川本 祐輔(JR東海)

ここでは、「川本 祐輔(JR東海)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



川本 祐輔(JR東海)

179cm82kg 右右 MAX145km スライダー・チェンジ・スプリット・カーブ 尾道高→亜大 1年目
スリークォーターから145㌔直球とスライダー、チェンジアップ。3年春の国学大戦で初先発初完封勝利。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春:         登板無し
   12秋:         登板無し
   13春:         登板無し
   13秋:         登板無し
   14春: 4 3勝0敗   18  9  11  7  0  0.00
   14秋: 1 0勝1敗   0  4  0  1  5    -
   15春: 3 0勝1敗  7.2  4  5  3  2  2.35
   15秋: 1 0勝0敗  0.2  0  0  0  0  0.00
   通算: 9 3勝2敗  26.1  17  16  11  7  2.39
         被安打率5.81 奪三振率5.47 四死球率3.76

 【 全国大会 】
     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   14選: 1   2  1  2  1  0 145㌔(東ド) 創価大
   15神: 1   1  0  1  0  0 142㌔(神宮) 東海大 ○
   通算: 2   3  1  3  1  0 防0.00
      被安打率3.00 奪三振率9.00 四死球率3.00

投手成績詳細

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   青学大     2  1  2  1  0 ○
   駒沢大     4  1  3  2  0 ○
   拓殖大     3  0  1  2  0
   国学大 先   9  7  5  2  0 ○封140㌔
          18  9  11  7  0 防0.00
      被安打率4.50 奪三振率5.50 四死球率3.50

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大 先   0  4  0  1  5 ● 138㌔

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   駒澤大 先  4.2  2  4  2  1
   拓殖大     2  0  1  1  0
   国学大     1  2  0  0  1 ●
          7.2  4  5  3  2 防2.35
      被安打率4.70 奪三振率5.87 四死球率3.52

  最新記事

 ■ 東都大学野球:初の7連覇へ暗雲(毎日新聞) 14/9/5

 史上初の7連覇を目指す亜大が敗れ、最初のカードで勝ち点を落とした。先発・川本(3年・尾道)が一回に連打を浴び、自身のエラーも絡んで1死も取れないまま6失点して降板。救援の細川(3年・高知)も流れを止められず、この回だけで計8失点。九回には相手の四球や失策もあり4点を返したが、初回の失点が大きすぎた。生田監督は「投手陣がまだ整備されていない。どの投手も手探り状態」と険しい表情だった。

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   日本大    0.2  0  0  0  0

 ■ 亜大、戦後初V6へ逆王手!川本が初先発初完封(スポーツ報知) 14/5/29

 亜大が国学院大に雪辱。リーグ戦初先発の右腕・川本祐輔(3年)が7安打で初完投初完封し、戦後初となる6連覇に逆王手をかけた。鬼気迫るものがあった。負ければV逸の崖っ縁で、川本がリーグ戦初先発初完封。故障が癒えたばかりの肘をものともせず、7安打で153球を投げ抜いた。リーグ戦の最長登板も4イニング。「最後は肘が壊れてもいいから、全力でいった」。それだけ思いがこもったのには、優勝以外にも訳があった。「花城の、チームのため」―。それだけを思っていた。先発投手の花城直(3年)が国指定の難病「黄色じん帯骨化症」であることが判明し、今月中旬に手術を受けた。現在はリハビリに励む同級生から試合前夜、当日朝も「頑張れよ」と励ましのメールが届き、奮い立った。
 冷静な投球を評価され1週間前から、この日の先発を告げられ、調整してきた。最速140キロスライダー、スプリットを交えて0行進。再三走者を許しながらも「コースに投げれば打たれない。ピンチと思わなかった」。見事、期待に応えた。(スポニチ)

  プロフィール

 広島県尾道市出身。
 川本 祐輔(かわもと・ゆうすけ)投手。
 小学2年の時から野球を始め、高西中では尾道シニアに所属。

 尾道高では2年秋にエースとして中国大会8強入りを達成。
 初戦・出雲高戦で7得点の打線の援護を受け、7回コールド4安打7奪三振完封勝ちを挙げた。
 3年春の県2回戦・山陽戦(完封負け)で8回2安打1失点完投の快投を披露。
 3年夏の大会は伊田有希との投げ合いの末、6安打1対2完投負けで県3回戦敗退となった。
 同年5月の練習試合で近畿4強・明石商業相手に完封勝利を記録している。
 最速143㌔右腕としてスカウトから注目されたが、プロ志望届は提出せず大学進学を選択した。
 県大会V、中国大会8強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 亜大進学後は3年春からリーグ戦に出場。
 開幕前の肘痛で出遅れながらも、青学戦で初登板を果たし、2回無失点救援で初勝利を飾る。
 6回表から4イニング1安打無失点の好リリーフを見せた駒大戦で2勝目をマーク。
 難病で離脱となった同期・花城直の穴を埋め、国学2回戦で初先発・初完封勝利を挙げた。
 全国大会には3年春の選手権(2回戦)、4年秋の神宮大会(日本一)に出場。
 3年春初戦2回権で最速145㌔(東ド)を投げ、4年秋の準決勝(1回無失点)で白星を挙げた。
 通算9試合、3勝(1完投1完封)2敗、26.1回、防御率2.39。

 179cm82kg、スリークォーター右腕。
 セットから上体を傾けて重心を下げ、インステップ気味に着地し、肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速145㌔、常時140㌔前後から140㌔台前半(リリーフ時)の直球と、
 120㌔前後のスライダー、120㌔台チェンジアップ、120㌔台のスプリット、100㌔前後のカーブ。
 欠点の少ないバランス型右腕として、尾道高校時代からプロに注目されていた。
 腕の振りが柔らかい。真っすぐとスライダー、落ちるチェンジアップ。コントロールにはバラツキが残る。
 亜大進学後は足首、肩肘のケガに悩まされた。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-18(水)|2017年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑