河端 優馬(Honda)|ドラフト・レポート

河端 優馬(Honda)

ここでは、「河端 優馬(Honda)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



河端 優馬(Honda)

186cm88kg 右左 MAX151km スライダー・カーブ・フォーク・ツーシーム 高岡商→青学大 1年目
長身から投げ下ろす威力ある直球が武器。4年春に2部最優秀投手を受賞、最速151㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春:         登板無し           二部
   15秋: 4  1勝1敗  15.2  7  8  10  1  0.57二部
   16春: 3  0勝0敗   5  5  1  3  1  1.80二部
   16秋: 1  0勝0敗   1  4  0  0  3 27.00二部
   17春: 6  1勝2敗  33.2  28  19  14  11  2.94二部
   17秋: 7  3勝4敗  51.1  40  37  18  13  2.28二部(7位)
   18春: 10  1勝0敗   39  18  23  16  3  0.69二部(1位)
   18秋: 11  4勝4敗  60.1  58  51  23  17  2.54二部(4位)
   二部: 42 10勝11敗  206 160 139  84  49  2.14
          被安打率6.99 奪三振率6.07 四死球率3.67
    ※ 18春:2部最優秀投手

投手成績詳細

   15秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大     1  0  1  0  0
   東洋大 先  5.1  4  3  4  1 ●
   拓殖大 先  4.1  1  1  4  0
   国士大 先   5  2  3  2  0 ○
          15.2  7  8  10  1 防0.57
       被安打率4.02 奪三振率4.60 四死球率5.74

   16春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   駒澤大     2  3  0  2  1
   拓殖大     1  0  0  0  0
           2  2  1  1  0
           5  5  1  3  1 防1.80
       被安打率9.00 奪三振率1.80 四死球率5.40

   16秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   国士大     1  4  0  0  3

   16春入替   回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大     1  2  0  0  1 149㌔…平均145.1㌔

   17春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大     3  2  3  1  0
   立正大     1  0  1  0  0
   拓殖大 先   9  5  5  5  1 ●
   国士大 先   7  9  4  1  3
   駒澤大 先   8  5  2  3  2 ○
       先  5.2  7  4  4  5 ●
          33.2  28  19  14  11 防2.94
       被安打率7.49 奪三振率5.08 四死球率3.74

   17秋(1完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   国士大 先   8  7  7  3  1 ○
   拓殖大 先  6.2  9  3  4  5 ●
       先   8  7  0  4  3 ●
   東農大 先   11  3  11  2  0 ○封
   専修大 先   5  5  6  2  4 ●
       先  5.2  6  6  3  0 ○
   駒澤大 先   7  3  4  0  0 ●
          51.1  40  37  18  13 防2.28
       被安打率7.01 奪三振率6.49 四死球率3.16

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大 先  7.1  3  4  4  0 ○
   専修大    2.1  3  3  0  0
          4.2  1  2  2  0
          1.1  1  0  2  1
   国士大 先  7.2  5  4  2  2 151㌔(岩名) 
          0.2  1  0  2  0
           3  1  0  1  0
   日本大     4  1  5  0  0
   拓殖大 先   6  1  4  2  0
           2  1  1  1  0
           39  18  23  16  3 防0.69
       被安打率4.15 奪三振率5.31 四死球率3.69

  最新記事

 ■ 東都リーグ2部 青学大・河端 3試合連続完封(西日本スポーツ) 18/9/19

 プロ注目の青学大の河端優馬投手が6安打完封、今季3試合連続勝利となった。ネット裏では、中日阪神などのスカウトが視察。青学大の河端は開幕戦から先発した3試合すべて完封。「スライダーの調子が良かった。要所を締めることができた」と振り返り、スカウトからも変化球をほめられた。プロ志望届については「これから監督と相談します」と話した。

   18秋(4完3封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大 先   9  7  12  1  0 ○封
       先   9  7  9  2  0 ○封
   日本大 先   9  6  6  3  0 ○封
           1  0  3  0  0
   専修大 先  1.2  4  1  3  3 ●
       先  4.1  3  3  3  3 ●
   拓殖大 先   9  8  7  4  2 ●
          2.2  5  2  2  2
   国士大 先   9  7  3  4  1 ○
          0.2  2  1  1  1
       先   5  9  4  0  5 ●
          60.1  58  51  23  17 防2.54
       被安打率8.65 奪三振率7.61 四死球率3.43

 ■ 河端(青山学院大・高岡商高出)最優秀防御率 東都2部(北日本新聞) 18/5/31

 青山学院大エース、河端優馬投手が春季2部リーグ戦で最優秀防御率賞を確定させた。最高球速151キロの本格派右腕は、39回で自責点3、防御率0・69の好成績だった。背番号18を背負うエースは進路について「指名していただければ12球団どこでも行く」ときっぱり。もし指名されなくても社会人野球の強豪チームでプレーを続ける選択肢も持っているという。

 ■ 青学大・河原井監督が初采配 ドラ候補河端に手応え(日刊スポーツ) 18/2/28

 東都大学リーグ2部の青学大が2月28日、横浜市内で横浜商大と今季初のオープン戦を行い、指揮官に復帰する河原井正雄監督が“初采配”を振った。今秋ドラフト候補で最速149キロ右腕の河端(かわはな)優馬投手(3年=高岡商)ら4投手を継投したが、0-2で敗れた。河原井監督は「河端はちょっと球にばらつきがあったが、横から見ていていいボールを投げていた。打者も久々の実戦で感覚が難しかったが、慣れてくれば何とかなる。面白くなってきたよ」と手応え。河端は1回を投げ1安打1三振2四死球1失点。視察したヤクルト斉藤スカウトは「最後に三振を取ったスライダーが良かった角度があるしもっと直球で押す投球ができれば」と話した。
 視察した巨人の木佐貫洋スカウトは「(1メートル86と)上背があって角度がある本格派投手暖かくなればスピードも上がってくる」と話した。 (スポニチ)

過去記事

 ■ 高岡商・河端まさかの乱調9失点、決勝で散る(スポーツ報知) 14/7/27

 高岡商は3―9で富山商に敗れ、6年ぶりの甲子園出場はならなかった。5回までに3点のリードを奪ったが、5回から2番手で登板した最速144キロ右腕の河端優馬(3年)が、6回に6失点。9回にも3点を失うと、打線も最後まで追加点を奪うことができなかった。持っている力は全て出した。だからこそ、「しょうがないです」と敗戦にも、やりきった表情で笑顔も見せた高岡商のエース・河端だったが、試合を振り返るにつれ、涙がこらえきれなくなった。「調子は悪くなかった。逆に力が入ってしまったのかもしれません」。5回からマウンドに上がったが、6回に崩れた。打者12人で被安打5。4四死球と自滅も重なり6失点。「あっという間に取られてしまった。記憶もないです」。まさかの乱調に、自身もショックは隠しきれなかった。1年生の冬に右膝の手術を受けた。走り込み不足のまま、2年生エースとして臨んだ昨夏大会。先発した3回戦の高岡第一戦で、リードしていた9回に同点に追いつかれた直後、両太もも、ふくらはぎがつって降板。その後、チームは逆転負けを喫した。最後の夏へ向け、走り込みやウエートトレーニングなどで下半身を強化。今大会は、林陽太(2年)らの活躍もあり、背番号1の負担は軽減。準決勝までの4試合で登板は2試合13イニングと、万全の状態だったが、チームを6年ぶりの甲子園へ導くことはできなかった。最速は144キロ。186センチ、82キロと体格にも恵まれ、プロも注目していたが、まずは大学に進学して、腕を磨く予定だという。「悔しさはあるが、ここまでやってきて良かった。森田くんとも投げ合えた。プロには行きたい。上を上をと目指していきたい」。最後は再び晴れ晴れとした表情に戻り、将来の活躍を誓った。
 
   14夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:富山工 先   9  3  3  2  0封 142㌔
   準決勝:富山一     4  4  5  2  1
   決 勝:富山商     5  12  2  5  9
              18  19  10  9  10 防5.00(失点から計算)
          被安打率9.50 奪三振率5.00 四死球率4.50

 ■ 高岡商・河端、剛腕対決制す!富山工を完封(スポーツ報知) 14/7/20

 富山は6年ぶりの優勝を狙う高岡商が、2―0で富山工を破り、初戦の強豪対決を制した。最速144キロのエース右腕・河端優馬(3年)が好投し、3安打で完封勝利。富山工のプロ注目右腕、宮尾陽佑(3年)は2点を奪われ、春夏連続で高岡商に初戦敗退を喫した。北信越屈指の剛腕対決は、高岡商の河端が制した。186センチの長身から投げ下ろす速球は効果満点。スピードはこだわらないと話すが、この日は最速142キロをマークし、最後の打者は空振り三振に仕留めた。「結果は求めるのではなく、ついてくるもの。自分の仕事を全うしただけです」と笑顔で振り返った。因縁のライバルとの対戦だった。昨年末、富山工の宮尾と一緒に県選抜選手に選ばれ、台湾遠征で苦楽を共にした。その後は連絡を取り合う仲だが、春の県大会では初戦で激突し、5―1で勝利。偶然にも、今夏も初戦での対戦が決まった。「抽選の結果を聞いた時、運命だと思った」と河端。1度メールした後は、お互いに連絡を断って、勝負に備えた。夏に向けて、メンタルトレーニングも取り入れた。「日頃から苦しいことも楽しいと感じるようにしている。ピンチをピンチとも思いません」とニヤリ。得点圏に走者を進めたのは6回だけだが、いつもと変わらない投球で切り抜けた。昨年から追い続けて来たあるスカウトは「着実に成長している。投球術も洗練されている」と絶賛した。1年秋から背番号1を任され、多くの経験を積んできた。「調子は上がっている。今年は全員で勝ちます」。心身共に成長したエースが、チームを頂点に導く。

 ■ 春季県大会兼北信越地区大会県予選 富山商は延長戦制す(毎日jp) 14/5/4

 県内屈指の好投手、富山商・森田、高岡商・河端の対戦は予想通り白熱した投手戦となった。富山商は三回、四球と横道の適時二塁打などで1点先制。九回に追いつかれて迎えた延長十回、四球と犠打、敵失と無安打で決勝点を挙げた。森田は変化球のコントロールがさえ完投勝利。

   14春北信越 回数 被安 奪三 四死 自責 
   工大福井    3  4  3  0  2 142㌔

  プロフィール

 富山県高岡市出身。
 河端 優馬(かわはな・ゆうま)投手。
 高岡ヤングベースボールクラブで野球を始め、西部中では高岡ヤングBC中学部に所属。
 小学6年時にエースとして全国大会Vを達成した。

 高岡商業では1年秋にエースナンバーを獲得。
 先発救援の両面で予選全5戦(先3)に登板し、32回5失点、防0.84の好成績で準Vを果たす。
 初戦2回戦・新川戦で10対0ノーヒットノーラン(6回コールド参考記録)を達成。
 準決・新湊戦で4安打3失点完投勝ちを収め、決勝・富山一戦で5回無失点救援を見せた。
 北信越初戦で遊学館と接戦を演じるも、援護がなく4安打2K0-3で完投負け。
 その後、1年冬に右膝の手術を受け、2年春を未登板、夏・秋の予選を3回戦敗退で終えた。
 富山県選抜のエースとして参加した2年12月の台湾遠征で最優秀賞を受賞。
 宮尾陽佑と投げ合った翌3年春の県2回戦で、6安打無四球、5対1完投勝利を挙げている。
 同準決で富商・森田駿哉との延長10回投手戦(5安打8K1対2完投)を経験。
 続く北信越1回戦に救援で登板したが、3回4安打2失点、2対3で惜しくも逆転負けとなった。
 3年夏の富山大会は富商に3対9(2番手で5回12安打9失点)で敗れ準優勝。
 富山工業・宮尾陽佑と初戦2回戦で再戦し、3安打2四死球、3K2対0で完封勝利を記録した。
 県準V、北信越1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 青学大では1年秋から2部リーグ戦に出場。
 先発3試合を含む4試合、合計15.2回に登板し、最終戦・国士戦(5回1失点)で白星を収める。
 エース・葛川知哉に次ぐ2番手を務めた3年春になって初の規定数到達を達成。
 以降主力(3・4年秋エース)としてチームを支え、2部通算10勝11敗、防2.14の実績を残した。
 3年秋の東農大1回戦で延長11回3安打11K1-0初完投初完封勝利を記録。
 主にリリーフで防御率1位0.69(39回7失点)を記録した4年春に最優秀投手を受賞している。
 最速151㌔腕としてプロから注目され、4年秋に自己最多の4完投勝ちをマーク。
 13試合中11試合(先発8)、計60.1回をこなし、開幕戦から3試合連続で完封勝利を記録した。
 通算42試合、10勝(5完投4完封)11敗、206回、防御率2.14。

 186cm88kg、プロ注目の最速151㌔大型右腕。
 ワインドアップから投げ下ろす最速151㌔の直球と、スライダー、カーブ、フォークボール、ツーシーム。
 常時140㌔台前半から後半の威力ある直球が武器。4種類の変化球を交える。
 高1秋時点から体重を14kgアップ。4年春の国士大1回戦で最速151㌔(岩名球場)を計測した。
 206回で84個と四死球が多め。プロ志望を持つ。

  スカウトコメント

ヤクルト・斉藤スカウト|18/2/28
 「最後に三振を取ったスライダーが良かった。角度があるしもっと直球で押す投球ができれば」
巨人・木佐貫洋スカウト|18/2/28
 「(1メートル86と)上背があって角度がある本格派投手。暖かくなればスピードも上がってくる」
プロスカウト|14/7/20
 「着実に成長している。投球術も洗練されている」
プロスカウト|14/6/18
 「将来、プロの先発ローテに定着できる素材」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2018-11-19(月)|2020年社会人投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
いまでも上位候補どころか外れ1位かもというレベルだと思うけど社会人行くのかな。ものすごく残念だ……
| sb | 2018年10月03日(Wed) 11:35 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑