟に提出。「上で挑戦すると決めてからは、プロ1本。指名されても恥ずかしくないように、リーグ戦が終わっても練習します」と、10月23日のドラフト会議当日の吉報を待つ。

 ■ 苫小牧駒大・吉岡13K3失点完投(日刊スポーツ) 14/9/1

 今春のリーグ覇者・苫小牧駒大が2季連続Vへ白星発進した。先発したプロ注目の右腕、吉岡慎平投手(4年=札幌日大)が9回5安打3失点で完投勝利。1回先頭から4者連続など13三振を奪ったが、6回に3安打を集中されて2失点。9回には本塁打を浴びて1失点と、後半の失投に「ありえないっす」と苦笑い。夏場に変えた新フォームを習得中で「力まず投げられた。少なからず春より良い部分は見てもらえたかな」と話した。

 ■ 苫小牧駒大・吉岡2発に沈む(西日本スポーツ) 14/6/11

 苫小牧駒大の吉岡がアクシデントと2発に沈んだ。初回先頭の打球が右肘に直撃続投したが2回と5回にソロを被弾し、5回で降板した。「当たったのは関係ない。試合を壊してしまった」と号泣。それでも、スカウトのスピードガンで最速151キロを計測。阪神・葛西スカウトは「体に力はある」と話していた。
 全日本大学野球選手権1回戦(10日、愛知学院大5-0苫小牧駒大、神宮)苫小牧駒大を初出場に導いた速球派右腕、吉岡は一回に打球を肘に受けるアクシデントから、本来の投球ができなかった。「試合を壊したのは自分。謝罪したい」と悔し涙をにじませた。回を追うごとに腫れがひどくなり、制球ミスを突かれた149キロをマークする場面もあったが「軸になるストレートを続けられない」という状況で、2本塁打を浴び5回3失点。「今までにない経験だった。もっと練習します」と話した。(SANSPO)

過去記事

 ■ 苫小牧駒大16年目の初V「歴史つくった」(日刊スポーツ) 14/6/10

 創部16年目の苫小牧駒大が旭川大に勝ち、7勝で並んでいた東農大北海道が敗れたため、リーグ初制覇が決まった。東農大北海道戦を見守ったバックネット裏のスタンドで、雄たけびを上げ抱き合った。最終戦は同点に追いついた7回表1死満塁、5番近江洋紀右翼手(4年=札幌日大)の適時打で勝ち越し。最大3点差からの逆転勝ちに「みんながつないでくれた一打」。投げては5勝のエース吉岡慎平(4年=札幌日大)が8回から2回無失点で締めた。右肘手術を経て、最大の原動力となった

  プロフィール

 北海道苫小牧市出身。
 吉岡 慎平(よしおか・しんぺい)投手。
 植苗小時代に軟式野球を始め、植苗中では苫小牧シニアに所属。

 札幌日大では2年春から公式戦に出場。
 3年春に先発・救援で5試合28.2回をこなし、エースとして南北海道4強入りを経験した。
 準々決・北海道栄戦で延長11回8安打2失点の力投を披露している。
 南北海道4強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 苫小牧駒澤大進学後は2年夏の右肘手術で戦線を離脱。
 3年秋になって防御率1.64(6位)の実績を残し、4年春にエースとしてリーグ初優勝を達成する。
 負け無しの5勝、防御率0.46をマークし、最優秀投手賞、ベストナインを受賞。
 怪我からの見事な復活を遂げ、最速150㌔大型右腕として、一躍スカウトからも注目された。
 全国デビュー戦の選手権1回戦は、5回4安打3失点、0対5で愛院大に完敗。
 最速149㌔、コンスタントに140㌔台を計測したが、制球甘く2発を浴び負け投手になっている。
 4年秋は3勝2敗、防御率1.88に留まり、チームも上位校相手に4連敗でV逸。
 151㌔腕として阪神などプロ球団から注目され、志望届を提出したがドラフト指名漏れとなった。
 リーグ通算17試合、9勝4敗、100回、防御率1.26。

 185cm85kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 ワインドアップから重心を下げて早めに着地し、テイクバック大きめに肘を使った力強い腕の振りから
 投げ下ろす最速153㌔、常時140㌔前後から140㌔台後半の威力ある直球と、
 120㌔台のスライダー、110㌔前後の大きいカーブ、120㌔台のスプリット、120㌔前後のチェンジアップ。
 上級生になって右ヒジの手術から復活。プロから注目される潜在能力が魅力。
 コントロールにはややバラツキが残る。武器であるストレートと変化球とのコンビネーションが持ち味。
 最終学年になってドラフト候補として急浮上を果たした。

  スカウトコメント

阪神・葛西スカウト|14/6/11
 「体に力はある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2014-12-08(月)|準硬式・軟式野球 | 北海道学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:準硬式・軟式野球 | 北海道学生 コメント(0) Page Top↑