黒田 達也(立命大)

ここでは、「黒田 達也(立命大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



黒田 達也(立命大)

185cm80kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ 神戸国際大付高
縦スラで三振を奪う長身右腕。2年秋に先発2番手の座を獲得。3勝1敗、防0.94の好成績を残した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春:         登板無し
   15秋:         登板無し
   16春: 7 3勝0敗  17.1  15  8  6  2  1.04
   16秋: 6 3勝1敗  38.1  24  32  11  4  0.94(1位)
   通算: 13 6勝1敗  55.2  39  40  17  6  0.97
         被安打率6.31 奪三振率6.47 四死球率2.75

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   16春: 1  2.2  2  0  0  0 143㌔ 東海大北海道

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14夏: 1 先   7  6  6  8  2 141㌔ ● 聖光学院

投手成績詳細

   16春   回数 被安 奪三 四死 自責
   関学大    3  2  2  2  0 ○ 142㌔
   京都大    2  3  1  0  0 ○
   近畿大   1.2  1  2  0  0
          2  1  1  1  0
   同 大   4.2  3  0  3  0 ○
          2  1  0  0  0
          2  4  2  0  2
        17.1  15  8  6  2 防1.04
     被安打率7.79 奪三振率4.15 四死球率3.12

  最新記事

 ■ 立命大・黒田がリーグ戦初完投勝利「先発は自分がヒーローになれる」(SANSPO) 16/9/25

 関西学生野球リーグ第4節第2日(25日、関学大1-5立命大、ほっともっと神戸)4連覇を狙う立命大の投手陣がさらに強力になった。前節の近大戦から2回戦の先発を任されている黒田が6安打1点に抑えて連勝。リーグ戦初の完投勝利を手にした2年生は「先発は自分がヒーローになれるからやる気が出る」とうなずいた。2014年夏に神戸国際大付を夏の甲子園に導いた185センチの長身右腕。「優勝が決まるのは(勝ち点を挙げる)2試合目。自分が投げて決めたい」と力を込めた。

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大     2  2  3  0  0
   近畿大 先   7  3  7  1  0 ○
       先   9  5  9  2  1
   関学大 先   9  6  5  3  1 ○
   関西大 先   6  5  3  3  1 ●
   同 大 先  5.1  3  5  2  1 ○
       先   3  4  1  2  0 ●
          38.1  24  32  11  4 防0.94
      被安打率5.63 奪三振率7.51 四死球率2.58

 ■ 立命大・黒田 リーグ戦初登板初勝利(デイリースポーツ) 16/4/4

 立命大が粘る関学大を振り切り、2勝1敗で勝ち点1。1点リードの四回から2番手で登板した黒田達也投手(2年・神戸国際大付)が、3回無失点でリーグ戦初登板初勝利を挙げた。エース格の左腕・東が試合前に左肘のハリを訴え、継投を余儀なくされた立命大。それでも2番手で登板した最速147キロ右腕・黒田が、好リリーフで関学大の反撃を封じた。この日は「スピードよりもキレを意識して投げた」と最速は142キロながら、キレのあるスライダーとのコンビネーションで決定打を許さなかった黒田。中学、高校時代に右肘や両膝の故障で5度の手術を乗り越え、神戸国際大付3年時にエースとして同校を初めて夏の甲子園へ導いた。「甲子園以来の公式戦マウンドでしたけど、楽しかったです。大学に入ってからはケガしていません」と笑顔で振り返った右腕。後藤監督も「こういう接戦を経験できて、モノにできたのは良かった」と目を細めていた。

 ■ 神戸国際大付も無念…近畿勢3連敗(デイリースポーツ) 14/8/15

 夏初出場の神戸国際大付は決定打を欠いて聖光学院に惜敗。既に敗退した龍谷大平安、市和歌山を含めて、近畿勢は3連敗となった。創部51年目で初めてつかんだ夏の甲子園は短すぎた。神戸国際大付のエース・黒田達也投手(3年)は7回2失点ながら、8四死球の乱調。「同じことを繰り返した」と責任を一身に感じ涙した。兵庫大会は準決勝の社戦で13三振を奪ったドクターK。だが自慢のスライダーを序盤から見極められた。六回まで1失点と粘ったが同点の七回、2四球で2死一、二塁を招いたのが敗因。外角直球をはじき返された石垣の打球は右翼線に落ちる適時二塁打。勝ち越しを許した。降板後は一塁コーチに入り声を上げた。黒田は高校で左右膝を計3度も手術した。「甲子園は最高だった。上の舞台では、どんな場面でもストライクが取れるように」と、故障続きだった高校の悔しさを大学野球で晴らすことを誓った。

過去記事

 ■ 神戸国際大付、決勝4度目の正直V!(スポーツ報知) 14/7/28

 11大会で決勝が行われ、兵庫では神戸国際大付が、投打に三田松聖を圧倒して初の夏切符を手にした。全7試合に登板した右腕・黒田達也(3年)がこの日も8回途中1失点と好投。打線も15安打11得点と爆発した。守りでチームを引っ張ったのは、MAX145キロ右腕の黒田だ。1年秋から膝の半月板を左2度、右1度手術。腰も痛めるなど故障に苦しんだ。だが「練習できない時期に読んで参考にした」という米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有(27)の著書が才能を開花。それまでスライダーは縦の変化だけだったが「カットボール気味の変化もつけられるようになった」と、大会前にマスターした“ダル仕込み”の決め球で、決勝では7三振を奪った。
   才能を認められながら、けがに泣いた。灘中時代に右肘の剥離骨折で手術を受け、今もボルトが入っている。高校でも昨年10月に左膝を骨折すると、完治した直後の12月に今度は右膝を骨折。中学時代の右肘、右手人差し指も含めて計5度手術を受けても、心までは折れなかった。(SANSPO)

   14夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:加古川東 先   9  3  14  1  0
   3回戦:明  石 先  5.1  3  9  3  2
   4回戦:龍  野 先   9  4  15  1  0
   5回戦:武庫荘総     4  0  5  2  0
   準々決:滝  川 先   5  4  4  2  2
   準決勝:  社   先  8.1  5  13  8  0
   決 勝:三田松聖 先  7.1  5  7  3  1
               48  24  67  20  5 防0.94(失点から計算)
          被安打率4.50 奪三振率12.56 四死球率3.75

 ■ 神戸国際大付悲願の王手!黒田13K(デイリースポーツ) 14/7/27

 エース・黒田達也投手(3年)が13三振を奪う126球の熱投で、神戸国際大付が悲願の夏切符に王手をかけた。初回、宝刀スライダーが切れまくり3者連続三振発進。「暑かった」と大粒の汗を流しながら、7回までに11個を積み上げた。完封が見えてきた3‐0の八回1死、青木尚龍監督(49)の「気持ちを落ち着かせるため」という判断で右翼に回った。だが黒田は「しんどくないです」とベンチで直訴。九回に再びマウンドに戻り、最後を締めた。「制球は自信あるのに…」と8四死球を反省も、計8回1/3を5安打無失点。12日・加古川東戦での14奪三振、20日・竜野戦の15奪三振に続く13奪三振と“ドクターK”ぶりが頼もしい。

  プロフィール

 兵庫県姫路市生まれ。
 黒田 達也(くろだ・たつや)投手。
 糸引小1年から軟式野球を始め、灘中時代は軟式野球部に所属。
 3年秋に県選抜でKボール全国大会Vを達成した。

 神戸国際大付では1年秋の近畿大会からベンチ入り。
 2年春の県V・近畿準Vに背番号11として貢献し、救援で近畿大会決勝のマウンドを経験する。
 その後10月に左ヒザ膝蓋骨骨折を負い、同年12月には右ヒザ膝蓋骨を骨折。
 長期リハビリを経て3年3月になって復帰を遂げ、6月の練試・PL戦で最速145㌔を計測した。
 3年夏に全7試合(先発6)、48回をこなす活躍で、夏の甲子園初出場を達成。
 加古川東から14K、龍野から15K、社から13Kを奪うなど、合計48回で67Kを記録している。
 続く甲子園1回戦・聖光学院高戦は、6回まで同点の接戦の末、1対2で惜敗。
 5イニングで走者を背負う苦しいピッチングながらも、7回までを6安打6K8四死球2失点に抑えた。
 チームメイトとして同期に高橋優、1学年下に塩田大河ら。

 立命大では2年春からリーグ戦に出場。
 リリーフ右腕としてリーグ優勝に貢献し、17.1回で3失点、7試合3勝(0完投)0敗の実績を残す。
 同年秋に先発2番手の座を獲得し、3勝1敗、防0.94(1位)の好成績をマーク。
 9回を6安打3四死球1失点にまとめた関西学院大2回戦でリーグ戦初完投勝利を記録した。
 全国大会には2年春の全日本大学野球選手権大会(2回戦で敗退)に出場。
 5回1死満塁0対1から起用されたが、3走者の生還を許し、打撃陣振わず0対4で敗退となった。
 リーグ通算13試合、6勝(1完投0完封)1敗、55.2回、防御率0.97。

 185cm80kg、縦のスライダーを武器とする長身右腕。
 セットから着地早めに繰り出す最速147㌔、常時140㌔前後の真っすぐと、120㌔前後のスライダー。
 2年秋38回1/3で32奪三振(率7.51)をマーク。切れの良い縦スラで三振を奪う。
 高3夏の県大会4回戦で自己最多15三振の好投を見せた。コントロールにはバラツキが残る。
 ダルビッシュ有の著書を参考材料として、曲がりの小さいスライダーを新たに習得。
 中学時代に肘、右手人差し指、高校1年時に腰、2年秋に左膝、冬に右膝のケガを経験している。
 5度の手術を乗り越えて高校3年時に145㌔を計測した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-20(火)|2018年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑