高橋 優貴(八戸学院大)

ここでは、「高橋 優貴(八戸学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm74kg 左左 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ・フォーク 東海大菅生高
伸びのある直球とスライダー、フォーク。力投型左腕。1年春秋で6勝をマーク。奪三振率10.13を誇る。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春: 6  2勝1敗  31.2  16  40  7  3  0.85(3位)
   15秋: 7  4勝2敗  43.1  21  50  13  6  1.25(4位)
   16春: 7  3勝3敗  38.1  31  45  17  8  1.88(4位)
   16秋: 7  1勝2敗  24.1  25  20  18  15  5.18
   通算: 27 10勝8敗 137.2  93 155  55  32  2.09
         被安打率6.08 奪三振率10.13 四死球率3.60

投手成績詳細

   15春    回数 被安 奪三 四死 失点
   岩手大     3  0  7  0  0
   青中大     6  3  9  1  1
   ノース 先   6  1  11  1  0 ○
   青森大    1.2  1  2  1  0
       先   6  3  5  2  1 ○
   富士大 先   9  8  6  2  2 ●
         31.2  16  40  7  4 防1.14(失点から計算)
      被安打率4.55 奪三振率11.37 四死球率1.99

   15秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   ノース 先   9  4  10  0  1 ●
          4.1  1  6  1  2 ○
   青中大 先  5.2  3  8  4  1 ○ 
   岩手大 先  6.1  2  5  2  0 ○
           1  0  1  0  0
   青森大 先   8  2  13  4  2 ○
   富士大 先   9  9  7  2  3 ●
         43.1  21  50  13  9 防1.25
      被安打率4.36 奪三振率10.38 四死球率2.70

   16春    回数 被安 奪三 四死 失点
   富士大 先   9  7  11  3  4 ●
          0.1  0  1  0  0
   ノース 先   9  6  14  6  2 ○
   岩手大 先   6  2  7  1  0 ○
   八工大 先   7  9  8  0  0 ○封
   青森大 先   6  6  3  6  3 ●
           1  1  1  1  1 ●
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   青森大 先  6.2  7  4  6  3 ○…プレーオフ1戦目
   富士大 先   8  4  8  2  1 ●…プレーオフ2戦目
          53  42  57  25  14 防2.38(失点から計算)
      被安打率7.13 奪三振率9.68 四死球率4.25

  最新記事

 ■ 八戸学院大・高橋が1点に泣いた…最少失点で完投も優勝逃す(スポーツ報知) 16/5/30

 八戸学院大が1勝0敗で並んでいた富士大との優勝決定戦に敗れ、5季ぶり15度目の優勝を逃した。2年生エース左腕の高橋優貴(2年)=東海大菅生=が、8回4安打1失点完投も、味方の援護なく敗れた。打線は富士大のプロ注目エース右腕・小野泰己の前に2安打無得点と沈黙。三塁も踏ませてもらえなかった。正村公弘監督は「相手の投手が良かった。これからは今日の出来に照準を合わせていかないと」と、小野に脱帽。高橋については「勝負の甘さが出た。四球の後の初球を打たれたり…」と、3回に遊ゴロの間に決勝点を奪われる前の投球を挙げ、成長を促した。

   16秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   八工大    0.2  1  0  2  0
   ノース     3  3  4  2  1
   岩手大     3  0  3  2  0
          0.2  0  0  0  1 ○(TB分)
           2  2  2  0  0
   青森大     1  0  3  0  0
       先   9  8  5  5  6 ●
   富士大 先   5  11  3  7  7 ●
         24.1  25  20  18  15 防5.18
      被安打率9.25 奪三振率7.40 四死球率6.66

 ■ 八戸学院大、プレッシャーで5季ぶりVお預け(スポーツ報知) 16/5/21

 八戸学院大が完封負けで7勝2敗となり、この日の優勝決定はお預けとなった。先発左腕の高橋優貴(2年)が6回6安打3失点。クオリティースタートも、毎回走者を許し、6四死球とリズムが悪かった。打線も7回1死一、三塁の好機に無得点で終わるなど、青森大の先発左腕・相内康佑に完封を許した。正村公弘監督は「打てなかったですね。高橋も全然ダメだった。びびっちゃってて。緊張してましたね。優勝のプレッシャーなんでしょう。あしたは開き直ってやるしかない」と話した。高橋は重圧について「ありましたけど、そこで勝てないようでは投手の責任は果たせない」と反省していた。
 負ければ八戸学院大の優勝が決まってしまう一戦で、チーム一丸となって合言葉の「意地」を見せた。延長10回2死二塁で4番・保戸田則裕遊撃手(4年)=千葉経大付=が中前へサヨナラ打を放った。(スポーツ報知16/5/22)

 ■ 日本一の夢あきらめない 東海大菅生3年高橋優貴投手(東京新聞) 14/7/29

 最終回、ファウルで粘る中里選手に投じた勝負球は「一番自信のあるストレート」だった。左前にはじき返され、走者が生還してサヨナラ負け。悔しい。その場にうずくまって動けない。主審がそっと肩に手を置いた。自分の武器である速球に磨きをかけるため今年になって投げ込みを百球程度から最大二百球に増やした。最速145キロの球が投げられるようになった。今大会は、チームの二枚看板として「ライバル」と公言する小林大投手とともに勝ち抜いてきた。しかし、二十六日の日大三との準決勝後に異変が起きた。初めて肩の痛みを感じた。試合後の取材にそれを明かしたが「言い訳にはしたくない。力が足りなかったんです」と唇をかんだ。小学三年で野球を始めた時から投手。ずっと甲子園が夢だった。かなわなかったが、大学、プロ野球へと進み、日本一になる夢はあきらめていない。「いつかまたこの神宮球場に立ち、良い思い出をつくりたい」と顔を上げた。

過去記事

 ■ 東海大菅生 満塁ピンチも必勝継投でしのぐ 早実下し8強(スポニチ) 14/7/20

 東海大菅生は序盤のリードを2投手の継投で守りきり、早実を下して8強に進出した。5回、先発のエース小林が制球を乱して1死満塁のピンチを招くも、2番手の3年生左腕・高橋が逆転を許さない好救援。若林弘泰監督は「高橋にかけた。小林の四球は予想外だったけれど、試合はつくってくれた」と粘った投手陣を称えた。

   14夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   4回戦:世田谷学 先   9  3  8  3  0封
   5回戦:早稲田実    4.2  2  8  1  0
   準々決:八 王 子    4.1  4  3  1  1
   準決勝:日大三高    3.1  5  3  1  2 145㌔
   決 勝:日  鶴    2.1  4  1  1  1 142㌔
              23.2  18  23  7  4 防1.52(失点から計算)
           被安打率6.85 奪三振率8.75 四死球率2.66

  プロフィール

 茨城県ひたちなか市出身。
 高橋 優貴(たかはし・ゆうき)投手。
 小学校3年時から野球を始め、田彦中では友部シニアに所属。

 東海大菅生では1年時から控え投手としてベンチ入り。
 1年夏の予選で救援2試合7回の登板を経験し、翌2年夏に主戦として予選8強の実績を残す。
 同年秋の大会(11番のエース格)で、2完封、3戦19回1失点の好成績を記録。
 1回戦・武蔵丘戦で4安打11三振完封勝利、続く千歳丘戦で2安打9K完封勝利を挙げた。
 3年夏の予選に救援エースとして臨み、計23.2回4失点で11年ぶり準Vを達成。
 4回戦・世田谷学園戦で3安打8三振完封、5回戦・早実戦で4.2回8K0封をマークしている。
 優勝候補・日大三と準決勝で当たり、7回表6得点、12対6逆転で見事撃破。
 1対3の6回裏二死2塁から2番手として登板し、145㌔を計時する力投で勝利を呼び込んだ。
 決勝戦・日大鶴ケ丘高校戦は、2.1回4安打1失点、1対2サヨナラ負けで惜敗。
 肩痛を抱えながらの力投およばず優勝を逃し、将来のプロ入りを目標として大学進学を選んだ。
 西東京大会準Vが最高成績。甲子園出場実績は無し。

 八戸学院大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 先発・救援で6試合(先発3)に登板し、31.2回で40K、2勝1敗、防0.85(3位)の好成績を残す。
 6回1安打11K0封の快投を披露したノース大2回戦でリーグ戦初勝利をマーク。
 1年秋に先発1番手の座を獲得し、4位に沈んだチームの中、最多4勝を挙げる奮闘を見せた。
 2年間で計27試合(先発15)に起用され、通算10勝(2完1封)、防2.09を記録。
 2年春のノース大1回戦で14Kをマークするなど、合計137.2回で155K(率10.13)を積み上げた。
 通算27試合、10勝(2完投1完封)8敗、137.2回、防御率2.09。

 178cm74kg、145㌔直球を持つ力投型左腕。
 セットからタメて深めのテイクバックを取り、重心を下げ、着地早めに肘を柔かく使った腕の振りから
 繰り出す最速145㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の伸びのある直球と、
 120㌔台の切れの良いスライダー、120㌔台の外角フォークボール、110㌔台のチェンジアップ。
 帽子を飛ばしながら投げ込む力投型左腕。直球にスライダー、フォークを交える。
 1年時から年間6勝をマーク。2年間27試合137.2イニングで155奪三振(率10.13)を積み上げた。 
 高3夏に最速145㌔を計測。与四死球率3.60。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-03-24(金)|2018年大学生投手 | 北東北大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 北東北大学 コメント(0) Page Top↑