守屋 元気(東海大)

ここでは、「守屋 元気(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



守屋 元気(東海大)

177cm77kg 右右 捕手 遠投100m 50m6秒3 春日部共栄高
プロ注目の強肩捕手。広角に長打を飛ばす右打者。日米大学野球の日本代表候補に選ばれた。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 10 .226 31  7 2 0 1 4          .387
   16春: 7 .231 13  3 1 0 0 1          .308
   16秋: 8 .261 23  6 1 0 1 5          .435
   17春: 5 .167 12  2 0 0 0 0          .167
   通算: 30 .228 79 18 4 0 2 10          .354(不明分除く)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15選: 1   -  0  0 0 0 0 0 0 0 0   -   -

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏: 2 .286  7  2 1 0 0 1 2 0 0  .286  .429

  最新記事

 ■ 春日部共栄の守屋 犠飛と好リードで貢献(スポニチ) 14/8/11

 春日部共栄の守屋は、先制犠飛に加え、捕手としても好リードで勝利に貢献し「最高の試合ができてうれしい」と笑みをこぼした。1回の犠飛は「相手がバタバタしていたので畳み掛けたかった」と外角の変化球を捉え、リード面では序盤を内角直球、後半の勝負どころは外角への変化球を生かして連打を許さなかった。埼玉大会決勝で死球を受けた右脚がまだ万全ではなく、痛み止めの薬を飲んでプレーしているが「一戦必勝で優勝する」と力強く話した。
 
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 7 .577 26 15 7 0 1 7 1 4 3  .633  .962

 ■ 春日部共栄・守屋「元気」になった!順延生かして右ひざ完治(スポーツ報知) 14/8/11

 第96回全国高校野球選手権大会(甲子園)は、台風11号の影響で2日遅れて11日に開幕。開会式と1回戦3試合を行う。開幕戦に登場する春日部共栄(埼玉)は、兵庫県内の室内練習場で最終調整。プロ注目の捕手・守屋元気(3年)は、2日間の順延で痛めた右膝も完治。軽やかな足取りで精力的に動き回った。全快で決戦を迎えられる。埼玉大会決勝(市川越戦)で右膝の内側に死球を受けた。練習でかばいながら動いているうちに右内転筋に違和感を覚えた。8日の練習後には「捕手として急な動作をすると気になるときがある」と不安を口にしていた。しかし、日程が2日延びたことで好転。今ではテーピングも外しており「万全に近い状態です」と笑みを見せた。本多利治監督(56)は「守屋が攻守の要。本当に助かった」と大黒柱の復調ぶりにあんどの表情を浮かべた。埼玉大会では26打数15安打7打点と大暴れ。5回戦、準決勝では敬遠されることもあった。捕手としても「投手を1人にさせてはダメ」と頻繁にマウンドへ声をかけにいく気配りの男。さらに遠投105メートル、二塁送球1秒8台の強肩にも絶対の自信を持つ。京都大会6試合で21盗塁と機動力のある龍谷大平安について「普段通りやって刺せればいい」と自信を見せた。

 ■ プロ注目捕手の春日部共栄・守屋、本番も打ちまくる「貢献したい」(SANSPO) 14/8/5

 第96回全国高校野球選手権大会(9日から15日間)甲子園練習2日目が4日、行われた。プロ注目の捕手、春日部共栄・守屋(3年)は攻守の要で、「自分の力を発揮したい。打率を高くして貢献したい」と言葉に力を込めた。埼玉大会では打率・577と大活躍。甲子園通算10勝を目指す本多利治監督(57)も、「盗塁阻止率も100%近い。攻撃でも守りでも中心選手。守屋なくしてこのチームは語れない」と期待した。

過去記事

 ■ 春日部共栄・守屋 盗塁許さず(日刊スポーツ) 14/7/3

 本多利治監督が「プロに一番近い選手」と評するのが守屋元気捕手だ。シュアな打撃に加え、50メートル6秒3の走力と遠投100メートルの強肩が魅力。新チーム以降はほとんど盗塁を許していない。元ソフトバンクの小久保裕紀氏を理想の打者に挙げ、「やるしかないです。監督さんを甲子園に連れて行きたい」と意気込んでいる。
 強肩強打の捕手・守屋はプロのスカウトもマーク。(報知高校野球)

  プロフィール

 埼玉県小鹿野町出身。
 守屋 元気(もりや・げんき)捕手。
 小鹿野小学校時代に軟式野球を始め、小鹿野中時代は軟式野球部に所属。
 3年秋に埼玉県選抜でKボール全国大会に出場した。

 春日部共栄では1年秋に正捕手の座を獲得。
 2年春予選から3番・捕手としてチームを牽引し、同冬に県選抜の4番として豪遠征を経験する。
 翌3年春の県大会準々決・浦和学院戦で左翼ポール際への先制2ランを記録。
 3年夏に26打数15安打7打点の大活躍を演じ、9年ぶり 5度目の甲子園出場を成し遂げた。
 レフト前タイムリー、レフトスタンドへの2ランと、3回戦・大宮西戦で2安打1打点。
 4回戦・慶応志木高戦でレフトフェンス直撃2塁打、右中間2塁打など4安打を記録している。
 146㌔左腕・上條将希が相手の決勝でも、3安打1打点と好調な打撃を披露。
 内寄り真っ直ぐをレフト前、外低め変化球を中前打と、好投手から鋭い打球を放ってみせた。
 続く甲子園で平沼から詰まった当たりの左中間二塁打(内寄りの直球)を記録。
 強肩キャッチャーとしてスカウトから注目されたが、志望届を提出せず東海大学進学を選択した。
 当時のチームメイトに金子大地投手(現明治大)ら。

 東海大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 下位打線で14試合中10試合にスタメン出場し、東経大2回戦でレフトへの1号ソロを記録する。
 同秋のリーグ戦を3試合の出場で終え、翌春終盤になって再びスタメンで出場。
 実績少ないながらも横井監督からの期待高く、同氏が指揮をとる代表の候補選手に選ばれた。
 通算30試合、打率.228、18安打、2本塁打、10打点。

 177cm77kg、プロ注目の強肩捕手。
 振り切るスイングから鋭い打球を弾き返す右打者。逆方向へのバッティングも持ち味の一つ。
 高校時代はパンチ力を秘めた打撃で3番。内角への対応にやや課題を残す。
 高3夏予選で7二塁打を記録。うち4本を中堅から右(準決でフェンス直撃打)に放った。
 守っては二塁到達タイム1.9秒を切るスローイングが魅力。遠投100mの強肩。
 キャッチングにも良さがあるが、一本調子になる場面が見られ、リード面にはやや課題が残る。
 50m6秒3、右打者で一塁到達タイム4.4秒前後。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-06-04(土)|2018年大学生野手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
地元情報ですが、プロからの誘いを断って大学に行くようです。
下位や育成での指名でしょうから、大学で腕を磨いて上位指名候補になって欲しいですね。
| あるが | 2014年08月30日(Sat) 09:56 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生野手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑